福岡が敵地カシマも攻略して3連勝! シーズンダブル許した鹿島は公式戦3連敗【明治安田J1第28節】

2021.09.11 20:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第28節の1試合が11日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、アウェイの福岡が3-0で鹿島アントラーズを下した。

ルヴァンカップこそ準々決勝敗退に終わったなか、混戦模様の3位争いに身を投じるリーグ戦で2連勝中の5位鹿島だが、守備の要である犬飼が負傷離脱。町田も欠場となり、復帰後初出場のブエノと林のセンターバックコンビでスタートした。

一方、今季3度目の連勝で鹿島とのアウェイ戦に挑む福岡は前節から2選手を変更。負傷のエミル・サロモンソンや鹿島からのレンタル選手である奈良が欠場したなか、湯澤とドウグラス・グローリが先発入りした。

10分が経過しても試合の主導権がどっちつかずの展開で進むが、17分に山岸が最終ラインの背後にパスを出すと、反応したフアンマ・デルガドがボックス左でGK沖と交錯して、福岡がPKのチャンス。絶好の先制機だったが、キッカーを務めた山岸のタイミングをずらそうと右足で緩めに蹴ったボールはGK沖に読まれて左ポストを叩いてしまう。

だが、その後も鹿島の攻めを凌ぎつつ、敵陣に攻め入るシーンを作り出した福岡が先取する。26分、古巣戦の金森が敵陣右サイドで起点となり、斜めにパスを出すと、これまた古巣戦の杉本がスルーしたボールを山岸が受け、中央にラストパス。最後はフリーで待ち構えるフアンマ・デルガドが右足で流し込み、ここ2戦無失点の鹿島守備網を崩す。

相手の見事なパスワークに守りが崩され、先制を許した鹿島はボールを動かす時間を増やして、反攻。幾度かのセットプレー機も生かしながら攻め入るが、福岡が追加点を手にする。41分、金森とのワンツーで右サイド深くに抜け出した湯澤が右足で折り返すと、フアンマ・デルガドがニアサイドで右足ワンタッチ。これがゴール左に決まった。

2点を追いかける鹿島は後半も攻めに出るが、福岡の中央を固めた守りに苦しむ。その流れを変えようと、62分にアルトゥール・カイキ、遠藤の投入に動くが、その2分後に福岡がダメ押し。64分、ボックス右で湯澤からパスを受けた金森が振り向きざまに左足で浮き球パスを出すと、ボックス内の山岸が頭で合わせたボールがゴール右に突き刺さった。

攻撃的なカードを切った直後の失点でプランが崩れた鹿島は何とか巻き返そうと、残る交代でエヴェラウド、永戸、レオ・シルバを立て続けに入れるが、福岡が守りの集中を切らさず。そのなかで、83分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスからエヴェラウドのヘディングシュートで福岡のゴールに迫っていったが、ここもGK村上に阻まれる。

結局、ジョルディ・クルークス、渡、ブルーノ・メンデス、重廣を立て続けに送り込み、試合を終わらせにかかった福岡が3試合連続無失点の3連勝。勝ち点を「42」に伸ばした。鹿島は3月の前回対戦に続く福岡戦黒星。リーグ戦連勝ストップとなる3試合ぶりの敗北となり、公式戦でも3連敗となった。

鹿島アントラーズ 0-3 アビスパ福岡
【福岡】
フアンマ・デルガド(前26、前41)
山岸祐也(後19)

関連ニュース
thumb

広島ドウグラス・ヴィエイラが2発! 最少失点の福岡から3点奪い4連勝!【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島が25日にベスト電器スタジアムで行われ、1-3で広島が勝利した。 ミッドウィークに行われた天皇杯では、それぞれグルージャ盛岡と横浜FCを下してベスト16入りを決めた両チーム。ただ、リーグ戦に目を向けてみると、福岡はここ6試合でわずか1勝、広島は直近5試合で4勝1分けと、調子の差は如実に表れている。 しかし、天皇杯でターンオーバーした福岡に対し、広島はジュニオール・サントスを除く10名が同じメンバー。疲労が懸念されるなか、11人全員入れ替えた福岡の勝機はそこにあるか。 リーグ最少の13失点と14失点の堅守を誇るチーム同士による一戦。立ち上がりから互いに素早い攻守の切り替えで強度の高い試合を見せる中、3分に福岡の山岸がファーストシュート。山岸はその直後にも、味方のパスからゴール前に侵入するが、ここはシュートを許してもらえず。 対する広島は11分、満田とのコンビネーションで左サイドのスペースを突いた森島がニアにグラウンダーのクロスを供給。東がダイレクトで合わせたが、ミートしきれず右に逸れた。 見応えのある中盤の攻防が続く中、ホームの福岡は16分、中村が右足で上げた右CKをニアに飛び込んだ山岸がヘディングシュート。マークを外して上手く合わせたが、惜しくも枠の左に外れた。 互いにポストを掠める際どいシュートを放ったが、先にネットを揺らしたのはアウェイチームだった。28分、敵陣中央で野津田がボールを奪い、ショートカウンターを発動。ベン・カリファが持ち運びボックス右にパスを出すと、走り込んだ満田が右足ダイレクトで鋭いシュートをゴール左下に突き刺し、先制点を挙げた。 最少失点の相手から先手を取った広島。その後もボールを握りながら試合を進めていくが、福岡もコンスタントにゴールに迫っていく。すると37分、左サイドから志知が右足でクロスを入れると、今季リーグ戦初出場の渡が頭で合わせ、古巣から点を奪った。 同点で迎えた後半、広島はイエローカードを貰っていたベン・カリファをドウグラス・ヴィエイラに変更。ポストプレーやセットプレーで見せ場を作る。対する福岡は57分、今季のリーグ戦初出場で初ゴールを挙げ、さらには今日が29歳の誕生日だった渡を下げて、クルークスを投入した。 前半に引き続いてタイトな試合が展開されている後半は、中盤での潰し合いが目立ち、両チームともになかなかシュートシーンまで運べない時間が続く。 そんな中、ドウグラス・グローリが満田に与えたファウルを巡って野津田が主審に異議。グローリは満田に躱されたところでユニフォームを引っ張り、バランスが崩れたところに身体をぶつけるプレーに及んだ。故意ではないにせよ危険な行為だったと、怒りを露わにした野津田はここでグローリを押し倒してしまっていた。 結果として2人にイエローカードが提示され、両者ともに累積により次節出場停止となった。 だが、その直後に野津田は次節出場停止となってしまった責任を果たす。77分、相手が押し込んできたところを野津田が味方とのパス交換でひっくり返すと、すかさず前線へ浮き球のスルーパスを供給。これに抜け出したドウグラス・ヴィエイラがGKの頭上を狙ったループシュートを流し込んだ。 今季のリーグ戦初出場となった前節のセレッソ大阪戦から、天皇杯の横浜FC戦を含めてドウグラス・ヴィエイラは3試合連続得点に。復活の兆しを見せるエースの活躍で勝ち越した広島は、直後にフアンマに脅かされるも、ここはGK大迫がしっかりセーブ。 守護神も光る広島は86分、機を見てボックス左に侵入した佐々木がクルークスに倒されPKを獲得。横浜FC戦で失敗しているドウグラス・ヴィエイラがキッカーを務めたが、今回はきっちり決めて追加点。これで1-3とした。 その後、広島は野上を投入。福岡は一挙3人替えで一矢報いに掛かるが、試合はこのままタイムアップ。苦しみながらも勝利した広島が今季初の4連勝を収めた。 アビスパ福岡 1-3 サンフレッチェ広島 【福岡】 渡大生(前37) 【広島】 満田誠(前28) ドウグラス・ヴィエイラ(後32) ドウグラス・ヴィエイラ(後41) 2022.06.25 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

29日にプライムステージ抽選会のルヴァンカップ、出席選手が決定!

Jリーグは23日、JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ組み合わせ抽選会に出席する選手8名決定を発表した。 今季のルヴァンカップはプレーオフステージまでの戦いが終わり、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、セレッソ大阪、名古屋グランパスが勝ち残り。そこに川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ組をプラスした計8チームでプライムステージの戦いが始まる。 プライムステージに向けては29日15時30分からオープンドローを予定。川崎FのMF橘田健人、横浜FMのFW宮市亮、神戸のFW小田裕太郎、浦和のGK鈴木彩艶がチームの代表選手として出席が決定済みだったが、残る4チームは未定だった。 そして、新たに広島のFW鮎川峻、福岡のFW金森健志、C大阪のDF山中亮輔、名古屋のMF甲田英將が参加決定。その模様はJリーグの公式Youtubeチャンネルでライブ配信される。 2022.06.23 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「結果が良すぎる」Jリーグの声出し応援の検証結果に産総研も驚き「観客の皆さんの協力が大きかった」

Jリーグは21日、実行委員会を開催。メディアブリーフィングでは、「声出し応援」の2試合に関する報告が行われた。 2020年1月に新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に蔓延し始めると、Jリーグも中断期間を設けるなど対応。NPBとの協力により「新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施。実に2年以上にわたって現在も月に2回開催されている。 そんな中、観客の入場制限解除など徐々に緩和に向かっている中、スタジアムでの「声出し応援」再開に向けて実証検証が行われた。 実施されたのは、6月11日のYBCルヴァンカッププレーオフステージ第2戦の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡、12日の明治安田生命J2リーグ第21節の東京ヴェルディvsいわてグルージャ盛岡の2試合。いずれも「声出しエリア」を設けて2年ぶりにスタジアムに声援とチャントが戻ってきた。 検証結果は鹿島vs福岡で声出しエリアのマスク着用率は99.7%、東京Vvs岩手では99.8%となっており、水分補給以外ではマスクは外されていなかったという。 また、今回は格子状(自分を中心に回りを囲む8席が空席)に座席を設けていたが、観客間の距離も97%と94.5%が守っており、守っていないケースのほとんどが子供が親の近くにいるというケースだったという。 その他、CO2濃度も一般席とほとんど変わらず、空気が停滞することはなかったとのこと。また、声出しの割合は88〜95分と、長い時間声出しがされていたという。 国立研究開発法人 産業技術総合研究所の保高徹生氏は今回の2試合での検証結果について「結果が良すぎて改善することはほとんどない」とコメント。想定していた以上の結果が残り、一定の手応えを感じたとのこと。「観客の皆さんの協力が大きかった」と、声出しエリアを含めて、意識の高さが良い結果をもたらせたとした。 ステップ2として7月にはより多くの試合で「声出し応援」が導入される中、座席は市松状に変更。より観客を動員しての実施となる中、保高氏は「リスクはあまり変わらないと予想できる」としていた。 今回の結果を受け、Jリーグの窪田慎二理事がコメント。なるべく早く元の姿に戻していく方針ながらも、一歩ずつ慎重に行っていくとした。 「我々としては2019年以前の100%入場でマスクなしで声の出せる環境を取り戻したいと考えていて、ステップバイステップでやっています。ステップ1は順調にスタートが切れたと思います」 「クラブ、サポーターの皆さんのご理解ご協力のおかげで良いスタートが切れました」 「このステップを始めるにあたり、スポーツ庁をはじめとする関係省庁のご理解もありました」 「コロナ禍にあっては外国人選手の入国など、関係省庁のご理解をいただいています。ステップをスピードアップして、ステップバイステップでやっていき、1日も早く2019年の状況に戻したいと思います」 ただ、「声出しあり」となった場合は、現在の政府方針ではスタジアムを満員にすることは不可能。この先は、観客動員とのジレンマも生まれてくることになりそうだが、まずは順調なスタートを切ったといって良いだろう。 2022.06.21 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

マスク着用率は驚異の「99.7%」、声出し応援検証でサポーターの協力に野々村チェアマン「日本人としての素晴らしさが十分表れている」

20日、第57回新型コロナウイルス対策連絡会議が行われた。 日本全国でも世界を見ても感染状況が落ち着いており、特に重症患者が減っていると言う状況。ただ、完全に終息したわけではないため、気を引き締めた感染対策を続ける必要がある。 そんな中、Jリーグでは一部試合で声出し応援を解禁。実証検証を行った中、野々村芳和チェアマンが会議で検証結果を報告した。 野々村チェアマンもYBCルヴァンカッププレーオフステージ第2戦の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡の試合は現地で観戦。応援が戻ったことについて「当日はスタジアムに行きましたが、関係者含めて、生のちゃんと、声を聞けて感動したという方が多かったと思います」とコメント。「マスクの着用率、声出しエリア、声出しNGエリアからチャントを歌う行為がないのかということがポイントでしたが、サポーターの方に協力いただいたこと、両クラブの運営担当がしっかりやってくれました」と、大きな問題は起こらずに終えたとした。 また、当日のマスクの着用率は「99.7%」という衝撃の数字に。野々村チェアマンは「日本人としての素晴らしさが十分表れている数字だと思います」と、素晴らしい結果だとした。 このマスク着用率に関して専門家チームの舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)は「海外ではあり得ない。99%の人が協力してくれることなどあり得ない。日本の1つの大事な強さだと思う。それが数字で証明されたことは非常に大事」と協力してくれているファン・サポーターの好意に感謝。「海外では決してあり得ないことを日本の中で、皆さんの協力の中でできていることを誇りに思います」と、一丸となって感染対策を講じられていることを称えた。 また賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「鹿島の応援を見させていただいて、感動いたしました。応援がいかに大きいかが身をもって感じさせていただきました」と応援の大切さを映像で見ても感じたとコメント。また「マスクの着用率、CO2濃度なども細かくとられている。しっかりとした実証データを踏まえて、ステップを踏まれる姿勢は素晴らしいと思う」と語り、JリーグとNPBが積み上げてきたものが素晴らしいとした。 三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)も「チームや球団だけではなく、サポーター、ファンの方の協力をいかにいただいているか」と、多くの協力があってこそだと語り、「それがデータになって表れているのが嬉しい」と、行動だけでなく数値としても結果が出ていることを喜んだ。 なお、Jリーグは当該試合に訪れた人たちにアンケートを実施。その一部が共有され、「声出しをすることで楽しさが増した」という回答は96%。「声出しNGエリアのお客さんも応援があったほうが良い」という声は91%、「声出しNGエリアにいながら声出ししたいと思った」というのは71%という結果だったとのこと。改めて、応援のあるスタジアムの素晴らしさを感じる声が多かったようだ。 2022.06.20 13:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ゼ・リカルド新体制の清水、福岡下し今季ホーム初勝利飾る【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、清水エスパルスvsアビスパ福岡が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-1でホームの清水が勝利を収めた。 前節は柏レイソルに1-3と敗れ、その直後に指揮官交代に踏み切った清水。これが初陣となるゼ・リカルド新監督はU-21日本代表に招集された鈴木唯人に代わり、後藤をスタメン起用した。 対するアビスパ福岡は、前節は浦和レッズを相手にゴールレスドロー。3試合ぶりの白星を狙う今節では、ここまで出番の少なかった北島が先発となった。 立ち上がりからボールを支配して攻め込むホームの清水。7分にいきなり新体制初ゴールを奪う。ショートカウンターの流れからチアゴ・サンタナがボックス左にスルーパスを送ると、これに反応した神谷が左足ダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。中央へ走り込んだ西澤が左足でゴール右に流し込み、先制に成功する。 早々に1点を奪われた福岡は22分にセットプレーからチャンス。ボックス手前中央で獲得したFKの場面で、サインプレーから志知が左足のミドルシュートを放つも、枠の左に外れた。 アウェイチームは38分にも、北島が敵陣左サイドの深い位置からボックス手前左まで切り込み、左足のクロスを供給。これにファーサイドで相手DFに競り勝ったフアンマが頭で合わせたが、惜しくも相手GKに阻まれる。 2つのピンチを凌いだ清水は41分、敵陣右サイドでのパス交換から西澤がアーリークロスを上げると、チアゴ・サンタナがヘディングシュート。これがゴール左隅に決まり、リードを2点を広げる。 試合を折り返して、後半立ち上がりは静かな展開で時間が進む。その中でホームチームは60分、カウンターの流れから山原が長い距離をドリブルで運び、ボックス左まで侵入。左足を振り抜くも、相手GKにセーブされる。 2点を追う福岡は68分に波状攻撃を仕掛ける。その流れの中でボックス手前中央でこぼれ球を拾った岸が後方にフリックすると、前がダイレクトで右足を一閃。これは枠を外れたが、80分にはここまで最大の決定機を迎える。 中村の縦パスを受けたルキアンがバイタルエリアでボールをキープし、こぼれたところに山岸が反応。ダイレクトで右足を振り抜いた強烈なシュートがゴール右隅に決まり、1点を返した。 しかし、清水は再び相手を突き放す。85分、チアゴ・サンタナが自陣からのロングボールを敵陣中央で収めると、ボックス中央へスルーパスを供給。これに反応したベンジャミン・コロリが華麗なループシュートで相手GKをいなし、ゴールネットを揺らした。 再び2点差としたホームチームは、その後もボールを上手くキープして時間を使い、3-1のまま試合終了。ゼ・リカルド監督の初陣で今季のホーム初勝利を手にした。 清水エスパルス 3-1 アビスパ福岡 【清水】 西澤健太(前7) チアゴ・サンタナ(前41) ベンジャミン・コロリ(後40) 【福岡】 山岸祐也(後35) 2022.06.18 20:32 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly