鳥栖が後半3発の逆転勝利!名古屋は4試合白星なし【明治安田J1第20節】

2021.07.17 22:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
17日、明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、3-1で鳥栖が勝利を収めた。

鳥栖は7日の天皇杯でアビスパ福岡を下したが、リーグ戦は直近4試合で勝利から遠ざかっている。さらに6月26日には金明輝監督がトレーニングで行き過ぎた指導を行って3試合の指揮資格停止となり、チームの雰囲気はよりネガティブな方向に。しかし、今日の試合で白星を挙げると勝ち点で名古屋に並ぶため、何としても勝利を目指したいところ。

一方の名古屋も、先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5勝1分けでグループGを首位通過したものの、J1ではここ3試合勝利がない。また、スポーツ庁との取り決めによって名古屋市から鳥栖市までのおよそ800kmを公共交通機関で移動できなかったため、万全のコンディションとは言い難い。無失点継続期間のリーグ記録更新中の第10節に2-1で敗北を喫した相手にリベンジを果たせるかどうか。

立ち上がりから鳥栖がボールを持って押し込む時間帯が続く。小屋松が上手く名古屋の1列目と2列目の間に入ってボールを受けて再三チャンスを作り、ゴールを脅かしていく。

しかし7分、名古屋はエドゥアルドのコントロールミスを見逃さずにボールを奪った山﨑がハーフラインから一人で独走。GK朴一圭と1対1になってかわそうとするが、惜しくも体に当てられてしまい得点とはならなかった。

危険なシーンをなんとか逃れた鳥栖はその後もボールを握って試合を支配する。左センターバック大畑が高い位置を取って名古屋のサイドハーフは前田を最終ラインまで下げさせ、空いたスペースから松岡や仙頭が効果的な縦パスを通していく。

鳥栖のペースで試合が進んでいたが、先制したのは名古屋。39分に鳥栖の右サイドを突破した前田がペナルティエリアにグラウンダーのクロスを入れると、戻りながら対応したエドゥアルドがクリアを誤りオウンゴールしてしまう。ラッキーな形で名古屋がリードを得て前半が終了した。

後半が始まってわずか3分、鳥栖が同点に追いつく。左サイドでボールを受けた中野嘉大がカットインしてミドルシュートを打つと木本に当たり、GKランゲラックが予測した方向と逆のコースに軌道が変わってゴールに吸い込まれた。

勢いに乗る鳥栖は51分に2点目を決める。樋口の浮き球に反応し、名古屋の最終ライン裏に抜け出した酒井がダイレクトでボレーシュート。ボールはファーサイドに突き刺さり、あっという間に逆転に成功した。

リードを奪い返された名古屋は柿谷、マテウス、途中投入のシャビエルらのパスワークで鳥栖ゴールに迫っていく。64分にはマテウスがペナルティアークの右から左足で強烈なシュートを放つも、GK朴一圭の好セーブに阻まれた。

名古屋が攻める時間が続いたが、80分に鳥栖がリードを広げる得点を決める。中野嘉大、樋口、小屋松がペナルティエリア内でダイレクトパスを繋いでいき、最後は樋口のマイナスのクロスに小屋松が落ち着いて合わせてゴール。GKランゲラックも反応できない右隅のコースに決めて名古屋を突き放した。

その後は危険なシーンもあったがGK朴一圭がしっかり防ぎ、DFラインの選手たちも集中した守りを見せてそのまま試合終了。ホームの鳥栖が5試合ぶりの勝利を収め、暫定順位を4位に上げている。

サガン鳥栖 3-1 名古屋グランパス
【サガン鳥栖】
中野嘉大(後3)
酒井宣福(後6)
小屋松知哉(後35)
【名古屋グランパス】
OG(前39)

関連ニュース
thumb

新規感染者の減少で入場人数の上限変更か?/六川亨の日本サッカーの歩み

毎月恒例のNPB(日本野球機構)とJリーグ、そして専門ドクター3氏による第39回対策連絡会議が9月21日に開催された。定刻どおり10時30分に始まったメディアブリーフィングは、冒頭で斉藤惇NPBコミッショナーが「今日は専門家の方々からご意見をいただきました。JリーグとNPBからの報告はありません」と言ったとおり、質疑応答でも質問は1つしか出ず、過去最短の21分間で終了した。 会議がスタートして約1年半、すでに「議論百出」といったところか。 それでもここ2週間は新規感染者が減少しているため、入場者数の制限について斉藤コミッショナーは「いまは50%もしくは5000人の少ない方ですが、希望としては50%か1万人、もしくは1万2000人の少ない方を認めていただきたい」と制限緩和に期待するコメントを口にした。 その上で、「トップ(菅義偉首相)が変わるので、コロナ対策室のトップがどうなるか。窓口がどうなるのか、早めに交渉に入りたい」との希望を述べた。 政府は10月4日に臨時国会を召集して菅首相の後任首相を選出する予定だ。このため新内閣が発足すれば、コロナ対策室のメンバーも変わるかもしれない。現状では19都道府県に出されている緊急事態宣言は、今月末で解除される可能性が高いだろう。 しかし政府は8月末に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の適用されている地域では、大規模イベントの参加人数を「収容人数の50%か5000人の少ない方」とする決定を10月末まで延長したままだ。そこで9月末で緊急事態宣言が解除された場合、新たなコロナ対策室と収容人数の上限について、斉藤コミッショナーは早急に協議したいとの意向を示したのである。 さらにワクチンの2回接種が徐々に浸透するにつれ、接種の証明書や検査の陰性証明書を組み合わせた「ワクチン・検査パッケージ」の活用による、飲食や旅行などの制限緩和についても意見が交換された。 座長であり東北医科薬科大学の賀来満夫ドクターは「具体的な方法論はこれから。議論はいま始まったばかり」と言うものの、村井満チェアマンは「ドクターの意見を聞きながらプランニングしたい。ワクチンや陰性証明書をどうするか。運営の議論もしっかりしていきたい」と、実際に導入した際は“誰”が“どこ”で、“どのように”チェックするのかも視野に入れていた。 奇しくも次回の対策連絡会議は10月4日の月曜日。ただし会議は午前中のため自民党の新総裁決定には間に合わないし、新内閣の発足と新たなコロナ対策室のスタートもそれ以降になる。それでもこのまま新規感染者の減少が続けば、スタジアムに多くの観客が戻る日もそう遠い日ではないかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.09.21 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「ワクチン・検査パッケージ」でJリーグとプロ野球は観客動員の緩和に期待、村井満チェアマン「運営上の課題もクリアする必要が」

JリーグとNPB(日本野球機構)は21日、「第39回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 今回の連絡会議の議題は、感染者数の減少などに関わる感染状況の報告と、ワクチン接種に関する話が中心となったとのこと。その中で、政府の分科会が示した「ワクチン・検査パッケージ」について議論がなされたという。 これは、9日に政府の分科会の尾身茂会長が会見で示したもの。新型コロナウイルスのワクチン接種済みであるということ、そして検査で陰性だったことを証明するというものであり、これの運用について今後議論がなされる。 世界に目を向けると、陰性証明やワクチン接種証明がなければ入場できない飲食店やイベントなどがあるが、日本ではまだ導入されていない。尾身会長は「パッケージをどのような場面で使うのかについてはコンセンサスが非常に重要で私たちは国民的議論をしてほしい」とコメントしており、その使用方法が重要な課題となる。 一方で、現在のJリーグとプロ野球はスタジアムの50%か5000人の少ない方が観客動員の上限となっているが、予てから緩和を要求しているとのこと。スタジアムのキャパシティが異なることから、上限の変更を要請しているものの、現時点でも認められていない。 「ワクチン・検査パッケージ」について賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は、「具体的なプランニングはこれから」とし、「観客の方に安全に入っていただくためには色々な方法論を考えなければいけない」と、どうやって制限するかが重要だと語った。 また「分科会でも尾身先生が国民的な議論にしてほしいと言っていた。プロ野球、Jリーグだけでなく、飲食店なども含めた中で、どういう形で陰性を証明するのか」と、議論の幅をスポーツ界に留めずに広く考えていく必要があるとした。 具体的なものは決まっていないとした賀来氏だが「具体的に今示せる内容はないが、あまり時期を置かずに、専門家とみなさんで積極的に議論していきたいと思う」と語り、JリーグとNPBで議論を行い、方針を決めたいとした。 このパッケージの運用がスタートすれば、観客動員の規制も緩和される可能性が高いが、NPBの斉藤惇コミッショナーは「内閣が変わりそうなのと、コロナ対策室のトップがどうなるかというのもあります」と、自民党の総裁選が近いことから、どう動くのか現時点では分からないとコメント。ただ「50%or1万人の少ない方を認めてもらいたいなというのはある」と、観客動員の緩和を求めたいとした。 この点についてJリーグの村井満チェアマンは「運営上の課題もクリアする必要がある」と語り、「ワクチン接種の証明をどう確認するか、陰性証明をどう確認するか」と、具体的に運用する際の問題点が生じるだろうとコメント。「感染対策だけでなく、運営上のプロトコルも見極めて今後の議論としていきたい」と語るに留めた。 2021.09.21 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】柏MFヒシャルジソン、湘南DF大岩一貴が出場停止

Jリーグは20日、出場停止選手の情報を更新した。 明治安田生命J1リーグからは柏レイソルのMFヒシャルジソン、湘南ベルマーレのDF大岩一貴が出場停止となった。 明治安田生命J2リーグでは松本山雅FCのMF下川陽太、V・ファーレン長崎のMFカイオ・セザールが出場停止に。明治安田生命J3リーグではいわてグルージャ盛岡のMFモレラト、Y.S.C.C.横浜のMF山本凌太郎が出場停止となった。 下川に関しては、19日に行われた明治安田J2第30節のツエーゲン金沢戦の71分、自陣右サイドでパスを受けたところ、MF平松昇に寄せられ倒されることに。しかし、その際に平松の後頭部にヒジ打ちを見せ、これにより一発退場となっていた。 Jリーグは「ボールとは関係の無いところで相手競技者の顔面を左手で打った行為は、「乱暴な行為」に該当する」とし、1試合の出場停止とした。 また、山本に関しては18日に行われた明治安田J3第19節のFC今治戦の13分に、ルーズボールに対して足を上げてスライディングを行い、一発退場となっていた。 Jリーグは「足裏を見せ過剰な力を用いてタックルした行為は、「著しい反則行為」に該当する」として1試合の出場停止を課した。 【明治安田生命J1リーグ】 MFヒシャルジソン(柏レイソル) 第30節 vsガンバ大阪(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF大岩一貴(湘南ベルマーレ) 第30節 vs川崎フロンターレ(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF下川陽太(松本山雅FC) 第31節 vsギラヴァンツ北九州(9/26) 今回の停止:1試合停止 MFカイオ・セザール(V・ファーレン長崎) 第31節 vsレノファ山口FC(9/26) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MFモレラト(いわてグルージャ盛岡) 第20節 vsFC今治(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山本凌太郎(Y.S.C.C.横浜) 第20節 vsカマタマーレ讃岐(9/26) 今回の停止:1試合停止 2021.09.20 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が安田虎士朗、梶浦勇輝、野澤零温の来季トップ昇格を発表

FC東京は20日、同クラブU-18に所属するMF安田虎士朗(18)、MF梶浦勇輝(17)、FW野澤零温(18)の来季加入内定を発表した。 3選手はともに今季、2種登録選手としてトップチームに登録され、それぞれJリーグYBCルヴァンカップの1試合に出場。来季からのトップチーム入りが内定し、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語った。 ◆安田虎士朗 「子供の頃からのプロサッカー選手になるという夢を東京でスタートできる事をとても嬉しく思います。ここからが新たなスタートとなるので、何事も前向きに頑張ります。ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように努力し、勝利の喜びを届けられるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」 ◆梶浦勇輝 「来シーズンからトップチームへ昇格することなりました梶浦勇輝です。プロサッカー選手のキャリアのスタートを幼い頃から憧れていたFC東京という素晴らしいクラブでスタートできることを本当に嬉しく思います」 「このスタートラインに立てたのは、ここまで成長させてくださった指導者の方々や、助けてくれたチームメイト、いつでも応援してくれたファン・サポーターの方々、そして常に支え続けてくれた家族と全ての人のおかげです」 「感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいち早くJ1のピッチに立ってクラブに結果で貢献できるようにさらに努力をして成長していきたいと思います。東京のファン、サポーターの皆様これからもよろしくお願い致します」 ◆野澤零温 「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました野澤零温です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を東京で実現することができ、とても嬉しく思います。また、今の自分があるのは家族をはじめとし、ファン・サポーターの皆様や今まで自分に関わってくださった指導者の方々のおかげです」 「本当に感謝しています。これからは1人のプロサッカー選手、1人の青赤戦士として、今まで以上に自覚と責任をもち感謝の気持ちを忘れず全力でプレーします。1年目から結果にこだわり必ずチームの勝利に貢献し、リーグ優勝を目指していくので応援よろしくお願いします!」 2021.09.20 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪GKダン・バン・ラムが左肩関節脱臼で全治4カ月…トレーニング中に負傷

セレッソ大阪は20日、GKダン・バン・ラムの負傷を報告した。 ダン・バン・ラムは13日に行われたトレーニング中に負傷。その後の検査で左肩関節脱臼の全治4カ月という診断結果を受けたという。 ベトナム代表選手でもあるダン・バン・ラムは今季からC大阪でプレー。天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の1試合ずつ出場していた。 2021.09.20 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly