プリシッチがプーマへ“移籍” 特注スパイク着用へ

2021.08.11 06:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
プーマは9日、チェルシーのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチとスポンサー契約を結んだことを発表した。これまでナイキの『マーキュリアル』シリーズを愛用してきたプリシッチだが、今季のプレシーズンマッチではプーマの『ウルトラ』を着用していた。

プリシッチは契約締結に際して、次のようにコメントしている。
「サッカーを愛する人なら誰でもプレーすることができるはず。僕たちはスポーツのプラットフォームを持っている。本当に意味のあるものであれば、人々の目を見開かせて変化を起こすのを助けることができる。」

「僕がプーマで気に入っているのは、アメリカのユースサッカーをサポートし、次世代の彼らが夢を追いかけるのをサポートするという僕の情熱と目標を共有してくれていることだ」

「多くの点でプーマに参加するのは簡単なことだった。その一流である様と革新的な製品で、プーマはピッチの内外でスポーツの文化を体現している。彼らの技術革新は、僕の最大の武器の1つであるスピードを中心に展開している。」

「ペレ、マラドーナ、ヨハン・クライフなど、過去の最高のプレーヤーたちが築いたプーマの歴史をたどることができて光栄だ」

また、契約締結を記念して特注でプリシッチ仕様の『ウルトラ 1.3』を制作。11日に行われるビジャレアルとのUEFAスーパーカップ決勝でお披露目となる。

1 2

関連ニュース
thumb

チェルシーが逸材SBグスト獲得へ! オファー改善に加入時期譲歩でリヨン説得に成功

チェルシーが、リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)の獲得に成功したようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 手薄な右サイドバックの補強としてグストを獲得候補に定めたチェルシーは、先日に2000万ユーロ(約28億2000万円)のオファーを掲示。だが、これはリヨンサイドに拒否されていた。 その後、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長、ローラン・ブラン監督が少なくとも今シーズン終了までの残留を明言したため、交渉は破談に終わったかに思われた。 しかし、あくまでグスト獲得にこだわるチェルシーは、新たに3000万~4000万ユーロ(約42億3000万~56億5000万円)と言われる2度目のオファーを掲示。さらに、今冬の即時加入を断念し、今季終了までのレンタルでリヨンに残留させるという譲歩を見せたことで、このタイミングでのクラブ間合意となったという。 2016年からリヨンのアカデミーに在籍しているグストは、キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバート。2021年1月のサンテチェンヌ戦でトップチームデビューを飾ると、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 2023.01.28 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、カイセド獲得目指すアーセナルの6000万ポンドのオファー拒否か?

ブライトンが、エクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)に対するアーセナルからの6000万ポンド(約96億3000万円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグで躍進するブライトンの中盤を牽引するカイセド。ここまでリーグ戦18試合1ゴール1アシストと数字面では大きなインパクトはないものの、卓越した身体能力を生かしたボール奪取能力、カバー範囲の広さという守備面の貢献。攻撃面ではマイボール時の推進力や的確なボール捌きと、リーグ屈指のボックス・トゥ・ボックスMFとしての評価を確立している。 その21歳の逸材に関しては、先日に5500万ポンド(約88億3000万円)のオファーを掲示したとされるチェルシーを始め、リバプール、ニューカッスルといったプレミアリーグの強豪クラブがこぞって関心を寄せる。 そういった中、ここまで驚異的なペースで勝ち点を重ねてリーグ首位を快走するアーセナルが、手薄な中盤の補強に向けてカイセド獲得の動きを本格化させていた。 そして、ミケル・アルテタ率いるチームは、今週に入ってブライトンに6000万ポンドの公式オファーを掲示。だが、先日にロベルト・デ・ゼルビ監督が語ったように、今冬の主力流出を望まないシーガルズは、このオファーを固辞したようだ。 今後、アーセナルが移籍金を増額した場合、ブライトンが売却を受け入れる可能性もなくはないが、ヨーロッパのコンペティション出場が望める状況において適切な後釜を確保できなければ、ブライトンが首を縦に振る可能性は低い。 2023.01.27 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ勢5人が先発の英カップ戦QF、長谷川唯のシティと清水梨紗・林穂之香のウェストハムらが準決勝へ

25日から26日にかけ、イングランドの女子コンチネンタルカップの4試合が行われた。 各チームに所属するなでしこジャパンの選手たちも出場を果たしている。マンチェスター・シティのMF長谷川唯は先発出場し67分までプレーし、6-0の勝利に貢献。トッテナムへ加入したばかりのFW岩渕真奈も先発起用され、59分までプレーした。 リバプールvsウェストハムでは日本人対決が実現し、1-0でウェストハムが勝利を収めている。 リバプールへ新加入したMF長野風花は[4-3-3]のアンカーで先発出場。リーグ戦ではデビュー戦がピッチ凍結のために開始早々に中止となる珍事を経験したが、この試合で改めてレッズの一員として登場。後半のアディショナルタイムまでプレーしたが、チーム全体がウェストハムのプレッシングに苦しみ、ボールタッチの回数は限定的となった。 対するウェストハムからはDF清水梨紗とMF林穂之香がフル出場。清水は右サイドバックで先発し、効果的な位置取りでボールの引き出し役となるだけでなく惜しいラストパスも披露。終盤にはシステム変更に伴い、ウイングバックとしてプレーした。 林は[4-3-3]の中盤の一角に入り、相手の中盤との嚙み合わせでボランチとインサイドハーフの中間のようなポジショニングに。選手交代に伴い、62分以降はアンカーを務め、最終盤にはタイトな守備でゲームのクローズに一役買った。 26日には準決勝の組み合わせが発表され、ウェストハムはチェルシーと、シティはアーセナルとそれぞれ2月8日に対戦する。 ◆女子コンチネンタルカップ準々決勝 ブリストル・シティ 0-6 マンチェスター・シティ リバプール 0-1 ウェストハム トッテナム 1-3 チェルシー アーセナル 3-0 アストン・ビラ ◆準決勝組み合わせ ウェストハム vs チェルシー アーセナル vs マンチェスター・シティ <span class="paragraph-title">【動画】清水、林、長野が出場、ウェストハムvsリバプールの決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIpYpkolci8";var video_start = 181;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、フランスの逸材獲得が不可に…リヨン会長が「夏まで残留」と明言

チェルシーが獲得を目指しているとされたリヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)だが、今冬の移籍は無くなったようだ。 2016年からリヨンのアカデミーで育ち、2021年1月にトップチームデビューしたティーンの逸材。キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバートされ、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残していた。 フィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る逸材。将来のフランス代表入りも期待されている。 チェルシーは選手との個人合意を果たしているとされているものの、リヨンは2000万ユーロ(約28億2000万円)のオファーを拒否。チェルシーは再オファーを出す見込みとされていた。 しかし、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長がフランス『レキップ』の記事を投稿してこの件に言及。夏までリヨンに残ると明言した。 「私はヴァンサン・ブルーノ・ローランと共に、この偉大な冬の移籍市場に積極的に参加している」 「リヨンの大望でもあるマロ(・グスト)が、少なくとも2023年6月30日まではリヨンでプレーし続けることをここに明記する」 長期契約で年間の諸経費を分散させ、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)を回避するという斬新な方法は、UEFAのFFP規約を変える影響を及ぼし今年の夏から施行予定。その前の獲得は事実上無くなってしまったようだ。 2023.01.27 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーがリヨンの若手右SB獲得に本腰! 個人間では合意済み

チェルシーが、リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)の獲得に本腰を入れているようだ。 同選手は2016年からリヨンのアカデミーで育ち、2021年1月にトップチームデビューしたティーンの逸材。キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバートされ、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 過去にはパリ・サンジェルマンやマンチェスターの両雄、バルセロナ、トッテナムが関心を示したと言われるサイドバックに、現在はチェルシーが熱視線。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、すでに個人間では合意済み。クラブ間では2000万ユーロのオープニングオファーは口頭で断られたものの、条件改善に向けて交渉が続けられているという。 今冬の移籍市場ですでに6人の新戦力を補強しているチェルシー。長期契約で年間の諸経費を分散させ、ファイナンシャル・フェア・プレーを回避するという斬新な方法は、FIFAの選手契約に関するルールを変えてしまうほどの影響を及ぼしたが、その規制が有効となる夏までに更なる補強が予想されている。 2023.01.26 20:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly