スペツィアに2年間の補強禁止処分…未成年の移籍に関する違反…

2021.07.16 19:39 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は16日、未成年者の移籍に関する規則違反を犯したセリエAのスペツィアに対して2年間の補強禁止処分を科した。

スペツィアは今回の処分を受け、2022年1月から4つの移籍ウインドーで新たな補強選手の登録ができないことになった。

FIFAは今回、スペツィア、セリエDのUSDラヴァニェーゼ1919、ASDヴァルディヴァラの3クラブに関して、未成年のナイジェリア人選手を獲得した際に違反行為があったとの疑いで調査を行っていた。

その結果、プレーヤーのステータスと移籍に関するFIFA規則への違反及び、イタリア国内の国内移民法に抵触する違反が行われたことを確認。そして、スペツィアに対しては前述の4つの移籍ウインドーの補強禁止及び、50万スイスフラン(約6000万円)の罰金処分を科した。

昨シーズンのセリエAを15位でフィニッシュしたスペツィアは、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ前監督がフィオレンティーナに引き抜かれたため、先日にチアゴ・モッタ氏を新指揮官に招へいした。

しかし、今回の処分によってモッタ氏はセリエA残留を目指す上でいきなり大きな足かせをはめられることになった。

関連ニュース
thumb

バルセロナ、レイ・マナイがチアゴ・モッタ率いるスペツィアへレンタル

スペツィアは8月31日、バルセロナからアルバニア代表FWレイ・マナイ(24)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 バルセロナの発表によると、レンタル料が30万ユーロ(約3900万円)となり、買い取りオプションの金額は270万ユーロ(約3億5000万円)となる。 アルバニアで生まれ、11歳に頃に渡ったイタリアでキャリアを始めたマナイ。2015年にインテルに移籍するも、加入前に在籍していたクレモネーゼやペスカーラ、ピサなどへのレンタルを繰り返し、トップチームでの出番はほとんどなかった。 2017年からレンタル先をスペインに変更し、グラナダとアルバセテでプレー。そして、2020年1月にバルセロナBへの完全移籍が決定した。 今季からトップチームに登録され、ラ・リーガでも開幕3試合でベンチ入りしていたマナイだが、結局、トップチームデビューは叶わないまま、クラブを去ることになった。 なお、スペツィアは、元バルセロナのチアゴ・モッタ監督が今季から指揮官を務めている。 2021.09.01 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナのアルバニア代表FWレイ・マナイ、チアゴ・モッタ率いるスペツィア移籍へ

バルセロナ所属アルバニア代表FWレイ・マナイ(24)のスペツィア移籍が迫っているようだ。イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 アルバニアで生まれ、11歳に頃に渡ったイタリアでキャリアを始めたレイ・マナイ。2015年にインテルに移籍するも、加入前に在籍していたクレモネーゼやペスカーラ、ピサなどへのレンタルを繰り返し、トップチームでの出番はほとんどなかった。 2017年からレンタル先をスペインに変更し、グラナダとアルバセテでプレー。そして2020年1月にバルセロナBへの完全移籍が決定した。 今季からトップチームに登録され、ラ・リーガでも開幕3試合でベンチ入りしていたレイ・マナイだが、結局、トップチームは叶わないまま、クラブを去ることになるようだ。 伝えられるところによると、マジョルカやラージョ・バジェカーノ、フライブルクも関心を示していた中、バルセロナが要求する300万ユーロ(約4億円)の移籍金を用意したスペツィアが争奪戦を制した模様。同クラブは、元バルセロナのチアゴ・モッタが今季から監督を務めている。 2021.08.31 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

2点差を追いつかれるも内容に満足のチアゴ・モッタ監督「選手たちはよくやってくれた」

スペツィアの指揮官であるチアゴ・モッタ監督は、ドローに終わったカリアリとのセリエA開幕戦の試合内容に満足しているようだ。 23日に行われたセリエA開幕節でカリアリと対戦したスペツィア。7分にエマニュエル・ギャシ、58分にDFシモーネ・バストーニのゴールで2点を先行するものの、相手のFWジョアン・ペドロに2得点を許し、2-2で試合終了となった。 今季から就任した38歳のイタリア人指揮官は、2点差を追いつかれながらも「勇気のあるチームを見た」と選手を称賛。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。 「難しい試合だったが、選手たちはよくやってくれたと思う」 「2-0になったときにはすべてが終わったように見えたが、サッカーは予測できないものだと知っている」 「最終的には、双方にとって当然の結果になった」 「私が見たのは勇気のあるチームだ。困難に直面しているにもかかわらず、最初から最後まで集中してゴールと勝利を目指していた」 「簡単なゲームではなかったが満足している。明日からはまた違った展開になるだろう」 2021.08.24 15:49 Tue
twitterfacebook
thumb

グジョンセンの息子、アイスランド代表FWアーロンがスペツィアからエルフスボリに完全移籍

スウェーデンのエルフスボリは14日、セリエAのスペツィアからアイスランド代表FWスヴェイン・アーロン・グジョンセン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年末までの3年半となる。 かつてチェルシーやバルセロナなどで活躍し、アイスランド代表のレジェンドであるエイドゥル・グジョンセンを父に持つアーロン・グジョンセンは、バルセロナの下部組織出身。2018年7月にスペツィアへと完全移籍した。 父と同じストライカーのアーロン・グジョンセンは、スペツィアでは24試合で3ゴール4アシスト。下部リーグのラヴェンナやノルウェーのオーデンセへのレンタル移籍を経験。チームはセリエAに所属も、プレーする機会はなかった。 なお、アイスランド代表としては4試合に出場している。 2021.08.16 10:33 Mon
twitterfacebook
thumb

スペツィア、アタランタのウクライナ代表MFコバレンコをレンタルで獲得

スペツィアは8日、アタランタのウクライナ代表MFビクトル・コバレンコ(25)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ウクライナ代表として31キャップを持つセントラルMFのコバレンコは、今年1月にシャフタールからアタランタに完全移籍。ただ、出場機会を得られずセリエA1試合の出場に留まっていた。 シーズン終盤は負傷もあり、ユーロ2020のウクライナ代表メンバーには選出されていなかった。 2021.08.08 23:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly