パトリックの2発で韓国王者に追いついたG大阪がグループ首位を堅守!《ACL2021》

2021.06.29 03:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021グループH第2節で全北現代(韓国)とウズベキスタンのロコモティフ・スタジアムで対戦し、2-2の引き分けに終わった。

初戦のタンピネス戦を2-0で勝利したG大阪は、その試合のスタメンから倉田と高尾を奥野とキム・ヨングォンに変更。前線はパトリックを最前線に宇佐美、矢島が2シャドーに入り、3バックは三浦、昌子、キム・ヨングォンが並んだ。

グループ首位を争う一戦となったがG大阪は開始早々に失点を許す。2分、GKイ・ボムヨンのロングフィードを昌子が競り合うが、こぼれ球をバイタルエリアで拾ったイ・スンギがボックス左で展開。これ受けたハン・ギョウォンのラストパスをイルチェンコがゴール左隅に流し込んだ。

先制を許したG大阪は8分、右CKのクリアミスをゴール前で反応した矢島が右足で押し込むが、これはGKイ・ボムヨンのファインセーブに阻まれた。
チャンスを逃したG大阪は、17分に再び失点を喫する。ボックス手前でパスを受けたイルチェンコが放ったミドルシュートは昌子がブロックしたが、こぼれ球を拾った邦本が素早く左足を振り抜くと、井手口にディフレクトしたボールがゴール左に吸い込まれた。

リードを広げられたG大阪だったが、ここから反撃に転じる。すると27分、キム・ヨングォンのスルーパスで左サイドを抜け出した藤春のダイレクトクロスをパトリックがヘディングで叩き込んだ。

1点を返し勢いづくG大阪は、31分にも左サイドでボールを受けた対角線にロングパスを送るとボックス右に抜け出した矢島のダイレクトクロスをゴール前のパトリックが流し込み、試合を振り出しに戻した。

同点で迎えた後半、G大阪は50分にアクシデント。左もも裏を痛めた藤春がピッチに座り込むと、そのまま担架に乗せられピッチを後にし、代わりに黒川が投入された。

一進一退の展開が続く中、G大阪は68分にパトリックと矢島を下げてレアンドロ・ペレイラと倉田を投入。しかし、連戦の疲れからか、両チーム共にピリッとしない試合は停滞。

G大阪は後半アディショナルタイムに宇佐美と井手口を下げてウェリントン・シルバと小野をピッチに送り出したが、最後までゴールに迫ることはなく、タイムアップ。2-2の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合う形となった。

また、同日に行われたグループH第2節もう一試合のチェンライ・ユナイテッド(タイ)vsタンピネス(シンガポール)は、1-0でチェンライ・ユナイテッドが勝利している。

◆グループH順位表 (6/29時点)
1.G大阪 4(1/1/0/2)
2.全北現代 4(1/1/0/1)
3.チェンライ・ユナイテッド 3(1/0/1/0)
4.タンピネス 0(0/0/2/-3)

関連ニュース
thumb

FIFAがアル・ヒラルへの懲戒処分の手続きを開始? ジョビンコとの早期契約解消に違反の疑い…

国際サッカー連盟(FIFA)とサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)が26日に、アル・ヒラルに対する懲戒処分の手続きを開始するようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 今回、FIFAとSAFFが問題視しているのは、アル・ヒラルが先月20日に元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(34)との契約を解消した一件。 2019年1月にMLSのトロントFCからアル・ヒラルへ加入したジョビンコは、3シーズンで公式戦83試合に出場。2度のリーグ優勝や国内カップ優勝に加え、2019年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇。浦和レッズとの対戦となった決勝では、2ndレグで1アシストを記録した。 しかし、アル・ヒラルは今夏にWBAから獲得したブラジル人FWマテウス・ペレイラ(25)をACLの登録メンバーに入れるため、ジョビンコに対して契約を早期終了させることを強いた疑惑があるという。 スキラ氏によると、今回FIFAとSAFFの調査によって、何らかの違反が確認された場合、アル・ヒラルは準々決勝に進出している今シーズンのACLから除外される可能性もあるとのことだ。 公式『ツイッター』のフォロワーが17万5000人以上いるなど、イタリア国内を中心に信頼に足るジャーナリストとして知られるスキラ氏だが、今回の報道に関してはその他のメディアが取り扱っていないこともあり、その信憑性をしっかりと見極める必要があるかもしれない。 2021.09.23 00:47 Thu
twitterfacebook
thumb

そもそもACLで9月に負けるってそのあとリーグ戦に集中できるからいいんじゃね!? の巻/倉井史也のJリーグ

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)見てて思うのって、やっぱり開催国って強そうじゃないですか。だってベスト4に韓国のチームが3つ残ってるんだから。しかも準決勝までも韓国開催。ここは名古屋にぜひがんばってほしい!! 名古屋には取材対応すごく親切にしてもらった記憶もあるから、より一層がんばってほしい!! と思います!! で、ちょっと気になってるんですよ。ACLって日程的にすごく大変じゃないですか。もしかして負けたらリーグ戦に集中できて、優勝に近づくんじゃないの? ってことで、まずはACLの決勝トーナメントで敗退したチームといつ負けたかを調べてみたよ。ちなみに2008年までは出場チーム数が32チームより少なかったので、データは2009年からですよん。ちなみに2021年からグループリーグ出場チームは40チームなのでした。あ、あと2020年はご存じのとおり日程グチャグチャだったので除外してます。 すると、 【2019年決勝トーナメント進出】 広島(ベスト16・6/25) 鹿島(ベスト8・9/18) 浦和(優勝) 【2018年決勝トーナメント進出】 鹿島(優勝) 【2017年決勝トーナメント進出】 鹿島(ベスト16・5/30) 川崎(ベスト8・9/13) 浦和(優勝) 【2016年決勝トーナメント進出】 FC東京(ベスト16・5/24) 浦和(ベスト16・5/25) 【2015年決勝トーナメント進出】 柏(ベスト8・9/15) G大阪(ベスト4・10/21) 【2014年決勝トーナメント進出】 C大阪(ベスト16・5/13) 川崎(ベスト16・5/14) 広島(ベスト16・5/14) 【2013年決勝トーナメント進出】 柏(ベスト4・10/2) 【2012年決勝トーナメント進出】 名古屋(ベスト16・5/29) 柏(ベスト16・5/30) FC東京(ベスト16・5/30) 【2011年決勝トーナメント進出】 G大阪(ベスト16・5/24) 鹿島(ベスト16・5/25) 名古屋(ベスト16・5/25) C大阪(ベスト8・9/27) 【2010年決勝トーナメント進出】 G大阪(ベスト16・5/11) 鹿島(ベスト16・5/12) 【2009年決勝トーナメント進出】 G大阪(ベスト16・6/24) 鹿島(ベスト16・6/24) 川崎(ベスト8・9/30) 名古屋(ベスト4・10/28) ってことで、今年と同じ9月に敗退したチームはどうなったか見てみましょ。対象は 【2019年】 鹿島(ベスト8・9/18) 敗退(26節)まで勝点51・平均1.96 敗退後勝点12・平均1.5 【2017年】 川崎(ベスト8・9/13) 敗退(25節)まで勝点49・平均1.96 敗退後勝点23・平均2.56 【2015年】 柏(ベスト8・9/15) 敗退前(2ndステージ10節)まで勝点19・平均1.90 敗退後勝点8・平均1.14 【2011年】 C大阪(ベスト8・9/27) 敗退前(27節)まで勝点36・平均1.33 敗退後勝点7・平均0.88 【2009年】 川崎(ベスト8・9/30) 敗退前(27節)まで勝点43・平均1.59 敗退後勝点21・平均2.63 おっと、鹿島、柏、C大阪が敗退後に調子を崩したのに対し、過去の川崎は敗退後にやたらと上昇!! うーん、またも川崎有利っていう数字が出たか……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.09.18 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ACL準決勝の組み合わせ決定、名古屋はC大阪を下した浦項と対戦!《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会を実施。準々決勝以降の組み合わせが決定した。 すでにベスト8が出揃っているACL。Jリーグ勢では川崎フロンターレとセレッソ大阪がラウンド16で敗退となり、名古屋グランパスのみが勝ち残っている状況だ。 その名古屋は、準々決勝でC大阪を下した浦項スティーラーズ(韓国)と対戦。東地区のもう1カードは全北現代モータースvs蔚山現代の韓国勢の対戦となった。 また西地区は、UAEのアル・ワフダとサウジアラビアのアル・ナスル、イランのペルセポリスとサウジアラビアのアル・ヒラルが対戦する。 なお、東地区の準々決勝と準決勝は韓国で行われて準々決勝が10月17日、準決勝が10月20日に開催。西地区の準々決勝と準決勝はサウジアラビアで行われ、準々決勝は10月16日、準決勝は10月19日に行われる。 また、決勝は11月23日にサウジアラビアで行われる。 ◆ACL2021準々決勝 ▽10月16日 アル・ワフダ(UAE) vs アル・ナスル(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽10月17日 全北現代モータース(韓国) vs 蔚山現代(韓国) 浦項スティーラーズ(韓国) vs 名古屋グランパス(日本) 2021.09.17 17:21 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ勢は名古屋のみ勝ち上がり、韓国3クラブがベスト8に残る《ACL2021》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のベスト8チームが決定した。 東地区では14日に名古屋グランパスが大邱FC(韓国)を4-2で下してベスト8入りを果たした一方で、川崎フロンターレは蔚山現代(韓国)を相手にゴールレスで120分間を終了。PK戦の末に敗れていた。 また、15日にも2試合が行われ、セレッソ大阪は浦項スティーラーズ(韓国)と対戦し、0-1で敗れ敗退。もう1試合は、全北現代モータース(韓国)がパトゥム・ユナイテッド(タイ)と対戦し、1-1で120分間を終了。PK戦の末に下した。 この結果、東地区のベスト8は日本の1チームと韓国の3チームが勝ち上がることとなった。 また西地区では、エステグラル(イラン)を2-0で下したアル・ヒラル(サウジアラビア)、トラーク・トゥール(イラン)を1-0で下したアル・ナスル(サウジアラビア)、イスティクロル(タジキスタン)を1-0で下したペルセポリス(イラン)、シャールジャ(UAE)をPK戦で下したアル・ワフダ(UAE)が勝ち上がっている。 準々決勝の組み合わせは17日に抽選会が行われ決定する。 ◆東地区 名古屋グランパス(日本) 蔚山現代(韓国) 浦項スティーラーズ(韓国) 全北現代モータース(韓国) ◆西地区 アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ナスル(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) アル・ワフダ(UAE) 2021.09.15 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪、浦項の前に敗れベスト16敗退…日本勢は名古屋のみに《ACL2021》

15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のセレッソ大阪vs浦項スティーラーズが行われ、0-1で浦項が勝利を収めた。 レヴィ・クルピ監督の下、グループステージでは無敗で首位通過を果たしたC大阪。今夏10年ぶりに復帰したMF乾貴士が先発出場。11年ぶりのベスト8進出を懸けて臨んだ。 対する浦項は名古屋グランパスと同居。2位通過でベスト16に進出している。2014年のACLではグループステージした両者。当時は浦項の1勝1分けだったが、C大阪は初めて勝てるだろうか。 立ち上がりからアグレッシブに試合に入ったのは浦項。強度の強いプレスト切り替えの早いサッカーを見せる。 C大阪はビルドアップを試みるが、なかなか上手くボールを回せず。アダム・タガートにも良いボールがなかなか入らない。 そんな中徐々に浦項がペースを握り、C大阪が受けるような展開に。すると14分、左サイドを仕掛けると、クヴェシッチのパスを最後はシン・ジンホがボックス手前から強烈なシュート。しかし、これはなんとかブロックする。 すると25分、浦項はシン・ジンホが右CKを得るとクロスをニアサイドでチョン・ミングァンがフリック。丸橋祐介がクリアに行くも、イ・スンモが先に触り、浦項が先制する。 先制を許したC大阪だったが、28分に左サイドから展開すると、乾からのパスを受け右サイドがオーバーラップした松田がボックス内で受け、そのままシュート。しかし、GKがセーブ。これの流れから最後は松田がボックス手前からクロスを送ると、アダム・タガートがヘッド。しかし、右ポストに嫌われる。 浦項は1点をリードして迎えた後半。浦項は変わらずにプレスをかけていく。一方で、C大阪は後方ではボールを回せるものの、前線には良いボールを供給できず。攻撃がうまく完結しない。 それでも61分にはC大阪がビッグチャンス。ボックス内でこぼれ球を藤田が拾うと、フリーでシュート。しかし、タイミングが遅れたことでシュートはブロックされてしまい、決定機を生かせない。 そのC大阪だが、64分には大ピンチ。GKからのロングフィードが裏に抜けると、GKキム・ジンヒョンがボックスを飛び出しクリア。しかし、これが相手に渡ってしまうと、最後はイ・スンモがボックス手前から無人のゴールへシュート。ゴールかと思われたが、鳥海がなんとか身体を張ってブロックし、得点を許さない。 攻撃が上手くいかないC大阪は、アダム・タガート、奥埜博亮を下げて、西川潤と加藤陸次樹を投入。75分には、原川力を下げて大久保嘉人を入れる。 なかなか前線でアグレッシブなプレーが出なかったが、大久保の投入で活性化。78分にはボックス手前右から大久保がクロスを入れると、加藤がダイビングヘッド。しかし、これは枠を外れる。 89分にはビッグチャンス。右サイドを仕掛けると中島がボックス手前からクロスも相手がクリア。こぼれ球を拾って繋ぐと、右サイドから松田がクロス。これをボックス中央で相手がクリアするも、ボールはゴールへ。しかし、枠をわずかに外れる。 さらに、その流れからの左CKから乾がニアサイドへボールを送ると、相手のクリアミスを鳥海が詰めたが、これも枠には飛ばない。 終盤にかけてなんとか攻め手を見出すと、アディショナルタイム3分にはボックス内でキープした西川が反転して得意の左足でシュートも、枠を外しタイムアップ。最後までゴールは遠く、C大阪は0-1で敗れ、ベスト16で敗退した。 14日には名古屋グランパスが大邱FCを4-2で下したものの、川崎フロンターレは蔚山現代にPK戦で敗れ、日本勢は名古屋のみとなった。 セレッソ大阪 0-1 浦項スティーラーズ 【浦項】 イ・スンモ(前25) 2021.09.15 20:12 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly