【2020-21セリエAベストイレブン】優勝インテルから最多6選手を選出

2021.06.03 19:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのセリエAが5月23日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ベストイレブン
GK:ドンナルンマ
DF:ダニーロ、シュクリニアル、デ・フライ、バストーニ
MF:ハキミ、バレッラ、ケシエ、テオ・エルナンデス
FW:ルカク、C・ロナウド

GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:37(先発回数:37)/失点数:38/出場時間:3330分
コロナによる欠場1試合と最高のシーズンを送った。パフォーマンスに関しても高いレベルを保ち、ファインセーブが目立った。ミランの2位フィニッシュは彼の貢献なくしてありえなかった。今後もミランの守護神として活躍して欲しいところだが、契約延長交渉がまとまらず退団が確実と見られている。

DFダニーロ(29歳/ユベントス)
Getty Images

出場試合数: 34(先発回数:32)/得点数:1/出場時間:2916分
レアル・マドリー、マンチェスター・シティで鳴かず飛ばずだったダニーロだが、ピルロ監督が採用した可変システムにおいて輝きを見せた。加入2年目の今季、右サイドバックのポジションを主に務めたダニーロは守備を重点にチームを支え、逆サイドのサイドバックを押し上げる役割を担った。センターバックもこなせるフィジカルと、左サイドバックもこなせる器用さを武器にピルロ監督の戦術に対して臨機応変に応えて見せた。

DFミラン・シュクリニアル(26歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:3/出場時間:2779分
コンテ監督の戦術が浸透した中、持ち前の対人能力が遺憾なく発揮されたシーズンとなった。対人面でやられることはほぼなく、一列前のハキミが大胆に攻撃に専念できたのは彼の存在が大きかったように思う。縁の下の力持ち的存在として、インテルの優勝には欠かせない存在だった。

DFステファン・デ・フライ(29歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:30)/得点数:1/出場時間:2732分
インテルの3バックを統率したディフェンスリーダー。強固な守備を構築したキーマンで、インテルの優勝に大きく貢献した。対人に強く、ミスも少ない穴のないDFとしてまた一段と評価を高めるシーズンとなった。

DFアレッサンドロ・バストーニ(22歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:0/出場時間:2926分
昨季終盤、DFゴディンとのポジション争いを制してインテルの主力に定着したバストーニ。11月にはイタリア代表デビューを飾るなど成長著しいセンターバックは、今季はレギュラーとして試合に出続けた。左足から繰り出される正確なフィードも武器の一つで、攻守両面でインテルに欠かせない戦力となった。

DFアクラフ・ハキミ(22歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:37(先発回数:29)/得点数:7/出場時間:2668分
ドルトムントから加入した今季、圧巻のスピードでセリエAを席巻した。カウンター主体のコンテサッカーにおいて欠かすことのできないキーマンだった。爆発的なスピードから繰り出されるロングカウンターは、インテルのストロングポイントとなった。7ゴール10アシストを記録し、攻撃面で大きな違いを生み出した。

MFニコロ・バレッラ(24歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:36(先発回数:32)/得点数:3/出場時間:2901分
インテルの中盤に欠かせない存在だった。攻守にハードワークするコンテサッカーを体現。そんな中で3ゴール9アシストとゴールにもよく絡み、違いを生み出した。ケガなくシーズンを戦い抜いた点も高く評価。

MFフランク・ケシエ(24歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:37(先発回数:36)/得点数:13/出場時間:3230分
移籍4年目の今季、躍動していたアタランタ時代の姿を取り戻した。ダイナミックに攻撃参加を図ったかと思えば、ピンチの局面では守備に回り、攻守両面で大きく貢献した。また、得意のPKでゴールを量産し、貴重な得点もマーク。CL出場の懸かった最終節では2つPKを沈め、ミランにCL出場権をもたらした。

DFテオ・エルナンデス(23歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:7/出場時間:2935分
守備の軽さを補って余りある攻撃力を今季も見せ付けた。左サイドバックながらオーバーラップした際の攻撃性能は圧巻で、何らかのアクセントを付けて仕事をやり切って見せる。彼の仕掛けから生まれたゴールは数知れず、停滞した試合を打破する火付け役となっていた。

FWロメル・ルカク(28歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:36(先発回数:32)/得点数:24/出場時間:2888分
文句なしでの今季のリーグMVP。質の高いプレーを続け、インテルに11年ぶりスクデットをもたらした。

FWクリスティアーノ・ロナウド(36歳/ユベントス)
Getty Images

出場試合数: 33(先発回数:31)/得点数:29/出場時間: 2803分
ユベントスでの3季目を迎えたC・ロナウド。今季は29ゴールをマークしてプレミアリーグ、ラ・リーガに続きセリエAでは初の得点王に輝いたが、ビッグマッチでさほど存在感を示せなかったのも事実。シーズン終盤に関してはチーム共々低調なプレーを続け、不調の象徴的存在となってしまった。


関連ニュース
thumb

インテルGKスタンコビッチ、オランダのフォレンダムにレンタル移籍

フォレンダムは4日、インテルのU-19セルビア代表GKフィリップ・スタンコビッチ(19)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 インテルのレジェンドである元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏の息子であるフィリップはインテルの下部組織出身。トップチームデビューは果たせていないものの、次期守護神候補と期待されるスタンコビッチにとっては、今回が初めての移籍となる。 2021.08.05 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020で試合中に心肺停止のエリクセンがインテル帰還、監督やチームメイトと再会

インテルは4日、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがチームに戻ってきたことを発表した。 エリクセンは、2020年1月にトッテナムからインテルへと完全移籍。2020-21シーズンはセリエAで26試合に出場し3ゴールを記録。チームは見事にスクデットを獲得していた。 そのエリクセンはユーロ2020にデンマーク代表として出場。活躍が期待された中、初戦のフィンランド代表戦でまさかのアクシデントに見舞われる。 先発したエリクセンだったが、前半途中に卒倒。意識を失ったエリクセンに対して、ピッチ上で心肺蘇生法(CPR)などの救命措置が取られることに。心肺停止にも陥った中、なんとか回復。試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送され、一命を取り留め、日常生活を送れるレベルに回復している。 エリクセンは、心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を手術により装着。その影響もあり、現状ではイタリアでのプレーが認められない状況にある。 そんな中、メディカルチェックのためについにインテルへと帰還。クラブはエリクセンが戻って来たとの声明を出し、選手やスタッフと再会したと発表した。 「クリスティアン・エリクセンは今朝、アッピアーノ・ジェンティーレにあるトレーニングセンターを訪れた」 「エリクセンは、クラブのディレクター、監督、チームメイト、そしてスタッフ全員と面会。エリクセンは順調に回復しており、肉体的にも精神的にも素晴らしい状態でした」 「今後は、コペンハーゲンのデンマーク人医師が提唱する回復プログラムに従うこととなり、医師は臨床的なフォローアップの調整も行います。インテルのメディカルスタッフには、この過程で常に最新情報が提供されます」 まだまだプレー再開という状況には至らないエリクセン。それでもチームメイトや関係者は、あのアクシデントから回復したエリクセンと直接会うことができて安心したことだろう。再びピッチでプレーする姿が見られるのか。しっかりとリハビリを行ってもらいたい。 2021.08.04 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカク流出危機のインテル、後釜としてセリエAの2選手をリストアップか

インテルがベルギー代表FWロメル・ルカク(28)の移籍に備え、2人の選手をリストアップしているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 昨シーズン、11年ぶりのスクデット獲得を達成したインテルだが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け財政が悪化。緊縮財政の方針に転換したことでアントニオ・コンテ監督が退任すると、主軸であるモロッコ代表DFアクラフ・ハキミもパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。 そして現在、流出の可能性が高まっているのがルカクだ。昨シーズン公式戦44試合出場30ゴール10アシストの成績を残したエースに対しては、ストライカー探しを続けているチェルシーが接近。既にインテルは1億ユーロ(約130億円)+DFマルコス・アロンソのオファーを拒否しているものの、チェルシーは更に金額を上げたオファーを用意しており、交渉が成立する可能性はありそうだ。 仮にルカク移籍となった場合、ストライカーの補強は必須となる。『スカイ』によると、インテルはもしもの事態に備えラツィオのアルゼンチン代表MFホアキン・コレア(26)、アタランタのコロンビア代表FWドゥヴァン・サパタ(30)を獲得候補としているようだ。 ホアキン・コレアはラツィオで公式戦通算117試合出場30ゴール18アシストを記録。今季からインテルを率いるシモーネ・インザーギ監督にとっては慣れ親しんだ選手であり、戦術への迅速なフィットが期待されている。 一方、D・サパタはアタランタで公式戦通算130試合出場66ゴール31アシストの成績を残しており、強靭なフィジカルを武器とするプレースタイルはルカクの後釜に適していると言えるだろう。 また、インテルはこの2人のほか、サッスオーロのイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(21)にも関心を寄せていると報じられている。だがいずれにしても、全てはルカクの移籍が実現するか次第になるだろう。 2021.08.04 17:04 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセンがミラノに到着、メディカルチェック受診へ

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3日、メディカルチェックを受けるためミラノに到着したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 エリクセンは先のユーロ2020初戦フィンランド代表戦中にピッチで倒れ、一時心肺停止に。何とか一命を取り留めたが、心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を手術により装着。現状ではイタリアでのプレーが認められない状況にある。 ミラノで原因究明のため詳しい心臓検査を受け、今後ICDを取り外してプレーができるかの判断が行われるようだ。 なお、イングランドやオランダではICDを装着していてもプレー可能となっている。 2021.08.04 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ストライカー探すチェルシー、財政難に苦しむインテルのルカクに3度目のオファーか

チェルシーがインテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(28)に3度目のオファーを出すかもしれない。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーは今夏、ミランにフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)を放出。昨夏獲得したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(25)は決定力に難を抱え、イングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)はトーマス・トゥヘル監督からの評価が低いという事情もあり、クラブは新たなストライカー探しに着手している。 トップターゲットは、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)だったが、莫大な移籍金が生じることに加えて、少なくとも選手本人は来夏までチームに留まることを口にしており、別の候補を探していた。 そこでチェルシーが目をつけたのが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)だ。5000万ポンド(約75億8000万円)のオファーを出したとされていたが、バイエルンが簡単にエースを手放すわけもなく、難しい状況に。路線変更したチェルシーは、かつてクラブに所属していた過去もあるルカクに手を伸ばした。 昨シーズンはインテルで公式戦44試合出場30ゴール10アシストの成績を残しており、クラブの11年ぶりのスクデット獲得に多大な貢献を果たしていた。チェルシー時代は輝ききれなかったルカクだが、その後のキャリアでストライカーとして価値を証明し続けている。 ルカク本人はインテルへの愛着を事あるごとに語っている一方で、インテルは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け財政難に陥っており、すでにアントニオ・コンテ監督が退任したほか、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)に放出。ルカクについても、高額なオファーが提示されれば売却に踏み切る可能性はありそうだ。 イギリス『アスレティック』によると、チェルシーはすでに2度のオファーをインテルに提出したが、いずれも断られたという。しかし、チェルシーに諦めるつもりはなく、3度目のオファーも用意しているようだ。 かつてチェルシーに在籍した際はアピールができないままクラブを去ったルカクが、古巣にカムバックを果たす可能性はあるのか、去就が注目されている。 2021.08.03 11:58 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly