アウェイで3得点!3試合ぶり勝利で岐阜が暫定2位に浮上【明治安田J3第17節】

2021.09.04 21:36 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
4日、明治安田生命J3リーグ第17節の3試合が各地で行われた。

勝てば暫定で2位に付けられるFC岐阜は、アウェイでY.S.C.C.横浜と対戦。前半に惜しいシーンを何度か作りながら決め切れずにいたが、49分に先制する。ボックス左でフリーになったレレウがボールを受けると、中央で待つ深堀に折り返す。フリーだった深堀はこれを落ち着いてゴール左に流し込み、ようやくリードを奪うことに成功した。

勢いに乗る岐阜は、57分にカウンターから追加点を奪う。自陣右サイドで船津がボールを奪い、中島とのワンツーで前線に抜け出すと、そのまま右からクロス。このボールに対して大西がボックス左でワンタッチで合わせ、ゴールネットを揺らした。

リードを広げてからも、さらに追い打ちをかける岐阜。70分、左サイドに抜け出した山内がボックス左に侵入してクロスを送る。するとニアサイドに走り込んだ深堀が相手DFと交錯しながらもボールに触って相手のオウンゴールを誘発し、3点目を奪った。

しかし76分にはピンチを迎える。右サイドからの前進を許し、ボックス右からYS横浜の山本にシュートを放たれるも、ここはGK桐畑がファインセーブ。最後まで失点を許さずリーグ戦3試合ぶりの白星を挙げ、暫定2位に浮上している。

その他、アウェイでヴァンラーレ八戸を1-0で下したテゲバジャーロ宮崎は、4位に順位を上げた。

また、ホームにカマタマーレ讃岐を迎えた藤枝MYFCは、大量5得点で完勝。10位に浮上し、降格圏から遠ざかっている。

◆第17節
▽9/4(土)
Y.S.C.C.横浜 0-3 FC岐阜
藤枝MYFC 5-0 カマタマーレ讃岐
ヴァンラーレ八戸 0-1 テゲバジャーロ宮崎

▽9/5(日)
福島ユナイテッドFC vs ガイナーレ鳥取
アスルクラロ沼津 vs カターレ富山
ロアッソ熊本 vs FC今治
AC長野パルセイロ vs いわてグルージャ盛岡


関連ニュース
thumb

藤枝、チーム最年長39歳の秋本倫孝が今季退団 「とても良い思い出ができました」

藤枝MYFCは3日、DF秋本倫孝(39)の今季退団を発表した。 チーム最年長の秋本は法政大学を卒業後、2005年にヴァンフォーレ甲府でプロ入り。京都サンガF.C.やカターレ富山、タイ・ホンダFCを経て、2019年から地元クラブの藤枝に活躍の場を移した。 その藤枝では初年度から主力としてプレーを続けたが、今季は明治安田生命J3リーグの最終節を残して1試合の出場のみ。第16節の富山戦を最後に出番なしが続いている。 契約満了に伴い、今季限りで藤枝を去る秋本はクラブを通じて、別れの挨拶をした。 「藤枝MYFCに関わる全ての皆様へ。3年間応援していただきありがとうございました。今年はなかなか試合に出れずとても悔しいシーズンでしたが、毎日自分らしくサッカーを楽しむことができました」 「地元静岡でサッカーができたこと、藤枝の素晴らしいスタジアムで試合ができたこと、とても良い思い出ができました。近い将来にJ2昇格する日が来ることを願っています。ありがとうございました!」 2021.12.03 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

今治が助っ人含む5名の退団を発表、JFL時代からプレーする玉城峻吾「このエンブレムで戦えたことを誇りに思います」

FC今治は3日、5選手に退団を発表した。 今回発表されたのは、MF玉城峻吾(30)、DFチョン・ハンチョル(25)、FWレオ・ミネイロ(31)、DFオスカル・リントン(28)、FW梁賢柱(23)の5名となる。 玉城は三菱養和ジュニアユース、ユースから筑波大学へと進学。2015年にツエーゲン金沢へと入団。2017年から今治でプレーした。 JFL時代からチームの主軸としてプレー。今治では2シーズンでJ3通算45試合7得点を記録した。 チョン・ハンチョルは、成均館大学校から2018年にFC町田ゼルビアへと入団。2019年にはY.S.C.C.横浜へ期限付き移籍し、2020年から今治でプレー。2シーズンでJ3通算45試合に出場し4得点を記録した。 レオ・ミネイロはFC岐阜やアビスパ福岡、ファジアーノ岡山でプレーし、2020年に今治に加入。2シーズンでJ3通算14試合に出場し4得点を記録した。 オスカル・リントンはパナマのコスタ・デル・エステFCから今シーズン期限付き移籍で加入。J3で5試合に出場した。 梁賢柱はヴィッセル神戸、大宮アルディージャの下部組織で育ち、早稲田大学から今シーズン入団。J3で12試合に出場し1得点を記録したが1年での退団となった。 5選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF玉城峻吾 「今シーズンでFC今治を退団することになりました!とにかくこの5年間enjoyしてプレーすることができました!」 「それには素晴らしい指導者、チームメイトがいたからこそです。本当に感謝しています!そしてスポンサー様、ファン・サポーターの皆様どんな時も選手を後押ししていただき本当に感謝しています」 「夢スタでのこけら落とし!超満員のスタジアムの熱気とあの景色は忘れません。このエンブレムで戦えたことを誇りに思います!」 「そして将来、アカデミー出身の子がピッチで躍動してる姿を楽しみにしています。期待しています!」 「そしておじいちゃん、おばあちゃんサポーターのみんな!!これから先FC今治はまだまだ素晴らしい景色が待っています!まだまだ元気でいてください!5年間本当にありがとうございました!」 ◆DFチョン・ハンチョル 「こんにちは、皆さん。FC今治番号2番のチョン·ハンチョルです。こういうときはどこからどう話をすればいいのかわかりませんね」 「初めて来た時を先に思い出しますね。本当に多くの方達が見に来てくれて歓待してくれて私の名前を呼んでくださったことを昨日のようなのに、もうこんなに時間が経ってしまいましたね」 「その時、その瞬間は一生忘れられない記憶に残るでしょう。 そして、2年前、私に大きな機会をくださったオカダさんに感謝の言葉を伝えたいです。このご恩は忘れません」 「また、ヤノ社長、チームのために常に努力してくださるスタッフの皆様、そして2年間、一緒に苦楽を共にしながら一緒にグラウンドで戦ってくださった選手の皆様、私に多くのことを教えてくださり、力になってくださって感謝しています。 皆さんがいなかったら、今の私も多くの愛を受けることができなかったはずです」 「そして私に本当に沢山の愛を下さったFC今治サポーターの皆様に、もう一度感謝の気持ちをお伝えしたいです。 2021年後半には負傷で多くの試合に出場できず、外で応援した試合がたくさんありましたが、それでも私のことを忘れないでいつも見守ってくださり、応援メッセージ、頑張れという言葉を下さって本当にありがとうございます」 「2020年、2021年もコロナによって多くの辛さと痛みがありましたが、来年はより良い2022年を過ごしていただければと思います」 「最後に、来年には新しい挑戦をしたいので、ほんの少しのご挨拶をしようと思います。皆様、2020年から2021年までの2年間、一生忘れられない思い出を作り、多くの愛をくださってありがとうございます。また会いましょう」 ◆FWレオ・ミネイロ 「まず最初に全てのファン、サポーター、スタッフみんなに感謝します」 「特にリュイス・プラナグマ。誰よりも自分を信じて信頼してくれた事に感謝します」 「みんなにとってとても大変な一年だったと思います。自分たちの目標を達成する事ができませんでした」 「チームが一番助けが必要だった時に力になれなかった事は本当に申し訳ないと思っています。今まで関わってくれた人たちみんなに感謝しています」 「これからもずっとFC今治を応援し続けます。健闘を祈っております」 ◆DFオスカル・リントン 「このクラブにいたことは自分にとって素晴らしい経験でした。日本の文化も沢山学べたし快く迎え入れた事にも感謝しています」 「この先簡単な道ではないけど目標に向かって是非頑張って欲しいです。ハードワークすれば必ず叶えられると思います」 「ここで沢山の仲間もできました。FC今治にとても感謝しています。ありがとうございました」 ◆FW梁賢柱 「皆さんこんにちは。今シーズンをもってFC今治を退団する事になりました。昨年難しい状況の中で私を獲得してくれたクラブにとても感謝しています。クラブ、スタッフ、チームメイト、そしてどんな時も私の背中を押してくれて熱い応援してくれたファン、サポーターには本当に感謝しています!」 「私自身この1年間、結果出せずチームに貢献出来なかったのは非常に悔しいし、プロの厳しさを痛いほど痛感しました。 しかしサッカーを通して悔しい事、苦しい事、嬉しい事がこれほどあったのは初めてでそれがこのFC今治というクラブで体感できたのはとてもプラスになりました」 「不完全燃焼で終わったこの気持ちを忘れずに次に向かいたいと思います。この世界は常に結果が大事であると改めて感じたし私はこの結果を受けて強くなれると感じたのでここから這い上がり成長した姿を見せるように頑張っていきます」 「一年間本当にありがとうございました!今後ともリャンヒョンジュとFC今治の応援をよろしくお願いします。またどこかで会いましょ!」 2021.12.03 10:58 Fri
twitterfacebook
thumb

オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。 そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。 本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。 (空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機) 従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。 リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。 オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。 ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。 さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。 Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。 1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。 そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。 日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

来季J3参入のいわきFC、県1部からJリーグまで導いた田村雄三監督が退任「これからも共に歩んで欲しい」

来シーズンからJ3リーグへ参入するいわきFCは1日、田村雄三監督(38)の退任を発表した。なお、来シーズンからはスポーツディレクターに就任し、トップチーム及びアカデミー部門の総責任者となる。 田村監督は、湘南ベルマーレで現役時代プレー。引退後は湘南で強化部のスタッフやユースのコーチ、テクニカルディレクターを歴任。2016年にいわきFCの強化・スカウト本部長になると、2017年から監督に就任した。 就任1年目は福島県社会人1部リーグで優勝、2年目の2018年は東北社会人2部南リーグで優勝、2019年は東北社会人1部リーグで優勝し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグでも優勝したことでJFLへと昇格した。 2020年はJFLで7位になると、今シーズンはJFLで優勝。チームは来シーズンからJ3へ昇格することが決定していた。 しかし、田村氏は、A級ライセンスしかし取得しておらず、S級ライセンスがないためにJリーグでは指揮が執れない状況だった。 チームをJリーグまで導いた田村監督は、クラブを通じてコメントしている。 「いつもご声援ありがとうございます。今季で監督を退任し、来季よりスポーツディレクターを務めることになりました。まだシーズン中ではありますが、ご報告させていただきます」 「監督を務めさせて頂き5年。株式会社ドームの安田CEO、大倉代表の理解があって監督業が成り立ったと思っていますし、何よりクラブスタッフのサポート、選手たちの協力なしでは結果を出すことはできなかったと思っています。この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。本当にありがとうございました」 「そして、いつもいわきFCを応援して下さっているファン、サポーターの皆様、皆様のご声援が本当に力になりました。これからも共に歩んで欲しいと思います。共にIWAKI WAYをつくっていきましょう」 「より一層責任感を持ち精進してまいりますので、今後ともご支援、ご声援よろしくお願い申し上げます」 また、代表取締役の大倉智氏もコメントしている。 「クラブ設立時からチームビルディングにかかわり、2017年から5年間にわたり監督として、クラブとチームのカルチャーを一体化し作ってきた彼の功績は非常に大きいと思っています。今シーズンをもって監督は退任しますが、今後は「スポーツディレクター」として、トップチーム及びアカデミー部門の総責任者に就任します」 「雄三とは彼の選手時代から含めると16年の付き合いになりますが、誠実で、実直で、常に謙虚な彼の姿勢はこのクラブの財産です。雄三のこれからの飛躍に期待すると同時に、5年間にわたる監督業、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとう!!」 2021.12.02 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐が湘南下部組織出身の国士舘大学DF内田瑞己の来季加入内定を発表「選手としても人間としても成長できるように」

カマタマーレ讃岐は2日、国士舘大学のDF内田瑞己(22)の来季加入内定を発表した。 内田は神奈川県出身で、湘南ベルマーレの下部組織で育ち、平塚学園高校、国士舘大学へと進学した。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では16試合に出場し1得点を記録していた。 讃岐は内田について「対人に強く、クロスの精度が高いサイドバック」と特徴を紹介している。内田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2022シーズンよりカマタマーレ讃岐に加入することになりました国士舘大学の内田瑞己です。幼い頃からの夢を叶えることができたのは、家族や友人の支えがあったからだと思います」 「現状に満足せず常に上を目指し、選手としても人間としても成長できるように頑張ります。カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2021.12.02 19:43 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly