「私が新たなストライカーです」名古屋がユーロ出場のポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクを完全移籍で獲得

2021.07.20 19:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
名古屋グランパスは20日、ポーランドのピアスト・グリヴィツェのポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。

なお、入国日は調整中。また、入国後は所定の待機措置を経てチームへ合流予定となる。

シュヴィルツォクは、クラブを通じてコメントしている。

「グランパスファミリーの皆さん、はじめまして。私が新たなストライカーです。グランパスのようなビッグクラブでプレーができて幸せです」

「グランパスファミリーの皆さんと一緒に試合で勝ち続けたいと思います。スタジアムでお会いしましょう!クバ#40」

シュヴィルツォクは、ポーランドのポロニア・ビトムでプロキャリアをスタート。ドイツのカイザースラウテルンへ2012年1月に完全移籍すると、2012年7月にピアスト・グリヴィツェへレンタル移籍。その後はポーランドに戻り、ザヴィシャ・ブィドゴシュチュやグルニク・ウェンチナ、GKSティヒ、ザグウェンビェ・ルビンなどでプレー。2018年1月にブルガリアのルドゴレツへと完全移籍した。

2020年8月にピアスト・グリヴィツェへとレンタル移籍すると、2021年7月にピアスト・グリヴィツェへと完全移籍。そのまま名古屋へと移籍することとなった。

エクストラクラサ(ポーランド1部)では、90試合に出場し42ゴール9アシストを記録。ヨーロッパリーグでも11試合出場し1ゴール1アシストを記録していた。まだ、ブンデスリーガでも6試合プレーしている。

U-20、U-21と世代別のポーランド代表を経験すると、2017年11月にポーランド代表デビュー。2018年のロシア・ワールドカップにはメンバーに選ばれず、その後はしばらく代表に招集されていなかったが、今夏のユーロ2020に出場。グループステージ第3節のスウェーデン代表戦に途中出場していた。

関連ニュース
thumb

ACL準決勝の組み合わせ決定、名古屋はC大阪を下した浦項と対戦!《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会を実施。準々決勝以降の組み合わせが決定した。 すでにベスト8が出揃っているACL。Jリーグ勢では川崎フロンターレとセレッソ大阪がラウンド16で敗退となり、名古屋グランパスのみが勝ち残っている状況だ。 その名古屋は、準々決勝でC大阪を下した浦項スティーラーズ(韓国)と対戦。東地区のもう1カードは全北現代モータースvs蔚山現代の韓国勢の対戦となった。 また西地区は、UAEのアル・ワフダとサウジアラビアのアル・ナスル、イランのペルセポリスとサウジアラビアのアル・ヒラルが対戦する。 なお、東地区の準々決勝と準決勝は韓国で行われて準々決勝が10月17日、準決勝が10月20日に開催。西地区の準々決勝と準決勝はサウジアラビアで行われ、準々決勝は10月16日、準決勝は10月19日に行われる。 また、決勝は11月23日にサウジアラビアで行われる。 ◆ACL2021準々決勝 ▽10月16日 アル・ワフダ(UAE) vs アル・ナスル(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽10月17日 全北現代モータース(韓国) vs 蔚山現代(韓国) 浦項スティーラーズ(韓国) vs 名古屋グランパス(日本) 2021.09.17 17:21 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ勢は名古屋のみ勝ち上がり、韓国3クラブがベスト8に残る《ACL2021》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のベスト8チームが決定した。 東地区では14日に名古屋グランパスが大邱FC(韓国)を4-2で下してベスト8入りを果たした一方で、川崎フロンターレは蔚山現代(韓国)を相手にゴールレスで120分間を終了。PK戦の末に敗れていた。 また、15日にも2試合が行われ、セレッソ大阪は浦項スティーラーズ(韓国)と対戦し、0-1で敗れ敗退。もう1試合は、全北現代モータース(韓国)がパトゥム・ユナイテッド(タイ)と対戦し、1-1で120分間を終了。PK戦の末に下した。 この結果、東地区のベスト8は日本の1チームと韓国の3チームが勝ち上がることとなった。 また西地区では、エステグラル(イラン)を2-0で下したアル・ヒラル(サウジアラビア)、トラーク・トゥール(イラン)を1-0で下したアル・ナスル(サウジアラビア)、イスティクロル(タジキスタン)を1-0で下したペルセポリス(イラン)、シャールジャ(UAE)をPK戦で下したアル・ワフダ(UAE)が勝ち上がっている。 準々決勝の組み合わせは17日に抽選会が行われ決定する。 ◆東地区 名古屋グランパス(日本) 蔚山現代(韓国) 浦項スティーラーズ(韓国) 全北現代モータース(韓国) ◆西地区 アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ナスル(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) アル・ワフダ(UAE) 2021.09.15 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋がU-18所属のFW豊田晃大、DF吉田温紀、MF甲田英將の来季昇格を発表

名古屋グランパスは15日、U-18に所属しているFW豊田晃大(18)、DF吉田温紀(18/写真左)、MF甲田英將(17/写真右)が来シーズンからトップチームに昇格することが内定したと発表した。 豊田は岐阜県出身で、U-15から名古屋に所属。U-15、U-16、U-17、U-18と日本代表候補にも選出されていた。 今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラチャーブリー戦でベンチ入りを果たしていた。 吉田は三重県出身で、U-15から名古屋に所属。U-18、U-20の日本代表候補を経験している。 豊田同様、今シーズンはACLのラチャーブリー戦でベンチ入りを果たし、今季は2種登録されている。 甲田は三重県出身で、U-12から名古屋に所属。U-16、U-17、U-18、U-19の日本代表候補に選出。吉田同様、今季は2種登録されていた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW豊田晃大 「初めて見た豊田スタジアムの景色、ゴール裏のサポーター、ピッチの上で輝く選手達今でも鮮明に覚えています。プロキャリアをこの歴史ある名古屋グランパスでスタート出来ることをとても嬉しく光栄に思います」 「ここまで本当にたくさんの方々に支えて頂き、ようやくたどり着いたスタートライン。これからは1人の社会人として厳しい世界に飛び込んでいきます。自分自身の発言や行動に責任と自覚を持ち1人の人間として恥ずかしくない生活をしていきます」 「あの日、もらった勇気や感動を次は自分がピッチの上で表現し子供たちに夢を与え、自分のプレーで人々を笑顔にし、勇気や活力を与えられる選手になります。そして少しでも早くJ1のピッチで活躍して名古屋グランパスの勝利に貢献し、顔となれるよう精進していきたいと思います。また、サポーターの皆さんと多くの勝利を分かち合えるよう頑張ります!」 「ピッチで輝く豊田晃大を楽しみにしていてください!応援よろしくお願いします!ちなみに名前の読みは「とよだ こうき」です」 ◆DF吉田温紀 「このたび、トップチーム昇格が内定しました。幼い頃から憧れていた名古屋グランパスの一員としてプロのキャリアをスタートできることを本当に嬉しく思うとともに、これからが本当の勝負だと思うので、覚悟を持って取り組みたいと思います」 「自分の目標は日本を代表する選手になり、海外で活躍することです。そのために日々のトレーニングや試合で成長し、自分の強みであるゴールに直結するパスで結果を出し、自分の力でチームを勝利に導ける選手になりたいと思います」 「今まで自分に関わってくださった方々に感謝の気持ちをもち、その思いをピッチ上で表現し、少しでも早くチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」 ◆MF甲田英將 「このたびトップチームへの昇格が決まりプロの世界への第一歩を踏み入れることができ、本当に嬉しく思います」 「そしてこのステージに立つことができたのは、熱心に指導してくれたコーチ、応援し続けてくれたグランパスサポーターの皆さんや友達、そして常に支えてきてくれた家族のお陰です。この感謝の気持ちを胸にこれからの一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」 「自分はグランパスの試合を見て憧れをもって11歳でアカデミーに入り、7年間の中で沢山の大切なことを学ぶことが出来きました。今度は自分がグランパススクールに通っている子供達に夢を与え、このクラブへの恩返しをしたいと思います」 「これから厳しい世界でプレーすることになりますが自分の武器であるドリブルで相手を切り裂いてチームの勝利に貢献できるよう全力を尽くしていきたいと思います。そして個人としても成長し小さな頃からの夢である日本代表として活躍して海外でもプレーできるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」 2021.09.15 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

シュヴィルツォクが大邱FC相手にハットトリック! 名古屋が逆転勝利で準々決勝に進出《ACL2021》

名古屋グランパスは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021のラウンド16で大邱FC(韓国)と豊田スタジアムで対戦し、4-2で勝利を収めた。 グループGを首位で突破した名古屋は、グループIを2位通過した大邱FCをホームスタジアムに迎えた。システムは最前線にシュヴィルツォクを置いた[4-2-3-1]を採用。2列目は右からマテウス、前田、相馬、ボランチは米本と稲垣、最終ラインは右から宮原、中谷、キム・ミンテ、吉田、GKは守護神ランゲラックが起用された。 試合が始まってわずか4分、名古屋は先制を許してしまう。敵陣右サイドから相手のスローインでプレーが再開されると、そのままパスをつながれて前進される。そして、セシーニャにペナルティアークの10m手前からミドルシュートを放たれると、ボールはキム・ミンテの足に当たってゴールへと吸い込まれた。 やや不運な形での失点となった名古屋だが、すぐに反撃を見せる。12分、前田がボックス左で相手のセンターバックを引きつけながらボールを受けると、フリーになったシュヴィルツォクへワンタッチでパス。これを受けたシュヴィルツォクはボックス中央まで運び、冷静にゴール右隅に決めた。 その後は、[5-3-2]で守る相手2トップ脇のスペースから名古屋が攻め込んでいく。センターバックの間に稲垣が降りて数的優位を作りつつ、安全にボールを敵陣に運び、前線のシュヴィルツォクまでボールを届ける。 しかし、ボールを支配していた名古屋はワンチャンスを決められて再び失点。28分、自陣左サイドの浅い位置からアーリークロスを入れられると、中谷がエドガルのマークを外してしまい、ボックス中央からヘディングシュートを決められてしまった。 1点ビハインドで迎えた後半、名古屋は相馬に代えて森下を投入。吉田、森下、前田の3人が左サイドで流動的に絡みつつ、大邱FCの守備陣を翻弄していく。 すると名古屋は63分にゴールネットを揺らす。左サイドを森下と前田のコンビネーションで突破すると、森下がボックス左からクロス。ゴール前で待っていたシュヴィルツォクが頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。 勢いに乗る名古屋は、その2分後に逆転。吉田が自陣からロングボールを送ると、その処理に戸惑う相手DFからシュヴィルツォクがボールを奪い、そのままボックス左から右足を振り抜く。ボールはGKチェ・ヤングウンの左手をすり抜けてサイドネットに突き刺さった。 この試合で初めてリードを奪った名古屋。それでも勢いは衰えない。79分、マテウスが蹴った左CKにニアサイドに飛び込んだ中谷がヘディングを叩き込み、点差を広げた。 その後、名古屋は[4-4-2]のブロックで守勢に立つプランに変更。一度連携ミスから危険なシーンを招いたものの、ゴールラインを割らせることはなく、試合終了。4-2で逆転勝利を収めた。 名古屋グランパス 4-2 大邱FC 【名古屋】 シュヴィルツォク(前12) シュヴィルツォク(後18) シュヴィルツォク(後20) 中谷進之介(後34) 【大邱FC】 セシーニャ(前4) エドガル(前28) 2021.09.14 20:19 Tue
twitterfacebook
thumb

金崎復帰弾の名古屋が徳島に快勝! 今季18度目のクリーンシートでJ1記録を更新【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、名古屋グランパスvs徳島ヴォルティスが10日に豊田スタジアムで行われ、3-0でホームの名古屋が勝利を収めた。 代表ウィーク明けで迎えるフライデーナイトJリーグは好対照の両チームが相まみえた。直近の公式戦が7戦6勝1分けと好調の名古屋は、シュヴィルツォクを先発で起用。5日のルヴァンカップの鹿島アントラーズ戦で負傷交代した柿谷はベンチからも外れ、古巣対戦とはならず。ケガ明けの金崎が第27節の清水エスパルスに続きサブに入った。 4連敗で気が付けば自動降格圏に足を踏み入れた徳島は、日程面での優位性を生かしたい。前節に続き、ゴールを守るのはGK長谷川。育成時代も含めて過ごした名古屋の前に立ちはだかり、最前線は3試合ぶりに垣田が務めた。 ファーストシュートは徳島。2分、左サイドを突破した西谷の折り返しを鈴木徳真がボックス手前からダイレクトで合わせた。名古屋は9分に中盤でボールをカットし、マテウスのスルーパスからシュヴィルツォク。GK長谷川をかわして流し込むが、カバーに入った岩尾に対処された。 ビルドアップと速攻を使い分ける両チーム。徳島は12分にカウンターからチャンスを作り、西谷のクロスを垣田が頭で合わせるが、ヘディングシュートはバーの上へ外れた。3分後には細かいパス回しから、5カ月ぶりのスタメンとなった浜下が狙うも、枠を捉えられない。 18分には右サイドでボールを収めた前田がドリブルで中へ切れ込む。DFをかわしながらペナルティアーク手前まで持ち込んで左足のフィニッシュ。これはGK長谷川がセーブする。24分にもシュヴィルツォクがボックス手前左から狙ったが、枠の左に外れた。 飲水タイム明けは明確に主導権を握った名古屋は、32分に相手のパスミスからシュヴィルツォクがシュート。これは阻まれ、続けざまの右CKから中谷がニアで合わせるが、ヘディングは枠の右に外れる。直後にも高い位置でボールを奪うと、最後は前田のマイナスのパスから走り込んだ長澤が右足のフィニッシュ。右ポスト寄りに引っ張られていたGK長谷川だったが、ポジションを即座に修正し、シューターとの距離を詰めてのファインセーブで危機を救った。 ゴールレスで折り返した後半も立ち上がりから攻勢に出た名古屋が先に試合を動かす。自陣からのキム・ミンテの長いボールをシュヴィルツォクが落とし、受けた森下がスルーパスを送る。裏へ抜けた前田がボックス内に侵入すると、背後から岸本に倒されてホイッスルが吹かれる。これで得たPKをマテウスが左隅に沈め、52分に名古屋が先制に成功。岸本には決定機を阻止したとしてレッドカードが掲示された。 1人少なくなった徳島は渡井を下げてジエゴを投入し、[4-4-1]でセットアップする。61分には右サイドバックに回った福岡が深い位置からクロス。だが、ゴール前の垣田は収め切れず、フィニッシュには至らない。さらに、浜下と垣田に代えて一美と佐藤晃大をピッチへ送り、1点をもぎ取ろうと試みる。 思うように前線へボールを運べない徳島は、82分に鈴木徳真から藤田譲瑠チマへとメンバーを入れ替えたが、思わぬ形で名古屋に追加点を許してしまう。成瀬のクロスを戻りながらの守備となった藤田譲瑠チマが自陣のゴールにヘディングを突き刺してしまい、痛恨のオウンゴールを献上。名古屋は終了間際にも相馬が倒されて得たPKを途中出場の金崎が沈めて3点差に。金崎はケガから復帰後、初ゴールを記録した。 大きなリードを得た名古屋は、最後まで徳島を押し込み続けてシャットアウト勝ち。J1記録を更新する今季18試合目のクリーンシートを達成し、暫定ながら3位にジャンプアップを果たした。 名古屋グランパス 3-0 徳島ヴォルティス 【名古屋】 マテウス(後7) OG(後38) 金崎夢生(後44) 2021.09.10 21:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly