バイエルンがPSM3戦未勝利…新生ボルシアMGに敗戦

2021.07.29 15:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは29日、アリアンツ・アレーナで行われたボルシアMGとのプレシーズンマッチで0-2の敗戦を喫した。

ユリアン・ナーゲルスマン新体制のバイエルンは、ここまでケルン(2-3)、アヤックス(2-2)を相手に1敗1分けの未勝利。今回の一戦ではアディ・ヒュッター新体制のブンデスリーガのライバルチーム相手に初勝利を目指した。

引き続きユーロ2020でプレーした主力を欠く中、DFダヨ・ウパメカノやDFオマー・リチャーズといった新戦力、FWエリック・チュポ=モティング、DFタンギ・クアシ、DFブナ・サールといった現有戦力、若手を組み合わせた布陣で臨んだホームチーム。

対するアウェイチームはMFクリストフ・クラマー、DFトニー・ヤンチュケ、MFハンネス・ヴォルフ、FWパトリック・ヘアマンといったトップチームの選手と若手を混合した布陣で臨んだ。

立ち上がりから主導権争いが続いた中、バイエルンは前半半ば過ぎに決定機を創出。31分、MFマリク・ティルマンの果敢な仕掛けからボックス中央にルーズボールがこぼれると、これをFWジョシュア・ザークツィーが狙うが、シュートを枠に飛ばせない。

0-0で折り返した後半も左ウイングに入ったティルマンの積極的な仕掛けで幾度か見せ場を作るも決め切れないバイエルンは、59分にDFジョー・スカリーからの絶妙な右クロスをゴール左に走り込んだヴォルフにワンタッチボレーで決められ、先制を許した。

その後、60分に大幅にメンバーを入れ替えた中、ユーロ帰りのFWセルジュ・ニャブリがプレシーズンマッチに初出場。だが、守勢は変わらずにGKロン=トルベン・ホフマンの再三の好守で何とか2失点目を防ぐのが精いっぱいの展開に。

だが、76分には相手の波状攻撃から最後はDFミヒャエル・ウェンツェルにボックス右角度のところから右足のシュートを流し込まれ、痛恨の2失点目となった。その後、決死の反撃を見せたものの、ニャブリのゴールがオフサイドで取り消しとなるなど、プレシーズンマッチ3戦目にして初の無得点で試合を終えることになった。

なお、ナーゲルスマン監督は試合後に守備面に一定の手応えを感じながらも、攻撃面の迫力不足を悔やんでいる。青年指揮官がクラブ公式サイトで試合を振り返っている。

「我々は前半、前回のテストマッチ2試合よりも明らかに良い守備をした。今日は早い段階でプレッシャーをかけようとし、ボール奪取も多かった。グラードバッハは前半それほど危険なチャンスを作らなかった。しかし我々もゴール前に入り込むのが少なすぎた」

「アタッキングサードでそれほど積極的でなかったが、それでも2、3の良いチャンスがあった。後半冒頭には再び2回の大変良いカウンターチャンスを得たが、上手くボールを得点に繋げられず、その後は交代の少し前に失点してしまった」

「今は代表プレーヤーたちが戻ってきて、新加入のプレーヤーも数人おり、彼らをチームに順応させなければならない。公式戦が始まれば、我々はもちろん勝利を収め始めるはずだ」

バイエルン 0-2 ボルシアMG
【ボルシアMG】
ヴォルフ(59分)
ウェンツェル(76分)

関連ニュース
thumb

これが47歳? 引退から4年が経過したゼ・ロベルトの衝撃的な肉体に11万いいね

かつてバイエルンでもプレーし、ブラジル代表としても活躍していたゼ・ロベルト。引退から4年が経過し、47歳となった今では、現役時代以上の肉体をキープしている。 ゼ・ロベルトは、レアル・マドリーやレバークーゼン、バイエルン、ハンブルガーSVなどヨーロッパでプレー。その他にも、ウルグアイのナシオナルや母国のポルトゥゲーザ、フラメンゴ、サントス、グレミオ、パウメイラスでもプレーした。 ブンデスリーガで336試合に出場し39ゴール97アシスト、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでも155試合に出場し9ゴール22アシストを記録。また、ブラジル代表としても84試合に出場し6ゴールを記録し、1998年、2006年と2度ワールドカップにも出場していたが、2017年11月に引退していた。 そのゼ・ロベルトは、現役引退後にフィットネスライフに専念。その肉体は鋼のようであり、現役時代よりも締まって見えるほど。インスタグラムでは度々その肉体を披露し、多くの「いいね!」をゲットしている。 ゼ・ロベルトは最近も自身の肉体を見せつける写真を投稿。11万5000以上の「いいね!」をゲットしているが、その肉体は見事な6パック、いや8パックにも近いもの。写真とともに「トップを目指した方が、目立ちやすくなる」と綴り、かつてはボディビルダーであり、元カリフォルニア州知事で入るっど俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏をタグ付けしていた。 これには元チームメイトも反応。Jリーグでもプレーした元ブラジル代表のエジムンド氏は「どうした?」とメッセージがついていた。 <span class="paragraph-title">【写真】こんな47歳がいるのか…衝撃の肉体を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zé Roberto(@zr11)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがドイツ代表MFゴレツカと2026年まで契約延長「3年間で全てを勝ち取ってきた」

バイエルンは16日、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(26)との契約延長を発表した。 現行契約は2022年6月30日までだったものの、今回2026年6月30日まで4年間延長したとのことだ。 ボーフムの下部組織で育ったゴレツカは、2012年7月にファーストチームに昇格。2013年7月にシャルケへと移籍すると、一躍名を上げることに成功する。 シャルケでは公式戦147試合に出場し19ゴール16アシストを記録していた中、2018年7月にフリートランスファーでバイエルンへと完全移籍。その能力をさらに高めていく。 バイエルンでも主軸としてプレーするゴレツカは、ここまで118試合に出場し25ゴール26アシストを記録。シャルケ時代の数字をすでに上回っている。 また、ドイツ代表としても38試合に出場し14ゴールを記録。近年はトレーニングの成果で体つきも大きく変わり、力強さを増している。 ゴレツカは今回の契約延長についてコメントしている。 「バイエルンのおかげで、過去3年間で全てを勝ち取ってきた。しかし、これらの成功を確認し、繰り返すことはタイトルを獲得するよりもさらに良いことだ」 「今後数年間でさらに発展させていきたいと思う」 「チーム、クラブ、そして環境は高い専門性を持っているだけでなく、親しみやすいものだ。これらはこのクラブの成功を保証するものの1つだ」 「2026年までの早期の契約延長ができて、とても嬉しい」 <span class="paragraph-title">【スペシャル動画】バイエルンがゴレツカとの契約延長を伝える特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXNkFubFlEWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.16 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

カンプ・ノウで“お得意様“バルサからゴールのミュラー 「ここでプレーするのは本当に楽しい」

バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、バルセロナ戦の勝利を誇った。クラブ公式サイトが伝えている。 ミュラーは14日に行われたCLグループE第1節のバルセロナ戦で先発出場。ここまでバルセロナとの試合で連続ゴールを決めているミュラーは、この日も34分に放ったシュートが相手DFに当たり大きく軌道が変わったことで、先制点を記録。これでさらに勢いを増したチームは、その後FWロベルト・レヴァンドフスキの2ゴールでリードを広げ、3-0の完勝を収めている。 バルセロナ戦3試合連続となる通算7点目を決めたミュラーは、試合後のインタビューでさらに点差を広げられたはずだと課題を口にしつつ、カンプ・ノウでプレーする楽しさを語った。 「前半の半ば以降から、僕たちの状況はかなり良くなったと思う。いくつかの優れたトランジションがあり、良いボール奪取ができていた。相手に後ろからの攻撃はあまり許さなかったけど、僕たちはあと1つか2つの得点を決められたはずだ」 「全体として、ここでプレーするのは本当に楽しいね。皆も楽しんでいたと思うよ。CLグループステージの開幕戦を3-0で勝てたことは、とても重要なメッセージになるはずだ。僕たちはこの結果にとても幸せさ」 2021.09.15 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナを圧倒のバイエルン、2Gのレヴァンドフスキは完勝に喜び「完璧な一日になった」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、チャンピオンズリーグ(CL)での完勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 レヴァンドフスキは14日に行われたCLグループE第1節のバルセロナ戦で先発出場。公式戦5連勝中と勢いに乗るチームがこの日も試合を優位に進め先制に成功すると、56分にはレヴァンドフスキが味方のシュートのこぼれ球を冷静に押し込み、追加点を挙げた。レヴァンドフスキは85分にもゴールを記録しており、チームの3-0の勝利に大きく貢献している。 この結果、バイエルンは公式戦6連勝。2シーズンぶりのCL優勝に向けて、好スタートを切っている。 試合後のインタビューに応じたレヴァンドフスキは、観客の入ったスタジアムの雰囲気を喜ぶと共に、バルセロナ相手に完勝を飾ったことを喜んだ。 「ピッチに立って、観客と一緒にCLのアンセムを聞くのはいつだって気持ちがいいものだね。本当に最高の気分だ。確かに、今回のスタジアムは満員ではなかったけど、すぐすべてが元通りになることを願っている」 「僕らは自分たちのパフォーマンスに満足できるだろう。とても良かったと思うよ。最初の1分から、勝ちたいという気持ちがチームから伝わってきた」 「それに、試合をコントロールできたのは重要だったね。バルサが僕たちのゴールを脅かすシーンはほとんどなかった。完璧な一日になったよ」 2021.09.15 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサに敵地で3発快勝もバイエルン指揮官は満足せず「もっと得点のチャンスを作ることができた」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、バルセロナ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が開幕。グループEでは初戦からバルセロナvsバイエルンの優勝候補同士の一戦が組まれた。 カンプ・ノウで行われた一戦。試合は34分にトーマス・ミュラーのゴールでバイエルンが先制すると、後半にはロベルト・レヴァンドフスキが2ゴール。敵地で0-3と圧倒したバイエルンが白星スタートとなった。 グループ最大のライバルに完勝したナーゲルスマン監督は、良い守備ができたものの、シュートが少ないと課題を指摘した。 「最初は、危険なゾーンでデパイをま守るのに少し苦労した。それを調整し、そのあとはとても良い状態で試合を進めることができた。前半はバルセロナはフィニッシュできなかったと思う」 「我々はとてもよく守った。ボールを保持できれば、もっと得点のチャンスを作ることができたはずだ。全体的に優勢だった割には、良いフィニッシュが少なすぎた」 「後半は、天候の影響もあり、より安定し、より深い位置で守った」 また、この試合で2ゴールを記録したレヴァンドフスキについてもコメント。ストライカーらしさを見せてくれたと評価した。 「レヴィは信じられない程、良い嗅覚を示した。特に2点目は、驚くべくうまくプレーした」 「結局我々はうまくコントロールし、3点目を奪った。それだけでも、勝利は絶対的なものだった」 2021.09.15 09:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly