ホーム&アウェイの2戦目でひっくり返せばいいじゃない!? の巻/倉井史也のJリーグ

2021.09.05 12:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
最終予選の初戦初の雨ってきっと日本に有利!! しかもこれまで1回も負けたことのない相手!! でも日本疲れてるから、最終予選の初戦初の引き分けってことになるかも?! とか甘いこと考えてたアナタ!! というかワタシ!!

こりゃー困ったことになりましたよ。次の中国も準備万端で日本を待ち構えているし、さらにその次はアウェイのサウジアラビア戦だし。ここで3連敗とかしたら、地上波で見られないうちに日本が最下位ってことになりそうじゃないですか。

もちろん12月にはアウェイのオマーン戦ありますからね。そこで貸しを返してもらおうじゃありませんか。え? 借りを返すんじゃないのか? 勝点0だから何も借りてる気持ちないし!!

ってことで、今週はリーグカップ戦、準々決勝の初戦で負けた相手が2戦目でひっくり返した例を調べてみました。例によってJ1が18チーム構成になった2005年以降で、2011年の東日本大震災のときと、新型コロナウイルス渦の2020年は準々決勝が1試合だけだったので除くと、すべての結果はこんな感じです。

年 節 ホーム スコア アウェイ
2005 準々決勝:第1戦 千葉 3-2 磐田
2005 準々決勝:第2戦 磐田 2-2 千葉
2005 準々決勝:第1戦 清水 0-1 浦和
2005 準々決勝:第2戦 浦和 1-0 清水
2005 準々決勝:第1戦 C大阪 0-3 G大阪
2005 準々決勝:第2戦 G大阪 2-2 C大阪
2005 準々決勝:第1戦 大宮 0-1 横浜FM
2005 準々決勝:第2戦 横浜FM 3-1 大宮

2006 準々決勝:第1戦 浦和 4-3 川崎
2006 準々決勝:第2戦 川崎※ 2-1 浦和
2006 準々決勝:第1戦 横浜FM 2-1 磐田
2006 準々決勝:第2戦 磐田 0-2 横浜FM
2006 準々決勝:第1戦 C大阪 2-5 千葉
2006 準々決勝:第2戦 千葉 3-2 C大阪
2006 準々決勝:第1戦 鹿島 0-0 G大阪
2006 準々決勝:第2戦 G大阪 0-2 鹿島

2007 準々決勝:第1戦 浦和 1-1 G大阪
2007 準々決勝:第2戦 G大阪 5-2 浦和
2007 準々決勝:第1戦 甲府 3-2 川崎
2007 準々決勝:第2戦 川崎※ 4-2 甲府
2007 準々決勝:第1戦 広島 1-0 鹿島
2007 準々決勝:第2戦 鹿島※ 3-1 広島
2007 準々決勝:第1戦 横浜FM 0-1 F東京
2007 準々決勝:第2戦 F東京 2-4 横浜FM※

2008 準々決勝:第1戦 G大阪 1-0 横浜FM
2008 準々決勝:第2戦 横浜FM 2-1 G大阪
2008 準々決勝:第1戦 鹿島 0-0 清水
2008 準々決勝:第2戦 清水 2-1 鹿島
2008 準々決勝:第1戦 千葉 0-1 名古屋
2008 準々決勝:第2戦 名古屋 1-0 千葉
2008 準々決勝:第1戦 F東京 1-2 大分
2008 準々決勝:第2戦 大分 1-1 F東京

2009 準々決勝:第1戦 鹿島 1-0 川崎
2009 準々決勝:第2戦 川崎※ 3-0 鹿島
2009 準々決勝:第1戦 G大阪 1-3 横浜FM
2009 準々決勝:第2戦 横浜FM 1-2 G大阪
2009 準々決勝:第1戦 浦和 2-1 清水
2009 準々決勝:第2戦 清水※ 3-0 浦和
2009 準々決勝:第1戦 F東京 5-1 名古屋
2009 準々決勝:第2戦 名古屋 2-1 F東京

2010 準々決勝:第1戦 鹿島 2-1 川崎
2010 準々決勝:第2戦 川崎※ 3-1 鹿島
2010 準々決勝:第1戦 F東京 1-1 清水
2010 準々決勝:第2戦 清水 0-0 F東京
2010 準々決勝:第1戦 磐田 2-1 仙台
2010 準々決勝:第2戦 仙台 0-0 磐田
2010 準々決勝:第1戦 広島 0-1 G大阪
2010 準々決勝:第2戦 G大阪 1-2 広島※

2012 準々決勝:第1戦 鹿島 2-1 C大阪
2012 準々決勝:第2戦 C大阪 0-3 鹿島
2012 準々決勝:第1戦 G大阪 1-3 柏
2012 準々決勝:第2戦 柏 2-1 G大阪
2012 準々決勝:第1戦 仙台 2-2 F東京
2012 準々決勝:第2戦 F東京 2-0 仙台
2012 準々決勝:第1戦 清水 0-1 名古屋
2012 準々決勝:第2戦 名古屋 3-4 清水※

2013 準々決勝:第1戦 川崎 2-1 仙台
2013 準々決勝:第2戦 仙台 2-3 川崎
2013 準々決勝:第1戦 鹿島 0-2 横浜FM
2013 準々決勝:第2戦 横浜FM 3-1 鹿島
2013 準々決勝:第1戦 広島 1-2 柏
2013 準々決勝:第2戦 柏 0-1 広島
2013 準々決勝:第1戦 C大阪 0-2 浦和
2013 準々決勝:第2戦 浦和 1-1 C大阪

2014 準々決勝:第1戦 C大阪 1-3 川崎
2014 準々決勝:第2戦 川崎 2-3 C大阪
2014 準々決勝:第1戦 神戸 1-1 G大阪
2014 準々決勝:第2戦 G大阪 3-0 神戸
2014 準々決勝:第1戦 広島 0-0 浦和
2014 準々決勝:第2戦 浦和 2-2 広島
2014 準々決勝:第1戦 横浜FM 1-2 柏
2014 準々決勝:第2戦 柏 3-1 横浜FM

2015 準々決勝:第1戦 柏 0-2 神戸
2015 準々決勝:第2戦 神戸 2-3 柏※
2015 準々決勝:第1戦 G大阪 1-1 名古屋
2015 準々決勝:第2戦 名古屋 2(9PK10)2 G大阪
2015 準々決勝:第1戦 新潟 5-0 浦和
2015 準々決勝:第2戦 浦和 3-0 新潟
2015 準々決勝:第1戦 FC東京 2-2 鹿島
2015 準々決勝:第2戦 鹿島 3-0 FC東京

2016 準々決勝:第1戦 大宮 2-1 横浜FM
2016 準々決勝:第2戦 横浜FM※ 1-0 大宮
2016 準々決勝:第1戦 広島 1-1 G大阪
2016 準々決勝:第2戦 G大阪 6-3 広島
2016 準々決勝:第1戦 神戸 1-2 浦和
2016 準々決勝:第2戦 浦和 4-0 神戸
2016 準々決勝:第1戦 FC東京 1-1 福岡
2016 準々決勝:第2戦 福岡 0-2 FC東京

2017 準々決勝:第1戦 神戸 0-0 G大阪
2017 準々決勝:第2戦 G大阪 2-0 神戸
2017 準々決勝:第1戦 C大阪 0-0 浦和
2017 準々決勝:第2戦 浦和 2-2 C大阪
2017 準々決勝:第1戦 仙台 3-1 鹿島
2017 準々決勝:第2戦 鹿島 3-2 仙台
2017 準々決勝:第1戦 川崎 2-0 FC東京
2017 準々決勝:第2戦 FC東京 1-5 川崎

2018 準々決勝:第1戦 湘南 3-0 C大阪
2018 準々決勝:第2戦 C大阪 2-2 湘南
2018 準々決勝:第1戦 甲府 2-2 柏
2018 準々決勝:第2戦 柏 1-1 甲府
2018 準々決勝:第1戦 G大阪 0-4 横浜FM
2018 準々決勝:第2戦 横浜FM 3-1 G大阪
2018 準々決勝:第1戦 鹿島 1-1 川崎
2018 準々決勝:第2戦 川崎 1-3 鹿島

2019 準々決勝:第1戦 川崎 2-0 名古屋
2019 準々決勝:第2戦 名古屋 2-2 川崎
2019 準々決勝:第1戦 札幌 3-2 広島
2019 準々決勝:第2戦 広島 1-1 札幌
2019 準々決勝:第1戦 G大阪 1-0 FC東京
2019 準々決勝:第2戦 FC東京 2-1 G大阪
2019 準々決勝:第1戦 浦和 2-3 鹿島
2019 準々決勝:第2戦 鹿島 2-2 浦和

で、この※がついたチームが2戦目でひっくり返してるんですけど、のべ112チームのうち、のべ11チームが大逆転劇を見せているのでした。少ないなぁ? でもないことはないからね!! なんか、一部のチームに偏ってる気はしますけど。

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。




関連ニュース
thumb

あ〜もう今年の優勝チーム分かっちゃいましたよね!? の巻/倉井史也のJリーグ

17日からは日本代表候補の合宿スタート!! 何か全然そんな雰囲気ないけどワールドカップの年なんですよ。選手はここで呼ばれて一気に本大会までっていうのを考えてるんだろうけど、でもこの候補合宿が終わってワールドカップアジア最終予選に呼ばれちゃうと隔離期間がある!! もしかしたら短縮されるかもしれないけど、チームが最終的に仕上がる時期に合流できない!! そりゃ選手も困るけど、代表クラスの選手がいなくなったら開幕ダッシュに響いちゃうってクラブも困ってるでしょ。やっぱり優勝のために大切なのはスタートダッシュですからね。 ってことで、この代表候補に取られている選手の多さと、その選手たちがいるチームと対戦する開幕戦のカードを掛け合わせてみると……。 まず今回招集されているメンバーをクラブ別に分けると、 谷口彰悟(川崎) 山根視来(川崎) 脇坂泰斗(川崎) 権田修一(清水) 鈴木唯人(清水) 松岡大起(清水) 中谷進之介(名古屋) 稲垣祥(名古屋) 相馬勇紀(名古屋) 上田綺世(鹿島) 荒木遼太郎(鹿島) 酒井宏樹(浦和) 江坂任(浦和) 瀬古歩夢(C大阪) 西尾隆矢(C大阪) 大迫勇也(神戸) 武藤嘉紀(神戸) 長友佑都(FC東京) 渡辺皓太(横浜FM) 谷晃生(湘南) 佐々木翔(広島) で開幕戦カードは…… 【第1節】 2月18日 川崎(3人) vs FC東京(1人) 2月19日または20日 横浜FM(1人) vs C大阪(2人) 湘南(1人) vs 柏(0人) 清水(3人) vs 札幌(0人) 名古屋(3人) vs 神戸(2人) 京都(0人) vs 浦和(2人) G大阪(0人) vs 鹿島(2人) 広島(1人) vs 鳥栖(0人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) ついでに第9節、第2節のカードは…… 【第9節】 2月23日 浦和(2人) vs 神戸(2人) 【第2節】 2月26日または27日 札幌(0人) vs 広島(1人) 鹿島(2人) vs 川崎(3人) 柏(0人) vs 横浜FM(1人) FC東京(1人) vs 名古屋(3人) 磐田(0人) vs 清水(3人) C大阪(1人) vs 京都(0人) 神戸(1人) vs 福岡(0人) 鳥栖(0人) vs 湘南(1人) ってことで代表(候補)選手がいないチームは2節まででこんなことに。 清水(3人) vs 札幌(0人) 札幌(0人) vs 広島(1人) 湘南(1人) vs 柏(0人) 柏(0人) vs 横浜FM(1人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) 磐田(0人) vs 清水(3人) 京都(0人) vs 浦和(2人) C大阪(1人) vs 京都(0人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) 神戸(1人) vs 福岡(0人) 広島(1人) vs 鳥栖(0人) 鳥栖(0人) vs 湘南(1人) 2節までに対戦するの相手の代表(候補)選手の数を足すと、札幌の4人が最多。ってことは札幌は相手の調子が整わないうちに戦えるってことじゃないですか。 となると、今年の開幕ダッシュに成功し優勝までひた走るのは札幌!! ドヤ!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.01.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「関東じゃ松の内が明けた」なんて言ってる間に始まってます!? の巻/倉井史也のJリーグ

いやだいやだいやだ~~~~。どうです、これ。「いやだ」「いやだ」「いやだ~~~~」にも、「いやだい」「やだい」「やだ~~~~」にも読める、最強の拒否を表す言葉って感じじゃないですか。それくらい休みが終わるのやだ~~~。ってみんな思ってるんじゃないですかね、Jリーガー。 なぜなら!! と、今週のデーターはJ1各チームの始動日調査!! 公式HP等によると…… ・札幌:未定 ・鹿島:1月11日 ・浦和:記載なし ・柏:1月15日(新体制発表会) ・FC東京:1月15日(新体制発表会) ・川崎:1月15日(新体制発表会) ・横浜FM:1月9日(新体制発表会)1月12日(始動日) ・湘南:1月10日 ・清水:1月11日(新体制発表会) ・磐田:1月11日(始動日) ・名古屋:1月10日(始動日) ・京都:1月8日(始動日) ・G大阪:1月8日(始動日) ・C大阪:1月14日(始動日) ・神戸:記載なし ・広島:1月8日(始動日) ・福岡:1月8日(始動日) ・鳥栖:1月8日(始動日) 早いよ!! しかも移籍や契約更改がまだ続いてるクラブもあるし、ホント、今年のJリーグはバタバタです。 そしてこうしてみると、静岡勢2チームがJ1って3シーズンぶりだし、関西チームが4つになるのって12シーズンぶり。いろいろ変革が多い年ってのは間違いなし。はたしていい方向に転ぶのか、あるいは……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.01.08 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

あけまてしおでめとうござまいす、っていうくらいごちゃごちゃした新年が来た!? の巻/倉井史也のJリーグ

みなさん、あけましておめでとうございます。 あのさ、これだけたくさん選手が動く冬ってなかなかないじゃないですか。まとめようかと思ったけど、まだ動いてるんですよね。そう言えば去年はキャンプが終わった後に移籍する選手もいたし、こりゃもうちょっと様子を見ておきます。 ちゅうことで、その人の移動と同じくらいごちゃごちゃしてる2022年のスケジュール、ポイントをまとめておいたよ!! まず何と言っても目立つのは ・天皇杯決勝:10月16日 ・ルヴァンカップ決勝:10月22日 なんと!! リーグカップの決勝がオープンカップの決勝の後に来るという初めての展開に。しかもこの時期に天皇杯の決勝があるってことは、2023年のACL出場チームがこの時期に1チーム決まるってことですよ。ってことでリーグ戦の残り試合の戦いも影響受けること間違いなし!! 続いてこちら!! ・J1参入プレーオフ決定戦はどういうレギュレーションでやるか決まってない まぁリーグ戦が始まるまでに決めりゃいいんでしょうけどね。Jリーグが2021年12月に2022年シーズンについて発表したとき、全然頭から抜けてました!! だって記者からの質問で慌てて確認して、結局回答持ち越しですから。昇降格ってJリーグの中ではあまり重要視されてないんだって思っちゃいますね、こりゃ。1月の理事会の後で正式発表予定です。 さてどんどん行きますよ!! ・ワールドカップに合わせて日程が変更されている J1リーグの最終節が11月5日、J2リーグのレギュラーシーズンが10月23日に最終節!! まぁここまではいいとしましょう。ところが!! ・J1参入プレーオフ決定戦:11月13日 ・J3リーグ最終節:11月20日 そしてみなさん、当然ご存じでしょう。2022年カタールワールドカップの開催日程は ・11月21日~12月18日18時(日本時間24時) いやぁ、アジアでやってくれると時差が少なくていいや!! じゃなくて。J3に所属してる選手は試合終わった後、急いで飛行機に乗らないと開幕戦に間に合わないじゃないですか。J1参入プレーオフ決定戦に出ている選手も代表入りは諦めて!! って感じですよね。むしろJ2でプレーオフに絡まない選手のほうがコンディション整えられていいんじゃないの? そしてもうお分かりでしょう。 ・中断期間がほぼないから、チームの立て直しは大変 ちなみに5月、これでもかってくらいサッカーの試合が見られます。 ・J1の試合開催日:5月3・4・7・8・14・15・21・22・25・28・29 ・J2の試合開催日:5月1・4・7・8・14・15・21・22・25・28・29 ・J3の試合開催日:5月1・4・14・15・28・29 ・ルヴァンカップ開催日:5月 18 みんな、「からだだいじに」!!って叫びたくなる日程じゃないですか。もちろんこんな時期ですから、見るほうも身体大事に生きましょうね~~~~!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.01.01 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

クリボッチ的今年のJリーグを考えてみるとこうなった?! の巻/倉井史也のJリーグ

ケンカ売るぜ!! Jリーグ!! だって日程発表は1月21日、日本vsウズベキスタンの、そして登録選手の発表は2月1日、日本vsサウジアラビアの約2時間ぐらい前ってことで、思い切り日本サッカー協会と仲悪いって感じミエミエ!! Jリーグとしては「チケット販売などを考えてギリギリのタイミング」って言ってるみたいだけど、お互い協力しないと来年のスポーツの話題は勝っても負けてもビッグボスが取ってくぞって気がしませんか? あ、してないからぶつけてるんだろうけど。 何かこういう身内のケンカ的なの感じちゃうと年末から暗い気持になっちゃうんだよね……しかもクリスマスなのに……と思って、Jリーグ関連でこの時期、過去に何かくらい話題なかったっけ? って調べてみたら、ありました、ありましたよ。25年前の大騒動。 1996年12月25日、鳥栖フューチャーズの運営会社、佐賀スポーツクラブの取締役会は「チームの存続は困難」と解散することを発表。そして翌年に規模を思い切り縮小してサガン鳥栖が出来たのでした。 その鳥栖が今年も大ピンチ。金明輝監督がパワハラ問題の責任を取る形で辞任したら選手が続々と移籍しちゃってるじゃないですか。 という前振りで、Jリーグファンなら何となく予想できる結果なんだろうけど、今回はチームのコストパフォーマンスの良さを比べちゃいます。今年度の人件費は来年にならないと発表されないので、とりあえず昨年度のチーム人件費と今年の勝点は チーム 人件費(百万) 勝点 神戸 6,396 73 名古屋 3,525 66 浦和 3,119 63 川崎 3,036 92 FC東京 3,034 53 横浜FM 2,962 79 柏 2,879 41 G大阪 2,721 44 鹿島 2,550 69 広島 2,040 49 C大阪 2,020 48 清水 1,937 42 札幌 1,614 51 鳥栖 1,389 59 仙台 1,246 28 大分 1,154 35 湘南 1,121 37 横浜FC 1,010 27 福岡 968 54 徳島 916 36 ※福岡と徳島はJ2時代 ってことで、コストパフォーマンスの良さは 福岡 17.9 鳥栖 23.5 徳島 25.4 湘南 30.3 札幌 31.6 大分 33.0 川崎 33.0 鹿島 37.0 横浜FC 37.4 横浜FM 37.5 広島 41.6 C大阪 42.1 仙台 44.5 清水 46.1 浦和 49.5 名古屋 53.4 FC東京 57.2 G大阪 61.8 柏 70.2 神戸 87.6 福岡と徳島がJ2時代の予算で計算しているので不確かということを考えると、何と言っても目立つのは鳥栖のコストパフォーマンスのすごさ!! うーん、そう考えると今年も鳥栖にとってはやっぱりブラック・クリスマスなんですなぁ。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.12.25 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

先週から編集長によくわからないシバリを付けられてるので今週のオチは?! の巻/倉井史也のJリーグ

今年、天皇杯の決勝が早まっていてホッとしたG大阪ファンって多いんじゃないですかね。だってもし決勝が正月までだったら、監督がやってくるのがすごく遅くなるでしょ?いや、誰が監督になるのか分からないけど。 で、今週は年間順位とという形が出来た1999年以降、歴代天皇杯優勝チームがその年の何位のチームだったか調べてみました!! 1999年:名古屋 4位 2000年:鹿島 1位 2001年:清水 4位 2002年:京都 5位 2003年:磐田 2位 2004年:東京V 9位 2005年:浦和 2位 2006年:浦和 1位 2007年:鹿島 1位 2008年:G大阪 8位 2009年:G大阪 3位 2010年:鹿島 4位 2011年:FC東京 1(J2)位 2012年:柏 6位 2013年:横浜FM 2位 2014年:G大阪 1位 2015年:G大阪 2位 2016年:鹿島 1位 2017年:C大阪 3位 2018年:浦和 5位 2019年:神戸 8位 2020年:川崎F 1位 おお!! 2011年のFC東京の素晴らしい例外を除いて、J1リーグの1桁順位のチームが優勝してる!! ということは、もし6位の浦和が勝ったら例年どおり、そして18位の大分が勝ったら、これまた歴史を作ったことになりますよ。大分、J2とACLと一緒に戦うのは大変だろうけど、何かそういうのに燃えそうな選手もいるなぁ……。たぶん「I Don't Care Anymore」って言ってると思います!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.12.18 19:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly