シティの逸材SBヤン・コウトがブラガにレンタル!

2021.08.22 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラガは21日、マンチェスター・シティからU-20ブラジル代表DFヤン・コウト(19)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ヤン・コウトは、コリチーバから2020年7月にシティへ5年契約で完全移籍。母国でダニエウ・アウベスの後継者として期待される、豊富な運動量とスピードに長けた右サイドバックの大器は、昨シーズンにスペイン2部のジローナに武者修行に出されると、公式戦30試合2ゴール5アシストの数字を残した。

今夏のプレシーズンではトップチームの多くの主力の不在を受け、プレシーズンマッチでプレー機会を与えられていたが、経験を積ませたいシティの意向によって今度はポルトガルの強豪ブラガへ武者修行に出ることになった。

関連ニュース
thumb

ポルトがポルトガル代表DFカルモ獲得! 過去にリバプールが獲得に動いた逸材CB

ポルトは5日、ブラガからポルトガル代表DFダビド・カルモ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年で、契約解除金は8000万ユーロ(約111億円)に設定されている。 また、ブラガの発表によると、移籍金は2000万ユーロ+ボーナス250万ユーロの総額2250万ユーロ(約31億2000万円)になるという。 ブラガの下部組織出身のカルモは、196cmの左利きの大型センターバック。2019-20シーズンからトップチームに定着し、以降は度重なるケガに悩まされたが、公式戦57試合に出場している。 屈強なフィジカルを生かした対人の強さに加えて、一定水準のスピードも兼備。さらに、守備的MFでもプレー可能な足元の技術を生かしたフィードにも定評がある。 過去にはレアル・マドリーやマンチェスターの両雄が関心を示し、2021年冬の移籍市場ではリバプールが獲得に迫っていた逸材だ。 2022.07.06 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ピルロ、ポルトガルで監督業再開か

ポルトガルのブラガが、アンドレア・ピルロ監督(42)の招へいに動いているようだ。『A BOLA』などポルトガルの複数メディアが報じている。 現役時代にミランやユベントス、イタリア代表で輝かしいキャリアを築いたピルロ氏は、2020年にユベントスのU-23で監督としての道を歩み始めた。その矢先、トップチームでマウリツィオ・サッリ監督が解任されたことにより、U-23の監督就任からわずか10日後に、トップチームを任せられることになった。 しかし、新たな門出となった2020-21シーズンは、コッパ・イタリアこそ優勝したものの、チャンピオンズリーグではベスト16止まり、セリエAでは4位で10連覇を逃すという結果に。結局、ユベントスを率いるには未熟だったという烙印が押されることとなった。 そんなピルロ氏にブラガが興味。すでにアントニオ・サルバドール会長が個人的に接触したと報じられており、今夏に契約満了となるカルロス・カルヴァリャル監督の後任として狙いをつけているようだ。 なお、ピルロ氏はこの1年間で、ポーランド代表やサレルニターナからオファーを受けていたが全て拒否。また、ロナルド・クーマン監督の後任候補としてバルセロナからの関心も噂されていた。 2022.04.17 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

逆転のベスト4進出、レンジャーズ指揮官は準決勝へ視線「もう一度、良いパフォーマンスが2度必要」

レンジャーズのジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督が、ブラガ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 レンジャーズは14日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでブラガをホームに迎えた。 1stレグではブラガが1-0で勝利していたカード。2点差以上の勝利が必要なレンジャーズは立ち上がり2分に、ジェームス・タベルニエがいきなりゴールを奪い、2戦合計1-1のタイに戻す。 追いついたレンジャーズはホームの後押しを受けてプレーを続けると、43分にPKを獲得。これをタベルニエが決めて2-0とし、2戦合計で2-1と逆転する。 このPKを与えたことでブラガは数的不利に。苦しい戦いとなるが、83分に追いつき試合は延長戦へ。しかし、レンジャーズは101分にケマル・ルーフェが勝ち越しゴールを奪うことに成功。さらに、ブラガはイウリ・メデイロスも退場して11vs9となると、レンジャーズは反撃を凌いで3-1で勝利。ベスト4に勝ち上がった。 試合後、『BT Sport』のインタビューに応じたファン・ブロンクホルスト監督は勝利に満足感を示す一方で、RBライプツィヒとの準決勝の2試合に向けて気を引き締めた。 「我々にとって大きな夜であり、大きな結果だ。試合の全てにおいてとても慌ただしかったが、最終的には準決勝に進むことができた」 「とても誇りに思っている。ヨーロッパで最後の4チームに残ることは、誰にとっても大きな成果であり、グループステージとその後の試合で懸命に努力した」 「ブラガでの1-0の敗戦は悪い結果ではないことはわかっていたし、試合の入りは本当によかった。2-0で勝てたかもしれない」 「前半はかなりプレッシャーをかけていたが、10人、そして9人になった相手にはもっと良いプレーができたはずだ。選手たち勝ち上がることに対して少し緊張していたようだが、成功したことは本当に嬉しい」 「勝ち進めるという信念からスタートする。ファンが誇りに思えるゲームを提供できて本当に嬉しい。ヨーロッパで勝ち進むことはとても大きい」 「選手たちが試合を楽しみ、サポーターが選手を応援しているのを見るのは喜びだ。夢を見ることは欲望を与え、続けるために後押ししてくれるので良いことだ」 「ライプツィヒと2度対戦することはわかっている。もう一度、良いパフォーマンスが2度必要だ。我々はこの夜を楽しみ、続く試合を楽しみにしている」 2022.04.15 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

新天地レンジャーズで充実のラムジー、チームのEL躍進に自信「特別な大会にできると確信」

レンジャーズのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが、移籍後の充実について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ラムジーは2019年夏にアーセナルからフリーでユベントスに加入したが、絶対的な主軸に定着することはできず。今シーズンはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で構想外の扱いとなり、セリエAでは3試合に出場するのみとなっていた。 こうした状況を受け、今冬の移籍市場でスコットランドのレンジャーズに買い取りオプション付きのレンタル移籍という形で加入。レンジャーズではここまで公式戦8試合に出場して2ゴール1アシストを記録するなど、出場機会を確保している。 14日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのブラガ戦の記者会見に出席したラムジーは、レンジャーズで失われた時間を取り戻せるかという質問に「もちろん」と回答。自分の実力を発揮して、チームを成功に導きたいと語った。 「ここ数週間、僕にはちょっとした計画があった。だから、この試合で自分の力を発揮して、チームが次のラウンドに進めるよう助けてあげられると良いなと思う」 「調子は良いよ。ここ数年、僕に欠けていたのは一貫性だった。今は必要な数字を出せると思うし、以前できていたこともできると思う」 「問題はないさ。ただ一貫性を保つこと、少しのリズムをつかむことが大事だ。ここ数週間は調子が良く、強くなったと感じている。これからどんどん試合が増えていくから、これらの試合で大きな役割を果たして、自分の力を発揮できるようにしたいね」 「ELの準々決勝に進出できたのは、僕らにとって大きなことだった。チームは前進するチャンスがあるね。チームメイトやファンと同様、この大会を勝ち抜きたいと思っている。僕ら全員が同じ方向を向いていれば、特別な大会にできると確信しているよ」 「僕は勝つためここに来た。プレーする機会を得て、自分の実力を示すためにね。でも、一番大事なのは3つの大会に参加して、そのすべてで成功したいってことさ」 「ここではプレッシャーがある。以前もこうしたプレッシャーのかかるクラブにいたことはあるが、それはそれで楽しいものさ。今シーズンを成功させたいね」 2022.04.14 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

鎌田大地と長谷部誠擁するフランクフルトがバルセロナに挑む《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・準々決勝の組み合わせ抽選会が18日に行われた。 17日にラウンド16の2ndレグが行われたEL。優勝候補の最右翼と見られるバルセロナは、ホームの1stレグでゴールレスドローに持ち込まれたガラタサライ相手に苦戦を強いられたものの、アウェイで見事に逆転勝利を収め、ベスト8進出を決めた。 同じスペイン勢では、セビージャとベティスがそれぞれウェストハムとフランクフルトに敗れ敗退。セビージャは1stレグで勝利していたものの、アウェイでの2ndレグで逆転を許した。ベティスは2ndレグの90分に劇的同点ゴールを挙げて延長戦に持ち込んだが、オウンゴール献上で敗戦。 その他では、レバークーゼンとの強豪対決に連勝したアタランタ、ポルトとの名門対決に競り勝ったリヨンらが8強へ進んだ。 なお、RBライプツィヒvsスパルタク・モスクワは、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)によるロシア代表チームおよびロシアに属するクラブチームへの大会追放措置を受け、ライプツィヒの不戦勝となった。 そして、抽選の結果、バルセロナはフランクフルトと激突。鎌田大地と長谷部誠にとってはまたとない相手となった。そのほか、ライプツィヒvsアタランタ、ウェストハムvsリヨンといった好カードも実現している。 ◆準々決勝(4/7,14) RBライプツィヒ(ドイツ) vs アタランタ(イタリア)ー【1】 フランクフルト(ドイツ) vs バルセロナ(スペイン)ー【2】 ウェストハム(イングランド) vs リヨン(フランス)ー【3】 ブラガ(ポルトガル) vs レンジャーズ(スコットランド)ー【4】 ◆準決勝(4/28,5/5) 【1】の勝者 vs 【4】の勝者ー【5】 【3】の勝者 vs 【2】の勝者ー【6】 ◆決勝(5/18) 【6】の勝者 vs 【5】の勝者 2022.03.18 21:56 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly