チアゴが語る自身とサッカーのつながり「ブラジルとスペインのサッカーは僕に大きな影響を与えた」

2021.06.03 17:44 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、自身とサッカーの深いつながりについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。チアゴは今シーズン加入したリバプールで負傷もあり苦しい時期を送ったものの、終盤にかけて本来のパフォーマンスを発揮。公式戦30試合に出場しており、チームの3位フィニッシュやチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8に貢献した。

こうした活躍を受け、チアゴは今月から開幕するユーロ2020に向けたスペイン代表メンバーにも招集されている。

ユーロ本大会に向けたアディダスのイベントに参加した際、チアゴは自身のプレースタイルを確立するに至った経緯に言及。生まれ育った2つの国の影響を強く受けていると明かした。

「今日、僕が選手としてボールとつながっていられるのは、子供の頃にボールと一緒に寝て、ボールと一緒に食べ、ボールとの絆を作ったからだと思う。サッカーは違いを受け入れ、僕たちに帰属意識を与えてくれるね」

「サッカーファミリーで育てば、自然とサッカーが好きになるものさ。ブラジルとスペインのサッカーは、幼い頃から僕に大きな影響を与えてきたよ。ブラジルサッカーの喜びや遊び心、スペインサッカーの品質、秩序、競争がね。特にスペインでは、今のサッカーに浸透している強さとスキルのミックスを見つけられた。結局のところ僕たちは、自分が経験したこと、一緒に育った人に影響されるんだ」

また、チアゴはブラジル出身ではあるものの、幼少時代から生活してきたスペインへの愛着について言及。自分を受け入れてくれた国へ恩返しができることは、非常に名誉だと語った。

「スペインは多文化の国であり、誰にでも手を差し伸べてくれた。スペインを代表するということは、子供の頃に僕を受け入れてくれた国を代表するということになる。そこで僕は成長して、よりサッカーを発展させることができている。これはとても名誉なことなんだ」
関連ニュース
thumb

浦和のR・ロドリゲス監督が母国紙で日本vsスペインを展望! 「スペインの方がやや有利だが…」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、3日に行われる東京オリンピックの男子サッカー準決勝、U-24日本代表vsU-24スペイン代表について展望を語った。 大会前のフレンドリーマッチでは1-1の引き分けに終わった両者。日本は史上初、対するスペインは2000年のシドニーオリンピック以来21年ぶりの決勝進出を目指し、再び相まみえる。 スペイン『アス』のインタビューに答えたリカルド・ロドリゲス監督は、拮抗した試合になると予想した上で、スペインがやや優勢だとコメント。しかし、過去最高レベルの選手が揃った日本にも勝つ可能性はあると言及した。 「互角の戦いになるだろう。スペインの方がやや有利だが、日本はスペインを退けて決勝戦に進出する歴史的なチャンスと捉えている。住んでいてそれを日々感じるよ」 「彼らはスペインと戦ったことがあるので、勝つことは可能だと思っている。歴史の中でもトップレベルの選手が揃った最高のチームだと感じているはずだ」 「それに、遠藤、酒井、吉田という3人のオーバーエイジの選手がチームにプラス要素をもたらした。そのおかげで若い選手たちがより頼もしい存在になったね」 「歴史的なチャンスに直面しているが、自分たちが劣っているとは考えていないだろう。決勝に行くチャンスはあると思っているはずだ。ホームで戦い、日本中からのサポートを受けているしね」 また、今回の日本代表の強みを分析。浦和に加入した酒井宏樹らによって構成されるDFラインに言及しつつ、2列目の選手が違いを見せてくれると答えた。 「日本はディフェンス面が強みだ。とても信頼できる」 「マルセイユから獲得した酒井は今私の選手であり、アジアのチームが最も苦手とする守備の局面に安定をもたらしているね」 「そして前線では、3人のMFが違いを見せてくれる。特に堂安と久保のコンビは別格だ」 「さらに、縦に速い前田によって相手を驚かせることもできる。監督としての意見だがね」 2021.08.03 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の市場価値はスペインの7分の1…22人の合計がペドリ1人にも及ばない!?

3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が開催。53年ぶりのメダル獲得に向けて、U-24日本代表が優勝候補のU-24スペイン代表と対戦する。 東京五輪本大会前にフレンドリーマッチで対戦している両者。その際には1-1の引き分けに終わっていた。 日本としては初の決勝進出を懸けた重要な一戦。勝てばメダルが確定する重要な一戦だが、それはスペインにとっても同じだ。 海外組が圧倒的に増えた今回のU-24日本代表だが、スペインはユーロ2020に出場したメンバーが6名もいるなど、世代の実力者をしっかりと揃えて挑んできている。 大一番を前に両チームを比較。『Transfermarkt』市場価値でチームを比較してみた。 <span class="paragraph-title">◆最高額は4倍の差</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> あくまでも市場価値での比較であり、選手たちの能力を数値化したものではない。ただ市場価値とはサッカー界でのひとつの指標としてよく使われるものだ。 スペインの最高額は18歳ながらA代表にも定着しユーロ2020でもプレー。バルセロナでも司令塔として活躍するペドリだ。 その市場価値は8000万ユーロ(約103億7400万円)。現役選手の中でも16番目という高さだ。同じ評価額なのは、マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンやアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスらがいる。 一方で日本の最高額はDF冨安健洋(ボローニャ)だ。今夏はトッテナムへの移籍が噂されており、イタリア国内でも評価高い。その冨安だが、市場価値では2000万ユーロ(約26億円)であり、ペドリの4分の1という状況だ。 <span class="paragraph-title">◆スペインが圧倒的</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> では冨安の2000万ユーロ以上の選手がスペインには一体何人いるのか。 2番目に高いのはレアル・ソシエダのFWミケル・オヤルサバルで7000万ユーロ(約90億7600万円)、3番目はRBライプツィヒのダニ・オルモで5000万ユーロ(約64億8300万円)だ。 冨安と同じ2000万ユーロの評価となっているのは4名、それまでに9名の選手がいる状況であり、いかに実力者が揃っているかがわかるだろう。 なお、日本の2番目はMF久保建英(レアル・マドリー)で1500万ユーロ(約19億5000万円)、3位が遠藤航で1000万ユーロ(約13億円)となっている。 両チームの合計で比較するとスペインは5億6300万ユーロ(約730億円)、日本は7775万ユーロ(約100億8300万円)となり、7分の1に。22人の合計がペドリ1人よりも低いという結果となった。 <span class="paragraph-title">◆金額勝負ではないが…</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> これだけを見ると圧倒的にスペインが上にいる状況。最初に記した通り、選手の実力を表すものではないが、明らかに日本の方が評価されている実力が低いということになる。 戦っている舞台がヨーロッパであってもビッグクラブに所属している選手は少なく、同じ土俵でも評価が高くないという状況もある。 つまり、日本としては持っている力を全て出すだけでなく、それ以上の力をしっかり出さなければ、勝てる相手ではないということだろう。 東京オリンピックが終われば、世代での制限がない舞台で戦わなければいけなくなる選手たち。より価値を高めるためには実力をつけるしかないだけに、ここでしっかりと評価を上げていけるか。それが金メダル獲得に繋がるはずだ。 <span class="paragraph-title">◆全44選手の市場価値</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPQ2lSVUtvMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【スペイン代表】 市場価値:5億6300万ユーロ(約730億円) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GKウナイ・シモン(24):2000万ユーロ GKアルバロ・フェルナンデス(23):400万ユーロ GKアレックス・ドミンゲス(23):250万ユーロ DFオスカル・ミンゲサ(22):1500万ユーロ DFパウ・トーレス(24):5000万ユーロ DFヘスス・バジェホ(24):500万ユーロ DFエリック・ガルシア(20):2000万ユーロ DFオスカル・ヒル(23):250万ユーロ DFフアン・ミランダ(21):700万ユーロ MFマルク・ククレジャ(23):2000万ユーロ MFマルティン・スビメンディ(22):2000万ユーロ MFミケル・メリノ(25):4000万ユーロ MFダニ・セバージョス(24):2700万ユーロ MFカルロス・ソレール(24):4000万ユーロ MFホン・モンカジョラ(23):700万ユーロ MFペドリ(18):8000万ユーロ MFダニ・オルモ(23):2700万ユーロ FWマルコ・アセンシオ(25):3500万ユーロ FWラファ・ミル(24):1200万ユーロ FWミケル・オヤルサバル(24):7000万ユーロ FWハビ・プアド(23):600万ユーロ FWブライアン・ヒル(20):3000万ユーロ 【日本代表】 市場価値:7775万ユーロ(約100億8300万円) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK大迫敬介(22):95万ユーロ GK谷晃生(20):60万ユーロ GK鈴木彩艶(18):30万ユーロ DF酒井宏樹(31):400万ユーロ DF中山雄太(24):80万ユーロ DF板倉滉(24):350万ユーロ DF吉田麻也(32):320万ユーロ DF旗手怜央(23):80万ユーロ DF冨安健洋(22):2000万ユーロ DF橋岡大樹(22):100万ユーロ DF町田浩樹(23):85万ユーロ DF瀬古歩夢(21):80万ユーロ MF遠藤航(28):1000万ユーロ MF久保建英(20):1500万ユーロ MF三好康児(24):200万ユーロ MF堂安律(23):700万ユーロ MF三笘薫(24):180万ユーロ MF相馬勇紀(24):80万ユーロ MF田中碧(22):170万ユーロ FW前田大然(24):110万ユーロ FW上田綺世(22):90万ユーロ FW林大地(24):65万ユーロ 2021.08.03 12:42 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン五輪代表アセンシオ「タケは素晴らしい選手」 日本との準決に意気込み

U-24スペイン代表でオーバーエイジとしてプレーするFWマルコ・アセンシオが同じくレアル・マドリーに籍を置くU-24日本代表MF久保建英を警戒した。スペイン『マルカ』が報じている。 東京オリンピック男子サッカーに参戦中のスペインはグループDを苦しみながらも首位突破すると、準々決勝でU-24コートジボワール代表との延長戦にもつれ込む激戦を制して、ベスト4入り。自国開催だった1992年のバルセロナ大会以来となる金メダルにまた一歩前進した。 そんな今大会屈指のタレント軍団が次の準決勝でぶつかるのは今大会前のフレンドリーマッチでも顔を合わせ、2012年のロンドン大会以来となる4強入りを果たしたホスト国の日本。3日に決勝進出をかけて、埼玉スタジアム2002を舞台に相対する。 ここまで4試合に出場して1アシストの数字を残すアセンシオは日本との試合に先駆けた会見に出席すると、「すごく良い感じだ。初戦から全員が成長して、気持ちも楽になり、フレンドリーマッチのときよりも良い感じで試合に挑めている」とチーム状態の良さを口にした。 そのなかで、今大会のここまで3ゴールと活躍する久保にも触れ、「タケは素晴らしい選手で、今大会をすごく良いものにしている。彼にとっても、日本にとっても、良い大会になっているよね」と印象を語ると、タフなゲーム展開を予想しつつ、ファイナル進出に闘志を燃やした。 「彼らはすごく活気のあるチームで、彼も重要な選手。難しい戦いになるだろうね。彼をできるだけ消して、勝ちたい」 また、東京で行われているオリンピックについて「楽しめているよ。素晴らしいチームメイトもいるしね。人間的にも、選手とコーチングスタッフによって、素晴らしいチームが築かれている。そうじゃないと、1カ月も集中し難いよね」とも話している。 2021.08.02 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

日本と激突のスペイン、指揮官は自信見せる 「このチームに限界ない」

U-24スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督がU-24日本代表戦に向けて自信を見せた。スペイン『マルカ』が伝えている。 3日に行われる東京オリンピックの男子サッカー準決勝で対戦する両者。スペインは2000年のシドニーオリンピック以来21年ぶり、対する日本は史上初の決勝進出を目指し、相まみえる。 試合を前に、デ・ラ・フエンテ監督は「このような重要な試合に臨むことを楽しみにしているし、非常に手強い相手であることを意識して、準決勝も戦う。こういった経験、試合を待ち望んでいる」と、モチベーションの高さを強調した。 また、同じカードで行われ、1-1と引き分けた大会前のフレンドリーマッチについても言及。現在の方がコンディションは良いことから、参考にはならないと話した。 「日本に到着して最初に臨んだ試合と、共通点はほとんどないと思う。一緒にプレーしたことのある選手たちがほとんどいなかったことで、一人ひとりの仕事が難しくなっていた」 「また、体調も最適ではなかったが、試合を重ねるごとに改善されてきた。日本のような素晴らしいチームを倒すために、より良い自分たちを見せたいと思う」 さらに、「我々はとても幸せで、明日もまた一歩前進することを望んでいる。このチームに限界はない。素晴らしいチームだし、今までのように最大限の力を発揮して戦うことができる。日本のような厳しい相手に打ち勝つためには、自分たちのベストを出したい」ともコメント。決勝進出に向けて大きな自信を見せた。 2021.08.02 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

コートジボワール戦決勝点のオヤルサバルが自身のPKを説明 「自分のやり方に自信を持つことが重要」

U-24スペイン代表FWミケル・オヤルサバルがU-24コートジボワール戦の決勝点となった自身のPKについて振り返っている。スペイン『マルカ』が伝えている。 スペインは7月31日に行われた東京オリンピックの準々決勝でコートジボワールと対戦。120分の激闘を5-2のスコアで制し、3日に行われる準決勝ではU-24日本代表と戦うことになった。 前後半に2度の先行を許す厳しい展開を強いられたが、試合終了間際に途中出場のFWラファ・ミルが決めた劇的同点ゴールで辛くも延長に持ち込むと、延長前半に相手のハンドで得たPKをオヤルサバルがきっちり決めて初めて勝ち越しに成功。その後、ラファ・ミルがハットトリックを達成し、最終的には3点差を付けての勝ち上がりとなった。 所属するレアル・ソシエダでもPKキッカーを務めるPKの名手は、コートジボワール戦の重要なPKを振り返ると共に、PKに関する自身のルーティーンに関しても言及している。 「普段はルーティンワークで、いつも同じようにボールを置き、同じような助走をして、精神的な余裕を持とうとしているよ」 「それが、落ち着きと自信を持ち、集中するために必要なことなんだ」 「それから助走のときはゴールキーパーの動きを待つこと、時には特定のサイドを狙って強いシュートを打つこと、助走のスピードを速めることが重要な場合もあるね」 「昨日に関してはひとつのことだけを考えていたんだ。ただ、次のときは別のやり方を考えるかもしれない」 「もちろん、自分がやろうとしていることに自信を持つことが重要なんだ」 スペインと日本は準々決勝をいずれも延長戦まで戦っており、今回の準決勝においても拮抗した戦いが予想される。その中でスペインのメインキッカーであるオヤルサバルと、ニュージーランド戦のPK戦勝利の立役者となったGK谷晃生の駆け引きにも注目が集まるところだ。 2021.08.02 16:31 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly