鹿島がカイキのゴール守り切り10勝目! G大阪はホームで連敗【明治安田J1第2節】

2021.07.24 21:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
24日、明治安田生命J1リーグ第2節のガンバ大阪vs鹿島アントラーズがパナソニック スタジアム吹田で行われ、0-1で鹿島が勝利を収めた。

ホームのG大阪は、リーグ戦で4試合負けなしの状態で挑んだ直近のヴィッセル神戸戦で今季初の逆転負けを喫した。それでも勝てば降格圏を脱出できる中、神戸戦から中3日ということもあり、スタメンを6人入れ替えて試合に臨む。

対する鹿島は、前節の柏レイソル戦からおよそ2週間ぶりとなる実戦。その柏戦は1-2で敗れ、公式戦7試合負けなしという好調の歩みが止まったため、今節でまた調子を取り戻したいところ。なお、今日の試合は相馬監督は体調不良のため、パシェココーチが代行として指揮を執る。

立ち上がりからロングボールを前線に送り続けた両チーム。だが、試合が落ち着くと鹿島がボールを握ってサイドから攻め込む展開になる。セントラルハーフ、サイドハーフ、そして2トップの1人がタッチライン際で細かくパスをつないでG大阪のゴールに迫っていった。

一方のG大阪は[5-4-1]のブロックを組んで守備を固め、カウンターから点を取りに行く狙いを見せる。ボール奪取時には2シャドーとペレイラに預け、ウィングバックの上がりを待って手数をかけずに素早く相手ゴールへ向かっていく。

すると12分、相手のパスをインターセプトした矢島が、ハーフラインより10mほど前のところからロングシュート。ボールは高い位置を取っていたGK沖の頭上を越えていったが、わずかに右へ。決まればスーパーゴールだったが先制点とはならなかった。

ボールを握り続けた鹿島にも前半終了間際に決定機が訪れる。44分、後方からのロングパスを収めたエヴェラウドをアラーノが追い越し、スルーパスを受けてペナルティエリア内に侵入。しかし、懸命に戻った黒川の足に当ててしまい上手くミートできず、勢いを失ったボールはGK東口にキャッチされてしまった。

両チームともに決定機らしいシーンは一度しかなく、ゴールレスのまま試合を折り返した。だが後半が始まってわずか14秒、鹿島にビッグチャンス。左サイドからのクロスをエヴェラウドがフリーで合わせたが、ゴール右に惜しくも外れてしまう。その3分後にはアラーノがペナルティエリア左からフリーでシュート。しかし、これはGK東口に防がれてしまう。

後半に入って押し込まれ続けるG大阪は、61分にペレイラを下げてパトリックを投入。神戸戦でも点を取っており、ディフェンスラインの裏を狙えるタイプのストライカーが前がかりになった鹿島の裏を狙うが、終始単発的なカウンターしかできなかった。

すると72分の鹿島、荒木の絶妙なスルーパスを受けたカイキがGK東口と1対1になり、落ち着いて決めて待望の先制点をゲット。途中出場の2人で点を取ることに成功した。

リードを得た鹿島はここまでとは一変して相手にボールを持たせるようになる。奪っては少ない手数で攻めて、あわよくば追加点を狙う戦い方に変更した。

92分にはエヴェラウドに代えて松村、アラーノに代えてシルバを投入して確実に試合を終わらせに行く。そのまま上手く時間を使った鹿島が1点のリードを守り切り、リーグ戦10勝目を挙げた。


ガンバ大阪 0-1 鹿島アントラーズ
【鹿島】
アルトゥール・カイキ(後27)

関連ニュース
thumb

「Jリーグに限らない」教え子・前田大然の獲得が噂されるセルティック、ポステコグルー監督は「交渉を進めている訳ではない」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、今冬の移籍市場についてコメントした。イギリス『BBC』が伝えた。 横浜F・マリノスの指揮を執っていたポステコグルー監督だったが、セルティックからのオファーを受けて今夏電撃的に監督に就任。開幕まで時間がない中、今夏の移籍市場では日本代表FW古橋亨梧を含む12名の選手を獲得した。 古橋やベンフィカからレンタル移籍で加入したFWジョタ、フリーだった元イングランド代表GKジョー・ハートのように、すでに主軸としてプレーしている選手がいる一方で、混沌とした中で獲得した選手全てがレギュラーとは言えない。 そのセルティックだが、ポステコグルー監督が横浜FM時代に指導したFW前田大然(24)を1月に獲得するのではないかという報道が出ている中、ポステコグルー監督が1月の移籍市場についてコメント。Jリーグ以外にも手を広げていると語った。 「我々は移籍のプロセスを開始したいと思っているが、急いではいない。1月にはチームを強化したいし、そうするつもりだ。ただ、現在誰かと契約するために交渉を進めている訳ではないことは確かだ」 「Jリーグに限らず、広く手を広げていくつもりだ」 「我々は選手にとって魅力的な行き先となっている。多くの選手と関わりを持つことになるだろう」 「代理人が自分の選手の名前を出したがっている場合もあれば、人々が見聞きしたものを正しく推測するものもある。それは大きく的外れの時もある」 「1月にどのようなビジネスを行うにしても、前回のような混沌としたものにはならないだろう。選手のメンタリティを理解し、適応できるかどうか見極めることは、この国に選手を迎える上でとても重要なことだ」 前田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで30試合に出場し18ゴール3アシスト。抜群のスピードを誇り、ポステコグルー監督の下で大きく飛躍。今年行われた東京オリンピックにも出場している。 過去にポルトガルのマリティモでプレー経験があり、海外挑戦となれば2度目。ポステコグルー監督のサッカーには間違いなくフィットするが、再びスコットランドの地で両者がタッグを組むことはあるだろうか。 2021.10.23 09:59 Sat
twitterfacebook
thumb

大量5得点の浦和が柏を下して5試合ぶり白星! 汰木2ゴールに江坂が初古巣戦でダメ押し弾【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、浦和レッズvs柏レイソルが10月22日に埼玉スタジアム2002で行われ、5-1で浦和が勝利を収めた。 公式戦ここ4試合未勝利の浦和。特に前節のガンバ大阪戦は、試合を支配しながらドローという結果だっただけに悔やまれる試合となった。一方の柏は前節、残留を争う清水エスパルスとの試合を制している。とはいえ降格圏との勝ち点差は「9」と、まだまだ油断はできない。 試合は15分に浦和が先制する。自陣からのビルドアップで江坂が相手の最終ラインと2列目の間で受けると、裏へ抜けるユンカーにスルーパス。ボックス手前左で受けたユンカーはさらに内側へ配球。やや右に流れてしまったが、反応した汰木が右足ワンタッチで巧みに左サイドネットに流し込み、幸先良いスタートを切った。 勢いづいたホームチームは21分に追加点を奪う。左サイドから山中がグラウンダーのクロスを入れると、ボックス中央でこぼれ球を拾った柴戸が相手から不当なタックルを受けPKを獲得。そしてキッカーを務めた関根がゴール左下にしっかりと決めて、リードを広げた。 さらに浦和は2分後にもネットを揺らす。再び左サイドの山中のクロスから、一度クリアされたものの、そのボールがボックス左の汰木の下へ。そして迷わず右足を振り抜くと、シュートはゴール右上に突き刺さり、この日自身2点目となるゴールを決めた。 一方的な展開となったが、柏は前半のうちに1点を返す。33分、左サイドで持った神谷がカットインから右足でクロス。これにボックス中央でフリーになっていたマテウス・サヴィオがバックヘッド気味のシュートを上手く流し込み、2点差に縮めた。 それでも45分、再び浦和が突き放す。相手のロングフィードを自陣で回収し、パスを受けた平野が一気に相手の最終ライン裏に蹴り込む。これに反応したユンカーがスピード勝負でエメルソン・サントスに競り勝ち、ボックス中央に侵入してシュート。GKキム・スンギュが懸命に手を伸ばしても届かないコントロールショットをゴール右下に沈め、4点目を奪った。 迎えた後半、またしてもホームチームが相手ゴールをこじ開ける。59分に左サイドでボールを受けた小泉が相手の意表を突くような優しいクロスを江坂がボックス中央で胸トラップ。素早く右足を振り抜くと、相手DFにリフレクションしてゴールイン。古巣相手に恩返し弾を決めた。 4点差をつけた浦和は65分に一気に3枚替え。関根、江坂、山中を下げて田中、大久保、宇賀神を投入し、5日後に行われる天皇杯の準々決勝に向けて主力を温存する。 一方、まずは1点を返したいアウェイチームは77分に決定機。敵陣で相手のパスを三原がカットすると、こぼれ球を拾った武藤がボックス左から強烈なシュート。しかしこれはGK西川のファインセーブに遭い、惜しくも古巣からの得点とはならず。 その後も柏がポゼッション、カウンター、セットプレーと形を問わずに相手ゴールに迫ったものの、2点目を奪うことはできず。浦和が大量5ゴールで5試合ぶりとなる勝利を収めた。 浦和レッズ 5-1 柏レイソル 【浦和】 汰木康也(前15) 関根貴大(前21) 汰木康也(前23) キャスパー・ユンカー(前45) 江坂任(後14) 【柏】 マテウス・サヴィオ(前33) 2021.10.22 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィッセル神戸が「イケメン総選挙」を開催! 直近2回の覇者不在でイニエスタの王者返り咲きなるか

ヴィッセル神戸は21日、「ヴィッセル神戸 イケメン総選挙2021」の開催を発表した。 この企画は神戸が2018年から毎年開催。プレー時の選手たちの勇姿とはまた違った一面を楽しめる企画で、第1回は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、第2回は元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏、そして昨年の第3回は現浦和レッズの元日本代表DF西大伍が見事優勝に輝いていた。 全選手のポスターが作成されるこの企画だが、神戸は第1弾としてGK前川黛也、DF小林友希、イニエスタ、FWボージャン・クルキッチ、DF初瀬亮、MF井上潮音、FW田中順也、MF佐々木大樹、DF酒井高徳の9選手の画像を公開。各選手の私服とポージングした姿を紹介している。 直近2回の覇者が不在だけに、多くの選手に優勝のチャンスがある今回のイケメン総選挙。イニエスタの3年ぶりの王者返り咲きとなるか、それともボージャンやFW大迫勇也、FW武藤嘉紀ら新加入組が票を奪うのか、注目が集まっている。 イケメン総選挙の投票期間は10月28日(木)~11月4日(木)、結果発表は11月5日(金)に行われる。 <span class="paragraph-title">【写真】イニエスタ、ボージャン、酒井高徳らのオフショット!あなたの推しは誰?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今年もやります!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴィッセル神戸</a> イケメン総選挙2021♦<br><br>第1弾として前川選手・小林選手・イニエスタ選手・ボージャン選手・初瀬選手・井上選手・田中選手・佐々木選手・酒井選手のポスターを公開しました<br><br>第2弾、第3弾もお楽しみに!☺<br>ポスターはこちら<a href="https://t.co/c67cUkK068">https://t.co/c67cUkK068</a><a href="https://twitter.com/hashtag/visselkobe?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#visselkobe</a> <a href="https://t.co/mBqqXqaU6u">pic.twitter.com/mBqqXqaU6u</a></p>&mdash; ヴィッセル神戸 (@visselkobe) <a href="https://twitter.com/visselkobe/status/1451096511052275712?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.22 12:39 Fri
twitterfacebook
thumb

イニエスタが妻とともに「ピンクリボン運動」を応援「一緒になってこの病気と闘っていきましょう」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、「ピンクリボン運動」を呼び掛けている。 1980年代に乳がんで亡くなられた患者の家族が悲劇を繰り返さないようにとの願いを込めてピンクリボンを作り、啓発運動として始まった「ピンクリボン運動」。10月は乳がんの早期発見、早期治療を呼びかける「ピンクリボン月間」として知られている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、検診の受診者が減少しているとのこと。そんな中、サッカー界のスターでもあるイニエスタが、妻のアンナさんと共にSNSで呼びかけた。 「共に乳がんと立ち向かおう。みんなで、苦しんでいる全ての人々とその家族を応援しましょう」 「女性だけの問題ではなく、私たちも一緒になってこの病気と闘っていきましょう」 <span class="paragraph-title">【写真】イニエスタが妻のアンナさんと共に検診を呼びかけ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Juntos contra el cáncer de mama. Unidos para apoyar a todas aquellas mujeres que lo sufren y a sus familiares. No es un problema solo de ellas, todos sumamos para luchar contra esta enfermedad.<a href="https://twitter.com/hashtag/SacaPecho?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SacaPecho</a><a href="https://twitter.com/hashtag/D%C3%ADaMundialContraElC%C3%A1ncerDeMama?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DíaMundialContraElCáncerDeMama</a> <a href="https://t.co/95OIEbc8lM">pic.twitter.com/95OIEbc8lM</a></p>&mdash; Andrés Iniesta (@andresiniesta8) <a href="https://twitter.com/andresiniesta8/status/1450343906726400000?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ホームタウン制を再考する/六川亨の日本サッカーの歩み

「ホームタウン制撤廃」――日曜日のスポーツ紙の一面を飾った記事に驚いたサッカーファンも多かっただろう。インターネットへの書き込みも相当数だった。そのほとんどは、報道に批判的な書き込みだった。 折しも日本代表はW杯予選で苦戦している。チームを率いる森保一監督や、田嶋幸三JFA(日本サッカー協会)会長の責任を問う声も多い。 2つは別問題であるが、ファン・サポーターに「一石を投じた」という意味で意義があるのではないだろうか。 スポーツ紙の報道に関して、問題となったのは次の2点だ。まずは「ホームタウン制の廃止」である。そして「クラブ名にネーミングライツを認めることを検討する」ということだ。 すぐにJリーグは村井満チェアマン名で『JリーグではJクラブの本拠地を「ホームタウン」と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています。このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません』との声明を出した。 「ホームタウン制」はJリーグの根幹であるだけに、撤廃という表現はあまりにも“過激”だった。この言葉は、Jリーグの掲げる「地域密着」と同義語でもある。これがなければ三菱や日立といった親会社を持たない地方のクラブは存続できなかっただろう。 その一方で、数々のタイトルを獲得した鹿島は新日鐵住金からフリマアプリのメルカリにスポンサーが変わり、FC東京も来シーズンから親会社の東京ガスからミクシイに経営権が変わるなど、“変革”を余儀なくされているのが現状でもある。 ホームタウン制は揺るぎがないだろう。これがなければJリーグの存続意義も問われるからだ。その一方で、かつて存在した横浜フリューゲルスが鹿児島などを「準ホーム」にしたケースは今後もないにしても、Jリーグ誕生時に川淵チェアマンが「東京をホームにするチームはない」としながら、その後にFC東京や東京Vがホームにしたように、“東京都”では変革が起こりえる可能性は十分にある。 以前にもコラムで書いたが、FC東京と東京V、さらには町田も23区内にホームタウンを拡大したい動きがある。こうした動きは葛飾区や江戸川区、北区、新宿区などでも将来のJリーグ入りを目指して活動しているクラブがあるのが現状だ。 いずれも大企業に支えられたクラブではない。そのためには試合会場の確保のため地元自治体の支援が不可欠になる。そこで「地域密着」は絶対条件だ。その上で、クラブの存続のためには将来的にスタジアムだけでなくチームにも「ネーミングライツ」を認めざるをえなくなるかもしれない。 そうした事柄を考え、意見を出し合い、議論する。緊急事態宣言が解かれたので、酒場で意見を交わしてもいい。それこそがサッカーとJリーグが持つ「地域密着」による「コミュニティ」ではないだろうか。その一石を投じたという意味で、スポーツ紙の報道は価値があったと思うが、みなさんはいかがだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.10.19 21:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly