【J1注目プレビュー|第20節:C大阪vs神戸】ACL帰りのC大阪はこけら落としの一戦、神戸はエースのラストマッチに!

2021.07.17 16:46 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第20節】
2021年7月17日(水)
19:00キックオフ
セレッソ大阪(12位/23pt) vs ヴィッセル神戸(3位/37pt)
[ヨドコウ桜スタジアム]

◆こけら落とし、7戦ぶり勝利へ【セレッソ大阪】

1カ月半ぶりのリーグ戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、プレーオフが免除されるという中、しっかりとグループステージを突破し結果を残した。

ケガ人の復帰、過密日程によりこれまで出場機会が少なかった選手がプレーするなど、チームとしての底上げも図れた中、大事なリーグ戦となる。

中断前は6戦未勝利。リーグ戦勝利は3カ月前の4月18日まで遡る。しかし、ACLを経た今、チーム内でも競争が生まれ、その力をどうぶつけるか。前半戦ラストマッチ、さらに生まれ変わった新スタジアムでの初陣でしっかりと結果を残したい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、チアゴ、西尾隆矢、丸橋祐介
MF:奥埜博亮、原川力
MF:坂元達裕、清武弘嗣、為田大貴
FW:大久保嘉人
監督:レヴィー・クルピ
東京五輪出場選手:瀬古歩夢

◆エースのラストマッチで勝利を【ヴィッセル神戸】

後半戦初戦となった前節は、湘南ベルマーレを相手に3-1で快勝。3位に浮上した。

リーグ戦3連勝、5戦無敗という中、日本代表FW古橋亨梧のセルティック移籍が発表。この試合が神戸でのラストマッチとなる。

現時点での得点ランキング1位であり、チームの貴重な得点源が去っていくことになる中、最後の試合でもしっかりとゴールを決めて勝利を収めていきたいところだろう。

心配なのは、前節負傷者が続出したこと。アンドレス・イニエスタ、菊池流帆、前川黛也と主軸の状態はどうなのか。不安はありながらも勝利を目指す。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:飯倉大樹
DF:酒井高徳、山川哲史、小林友希、初瀬亮
MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍
MF:中坂勇哉
FW:古橋亨梧、ドウグラス
監督:三浦淳寛

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:G大阪vs柏】天皇杯の勢いを継続したいG大阪、柏は攻撃をどう完結させるか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月26日(日) 19:00キックオフ ガンバ大阪(14位/30pt) vs 柏レイソル(13位/33pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆天皇杯の戦いを継続できるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦で3-1と完敗。良いところなくリーグ戦4連敗と苦しい戦いが続いている。 リーグ戦では良い戦いがしばらく見せられていないが、ミッドウィークに行われた天皇杯の湘南ベルマーレ戦では策がはまり、攻撃面で大きな改善が見られた。 特に2列目のワイドに配置したウェリントン・シウバと小野瀬康介が躍動。後方からのビルドアップもしっかりと行え、パスで崩して押し込むという戦い方ができた。 システムも3バックから4バックに変えたことは少なくない影響があり、この戦い方を継続する必要はあるだろう。小野瀬が負傷交代してしまったが、選手は揃っている。 松波正信監督が[3-4-2-1]のスタイルにこだわりを見せれば、湘南戦で掴んだ手応えを手放してしまう可能性はあるだけに、今節は湘南戦の戦いを継続することが大事となるはずだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:奥野耕平、山本悠樹 MF:倉田秋、宇佐美貴史、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 ◆攻撃をどう完結させるか【柏レイソル】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、0-3で完敗。ドウグラス・ヴィエイラ1人にやられた形だが、広島の完成度の前に成す術がなかった。 そして前節からの間にFWペドロ・ハウルが電撃的に期限付き移籍。前線で起点となれていたペドロ・ハウルが退団したことは、高さという武器を失ったことに繋がる。 ただ、そのペドロ・ハウルが欠場を始めてから皮肉にもチームは結果を残せており、3勝1敗。残留争いから少し抜け出すことに成功した。 今のチームにはさほど影響はないかもしれないが、ここでライバルのG大阪相手にしっかりと勝利が収められるかは重要なポイント。連敗だけは避けたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:エメルソン・サントス、大南拓磨、古賀太陽 MF:川口尚紀、椎橋慧也、戸嶋祥郎、三丸拡 MF:クリスティアーノ、瀬川祐輔 FW:細谷真大 監督:ネルシーニョ 出場停止:ヒシャルジソン 2021.09.26 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:C大阪vs鹿島】安定感を欠く両者、課題を克服して勝利を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月26日(日) 15:00キックオフ セレッソ大阪(11位/39pt) vs 鹿島アントラーズ(7位/50pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆ホームで白星なるか【セレッソ大阪】 北海道コンサドーレ札幌、浦和レッズと共に0-2で連敗していたC大阪。内容も結果も伴わない試合をしてしまったが、ミッドウィークに行われたサンフレッチェ広島戦では、伏兵の進藤亮佑のゴールで0-1と勝利を収めた。 なかなか安定した戦いを見せられていないC大阪。勤続疲労も見えてくる中、期待したいのはホームゲームでの勝利だろう。 小菊昭雄監督が就任してからホームでは勝利なし。少しでも上位に行くのか、それとも中位に留まってしまうのか、しっかりと結果を見せたいところだろう。 終盤戦では上位との対決もあり、力のあるチーム相手にしっかりと結果を残せるのかが注目。13連戦の最後を勝って締めくくりたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、藤田直之、原川力、乾貴士 FW:アダム・タガート、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 ◆手痛い逆転負けから立ち直れるか【鹿島アントラーズ】 前節は首位の川崎フロンターレを相手に1-2で敗戦。停滞逆転負けを喫してしまった。 試合を良い形で進めていた鹿島だったが、じわじわと川崎Fがペースを取り戻すと、最終盤に連続失点。試合を決めた宮城天のゴールはノーチャンスだったが、チームとして負けという結果を呼び込んでしまった感じすらある。 このところの鹿島は不安定な戦いを見せ、ガンバ大阪に3-1で勝っていたものの、その前は0-3でアビスパ福岡に敗れるなど、ホーム3連戦を負け越して終えてしまった。 昨シーズン届かなかったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への切符を掴むためにも、今一度チームとして1つに貼ることが重要。リバウンドメンタリティを示せるのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:広瀬陸斗、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 2021.09.26 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:福岡vs鳥栖】今季5度目の“九州ダービー”、意地を見せるのはどちらか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 19:00キックオフ アビスパ福岡(9位/43pt) vs サガン鳥栖(5位/51pt) [ベスト電器スタジアム] ◆5度目の九州ダービー、3勝目なるか【アビスパ福岡】 前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦では1-1のドロー。連勝が3でストップした。 残留争いに引き込まれそうになった中で、しっかりと勝ち点を積み上げて中位に浮上した福岡。少しでも上位に行くためには、この流れを継続していきたいところだ。 今節は鳥栖との“九州ダービー”だが、なんと今シーズン5試合目の対戦となる。リーグ戦では2度目だが、YBCルヴァンカップ、天皇杯でも対戦。ここまでの成績は2勝1分け1敗と福岡が勝ち越している。 鳥栖はしっかりとしたビルドアップを後方から行うため、福岡としては整理されたプレスで封じ込めたいところ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、カルロス・グティエレス、宮大樹、輪湖直樹 MF:ジョルディ・クルークス、カウエ、前寛之、金森健志 FW:渡大生、山岸祐也 監督:長谷部茂利 ◆必要なのは勝ち点3、五分に戻せるか【サガン鳥栖】 前節は、台風の直撃を受けて1日延期された中、ホームに大分トリニータを迎え0-0のゴールレスドロー。連勝は2でストップした。 熾烈な3位争いをする中で手痛いドローとなったが、再び勝利に繋げる必要がある。そして“九州ダービー”では現在ビハインド。勝って成績を五分にしたいところだ。 鳥栖のスタイルは崩されることなく、今節もしっかりと後方からビルドアップを仕掛けていくことになる。プレスを回避していけば一気に押し込むことも可能。あとはフィニッシュの部分だ。 前節は仕留めきれず、大分のカウンターに苦しめられることになった。そこを今節はどうするのか。福岡の仕掛けに押し込まれずに戦えるかがポイントとなる。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、大畑歩夢 MF:樋口雄太 MF:飯野七聖、白崎凌兵、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:小屋松知哉、酒井宣福 監督:金明輝 2021.09.25 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:横浜FCvs横浜FM】“横浜ダービー”互いにもう落とせない一戦

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 18:00キックオフ 横浜FC(20位/18pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆残留に向けて落とせない一戦【横浜FC】 前節はアウェイでのFC東京戦で力なく4-0で完敗。リーグ戦3連敗となった。 シーズンも残り9試合。残留ラインとの勝ち点差は「9」という状況。横浜FCにとってはシビアな戦いがこの先続くこととなる。 残留争い中のチームとの対戦はこの先3試合のみ。上位との対決は今節の横浜FMを含めて4試合という状況。熾烈な3位争いの相手と戦う必要があるため、簡単に行く試合はもうないと言える。 開幕から一貫して改善されないのが攻守にわたる精度の低さだろう。チームとしてミスが多く、チャンスを迎えてもゴールを奪い切れず、守備も簡単な失点が多い。 失点が減った後半戦の序盤は4試合で勝ち点8を積み上げるなど復調しかけたが、再び失点が増え、得点が奪えないという厳しい状況に入っている。 もう後はないと考えた方が良いだろう。ピッチ内でリスク管理をしながらも、リスクを負わなければいけない状況になっている。チームとしてしっかりと戦い切れるか。ダービーで勝利し、キッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ブローダーゼン DF:伊野波雅彦、高橋秀人、袴田裕太郎 MF:安永玲央、瀬古樹 MF:マギーニョ、ジャーメイン良、松尾佑介、高木友也 FW:フェリペ・ヴィゼウ 監督:早川知伸 ◆優勝に向けて落とせない一戦【横浜F・マリノス】 前節は名古屋グランパスとの上位対決で2-1と敗戦。再び首位の背中が遠のいてしまった。 この3試合で2敗と優勝の可能性が見えた中での厳しい現実。勝ち点差は「7」に開き、手が届かない位置に行ってしまった。 特に心配なのは、敗れた2試合では攻撃の精度を欠いたこと。チャンスが作れていることは変わらないが、ゴールを奪い切れずに敗れた印象が強い。 ハードな戦い方を毎試合繰り返している横浜FMだが、主力選手はほぼ固定されている状態。フレッシュさを欠いているのも事実だ。 とはいえ、これ以上の取りこぼしは優勝戦線の火を消すことに繋がる。川崎フロンターレとの直接対決を残しているだけに、最後まで可能性を残せるように勝利を積み上げたいところ。攻撃陣の爆発に期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.25 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:FC東京vs浦和】日本代表SBが織り成すスペクタクルな攻防、軍配は?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 15:00キックオフ FC東京(8位/46pt) vs 浦和レッズ(6位/51pt) [味の素スタジアム] ◆陰を落とす愚行、勝利で払拭を【FC東京】 ミッドウィークに名古屋グランパスと対戦したFC東京。先制したものの、好調のシュヴィルツォクにゴールを許し、1-1のドローに終わった。 3位争いに食い込む上では勝ち点3が欲しかったところだが、最低限の勝ち点1というところだろう。上位との連戦が続く中では負けないことも大事だ。 しかし、その名古屋戦ではFWレアンドロが濃いのヒジ打ちを見舞い一発退場。さらに昨年にも2度注意を受けていた中での愚行ということもあり、長谷川健太監督や長友佑都もこの行為を非難。Jリーグからは3試合の出場停止と罰金が科されると、クラブも独自に2試合の出場停止と制裁金を科すという厳罰が下った。 上を目指していこうとクラブが一つになる中で起こった愚行に対してクラブも重く受け止めている状況。フェアに戦い、勝利を目指してもらいたいものだ。 そんな中でこの試合の注目は左サイドのマッチアップだろう。今夏復帰した長友佑都がチームにもたらすものは多いが、何と言っても今節対峙する相手は日本代表の同僚であり、昨季までマルセイユで両翼をになった酒井宏樹だ。この対決からは目が離せない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:渡邊凌磨、髙萩洋次郎、永井謙佑 FW:田川亨介 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ ◆6戦連続クリーンシートなるか!?【浦和レッズ】 前節はホームにセレッソ大阪を迎え2-0で快勝。久々の埼玉スタジアム2002での試合でしっかり勝利を収めた。 これで連勝となり、6戦無敗。上昇気流に乗った浦和は6位につけている。 3位のヴィッセル神戸とは勝ち点差3であり、今節勝利すれば勝ち点で並ぶことになる。何としても勝ち点3が欲しいところだ。 その浦和の誇るべきポイントは5試合連続クリーンシートだろう。好調の要因はそこにあり、後半戦に入っての10試合で失点はたったの「4」。一気に上位に羽ばたくチャンスだ。 そして注目は前述の通り、浦和にとっての右サイドの攻防だ。長友を前にした酒井がどのようなプレーを見せるのか。日本代表の主力SB同士のスペクタクルな、そしてワールドクラスのマッチアップは必見。どちらが上回るのか、攻守において目が離せない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.09.25 11:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly