【Jリーグ出場停止情報】一発退場の湘南MF田中聡が1試合 岩手FWブレンネルは主審への暴力行為等で3試合

2021.07.15 20:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは15日、出場停止選手の情報を更新した。

今回発表されたのはJ1とJ3からそれぞれ1人ずつ。J1では湘南ベルマーレのMF田中聡が「1試合停止」となった。田中は11日に行われた第22節のFC東京戦において、90分にルーズボールの競り合いの際に相手選手と接触。スパイクの裏が相手のふくらはぎに直撃する形となり、一発退場を命じられていた。

Jリーグはこれを「著しい反則行為」に該当すると判断し、1試合の出場停止処分とした。

一方、J3ではいわてグルージャ盛岡のFWブレンネルに「3試合停止」の処分が下った。ブレンネルは11日に行われた第15節のロアッソ熊本戦で、2枚目のイエローカードで退場となった際、攻撃的な態度で主審に詰め寄り、退場を指示していた主審の手を打ったことが確認されていた。

主審に詰めった行為は「審判員の判定に対する執拗な抗議」、そして手を打った行為は「乱暴な行為」と判断され2試合の出場停止に。また、2度の警告による退場に対しては規定通り1試合の出場停止が下され、計3試合の出場停止処分となった。

【明治安田生命J1リーグ】
MF田中聡(湘南ベルマーレ)
第23節 vs鹿島アントラーズ(8/9)
今回の停止:1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡)
第16節 vsヴァンラーレ八戸(8/28)
第17節 vsAC長野パルセイロ(9/5)
第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11)
今回の停止:3試合停止

関連ニュース
thumb

G大阪がユース所属のMF中村仁郎、FW坂本一彩と仮契約、来季昇格内定を発表

ガンバ大阪は16日、ユースに所属するMF中村仁郎(18/左)、FW坂本一彩(18/右)との仮契約を発表した。来シーズンからの加入が内定している。 中村は大阪府出身で、166cm、60kgの左利きのMF。ジュニアユースからG大阪に所属している。2019シーズン、2020シーズンはG大阪U-23として通算33試合に出場し5得点を記録。2020シーズンは明治安田生命J1リーグでデビューも果たしていた。 坂本は熊本県出身で、174cm、69kgの右利きのFW。JFAアカデミー福島U-15に所属し、ソレッソ熊本からG大阪ユースに加わった。2020シーズンはG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで11試合に出場し3得点を記録していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF中村仁郎 「3歳の時からの夢であったガンバ大阪でプロサッカー選手になることができ、非常に嬉しく思います。これまで多くの壁に当たってきましたが、家族、友達、指導者、そしてサポーターの皆さんなど、今まで私が出会ってきた全ての方々のおかげで成長し、乗り越えてくることができました」 「今までもこれからも感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひた向きにサッカーを楽しみますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW坂本一彩 「幼い頃から憧れていたこのガンバ大阪でプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまで関わっていただいた方々にプレーで恩返しできるように、そしてガンバ大阪の勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2021.09.16 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

柏が日本体育大学柏高校のDF土屋巧の来季加入内定を発表

柏レイソルは16日、日本体育大学柏高校のDF土屋巧(17)の来季加入内定を発表した。 土屋は、当時柏日体高校だった頃のMF広庭輝(2004年)以来となる2人目の入団となる。なお、アカデミー選手育成における相互支援契約締結後は初の入団となる。 土屋はクラブを通じてコメントしている。 「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います」 「今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」 2021.09.16 17:08 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和がタイの強豪クラブ、ムアントン・ユナイテッドとパートナーシップ契約

浦和レッズは16日、タイのムアントン・ユナイテッドとのパートナーシップの覚書を締結したことを発表した。 今回のパートナーシップ締結については「『さいたまと世界をつなぐ窓になる』という、浦和レッズ理念を具現化するきっかけになると考えており、異文化の中でも他者を理解し、スポーツを通して互いによりよい社会を形成し、そして次世代につなげていくような活動をクラブとして目指してまいります 」としている。 また、「同時に、『あらゆる分野でアジアナンバー1になる』というクラブのビジョン達成に向けて、クラブが持続的に発展していくためにアジア圏でのプレゼンス向上を目指し、3度目のACL制覇という大きな目標と共に実現していきたい」とし、4つの点で提携していくとのことだ。 (1)選手・コーチを含む人材の知識、アイデア、技術・トレーニング手法の学び等を通じて、連携を強め、発展を目指す。 (2)ニーズに応じた、若手選手を中心とした人材交流 (3)フットボールセミナーやフレンドリーマッチ等のイベント開催 (4)事業開発等の新たなビジネス機会の検討 ムアントン・ユナイテッドは、タイの強豪クラブ。浦和と同じ「赤・白・黒」のカラーをチームアイデンティティの一つとしており、過去には元日本代表DF青山直晃や元イングランド代表FWロビー・ファウラーなどが在籍した。 また、横浜F・マリノスのDFティーラトンや北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ、セレッソ大阪のGKダン・バン・ラムも所属していたことがあり、サンフレッチェ広島や清水エスパルスでプレーしたFWティーラシンも所属していた名門だ。 浦和とは2013年のAFCチャンピオンズリーグでも対戦。さらに、タイ国内の大手メディア企業であるサイアム・スポーツ・シンジケートがオーナーを務めていることでも知られ、Jリーグのタイ国内放映権を取得し、毎節放映をするなど、アジアサッカー全体の発展に非常に熱心であり、多くの取り組みをしている。 今回のパートナーシップ契約について、浦和、ムアントンの代表がコメントしている。 ◆立花洋一 代表(浦和レッズ) 「ムアントン ユナイテッドというタイ王国屈指のクラブとの提携を非常にうれしく思っております。ACLやFIFAクラブワールドカップなど、数多くの国際舞台での盛り上がりや経験を通して感じたこととして、浦和レッズや日本サッカー界が国内の人口減少という今後の課題と向き合う中で、永続して成長していくためには、アジア全体を見据えていかなければならないということがありました。今回の提携で、両クラブのノウハウや人材交流を通して、また新たに成長できる可能性が両クラブ、そして両国に広がると確信しています」 ◆ウィラック・ロートン代表(ムアントン・ユナイテッド) 「日本、そしてアジアでトップクラブのひとつである浦和レッズとの提携を心からうれしく思っています。今回、2つのクラブは共通のビジョンを共有しました。これから共にフットボールの発展と、強い未来をつくっていけることを楽しみにしています。コロナウイルス感染症によるクラブの課題はありますが、我々はその壁を乗り越え、目的を果たすことができるでしょう。この提携は両クラブが持つ可能性をさらに広げ、すべての人にとって新しく、より良いフットボールの体験をつくる絶好の機会になると確信しています」 2021.09.16 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸が下部組織出身の中央大学GK坪井湧也の来季加入内定を発表「勝利とアジアNo.1クラブという目標に貢献できるように」

ヴィッセル神戸は16日、中央大学のGK坪井湧也(22)の来季加入内定を発表した。 坪井は兵庫県出身で、神戸のU-18に所属。そこから中央大学へと進学していた。 183cm、73kgの坪井はについて神戸は「技術力の高さとスピードがあり守備範囲が広い、キックの精度の高さと判断の早さで攻撃の起点にもなれる」とプレーの特徴を紹介している。 坪井はクラブを通じてコメントしている。 「来季からヴィッセル神戸に加入することになりました、中央大学の坪井湧也です。幼い頃、自分に夢を与えてくれたこのクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを始められることを大変嬉しく思います」 「そして家族をはじめとする今まで自分と関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、今度は自分が沢山の人に夢や勇気を与えられるように日々精進して参ります」 「1日でも早くヴィッセル神戸の勝利とアジアNo.1クラブという目標に貢献できるよう全力で戦いますので、ヴィッセル神戸のファン・サポーターの皆さま、どうぞよろしくお願い致します」 2021.09.16 15:17 Thu
twitterfacebook
thumb

広島がケルンと育成業務提携を締結、「日本一の育成・普及型クラブを目指す」

15日、サンフレッチェ広島はケルンと育成業務提携を締結したと発表した。 ケルンはブンデスリーガの初代王者で、リーグ戦を3度、カップ戦を4度制した名門クラブだ。元西ドイツ代表MFピエール・リトバルスキ氏、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキなど、日本にも馴染みのある幾多のスーパースターを輩出しており、選手の育成にも定評がある。2010年冬には日本代表DF槙野智章(広島ユース出身)が加入していた。 両チームは今後、ジュニア世代からトップチームの選手育成・強化を目的とした選手・指導者の人的交流を行い、相互のチーム発展に寄与していくとのことだ。 なお、提携期間は2021年9月1日から2024年8月31日までとなっている。 締結合意に際して広島の仙田信吾代表取締役社長、ケルンのヴェルナー・ヴォルフ会長、アレクサンダー・ヴェーレCEOはそれぞれ次のようにコメントを寄せている。 ◆広島 仙田信吾代表取締役社長 「ドイツ有数の名門クラブである「1.FCケルン」様よりお話をいただき、育成業務提携の締結合意に至りましたことを大変うれしく思います。サンフレッチェ広島は、「日本一の育成・普及型クラブを目指す」ことをクラブ理念として掲げており、育成年代の強化には、これまでも力を入れて参りました。1.FCケルンは、若い世代の育成に非常に長けており、その経験やノウハウを吸収することが、クラブの成長・発展につながると確信しております。この提携を通じて、より質の高い育成メソッドを確立し、さらなる飛躍の一歩につなげて参ります」 ◆ケルン ヴェルナー・ヴォルフ会長 「1.FCケルンと日本は何十年もの間、密接に結びついてきました。このたびのサンフレッチェ広島との業務提携により、常に相互尊重と信頼を特徴づけてきたこの特別な関係に、新たな命を吹き込むことができるでしょう。両クラブが、スポーツ的にも経済的にも、長期的に利益を得るネットワークを構築することを目的に、活動していきたいと思います」 ◆ケルン アレクサンダー・ヴェーレCEO 「私たちにとって、日本は多くの面で興味深い市場です。スポーツ・マネジメントの専門知識を共有し、アジアにおけるFCの認知度を高め、新たなパートナーを獲得するたためにも、FCファミリーや日本文化において、大きな役割を果たす特別な伝統意識が、重要なつながりとなると考えています」 <span class="paragraph-title">【写真】締結合意を互いのユニフォームで表明する広島とケルン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ドイツ・ブンデスリーガ<br>『1.FCケルン』との育成業務提携を締結<br><br>サンフレッチェ広島と1.FCケルンは、今後、ジュニア世代からトップチームの選手育成・強化と目的とした選手・指導者の人的交流を行い、相互のチーム発展に寄与させて参ります。<a href="https://t.co/qo7d9eOIdm">https://t.co/qo7d9eOIdm</a><a href="https://twitter.com/hashtag/sanfrecce?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sanfrecce</a> <a href="https://t.co/AMLJuMjQaQ">pic.twitter.com/AMLJuMjQaQ</a></p>&mdash; サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) <a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC/status/1438050925080301569?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 14:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly