スペツィア、イタリアーノ前監督の後任にチアゴ・モッタ氏を検討か

2021.07.04 21:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペツィアが、チアゴ・モッタ氏(38)の監督招へいを検討しているようだ。イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。

同クラブでは先日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督がフィオレンティーナの引き抜きに遭った。当時セリエBだった2019年に就任し、その1年目にクラブ史上初のセリエA昇格に導くと、昨季は15位でフィニッシュし残留を果たしていた。

新シーズンに向けて新監督探しを急ピッチで進めているところだが、複数の候補の中にチアゴ・モッタ氏も含まれているようだ。

2018年にパリ・サンジェルマンで現役を引退したチアゴ・モッタ氏は、同クラブのU-19で監督業をスタート。2019年10月からジェノアで指揮を執ったが、10試合で2勝3分け5敗という成績で、2カ月で解任されていた。

なお、戦術スタイルはイタリアーノ前監督の様に[4-3-3]を好むため、現状のメンバーにとって馴染みやすいメリットがあるようだ。

関連ニュース
thumb

格下スペツィアとのシーソーゲームを制したユベントスが初勝利《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第5節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。 ユベントスは3日前に行われた前節ミラン戦を1-1の引き分けに持ち込まれ、開幕から4戦勝利のない状況。そのユベントスはミラン戦のスタメンから5選手を変更。モラタやロカテッリ、クアドラードらがベンチスタートとなった。 1勝1分け2敗スタートのスペツィアに対し、ディバラとケアンの2トップで臨んだユベントスが徐々に押し込む流れとすると、28分に先制する。ラビオのヘディングでのパスを受けたケアンがペナルティーアーク右からゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ケアンに復帰後初弾が生まれたユベントスだったが33分、ヴェルデにGKシュチェスニーを強襲されるミドルシュートを打たれると、直後に失点する。ルーズボールを拾ったギャシにボックス左からカットインシュートを決められた。 追い付いかれたユベントスは前半終盤、ディバラが直接FKとミドルシュートでゴールに迫るも前半を1-1で終えた。 後半からアレックス・サンドロとロカテッリを投入したユベントスだったが、開始4分に逆転される。ロングカウンターを受けた流れからアンティストにボックス左へ侵入され、カットインシュートを決められた。 失点を受けてケアンに代えてモラタを投入したユベントスは66分、同点に追いつく。左サイド高い位置でキエーザがボールを奪取した流れから、モラタのシュートのルーズボールを拾ったキエーザがゴールへねじ込んだ。 そして72分、ユベントスが逆転する。左CKの流れからデ・リフトの左足ボレーがネットを揺らした。 終盤の85分、ゴール至近距離からマッジョーレに決定的なシュートを許したユベントスだったが、ここはGKシュチェスニーが凌ぎ、3-2で逃げ切り。ようやく今季のリーグ戦初勝利を挙げている。 2021.09.23 03:28 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、レイ・マナイがチアゴ・モッタ率いるスペツィアへレンタル

スペツィアは8月31日、バルセロナからアルバニア代表FWレイ・マナイ(24)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 バルセロナの発表によると、レンタル料が30万ユーロ(約3900万円)となり、買い取りオプションの金額は270万ユーロ(約3億5000万円)となる。 アルバニアで生まれ、11歳に頃に渡ったイタリアでキャリアを始めたマナイ。2015年にインテルに移籍するも、加入前に在籍していたクレモネーゼやペスカーラ、ピサなどへのレンタルを繰り返し、トップチームでの出番はほとんどなかった。 2017年からレンタル先をスペインに変更し、グラナダとアルバセテでプレー。そして、2020年1月にバルセロナBへの完全移籍が決定した。 今季からトップチームに登録され、ラ・リーガでも開幕3試合でベンチ入りしていたマナイだが、結局、トップチームデビューは叶わないまま、クラブを去ることになった。 なお、スペツィアは、元バルセロナのチアゴ・モッタ監督が今季から指揮官を務めている。 2021.09.01 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナのアルバニア代表FWレイ・マナイ、チアゴ・モッタ率いるスペツィア移籍へ

バルセロナ所属アルバニア代表FWレイ・マナイ(24)のスペツィア移籍が迫っているようだ。イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。 アルバニアで生まれ、11歳に頃に渡ったイタリアでキャリアを始めたレイ・マナイ。2015年にインテルに移籍するも、加入前に在籍していたクレモネーゼやペスカーラ、ピサなどへのレンタルを繰り返し、トップチームでの出番はほとんどなかった。 2017年からレンタル先をスペインに変更し、グラナダとアルバセテでプレー。そして2020年1月にバルセロナBへの完全移籍が決定した。 今季からトップチームに登録され、ラ・リーガでも開幕3試合でベンチ入りしていたレイ・マナイだが、結局、トップチームは叶わないまま、クラブを去ることになるようだ。 伝えられるところによると、マジョルカやラージョ・バジェカーノ、フライブルクも関心を示していた中、バルセロナが要求する300万ユーロ(約4億円)の移籍金を用意したスペツィアが争奪戦を制した模様。同クラブは、元バルセロナのチアゴ・モッタが今季から監督を務めている。 2021.08.31 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

2点差を追いつかれるも内容に満足のチアゴ・モッタ監督「選手たちはよくやってくれた」

スペツィアの指揮官であるチアゴ・モッタ監督は、ドローに終わったカリアリとのセリエA開幕戦の試合内容に満足しているようだ。 23日に行われたセリエA開幕節でカリアリと対戦したスペツィア。7分にエマニュエル・ギャシ、58分にDFシモーネ・バストーニのゴールで2点を先行するものの、相手のFWジョアン・ペドロに2得点を許し、2-2で試合終了となった。 今季から就任した38歳のイタリア人指揮官は、2点差を追いつかれながらも「勇気のあるチームを見た」と選手を称賛。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。 「難しい試合だったが、選手たちはよくやってくれたと思う」 「2-0になったときにはすべてが終わったように見えたが、サッカーは予測できないものだと知っている」 「最終的には、双方にとって当然の結果になった」 「私が見たのは勇気のあるチームだ。困難に直面しているにもかかわらず、最初から最後まで集中してゴールと勝利を目指していた」 「簡単なゲームではなかったが満足している。明日からはまた違った展開になるだろう」 2021.08.24 15:49 Tue
twitterfacebook
thumb

グジョンセンの息子、アイスランド代表FWアーロンがスペツィアからエルフスボリに完全移籍

スウェーデンのエルフスボリは14日、セリエAのスペツィアからアイスランド代表FWスヴェイン・アーロン・グジョンセン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年末までの3年半となる。 かつてチェルシーやバルセロナなどで活躍し、アイスランド代表のレジェンドであるエイドゥル・グジョンセンを父に持つアーロン・グジョンセンは、バルセロナの下部組織出身。2018年7月にスペツィアへと完全移籍した。 父と同じストライカーのアーロン・グジョンセンは、スペツィアでは24試合で3ゴール4アシスト。下部リーグのラヴェンナやノルウェーのオーデンセへのレンタル移籍を経験。チームはセリエAに所属も、プレーする機会はなかった。 なお、アイスランド代表としては4試合に出場している。 2021.08.16 10:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly