【2020-21ブンデスベストイレブン】王者バイエルンとフランクフルトから最多3選手、遠藤航と鎌田を選出

2021.06.04 19:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのブンデスリーガが5月22日に終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆ベストイレブン
GK:グラーチ
DF:バク、ウパメカノ、アラバ、コスティッチ
MF:鎌田、遠藤航、ミュラー
FWアンドレ・シウバ、レヴァンドフスキ、ハーランド

GKペーテル・グラーチ(31歳/ライプツィヒ)
Getty Images

出場試合数:33(先発回数:33)/失点数:30/出場時間:2970分
リーグ最少失点に抑えたライプツィヒの守護神を選出。最終節を除いてフルタイム出場を果たしたハンガリー代表守護神は、確実性が売りで年々安定感を増している。ミスの少なさからバックラインに安心感を持たせている。

DFリドル・バク(23歳/ヴォルフスブルク)
Getty Images

出場試合数:34(先発回数:33)/ 得点数:6/出場時間:2869分
マインツから加入したバクがヴォルフスブルクのチーム力を押し上げた。サイドバックが本職ではあるものの、主に右サイドハーフでのプレーが多かったバクは、攻撃面で十分なアクセントを付ける役割を担った。ユーロのメンバーからは漏れたものの、11月にはドイツ代表初招集も受け、今後の活躍が期待される。

DFダヨ・ウパメカノ(22歳/ライプツィヒ)
Getty Images

出場試合数:29(先発回数:27)/得点数:1/出場時間:2331分
そのポテシャンルは留まることを知らない。今季は3バックの中央を任されることが多かったが、ディフェンスラインを統率しつつ、フィード面でも器用にこなすなど攻守に活躍した。圧倒的なフィジカルを武器に相手FWを封じる様は風格すら感じる。来季は恩師のナーゲルスマン監督と共にバイエルンに活躍の場を移す。

DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)
Getty Images

出場試合数:32先発回数:30)/得点数:1/出場時間:2676分
昨季完全に定着したセンターバックで今季も安定したプレーを続けた。本人は乗り気ではないセンターバックでのプレーのようだが、持ち前のスピードを武器に後方のスペースをケアできる強みを生かして守備を安定させた。バイエルンを退団し、新天地にはレアル・マドリーを選んだが、そのユーティリティさを武器に大きな存在感を示すはずだ。

MFフィリップ・コスティッチ(28歳/フランクフルト)
Getty Images

出場試合数:30(先発回数:29)/得点数:4/出場時間:2536分
フランクフルトの攻撃の要。左サイドから縦に仕掛けて送られるクロスは一級品で、幾度もアンドレ・シウバのゴールをアシストした。今季は計17アシストを記録し、鎌田と共にチャンスメークを担った。

MF鎌田大地(24歳/フランクフルト)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:28)/得点数:5/出場時間:2372分
フランクフルト復帰2シーズン目も大きな飛躍を遂げた。5ゴールに加え、記録したアシストの数は実に15。フランクフルト躍進の原動力となった。惜しくもクラブ史上初のCL出場は逃したが、リーグ屈指の攻撃的MFとして来季の活躍にも期待が高まる。

MF遠藤航(28歳/シュツットガルト)
Getty Images

出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:3/出場時間:2957分
鎌田と共に日本人という贔屓目がなくともベストイレブン選出に相応しいパフォーマンスを見せた。リーグにおけるデュエル勝率一位という偉業を達成し、日本人でもフィジカル面で対等以上に渡り合えることを証明した。最終節こそ出場停止で欠場したが、それ以外は先発とケガに強い点も大きな魅力だ。

MFトーマス・ミュラー(31歳/バイエルン)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:11/出場時間:2685分
フリック監督との相性はやはり抜群だったようだ。昨季に続き、圧巻のスタッツを残して見せた。11ゴール21アシストと桁外れの数字を残し、相棒のレヴァンドフスキのゴールをお膳立てして見せた。レヴァンドフスキと共にバイエルン9連覇のキーマンとなった。

FWアンドレ・シウバ(25歳/フランクフルト)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:32)/得点数:28/出場時間:2773分
ミランでは結果を残せなかったポルトガル代表FWは中堅どころのフランクフルトで得点力を開花させた。コスティッチ、鎌田と優秀なチャンスメーカーを携え、彼らが生み出すチャンスを豊富な得点パターンを駆使してゴールを量産して見せた。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(32歳/バイエルン)
Getty Images

出場試合数:29(先発回数:28)/ 得点数:41/出場時間:2463分
衰え知らずどころか進化を遂げている感すらある。相変わらずの不調知らずでコンスタントにゴールを挙げ続ける、さながらマシーンのようだ。その活躍には感服せざるを得ない。

FWアーリング・ハーランド(20歳ドルトムント)
Getty Images

出場試合数:28(先発回数:27)/得点数:27/出場時間:2410分
この男のポテシャンルは計り知れない。昨季後半にドルトムントに加入して以降、得点を量産しているハーランドは、十分に警戒していても止められないレベルにある。フィジカルとテクニックがともににハイレベルでゴール前での落ち着きも規格外。ストライカーに必要な全てを兼ね備える男は来季以降も観る者を魅了させてくれるはずだ。
関連ニュース
thumb

ナポリがオシムヘンの2発などでバイエルンに3発快勝《プレシーズンマッチ》

バイエルンvsナポリのプレシーズンマッチが7月31日にアリアンツ・アレーナで行われ、0-3でナポリが快勝した。 来週にDFBポカール初戦を迎えるバイエルンが、ナポリをホームに迎えたプレシーズンマッチ。 バイエルンは前線にレヴァンドフスキ、サネ、コマンを起用。センターバックには新戦力のウパメカノが入った。 一方のナポリは前線にオシムヘン、ポリターノ、ジエリンスキらが構えた。 試合は開始8分、ロボツカと接触したコマンがろっ骨を痛め、チュポ=モティングとの交代を強いられてしまう。 前半はバイエルンが攻勢に出る流れとなるもののスコアに動きなく迎えた後半、69分にナポリが先制する。 中盤でキュイザンスからボールを奪った流れから、オシムヘンのミドルシュートが決まった。さらに2分後、ナポリが突き放す。 再びショートカウンターに転じたナポリはウナスのラストパスを受けたボックス右のオシムヘンがシュートを決め切った。 そして85分にはマシャクのミドルシュートも決まってナポリが3-0で快勝している。 バイエルン 0-3 ナポリ 【ナポリ】 オシムヘン(後24、26) マシャク(後40) 2021.08.01 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

5年で150億円? レアルの新たな“4番”アラバの契約内容がリーク

今夏バイエルンからレアル・マドリーへと加入したオーストリア代表DFダビド・アラバ(29)だが、その契約内容がリークされたようだ。 2008年7月にオーストリア・ウィーンからバイエルンの下部組織に加入したアラバ、2010年7月にファーストチームへと昇格すると、2011年1月から半年間はホッフェンハイムへとレンタル移籍を経験するも、その後はバイエルンでプレーを続けた。 左サイドバックやセンターバックを主戦場としたアラバ。ジョゼップ・グアルディオラ監督時代には、サイドバックながらも中にポジションを取り、ボランチの位置でプレーする戦術を任され、“アラバロール”という名前がつくほど、戦術理解度の高さを持ち合わせていた。 バイエルンでは公式戦431試合で33ゴール55アシストを記録。ユーティリティ性を生かして何度となくチームを救ったが、契約満了でバイエルンを退団し、マドリーへと移籍を果たした。 アラバはフリーでの加入となるため、マドリーは1円も支払わずに獲得に成功。しかし、節約できた移籍金はサラリーやボーナスで消えることになるようだ。 ドイツ『シュピーゲル』がアラバとマドリーの契約内容をリークした。 アラバはマドリーと5年契約を結んだが、総額で1億1500万ユーロ(約150億円)をもらうことになるとのこと。年俸は1947万ユーロ(約25億3500万円)となり、契約時に1770万ユーロ(約23億円)を手にしているとのことだ。 また、この移籍においてイスラエルの剛腕代理人と知られるピニ・ザハビ氏は520万ユーロ(約6億7700万円)を受け取るとのこと。コンサルタントである父のジョージ・アラバ氏は630万ユーロ(約8億2000万円)を受け取るようだ。 なお、アラバがマドリーとの契約を一方的に早期で終了した場合は、8億5000万ユーロ(約1100億円)の違約金が発生するという。 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)へ、フランス代表DFラファエル・ヴァランがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。守備ラインを支えた2人が同時に去ったマドリー。新たに背番号「4」を託されたアラバにはそれだけの価値があり、それだけの期待をかけられるということになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アラバ入団発表の裏側</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUDlhZ2ZYZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.31 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン監督はさらなる補強を模索か?バルセロナのDF2人に関心を寄せる

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、バルセロナのDF2人に関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今季からバイエルンで指揮を執るナーゲルスマン監督だが、プレシーズンマッチではここまで3戦未勝利と、思うような結果が残せていない。それもあってか、DFダヨ・ウパメカノやDFオマー・リチャーズらの新戦力に加え、さらなる補強を考えているようだ。 その候補の1人がバルセロナの若きアメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(20)。昨シーズンは右サイドを主軸に公式戦44試合に出場しており、実績も将来性も十分だ。 ただ、ナーゲルスマン監督は加入を熱望しているようだが、デスト自身はバルセロナにとどまる意向を示している。複数の報道によると、ドルトムント、アーセナル、モナコから巨額のオファーがあったものの、断りを入れているとのことだ。 デストはバルセロナでのインタビューで「できるだけ多くプレーしたい。このクラブでトロフィーを獲得し、プレーヤーとして成長したい」と語っている。 となると、ナーゲルスマン監督からの誘いも断るとみられ、バイエルンは次の候補として同じバルセロナの元スペイン代表DFセルジ・ロベルト(29)をリストアップ。昨季公式戦20試合のマルチロールに対し、買い取りオプション付きの1年間のローン契約を持ちかけるようだ。 S・ロベルトのバルセロナとの契約は2022年6月となっており、契約延長の話はあるものの、まだ公式発表はなされていない。一方でミランやマンチェスター・シティからもアプローチを受けていると報じられている。 果たしてナーゲルスマン監督は新たなピースを手にすることはできるのだろうか。 2021.07.31 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンがPSM3戦未勝利…新生ボルシアMGに敗戦

バイエルンは29日、アリアンツ・アレーナで行われたボルシアMGとのプレシーズンマッチで0-2の敗戦を喫した。 ユリアン・ナーゲルスマン新体制のバイエルンは、ここまでケルン(2-3)、アヤックス(2-2)を相手に1敗1分けの未勝利。今回の一戦ではアディ・ヒュッター新体制のブンデスリーガのライバルチーム相手に初勝利を目指した。 引き続きユーロ2020でプレーした主力を欠く中、DFダヨ・ウパメカノやDFオマー・リチャーズといった新戦力、FWエリック・チュポ=モティング、DFタンギ・クアシ、DFブナ・サールといった現有戦力、若手を組み合わせた布陣で臨んだホームチーム。 対するアウェイチームはMFクリストフ・クラマー、DFトニー・ヤンチュケ、MFハンネス・ヴォルフ、FWパトリック・ヘアマンといったトップチームの選手と若手を混合した布陣で臨んだ。 立ち上がりから主導権争いが続いた中、バイエルンは前半半ば過ぎに決定機を創出。31分、MFマリク・ティルマンの果敢な仕掛けからボックス中央にルーズボールがこぼれると、これをFWジョシュア・ザークツィーが狙うが、シュートを枠に飛ばせない。 0-0で折り返した後半も左ウイングに入ったティルマンの積極的な仕掛けで幾度か見せ場を作るも決め切れないバイエルンは、59分にDFジョー・スカリーからの絶妙な右クロスをゴール左に走り込んだヴォルフにワンタッチボレーで決められ、先制を許した。 その後、60分に大幅にメンバーを入れ替えた中、ユーロ帰りのFWセルジュ・ニャブリがプレシーズンマッチに初出場。だが、守勢は変わらずにGKロン=トルベン・ホフマンの再三の好守で何とか2失点目を防ぐのが精いっぱいの展開に。 だが、76分には相手の波状攻撃から最後はDFミヒャエル・ウェンツェルにボックス右角度のところから右足のシュートを流し込まれ、痛恨の2失点目となった。その後、決死の反撃を見せたものの、ニャブリのゴールがオフサイドで取り消しとなるなど、プレシーズンマッチ3戦目にして初の無得点で試合を終えることになった。 なお、ナーゲルスマン監督は試合後に守備面に一定の手応えを感じながらも、攻撃面の迫力不足を悔やんでいる。青年指揮官がクラブ公式サイトで試合を振り返っている。 「我々は前半、前回のテストマッチ2試合よりも明らかに良い守備をした。今日は早い段階でプレッシャーをかけようとし、ボール奪取も多かった。グラードバッハは前半それほど危険なチャンスを作らなかった。しかし我々もゴール前に入り込むのが少なすぎた」 「アタッキングサードでそれほど積極的でなかったが、それでも2、3の良いチャンスがあった。後半冒頭には再び2回の大変良いカウンターチャンスを得たが、上手くボールを得点に繋げられず、その後は交代の少し前に失点してしまった」 「今は代表プレーヤーたちが戻ってきて、新加入のプレーヤーも数人おり、彼らをチームに順応させなければならない。公式戦が始まれば、我々はもちろん勝利を収め始めるはずだ」 バイエルン 0-2 ボルシアMG 【ボルシアMG】 ヴォルフ(59分) ウェンツェル(76分) 2021.07.29 15:06 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンのフランス代表MFトリソが新型コロナ感染…チーム合流前に発覚

バイエルンは27日、フランス代表MFコランタン・トリソが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 クラブの発表によると、トリソはフランス国内に滞在中。隔離措置が取られているとのことだ。 トリソはフランス代表の一員としてユーロ2020に出場。そのためまだチームへ合流はしていなかった。 トリソは2017年7月にリヨンからバイエルンに加入。これまで96試合に出場し18ゴール12アシストを記録。セントラルミッドフィルダーだけでなく、サイドハーフやウイングなど様々ポジションでプレーしていた。 2021.07.27 20:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly