スペツィア、イタリアーノ前監督の後任にチアゴ・モッタ氏を検討か

2021.07.04 21:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペツィアが、チアゴ・モッタ氏(38)の監督招へいを検討しているようだ。イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。

同クラブでは先日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督がフィオレンティーナの引き抜きに遭った。当時セリエBだった2019年に就任し、その1年目にクラブ史上初のセリエA昇格に導くと、昨季は15位でフィニッシュし残留を果たしていた。

新シーズンに向けて新監督探しを急ピッチで進めているところだが、複数の候補の中にチアゴ・モッタ氏も含まれているようだ。
2018年にパリ・サンジェルマンで現役を引退したチアゴ・モッタ氏は、同クラブのU-19で監督業をスタート。2019年10月からジェノアで指揮を執ったが、10試合で2勝3分け5敗という成績で、2カ月で解任されていた。

なお、戦術スタイルはイタリアーノ前監督の様に[4-3-3]を好むため、現状のメンバーにとって馴染みやすいメリットがあるようだ。

関連ニュース
thumb

スペツィアがMLSから左SBモウティーニョを獲得!

スペツィアは2日、アメリカのオーランド・シティからポルトガル人DFジョアン・モウティーニョ(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。 リスボン生まれの左利きのサイドバックであるモウティーニョは、ポルトガル屈指の名門スポルティングCPのアカデミー育ち。 その後、2017年にアメリカへ渡ると、ロサンゼルスFCとオーランド・シティでプレー。メジャーリーグ・サッカー(MLS)では通算83試合に出場し、3ゴール5アシストの数字を残していた。 2022.12.03 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表GKに悲劇…W杯前ラストマッチで相手と接触しすぐにプレー不可能とわかる重傷、招集選手も変更《カタールW杯》

ポーランドサッカー協会(PZPN)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)に臨むポーランド代表メンバーの変更を発表した。 10日にチェスワフ・ミフニエヴィチ監督が26名を発表していた中、W杯前のラストマッチでスペツィアのGKバルトロミエ・ドラゴウスキが負傷した。 13日に行われたエラス・ヴェローナ戦に先発出場。しかし、38分にアクシデント。味方のバックパスがズレると、相手FWケビン・ラザーニャが猛然と追いかける。ボックスを飛び出てドラゴウスキがスライディングでクリアに入るが、ラザーニャが無理にボールを蹴りに行き脛と接触してしまう形に。ラザーニャは怒りを示したが、ドラゴウスキは悶絶。メディカルスタッフが飛び出し、担架を要求。すぐにプレー不可能な状況とわかった。 スタンドのファンだけでなく、チームメイトも重傷であることを察知し涙ぐむ選手も。呆然とする選手もいる中、担架で運び出されるドラゴウスキには両チームのファンから拍手が送られることとなった。 W杯を目前にした重傷。PZPNはドラゴウスキの重傷を報告すると共に、コペンハーゲンのGKカミル・グラバラの追加招集を発表した。 ポーランドはグループCに入り、22日にメキシコ代表戦、26日にサウジアラビア代表戦、30日にアルゼンチン代表戦を戦う予定だ。 ポーランド代表メンバーは以下の通り。 ◆ポーランド代表メンバー26名 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス/イタリア) ウカシュ・スコルプスキ(ボローニャ/イタリア) バルトロミエ・ドラゴウスキ(スペツィア/イタリア)★負傷離脱 カミル・グラバラ(コペンハーゲン)※追加招集 DF アルトゥール・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ) マテウシュ・ヴィエテスカ(クレルモン/フランス) ロベルト・グムニー(アウグスブルク/ドイツ) ヤクブ・キヴィオル(スペツィア/イタリア) カミル・グリク(ベネヴェント/イタリア) バルトシュ・ベレシュインスキ(サンプドリア/イタリア) ニコラ・ザレフスキ(ローマ/イタリア) マティ・キャッシュ(アストン・ビラ/イングランド) ヤン・ベドナレク(アストン・ビラ/イングランド) MF カミル・グロシツキ(ポゴニ・シュチェチン) ミハウ・スコラシュ(レフ・ポズナン) グジェゴシュ・クリホヴィアク(アル・シャバブ/サウジアラビア) ダミアン・シマンスキ(AEKアテネ/ギリシャ) セバスティアン・シマンスキ(フェイエノールト/オランダ) プルゼミスラフ・フランコフスキ(ランス/フランス) ヤクブ・カミンスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ) クリスティアン・ビエリク(バーミンガム/イングランド) シモン・ジュルコフスキ(フィオレンティーナ/イタリア) ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア) FW ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ) アルカディウシュ・ミリク(ユベントス/イタリア) クシシュトフ・ピョンテク(サレルニターナ/イタリア) カロル・シフィデルスキ(シャーロットFC/アメリカ) <span class="paragraph-title">【写真】負傷のドラゴウスキの復帰を願いユニフォーム掲げるチームメイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">DRAGO <a href="https://t.co/wgvjECrBxJ">pic.twitter.com/wgvjECrBxJ</a></p>&mdash; Spezia Calcio (@acspezia) <a href="https://twitter.com/acspezia/status/1591828375638884352?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】閲覧注意、相手と接触し即座に痛がるドラゴウスキ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">LESÃO FEIA E ADEUS COPA! oleiro da seleção polonesa e do Spezia, se deu MUITO MAL em uma dividida com Lasagna, do Hellas Verona. Ele teve que ser substituído e tudo indica que vai perder a competição no Qatar. <a href="https://t.co/MtCTNiXFfe">pic.twitter.com/MtCTNiXFfe</a></p>&mdash; TNT Sports BR (@TNTSportsBR) <a href="https://twitter.com/TNTSportsBR/status/1591818167042514944?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.14 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、スペツィアのポーランド代表キヴィオルに関心? 22歳の左利き万能DF

ミランがスペツィアのポーランド代表DFヤクブ・キヴィオル(22)に関心を寄せ始めたようだ。 キヴィオルは身長189cmの左利きディフェンダー。ベルギーの名門アンデルレヒトの下部組織で育ち、昨夏にスロバキアのジリナからスペツィアへ加入したという異色の経歴の持ち主だ。 今季はセンターバックを主戦場にここまでセリエA全13試合に出場しているものの、加入1年目の昨季はセントラルハーフとしての出場がほとんど。他には左サイドバックも対応可能で、そのユーティリティ性が魅力の1つと言える。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ミランのステファノ・ピオリ監督は最終ラインのテコ入れを急いでおらず、首脳陣らも現時点で選手側とは接触していないとのこと。ただ、昨季のスクデットを皮切りに、さらにチームを成長させていきたい考えがあり、来夏以降であれば獲得に動く可能性があるという。 2022.11.08 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

マルディーニSDの親心… ミランが息子にゴールを決められ「大喜びした」

ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏はスペツィア戦で息子のダニエル・マルディーニにゴールを決められて喜んでしまったようだ。 マルディーニSDの次男ダニエルは今夏にミランからスペツィアへとレンタル移籍し、5日に行われたセリエA第13節のミラン戦で加入後初スタメンのチャンスを掴み、59分にはまさかのゴールをゲット。サン・シーロ全体が異様な雰囲気に包まれた。 スタンドで試合を見守っていた父親のマルディーニSDはイタリア『スカイ』のインタビューでダニエルにゴールを決められた際の心境を告白。対戦相手とはいえ、やはり親心に勝るものはないようだ。 「普段はゴールを決めても決められても、できるだけ感情を動かさないようにしているし、(スペツィア戦も)同じように振る舞おうとした。だが、1人の父親として大喜びするしかできなかったね」 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ダニエルにとってこれがサン・シーロでの記念すべき初ゴール。サン・シーロでマルディーニ一族にゴールが生まれたのは父パオロの2008年3月30日以来、5333日ぶりに。実に14年ぶりとのことだ。 2022.11.08 16:41 Tue
twitterfacebook
thumb

D・マルディーニ被弾もミラン、ジルーの終盤弾でスペツィアに競り勝つ《セリエA》

ミランは5日、セリエA第13節でスペツィアをホームに迎え、2-1で競り勝った。 前節トリノに敗れて連勝が4で止まった3位ミラン(勝ち点26)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのザルツブルク戦ではジルーの活躍もあって快勝とし決勝トーナメント進出を決めた。そのミランはジルーがベンチスタートとなり、オリジがスタメンとなった。 16位スペツィア(勝ち点9)に対し、最前線にオリジ、2列目に右からメシアス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べたミランが立ち上がりから押し込むと、21分に先制する。 ベナセルの浮き球フィードをボックス左で受けたテオ・エルナンデスが胸トラップからボレーで蹴り込んだ。 先制後は受けに回りつつカウンターを狙ったミランが主導権を握る。そして追加タイムにはレオンのシュートがバーに直撃。追加点こそ奪えなかったが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、トナーリを投入したミランが前がかると、メシアス、オリジと立て続けに枠内シュートを浴びせていく。 しかし59分、スペツィアに追いつかれる。決められたのはミランからレンタル移籍中のD・マルディーニ。ボックス左でDF2人を突破して放ったコントロールシュートがゴール右に決まった。 65分にはトナーリの強烈なミドルシュートが決まって勝ち越したかに思われたミランだったが、VARの末にトモリにファウルがあったとしてゴールが取り消しに。 勝ち損ねたミランは3枚替えを敢行。ジルー、レビッチ、デ・ケテラエルを投入した。 終盤にかけて攻めあぐねていたミランだったが、89分に勝ち越し弾。ボックス手前右からトナーリの浮き球パスをジルーがジャンピングボレーで蹴り込んだ。 ユニフォームを脱いで2枚目のイエローカードを受けたジルーが退場となった中、ミランが2-1で逃げ切り。首位ナポリを6ポイント差で追走している。 2022.11.06 06:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly