ファン・デ・ベークが苦しい胸中を吐露…チャンス待つも「精神的にすごくつらい」

2021.09.07 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークが苦悩を明かした。

オランダの名門アヤックスでスキルを磨き、昨夏に移籍金3500万ポンド(約53億1000万円)でユナイテッド入りしたファン・デ・ベーク。レアル・マドリーらも関心を抱くなかでの移籍だった。

ところが、蓋を開けてみると、大苦戦。加入初年度から公式戦全体だと36試合で起用されたが、19試合に出場したプレミアリーグに限れば、わずか4回の先発機会しかなく、サブ扱いだった。

勝負の2年目となる今季もここまでリーグ戦3試合のすべてでベンチ入りしたものの、出番なし。今月の代表ウィークでルイス・ファン・ハール新体制のオランダ代表からも呼ばれなかった。

ファン・デ・ベークはユナイテッドOBで元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏によるポッドキャスト番組『Vibe with Five』で苦しい胸の内を包み隠さず、吐露した。

「チームのなかに入っていけない状態で、チャンスを待つのは難しいね。プレーしていないというのは簡単なことじゃない。自信なんて持てないよ」

「適応の時間が必要なのは当たり前だが、もちろんながら満足なんてできない。プレーがしたいんだ。それは明らかさ。(精神的に)すごく辛い」

また、チャンスが巡ってきても良いように毎日の練習にひたむきに取り組むなかで、「怒り」を感じるときもあるが、オーレ・グンナー・スールシャール監督からの言葉を励みにしているようだ。

「監督は僕について本当にポジティブで、『君が必要だ。私は君をキープしたい』との言葉もくれた。『今のドニーは別人のよう』とも言ってくれたんだ」

「そんな僕の成長した姿を人々に見せられたら良いなと思うが、もっとプレーしないとね。日々のハードなトレーニングだけじゃなく、試合に出る時間も必要さ」

「月に1回のプレーだけじゃ、自分のベストを披露することなんてできない」

今季を迎えるにあたり、プレミアリーグ仕様の身体に仕上げたことでも話題にあがったが、現段階で効果をなしていないファン・デ・ベーク。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入でさらにチーム内競争が熾烈さを極めるが、この苦境を乗り越えられるだろうか。


関連ニュース
thumb

不適合者にあらずか…ラングニック「ロナウドは今もいとも容易く違いを生み出せる選手」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック新監督が3日の就任会見でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに言及した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 オーレ・グンナー・スールシャール監督を解任してからアシスタントコーチのマイケル・キャリック氏に暫定的な指揮を託したユナイテッド。キャリック氏から公式戦3試合2勝1分け無敗でバトンを受け取ったラングニック新監督は先日にイギリスの就労ビザが下り、2日に本拠地オールド・トラッフォードで行われるプレミアリーグ第15節のクリスタル・パレス戦から指揮を執る。 そこで類稀な得点力と勝負強さを発揮する一方で、守備意識の低さが指摘されるC・ロナウドの存在をラングニック新監督が掲げるプレッシングスタイルの不適合者とする風潮もあるが、ゲーゲンプレッシングの生みの親ともいわれるドイツ屈指の戦術家は選手の特長を尊重したチーム作りを示唆。スタンド観戦のアーセナル戦で2ゴールを記録したC・ロナウドの印象も口にした。 「いつだって起用できる選手に自分のスタイルやフットボールのアイデアを合わせなければならない。その逆などない」 「昨日、クリスティアーノを観たが、36歳にしてあの後半のプレーぶりはアメージングなトッププロだ。あの年齢であれほど身体的にフィットした選手を見たことがない。今もいとも容易く違いを生み出せる選手だ」 「だから、大事なのはクリスティアーノだけじゃなく、チーム全体をいかに発展させていくか。世界で最も競争の激しいリーグを戦っているわけだから、すべての選手が必要になってくる」 「昨日のクリスティアーノを観ている限り、チームに自分の意見を取り込もうと率先しているように感じた。他の選手たちも同じようにしなければならない」 2021.12.04 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

結果で応えるC・ロナウドにパートナーも首ったけ!“ハート”の絵文字を大量投稿

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの活躍に、パートナーであるジョルジーナ・ロドリゲスさんも首ったけの様だ。 2人は、2016年から交際。C・ロナウドの3人の子供に加え、2017年には次女のアラナちゃんを授かった。さらに、10月にはジョルジーナさん双子を妊娠したことを発表していた。 そのC・ロナウドは、2日に本拠地で行われたプレミアリーグ第14節のアーセナル戦に先発出場を果たすと、ここでも千両役者ぶりを発揮する。 まずは1-1で迎えた52分、ユナイテッドが右サイドを突破すると、一瞬の動き出しでDFを外したC・ロナウドがFWマーカス・ラッシュフォードの折り返しをゴール左下隅へ流し込んだ。 その後同点に追いつかれたユナイテッドだったが、70分にはPKを獲得。これをC・ロナウドがド真ん中に蹴り込み、シーソーゲームに終止符を打つ決勝点を決めてみせた。 C・ロナウドは88分までプレー。守備面でもプレッシングに率先する姿を見せ、チームのリーグ4戦ぶりの白星の立役者となった。 すると、ジョルジーナさんは自身のインスタグラムのストーリーズを更新。試合中のC・ロナウドの写真と、PKを決めてお決まりのゴールパフォーマンスを見せるまでの動画に、ハートの絵文字を大量に添えて投稿した。 ジョルジーナさんがC・ロナウドの試合に反応することは珍しくないが、前節チェルシー戦でのベンチスタートにより起用法にも注目が集まる中、結果で応えていくパートナーの姿には、喜びを隠せなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドの活躍にジョルジーナさんも思わず♡を連打</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">La fan número uno de Cristiano Ronaldo, su pareja Georgina Rodríguez. ❤️ <a href="https://t.co/GdZTyFfezj">pic.twitter.com/GdZTyFfezj</a></p>&mdash; Blue (@Blueboy10) <a href="https://twitter.com/Blueboy10/status/1466482968667566087?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.03 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ラングニック新監督、ユナイテッドの印象は?「クロップ就任時のリバプールより優れている」

マンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任したラルフ・ラングニックが、就任会見でチームに対する期待の高さを窺わせた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 成績不振で解任されたオーレ・グンナー・スールシャール監督の後任として、今季残りのシーズンの手綱を握ることになったラングニック新監督。3日に就任会見が行われ、ユナイテッドの監督として初めて公の場に姿を現した。 チームは現在、プレミアリーグで6勝3分け5敗と苦戦中。ただ、最近はチェルシー戦の引き分けに続き、2日のアーセナル戦の勝利で勢いづいてきたところだ。 新指揮官もチームのポテンシャルには期待しているようで、ユルゲン・クロップ監督が就任した2015年当時のリバプールより優れたスカッドを有していると豪語。とはいえ、トップ3との力の差は認めており、自身にとっても大きな挑戦であることを認めている。 「ユルゲンが来た時のリバプールは、今のマンチェスター・ユナイテッドほど良いチームではなかった」 「このチームがトップリーグで戦うのに十分な実力を持っているのは間違いない。トップ3は非常に安定していて、素晴らしいコーチ陣を擁しているが、それは我々も発展させなければならないことだ」 「今はトップ3のクラブとの差はあるが、私はとても野心的で、可能な限り成功したシーズンにしたいと思っている。そのためには現実的でなければならない」 「私は十分な経験を持っており、シーズン途中で全てを変えることは不可能とわかっている。試合に勝つことが重要だ」 「ここは最大のクラブだ。大きな挑戦になる。私は他のスター選手たちと仕事をしたことがある。シャルケでも似たような状況だった。だが、このグループの選手たちと一緒に仕事をするのは何よりも嬉しいことだ」 2021.12.03 20:32 Fri
twitterfacebook
thumb

100試合出場達成のブルーノ・フェルナンデス、更なる飛躍に意気込み「これからもたくさんの試合に」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、100試合出場を喜んだ。 2日、プレミアリーグ第14節でアーセナルと対戦したユナイテッド。試合は、シーソーゲームとなったが、クリスティアーノ・ロナウドの2ゴールなどで3-2でユナイテッドが勝利を収めた。 この試合に先発出場したB・フェルナンデスは、0-1で迎えた44分に同点ゴールを記録。チームの逆転のきっかけを呼び込み、90分までプレーしていた。 2020年1月にユナイテッドに加入したB・フェルナンデスがこの試合が100試合目。自身のゴールでメモリアルゲームを祝い、チームもしっかり勝利を収めた。 これまでの100試合では44ゴール34アシストと78のゴールに絡んでおり、チームの攻撃を牽引している。 そのB・フェルナンデスは自身のインスタグラムを更新。100試合出場を喜ぶとともに、暫定指揮を執りながらチームを去ることとなったマイケル・キャリック暫定監督への感謝も綴った。 「このクラブでの100試合目の出場を、勝利で、そしてファンと共に祝うことができて本当に嬉しい。これからもたくさんの試合に出られることを願っている」 「また、マンチェスター・ユナイテッドの偉大なレジェンドである、マイケル・キャリックにも感謝の気持ちを伝えたい」 <span class="paragraph-title">【写真】ブルーノ・フェルナンデスが100試合出場を喜ぶ</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW_-RgzoIiH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW_-RgzoIiH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW_-RgzoIiH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bruno Fernandes(@brunofernandes.10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.03 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、いよいよ新体制発足! ラングニック暫定監督は1年延長の可能性を示唆

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック新監督が、新天地での自身の役割について言及した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 成績不振で解任されたオーレ・グンナー・スールシャール監督の後任として、今季残りのシーズンの手綱を握ることになったラングニック新監督。指揮官としての半年間の任期を終えた後は、コンサルタントという立場でクラブに2年間とどまることになっている。 コンサルタントというからには、クラブ内部の全体的な改革が予想されるが、3日に就任後初の会見を行ったドイツ人監督は、大きな変更はないという印象を持っている模様。また、監督という役割に関しても、さらに1年延長する可能性があることをほのめかした。 「取締役会も私も、経営陣にそれほど多くの変更は必要ないだろうという同じ意見を持っている」 「チームがトップリーグで戦うのに十分な実力を持っているのは間違いない。トップ3は非常に安定していて、素晴らしいコーチ陣を擁しているが、それは我々も発展させなければならないことだ」 「ユルゲン(・クロップ)が来た時のリバプールは、今のマンチェスター・ユナイテッドほど良いチームではなかった」 「現時点では(監督は)一時的な役割であり、クラブが新しい人材を探していることは分かっている。ライプツィヒでのように上手くいけば、もう1年一緒に仕事を続けることを薦めるかもしれない」 2021.12.03 20:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly