オーストラリア代表MFレッキー、ヘルタ退団で母国メルボルン・シティに加入

2021.06.06 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンとの契約が満了となったオーストラリア代表MFマシュー・レッキー(30)が母国メルボルン・シティに加入することが決まった。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。レッキーは2011年夏、アデレード・ユナイテッドからボルシアMGに移籍。ドイツでキャリアを積み、フランクフルト、インゴルシュタットを経て、2017年夏にヘルタ・ベルリンに移籍していた。

ヘルタでは公式戦74試合の出場で8ゴール6アシストを記録。今季はリーグ戦17試合(うち先発は5試合)に出場していた。
関連ニュース
thumb

9カ月半ぶりのピッチ…ファン・ダイクが感謝のメッセージ「285日前、プレーに戻るための旅をスタートさせた」

大ケガからカムバックを果たし、ついに実戦に戻ったリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、感謝の気持ちを綴った。 リバプールは29日、ヘルタ・ベルチンとのプレシーズンマッチを行った。 試合は南野拓実がゴールを決めるなどした中、ヘルタ・ベルリンに新加入したモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチが2ゴールの活躍を見せ、4-3でヘルタが勝利していた。 この試合の残り20分、リバプールのピッチサイドには2人の交代選手が。それはファン・ダイク、そしてイングランド代表DFジョー・ゴメスとケガで離脱していた2人だった。 ファン・ダイクは、2020年10月17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦で右ヒザを負傷。前十字じん帯の損傷と診断され手術。シーズンを棒に振っていた。また、オランダ代表として出場が期待されていたユーロ2020も諦めることに。新シーズンのリバプールでのプレーに照準を合わせることを発表していた。 懸命のリハビリを続けてきたファン・ダイクは、プレシーズンのトレーニングキャンプにも参加。しっかりとメニューをこなし、復帰も近いとされてきた中、9カ月半ぶりに試合のピッチに立つこととなった。 ファン・ダイクは自身のツイッターで復帰を受けてコメント。周囲への感謝の気持ちを伝えた。 「285日前、僕はプレーに戻るための旅をスタートさせた。自分の気持ちを表現するのは難しいけど、多くの素晴らしい人々のサポートを受けられ、恵まれていたと伝えることが重要だ」 「ドクター、フィジオセラピスト、監督、スタッフは最初から僕のそばにいてくれた。僕にエネルギーを与え、僕が顔を下げないように支え続けてくれたチームメイト。ファンの愛情、サポート、そして励ましの言葉」 「そして何よりも僕の家族。彼らがいなければ何もできなかった。ありがとう」 「仕事はもう止まらない。まだ始まったばかりだ。僕たちは進み続ける」 <span class="paragraph-title">【動画】感動の瞬間!ファン・ダイクがピッチに戻る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">After months of hard work together, back on the pitch together <br><br>A fitting moment <a href="https://t.co/l6WleegrRQ">pic.twitter.com/l6WleegrRQ</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1420840519647866881?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.30 09:52 Fri
twitterfacebook
thumb

南野弾で一時同点もヘルタ・ベルリンに競り負けたリバプールがPSM初黒星…

リバプールは29日、プレシーズンマッチ(PSM)でヘルタ・ベルリンと対戦し3-4で敗戦した。南野は前半のみプレー。42分にゴールを記録した。 2試合目のプレシーズンマッチとなるリバプールは、[4-3-3]のフォーメーションを軸に、GKはケレハー、4バックはアレクサンダー=アーノルド、マティプ、イブラヒマ・コナテ、ツィミカスが並び、アンカーにミルナー、インサイドハーフにN・ケイタとエリオットを配置し、サラー、南野、マネの3トップという布陣を組んだ。 立ち上がりは一進一退の展開となる中、リバプールが先に決定機を迎える。16分、サラーの右クロスをファーサイドのマネがヘディングシュートを叩きつけたが、シュートはGKシュウォローの好守に阻まれた。 すると21分、リバプールはセットプレーから失点を許す。右サイドでツィミカスがルケバキオを倒すと、これで獲得したFKからプラッテンハールトがクロスを供給。ファーサイドに走り込んだアスカシバルがすべり込みながらボールをゴールに押し込んだ。 しかし、ここでヘルタにアクシデント。シュートの際にGKケレハーと接触したアスカシバルが側頭部を蹴られ、治療を受けるもプレー続行不可能となり、25分にダリダが緊急投入された。 反撃に出たいリバプールだったが、再びスコアを動かしたのはヘルタだった。31分、サイドチェンジをボックス右横で受けたルケバキオがボックス内に走り込んだセルダーへパス。少し持ち上がったセルダーは角度のないところから右足を振り抜くと、このシュートが左サイドネットに突き刺さった。 10分で2失点を喫したリバプールだったが、37分に反撃。左サイドをオーバーラップしたツィミカスの折り返しからマネがシュート。一度は相手DFにブロックされたが、こぼれ球に素早く反応したマネが2度目のシュートでゴールネットを揺らした。 1点を返し勢いづくリバプールは、42分にも敵陣でボールを奪ったN・ケイタのスルーパスをゴールエリア左横で受けたサラーがヒールパスで折り返すと、最後は走り込んだ南野がゴールに流し込んだ。 同点で迎えた後半、南野やコナテ、マティプらを下げてチェンバレンやロバートソンらを投入リバプールは、立ち上がりから攻勢を強める。すると55分、右サイドで獲得したFKからアーノルドがクロスを上げると、マネがヘディングシュートで合わせたが、シュートは相手GKが足で弾き出した。 その後も互いに選手交代を行っていく中で膠着状態が続いたが、リバプールは66分に失点を許す。右サイド深い位置まで持ち上がったルケバキオの右クロスがヨベティッチがヘディングシュートをゴール右に突き刺した。 失点したリバプールは69分、フィリップスを下げて右ヒザの前十字靭帯損傷から復帰したファン・ダイクを投入。しかし、80分にはファン・ダイクを振り切ったヨベティッチにこの試合2点目を決められ、万事休す。 リバプールは88分にチェンバレンのゴールで1点を返したが、反撃はここまで。3-4でリバプールがプレシーズンマッチ初黒星を喫した。 ヘルタ・ベルリン 4-3 リバプール 【ヘルタ・ベルリン】 アスカシバル(前21) セルダー(前31) ヨベティッチ(後21,後35) 【リバプール】 マネ(前37) 南野拓実(前42) チェンバレン(後43) 2021.07.30 05:20 Fri
twitterfacebook
thumb

フリーのヨベティッチがドイツ初挑戦! ヘルタと延長OP付きの2年契約を締結

ヘルタ・ベルリンは27日、モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(31)の獲得を発表した。1年延長オプションが付随した2023年までの契約で加入となる。 パルチザン・ベオグラードでプロデビュー後、フィオレンティーナでの活躍からマンチェスター・シティにステップアップしたものの、鳴かず飛ばずに終わり、インテルやセビージャを渡り歩いたヨベティッチ。2017年8月にモナコ入りした。 だが、初年度からケガがつきまとい、2019年4月に左ヒザの前十字じん帯を断裂。加入後初めてほぼフル稼働の昨季はチームのリーグ・アン3位フィニッシュによるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に寄与したが、4年契約の満了で退団した。 セリエA復帰の噂もあったなかで、フリートランスファーでヘルタ入りを選択したヨベティッチ。クラブを通じて、新天地でのプレーに心を躍らせた。 「ヘルタの経営陣、特に(マネージングディレクターの)フレディ・ボビッチ氏とは非常に良い話をして、最初の1分でベルリンでの仕事に興味が湧いた。今はクラブや街、チームの新たな仲間たち、そしてブンデスリーガがすごく楽しみだ」 なお、ヨベティッチはこれまで母国を除けば、イタリア、イングランド、スペイン、フランスでプレー。ドイツは初挑戦となり、これで欧州5大リーグのすべてを渡り歩いたことになる。 2021.07.27 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのヨベティッチ、3年契約でヘルタ・ベルリンへ

モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(31)の新天地はヘルタ・ベルリンになる模様だ。 パルチザン・ベオグラードでプロデビュー後、フィオレンティーナでの活躍からマンチェスター・シティにステップアップしたものの、鳴かず飛ばずに終わり、インテルやセビージャを渡り歩いたヨベティッチ。2017年8月にモナコ入りした。 だが、2019年4月に左ヒザの前十字じん帯を断裂して、全治8カ月の戦線離脱。加入後初めてほぼフル稼働の昨季はチームのリーグ・アン3位フィニッシュによるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に寄与したが、4年契約の満了で退団した。 そんなモンテネグロ人フィニッシャーの新たな活躍先はドイツに。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、今夏にラツィオやフィオレンティーナ復帰の憶測も取り沙汰されたが、ヘルタ・ベルリンと3年契約を結んだという。 なお、ヨベティッチはモナコ在籍3年間で公式戦77試合の出場で21得点5アシストをマーク。昨季は公式戦33試合の出場で7得点1アシストの数字を残した。 2021.07.27 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタFWコルドバ、クラスノダールに完全移籍

FCクラスノダールは23日、ヘルタ・ベルリンのコロンビア人FWジョン・コルドバ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間となっている。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は2000万ユーロ(約26億円)とのことだ。 マインツやケルンで活躍し、2020年夏にヘルタに1500万ユーロの移籍金で加入したストライカーのコルドバは、昨季ブンデスリーガ21試合に出場して7ゴールを記録。キャリア通算ではブンデスリーガ119試合の出場で30ゴール13アシストを記録していた。 2021.07.23 23:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly