ミランの3rdユニフォームが発表!プーマが手掛ける10クラブと共通のデザインに

2021.08.19 18:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ミランとサプライヤーのプーマは18日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。

プーマは18日、公式YouTubeチャンネルでミランだけでなく、マンチェスター・シティやバレンシア、ボルシアMG、マルセイユ、スタッド・レンヌ、シャフタール・ドネツク、フェネルバフチェ、クラスノダール、PSVの全10クラブのユニフォームを発表。

3rdキットはサッカーとストリートウェアの文化を融合させた新しいアプローチでユニフォームを再考するという考えのもと、通常胸にあるエンブレムが背面に施され、胸にはクラブ名のテキストが表示されるという共通のデザインを発表した。

ミランの3rdユニフォームは黒がベースになっており、前身頃にはエンボス加工されたクラブのエンブレム。胸には「AC MILAN」とクラブ名が入り、やはり他クラブと共通のデザインになっている。

シャツ背面の首元に描かれるクラブのエンブレムは全面赤で描かれており、ショーツとソックスはシャツ同様に黒が基調のデザインだ。

今シーズンからミランに加入したフランス代表FWオリビエ・ジルーは「僕はこのユニークなデザインの大ファンだよ。正面にクラブ名がくるのはとてもクールで、エンブレムが生地と一体化するエフェクトは素晴らしい」とデザインを絶賛している。

この3rdユニフォームに関してはすでに販売も開始されている。



1 2

関連ニュース
thumb

ピオリ監督が長期離脱のケアーにエール「彼は強い人間であり、困難も乗り越えていく」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、負傷したデンマーク代表DFシモン・ケアーや、来年1月の移籍市場について言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランは今シーズンのセリエAで開幕から好調を維持しており、現在2位の好位置につけている。また、久々の出場となったチャンピオンズリーグ(CL)では3連敗スタートとなったが、第5節のアトレティコ・マドリー戦で勝利を収めたことにより、最終節までグループステージ突破の可能性を残す状況となった。 さらに、1日に行われたセリエA第15節のジェノア戦では3-0の完勝を収めており、リーグの連敗をストップ。首位ナポリとの勝ち点差を「1」にまで詰めている。 一方で、ジェノア戦ではチームの守備を支え続けていたケアーがヒザを負傷。3日に手術が行われ、半年程度の離脱が予想されている。 4日にはセリエA第16節のサレルニターナ戦が控える中、ピオリ監督はケアーの長期離脱についてコメント。チームとして痛手であることを認めながらも、個人的にエールを送っている。 「我々はシモンのクオリティや、人としての深みを知っている。彼のカリスマ性、個性、そして適切なタイミングでの発言は、チーム内で非常に重要なものとなっているのだ」 「我々はシモンと非常に親密であり、彼のことを心配している。しかし、すべてがうまくいくことはわかっているよ。彼は強い人間であり、こうした困難であっても乗り越えていくだろう」 また、ピオリ監督は来年1月に開かれる移籍市場についても言及。冬の補強についてはテクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が以前に消極的な発言をしていたが、負傷者が出た以上状況は変わる可能性があると語った。 「長期の負傷が確認された場合、市場への介入が必要になるとクラブが考えていることは明らかだ。とはいえ、我々はチームの改善が有効と判断した時のみにそれを行うだろう。チームを改善するため、必要であればクラブは準備をするはずだ」 2021.12.04 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

最長で半年離脱可能性のケアー、代替にカルダーラ復帰か

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが3日、ヒザの手術を受けるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば最長で半年離脱する可能性があるとのことだ。 ケアーは1日に行われたセリエA第15節ジェノア戦で先発。開始30秒に負傷していた。ミランは十字靭帯の損傷は回避したと発表しているが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は最悪の可能性を報じている。 その際はヴェネツィアにレンタルで移籍しているイタリア代表DFマッティア・カルダーラを呼び戻す可能性の他、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレメルの獲得に乗り出すと主張している。 2021.12.04 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチが自身をPSGに売り込み…今夏の逸話を自伝で告白「サッカー選手としてではない。SDとしてだ」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)へと復帰する可能性があったことを明かした。 先日40歳になったイブラヒモビッチ。ケガなどで離脱するなど、欠場することが増えている一方で、ピッチに立てば抜群のパフォーマンスを披露。セリエAでは9試合で6ゴール2アシストと結果を残している。 ミランとイブラヒモビッチの契約は2022年6月30日までとなっているが、契約延長の意思を示していることもあり、まだまだミランでそのプレーを見ることができそうだ。 そのイブラヒモビッチだが、新たな自伝『Adrenalina』を出版。選手ではないイブラヒモビッチのことが書かれているという。 この自伝の中では、PSGに関して多くのページを割いているとのこと。その中で、今夏PSGのナセル・アル・ケライフィ会長とクラブに戻る可能性を話していたと明かしているとフランス『レキップ』が報じた。 しかし、PSG復帰は選手としてではなく、クラブ幹部として。レオナルド氏が務めるスポーツ・ディレクター(SD)に就任することを申し出ていたようだ。 「2021年夏。確かに俺は自分をPSGに提供した。サッカー選手としてではない。スポーツ・ディレクターとしてだ。ナセル・アル・ケライフィ会長に電話をかけ、彼に提案をした。『ミランとの契約を更新しないのであれば、PSGにやってきて、あなたのチームを整えることになる』と」 「ナセルは笑ってはいたが、ノーとは言わなかった。(代理人の)ミーノ・ライオラも『君の理想的な役割だ。完全に行かなければいけない』と同意してくれた。ただ、彼は俺がミランから離れられないことを分かっていたが、同意してくれた」 「もし、契約を延長していなければ、PSGのマネージャーの役割は良い未来だったはずだ。俺が話したPSGの選手でさあえ、そう思っていた」 「ある選手は言った。『ズラタン、あなただけが秩序を戻し、チームに規律をもたらすことができる』とだ。別の選手は『ズラタン、もしあなたであれば、ドレッシングルームでこのようなことは起きなかっただろう』とね」 「俺はこのプロジェクトを気に入っていたが、サッカーのキャリアを辞めることへの恐怖感やパニックを防ぐには十分ではなかった」 「言うことと、行動することは別のことだ。俺はパリに行き、チームのトレーニングを見て何千回も自問しただろう。『何故やめたのか?』とね」 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチ外のイブラヒモビッチを綴った新たな自伝</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バロンドーラー・ロナウジーニョにはさすがの一言、芸術ループなど現役さながらのプレーで圧巻のハット!

元ブラジル代表FWロナウジーニョが現役さながらのテクニックを披露し、絶妙なループを含むハットトリックを達成した。 バルセロナやミランなどで活躍し、2005年にはバロンドールも受賞したロナウジーニョ。2018年1月の引退からおよそ4年の月日が経つが、その技術は全く衰えていないようだ。 11月30日、ブラジル国内のエスタディオ・レイ・ペレで行われたチャリティーマッチに出場したロナウジーニョ。世界最高峰のフットボーラーは圧巻のプレーで観衆を魅了した。 まずは教科書よりも優れたシザーズで相手を抜き去り、GKのタイミングをずれして右隅へ流し込むと、再び迎えた一対一でも冷静にネットを揺らして2点目を奪う。 極めつけは前半終了間際だ。絶妙なループシュートを沈めてハットトリックを達成し、衰え知らずのテクニックを見せつけた。 チャリティーマッチの映像を自身のインスタグラムで公開したロナウジーニョは、感謝とともに「まだフィールドでプレーできるね」と次のようなメッセージを添えている。 チャリティーマッチとはいえ、ファンタジスタの異名にふさわしいプレーを披露したロナウジーニョ。長年培われた技術は嘘をつかないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】シザーズに芸術ループ、ロナウジーニョが衰えないテクニックを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ronaldo de Assis Moreira(@ronaldinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ヒザ負傷のケアー、年内復帰は不可能か

ミラン所属デンマーク代表DFシモン・ケアーの長期離脱が見込まれている。 ケアーは先発出場した1日のセリエA第15節のジェノア戦で負傷。開始からわずか30秒というところで、ボールホルダーにチェックに向かった際にヒザを痛め、担架で運び出されていた。 大ケガも懸念される中、試合から一晩明けた2日、検査のために病院へ向かうケアーの姿が目撃されたが、イタリア『メディアセット』によると、松葉杖をつく痛々しいものだったという。 しかし、同メディアは合併症のような副次的なダメージの懸念はあるとしながらも、回復までそれほど長い時間はかからないと予想。ミランも十字靭帯の損傷は回避したと主張しているようだ。それでも、年内復帰は不可能と見込まれている。 2021.12.02 19:43 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly