神戸、海外挑戦の古橋が惜別弾も…ヨドコウこけら落としのC大阪が鳥海のJ1初出場初ゴールで劇的ドロー【明治安田J1第20節】

2021.07.17 21:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第20節、セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が17日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では無敗でグループステージ突破を決めたC大阪。帰国後最初のゲームはヨドコウでのこけら落としとなった。一方の神戸は、古橋のセルティック移籍が発表されたばかり。チームは3連勝中と好調のため、勝って快く送り出したいところだ。

ショートパスをベースとしながらも隙あらば一本で裏を狙う姿勢を見せる両チーム。7分には神戸がGK飯倉のフィードから古橋が抜け出せば、C大阪は清武のスルーパスから大久保がチャンスを迎える。

9分の神戸は古橋のスルーパスをチアゴにカットされるも、ドウグラスがすぐさまボールを強奪。ボックス内でGKキム・ジンヒョンをかわし、あとは一振りという状態まで持ち込んだが、賢明に戻った西尾に対応されてフィニッシュまでは持ち込めず。

中盤でのせめぎあいが続き、組織での守備が際立つ両チーム。セットして構えながらも、わずかでもコントロールが乱れると素早い食い付きを見せる。

ボールは動くもゴール前には至らない展開の中、古橋が個で打開を試みる。15分には右サイドを抜け出しカットインから左足のミドル。25分にもボックス手前から狙うが、GKキム・ジンヒョンの正面を突いた。

すると、積極的な姿勢が30分に実る。古橋がドリブルでボックス手前まで持ち込んで酒井とワンツー。リターンを受けてワントラップから右足を振り抜き、自らの門出を祝う惜別のゴールを右隅に沈めて見せた。

先制されたC大阪は33分、丸橋の左CKから清武でヘディング。これはやや力がなく、GK飯倉に処理された。

追い付きたいC大阪は後半の頭から清武、為田を下げて加藤、高木を送り出す。49分にはCKのクリアボールを坂元がボックス手前からダイレクトで狙うもGK飯倉に阻まれる。対する神戸も54分、アバウトな浮き球のパスをドウグラスが収めてボックス左に侵入。一対一を迎えたが、GKキム・ジンヒョンが好判断で距離を詰め、シュートをブロックした。

互いにチャンスを作るスピード感のある後半の入りだったが、神戸にアクシデントが発生。ここまで好フィードを見せていたGK飯倉が、左足でロングボールを蹴った際に芝に足を取られたのか、ピッチに倒れ込んでしまう。そのまま担架で運ばれ、58分にGK廣永と交代を余儀なくされた。

2試合続けてGKが途中で変わることになった神戸。そのうえ、今度は中坂が着地の際に足を痛め、担架に乗せられてピッチの外へ。代わって64分に井上が投入される。さらに、直後には裏へのボールに対し、エリア外に飛び出してクリアした廣永と加藤が接触。大事には至らなかったが、ケガ人が続いていた状況なだけにヒヤリとする場面だった。

追い付くためにギアを上げたいのはC大阪。76分、原川が縦に鋭いパス入れると、相手を背負いながらも坂元が収める。小さく横に出してボックス内から加藤が狙うもGK廣永に阻まれる。3分後には高木がボックス右から右アウトで折り返し、加藤が渾身のダイビングヘッド。しかし、これは枠の右へわずかにそれた。

88分には大久保とチアゴを下げて松田力と鳥海を投入。すると、直後にこの交代が実る。左のハイサイドから丸橋がクロスを送ると、ゴール前で合わせたのはJ1初出場となった鳥海。C大阪が土壇場で試合を振り出しに戻した。

さらに逆転を狙って責め立てるも、以降はゴールが生まれずにタイムアップ。新スタジアムでの初戦は両者痛み分けに終わった。

セレッソ大阪 1-1 ヴィッセル神戸
【C大阪】
鳥海晃司(後44)
【神戸】
古橋亨梧(前30)

関連ニュース
thumb

絶好調シュヴィルツォクが公式戦3連発も、10人のFC東京に名古屋勝ち切れず【明治安田J1第32節】

22日、明治安田生命J1リーグ第32節のFC東京vs名古屋グランパスが味の素スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わっている。 FC東京は直近となる第29節の横浜FC戦に4-0で快勝。長友の復帰戦となった試合で白星を挙げた。ここからは浦和レッズ、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズといった上位陣との試合が続くだけに、まず最初の1試合で勝利を奪って勢いをつけたい。 一方の名古屋は、第29節で2位の横浜F・マリノスに2-1で勝利。これで公式戦5連勝となり、3位に浮上した。今節も持ち前の堅守を活かした試合運びで6連勝を目指す。 試合は立ち上がりからFC東京が攻勢に出る。2列目の東、レアンドロ、アダイウトンが中央に集まって近い距離でパスを繋ぎつつ、守備では素早いトランジションで即時奪回に努めていく。相手がボールを保持する際は強度の高いハイプレスを実行し、ショートパスを繋ぐ余裕を与えない。 すると26分、そんなFC東京が先制する。相手の縦パスを自陣で青木がインターセプトして東がボールを受けると、ライン間に立つアダイウトンへ繋ぐ。そして、アダイウトンが中央のレアンドロに預けた後にボックス前でもらい直して、ペナルティアークから左足を振り抜くと、GKランゲラックの手に弾かれながらも右ポストに当たってゴールネットを揺らした。 しかし、43分にアウェイチームが追いつく。敵陣左サイドから得たFKで、相馬が小さく横にずらしたボールをシュヴィルツォクがシュート。地を這うようなボールは壁に入ったアダイウトンの踵に当たってコースが変わり、GK波多野の逆方向に吸い込まれた。 1-1で迎えた後半戦。序盤は名古屋がボールを支配。前田に代わって入った柿谷が自由に動いてボールを引き出し、タッチライン際に張ったマテウスと長澤に配球しながら前進していく。 守備を強いられる時間が長くなったFC東京は67分、カウンターから決定機。自陣で三田がボールを奪って永井に預けると、そのまま永井を追い越してボックス中央に侵入。絶妙なスルーパスを受けてGKランゲラックとの1対1を迎えたが、惜しくも防がれてしまい勝ち越しとはならなかった。 その後は互角の戦いとなっていたが、FC東京は81分、アダイウトンが相手DFの顔面に肘打ちを入れて一発退場。1人少ない状態で残り10分を戦うことになった。 以降は数的優位となった名古屋が攻め続けたものの、GK波多野にビッグセーブを連発されてしまい、ゴールを決められず。1-1で試合終了となった。 FC東京 1-1 名古屋グランパス 【FC東京】 アダイウトン(前26) 【名古屋】 シュヴィルツォク(前43) 2021.09.22 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

後半ATに宮城天の無回転ミドルが炸裂! 采配光った川崎Fが逆転で鹿島を下す【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、鹿島アントラーズvs川崎フロンターレが22日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-2で川崎Fが勝利した。 ACL組のスケジュールに備えて前倒し日程が組まれていた一戦。鹿島は直近の第29節でガンバ大阪に快勝し、ルヴァンカップを含めた公式戦の連敗を3試合で止めた。対する川崎Fは第29節で徳島ヴォルティスに勝利し、ルヴァンカップとACLの2つのカップ戦敗退の悔しさを一旦は晴らした。 鹿島は3位争い、川崎Fは横浜F・マリノスとの優勝争いで有利に立つためにも負けられない一戦だが、鹿島から見ると川崎Fは11戦未勝利の相手で、2015年の8月29日に勝利して以降苦杯を嘗め続けている。 しかし、そんな鹿島が序盤から攻勢に。G大阪戦と同じスタメンを並べた中、6分に左サイドの深い位置で安西が山根とマッチアップ。安西が相手の股を抜いてボックスへ侵攻しようとしたところ、後ろからスライディングタックルに遭い転倒。これでPKもしくはFK獲得かに思われたが、主審はノーファウルと判断した。 一方、徳島戦から先発を4名変更し、レアンドロ・ダミアンや家長をスタメンに戻した川崎Fは、その徳島戦でデビューし、PK獲得と1アシストの活躍を披露したマルシーニョが奮闘する。 まずは16分、右サイドから入ったクロスがボックス左に流れたところをシュート。しかし、これはGK沖に止められる。30分には、カウンターから味方との連係で抜け出しボックス左に侵入。ゴール前には2人の味方が待つ千載一遇のチャンスだったが、ドリブルが大きくなったところをDFに処理されてしまった。 ゴールレスで迎えた後半もマルシーニョの勢いは継続。54分に味方のパスに抜け出し、DFと競り合いながらもドリブルシュート。ここはブロックされてしまうが、セカンドボールを旗手が蹴り込んでネットを揺らした。しかし、惜しくもマルシーニョがオフサイドの判定。試合は0-0の状態が続く。 しかし61分、ついに試合が動く。前半から存在感を放っていた安西が左サイドから上げたクロスをボックス中央に飛び込んだファン・アラーノがヘディングシュート。当たり損なったものの、ボールは地面を叩いて山なりとなり、GKチョン・ソンリョンも届かないループシュートの様な軌道でゴールに吸い込まれた。 その後、和泉を下げて土居を投入した鹿島に対し、川崎Fは一挙に3枚替え。登里、マルシーニョ、シミッチに代えて小林、宮城、脇坂をピッチへ送り込んだ。 だが、先制した鹿島は簡単には流れを渡さない。74分には左からピトゥカが右ポストを掠める鋭いシュートで相手をけん制。76分にはFKの折り返しを上田が合わせにいく。 流れを変えたい川崎Fは、レアンドロ・ダミアンを知念に、橘田を山村にと、交代カードを立て続けに使用。すると山村は交代直後の83分、左サイドから上がった脇坂のFKを頭で合わせて同点ゴール。ファーストタッチがネットを揺らした。 これで俄然勢いが増したアウェイチーム。すると迎えた後半アディショナルタイム。このまま終わるかに思われた94分に、ボックス右手前でボールを持った宮城が右足を強振。無回転の強烈なシュートがゴール中央に突き刺さり、土壇場で逆転に成功した。 結局、交代策が功を奏した川崎Fが逆転勝利を収めて3連勝。また一歩優勝に近づいた。 鹿島アントラーズ 1-2 川崎フロンターレ 【鹿島】 ファン・アラーノ(後16) 【川崎F】 山村和也(後38) 宮城天(後49) 2021.09.22 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

新規感染者の減少で入場人数の上限変更か?/六川亨の日本サッカーの歩み

毎月恒例のNPB(日本野球機構)とJリーグ、そして専門ドクター3氏による第39回対策連絡会議が9月21日に開催された。定刻どおり10時30分に始まったメディアブリーフィングは、冒頭で斉藤惇NPBコミッショナーが「今日は専門家の方々からご意見をいただきました。JリーグとNPBからの報告はありません」と言ったとおり、質疑応答でも質問は1つしか出ず、過去最短の21分間で終了した。 会議がスタートして約1年半、すでに「議論百出」といったところか。 それでもここ2週間は新規感染者が減少しているため、入場者数の制限について斉藤コミッショナーは「いまは50%もしくは5000人の少ない方ですが、希望としては50%か1万人、もしくは1万2000人の少ない方を認めていただきたい」と制限緩和に期待するコメントを口にした。 その上で、「トップ(菅義偉首相)が変わるので、コロナ対策室のトップがどうなるか。窓口がどうなるのか、早めに交渉に入りたい」との希望を述べた。 政府は10月4日に臨時国会を召集して菅首相の後任首相を選出する予定だ。このため新内閣が発足すれば、コロナ対策室のメンバーも変わるかもしれない。現状では19都道府県に出されている緊急事態宣言は、今月末で解除される可能性が高いだろう。 しかし政府は8月末に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の適用されている地域では、大規模イベントの参加人数を「収容人数の50%か5000人の少ない方」とする決定を10月末まで延長したままだ。そこで9月末で緊急事態宣言が解除された場合、新たなコロナ対策室と収容人数の上限について、斉藤コミッショナーは早急に協議したいとの意向を示したのである。 さらにワクチンの2回接種が徐々に浸透するにつれ、接種の証明書や検査の陰性証明書を組み合わせた「ワクチン・検査パッケージ」の活用による、飲食や旅行などの制限緩和についても意見が交換された。 座長であり東北医科薬科大学の賀来満夫ドクターは「具体的な方法論はこれから。議論はいま始まったばかり」と言うものの、村井満チェアマンは「ドクターの意見を聞きながらプランニングしたい。ワクチンや陰性証明書をどうするか。運営の議論もしっかりしていきたい」と、実際に導入した際は“誰”が“どこ”で、“どのように”チェックするのかも視野に入れていた。 奇しくも次回の対策連絡会議は10月4日の月曜日。ただし会議は午前中のため自民党の新総裁決定には間に合わないし、新内閣の発足と新たなコロナ対策室のスタートもそれ以降になる。それでもこのまま新規感染者の減少が続けば、スタジアムに多くの観客が戻る日もそう遠い日ではないかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.09.21 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「ワクチン・検査パッケージ」でJリーグとプロ野球は観客動員の緩和に期待、村井満チェアマン「運営上の課題もクリアする必要が」

JリーグとNPB(日本野球機構)は21日、「第39回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 今回の連絡会議の議題は、感染者数の減少などに関わる感染状況の報告と、ワクチン接種に関する話が中心となったとのこと。その中で、政府の分科会が示した「ワクチン・検査パッケージ」について議論がなされたという。 これは、9日に政府の分科会の尾身茂会長が会見で示したもの。新型コロナウイルスのワクチン接種済みであるということ、そして検査で陰性だったことを証明するというものであり、これの運用について今後議論がなされる。 世界に目を向けると、陰性証明やワクチン接種証明がなければ入場できない飲食店やイベントなどがあるが、日本ではまだ導入されていない。尾身会長は「パッケージをどのような場面で使うのかについてはコンセンサスが非常に重要で私たちは国民的議論をしてほしい」とコメントしており、その使用方法が重要な課題となる。 一方で、現在のJリーグとプロ野球はスタジアムの50%か5000人の少ない方が観客動員の上限となっているが、予てから緩和を要求しているとのこと。スタジアムのキャパシティが異なることから、上限の変更を要請しているものの、現時点でも認められていない。 「ワクチン・検査パッケージ」について賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は、「具体的なプランニングはこれから」とし、「観客の方に安全に入っていただくためには色々な方法論を考えなければいけない」と、どうやって制限するかが重要だと語った。 また「分科会でも尾身先生が国民的な議論にしてほしいと言っていた。プロ野球、Jリーグだけでなく、飲食店なども含めた中で、どういう形で陰性を証明するのか」と、議論の幅をスポーツ界に留めずに広く考えていく必要があるとした。 具体的なものは決まっていないとした賀来氏だが「具体的に今示せる内容はないが、あまり時期を置かずに、専門家とみなさんで積極的に議論していきたいと思う」と語り、JリーグとNPBで議論を行い、方針を決めたいとした。 このパッケージの運用がスタートすれば、観客動員の規制も緩和される可能性が高いが、NPBの斉藤惇コミッショナーは「内閣が変わりそうなのと、コロナ対策室のトップがどうなるかというのもあります」と、自民党の総裁選が近いことから、どう動くのか現時点では分からないとコメント。ただ「50%or1万人の少ない方を認めてもらいたいなというのはある」と、観客動員の緩和を求めたいとした。 この点についてJリーグの村井満チェアマンは「運営上の課題もクリアする必要がある」と語り、「ワクチン接種の証明をどう確認するか、陰性証明をどう確認するか」と、具体的に運用する際の問題点が生じるだろうとコメント。「感染対策だけでなく、運営上のプロトコルも見極めて今後の議論としていきたい」と語るに留めた。 2021.09.21 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】柏MFヒシャルジソン、湘南DF大岩一貴が出場停止

Jリーグは20日、出場停止選手の情報を更新した。 明治安田生命J1リーグからは柏レイソルのMFヒシャルジソン、湘南ベルマーレのDF大岩一貴が出場停止となった。 明治安田生命J2リーグでは松本山雅FCのMF下川陽太、V・ファーレン長崎のMFカイオ・セザールが出場停止に。明治安田生命J3リーグではいわてグルージャ盛岡のMFモレラト、Y.S.C.C.横浜のMF山本凌太郎が出場停止となった。 下川に関しては、19日に行われた明治安田J2第30節のツエーゲン金沢戦の71分、自陣右サイドでパスを受けたところ、MF平松昇に寄せられ倒されることに。しかし、その際に平松の後頭部にヒジ打ちを見せ、これにより一発退場となっていた。 Jリーグは「ボールとは関係の無いところで相手競技者の顔面を左手で打った行為は、「乱暴な行為」に該当する」とし、1試合の出場停止とした。 また、山本に関しては18日に行われた明治安田J3第19節のFC今治戦の13分に、ルーズボールに対して足を上げてスライディングを行い、一発退場となっていた。 Jリーグは「足裏を見せ過剰な力を用いてタックルした行為は、「著しい反則行為」に該当する」として1試合の出場停止を課した。 【明治安田生命J1リーグ】 MFヒシャルジソン(柏レイソル) 第30節 vsガンバ大阪(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF大岩一貴(湘南ベルマーレ) 第30節 vs川崎フロンターレ(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF下川陽太(松本山雅FC) 第31節 vsギラヴァンツ北九州(9/26) 今回の停止:1試合停止 MFカイオ・セザール(V・ファーレン長崎) 第31節 vsレノファ山口FC(9/26) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MFモレラト(いわてグルージャ盛岡) 第20節 vsFC今治(9/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山本凌太郎(Y.S.C.C.横浜) 第20節 vsカマタマーレ讃岐(9/26) 今回の停止:1試合停止 2021.09.20 20:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly