【2020-21セリエA総括】超WS選出の最優秀選手はルカク

2021.06.03 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
長らく続いたユベントスの一強時代にインテルが終止符を打った。ピルロ新監督の下、10連覇を目指したユベントスだったが、9連覇の足掛かりを作ったコンテ監督率いるインテルがその牙城を打ち崩す結果となった。

◆コンテが古巣の連覇を阻止~インテル~
シーズン前からユベントスの10連覇を阻む可能性があると予想されたインテルはその期待通り、堅守速攻を武器に際どい試合を制する勝負強さを見せ付けた。とりわけ主砲のFWルカクの存在が大きく、何もないところから多くのゴールを生み出して見せた。また、連勝も多く、11月から12月にかけて8連勝、1月から4月にかけて11連勝を記録し、後続の追い上げを許さなかった。ただ、オーナーの蘇寧グループが財政問題を抱えていることから、優勝の立役者であるものの高額年俸のコンテ監督が退任。主力の売却も囁かれる中、ラツィオで好結果を収め続けていたS・インザーギ監督を招へいしたが、連覇は茨の道か。

◆ピオリ体制継続で8季ぶりCL~ミラン~
シーズン前半戦を首位ターンとしたミラン。最終的には優勝したインテルに大きく水を開けられる格好となったが、2位フィニッシュを果たし、8季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めた。開幕前にはラングニック氏の招へいにも動いていたようだが、ピオリ体制継続が吉と出た。ケガにはかなり泣かされたものの、FWイブラヒモビッチの残留に成功したミランは、39歳となった今なお衰えることの知らないベテランの力で勝利をもぎ取っていった。CL出場が懸かった最終的アタランタ戦では大黒柱を欠いた中で見事勝利を掴み、2位でシーズンを終えている。

◆流石のガスペリーニ~アタランタ~
5季目となったガスペリーニ監督の下、2季連続でCL決勝トーナメント進出を果たし、3季連続でCL出場権を獲得した。シーズン前にはMFカスターニュを、シーズン半ばには絶対的主軸のMFパプ・ゴメスが移籍した中での好成績には流石としか言いようがない。もはやプロビンチャの括りには収まりきらないクラブに成長した中、今後も名将と共にどのような進化を遂げていくのか楽しみなチームだ。

◆新米監督ピルロで10連覇逃す~ユベントス~
指揮官初挑戦のピルロ監督の下、10連覇を目指したユベントスだったが、その壁は高かった。可変システムを採用するなど一定のチャレンジは見せたピルロ監督だったが、試合毎の再現性がなく不安定な戦いが続いた。コッパ・イタリアを制し、最終的には何とか4位に滑り込んでCL出場権を確保したが、王座を失ったチームはピルロ監督の解任を決断。3季ぶりにアッレグリ監督が復帰することを発表している。

◆リーグ屈指の攻撃力も~ナポリ~
昨季コッパ・イタリア優勝に導いたガットゥーゾ監督体制2季目となったナポリ。FWインシーニェを軸に、新戦力FWオシムヘンを加えた攻撃力はリーグ屈指だった。ただ、上位対決で敗れることが多く、勝負弱さを露呈してしまった。最終節では何も懸かっていないヴェローナに勝利すればCL出場権獲得というシチュエーションで引き分けたことが今季を象徴していたのかもしれない。ガットゥーゾ監督と袖を分かったチームはスパレッティ監督を招へいしている。

◆熟成路線でCLとリーグで好結果~ラツィオ~
S・インザーギ監督体制下、6シーズン目を戦ったラツィオは12シーズンぶりの出場となったCLとの並行した過密日程と、コロナに苦しめられながらのシーズンとなった。それでも、CLでは20シーズンぶりの決勝トーナメント進出を果たし、セリエAでも6位と、熟成路線を図ったチームはまずまずのシーズンを過ごしたと言える。ただ、近年の成功の立役者であるS・インザーギ監督が玉突き人事によりインテルに引き抜かれ、後任にはサッリ監督が就任濃厚。スタイルの異なる指揮官の下、CL返り咲きを狙う。

◆シーズン後半に失速~ローマ~
シーズン前半戦を3位で終えたローマだったが、ヨーロッパリーグとの並行した日程にも苦しめられ、リーグで不調に陥った。とりわけ守備の崩壊が進み、不安定な戦いが続いた。フォンセカ監督と袖を分かったチームはインテルを3冠に導いたモウリーニョ監督の招へいを決断している。

◆冨安はサイドバックで、吉田はセンターバックで活躍~冨安と吉田~
日本代表のセンターバックでコンビを組むボローニャのDF冨安健洋とサンプドリアのDF吉田麻也は共に中位で終えたチームの主力として活躍した。冨安は今季序盤、本職のセンターバックでの起用が多かったが失点に絡むことも目立ち、シーズン後半は昨季務めていた右サイドバックでのプレーが主となった。そのポジションでは攻守に安定したパフォーマンスを見せ、改めて評価を確固たるものとしている。

対する吉田は主力センターバックとしてシーズンを戦い抜いた。昨季後半に加入した中、今季はより味方との連係も高まり、吉田の統率力が生かされた格好だ。チームは一桁の9位でフィニッシュできたが、吉田も十分に貢献できたシーズンとなった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロメル・ルカク(インテル)
Getty Images

インテル優勝の立役者。24ゴール10アシストを記録したことからも分かる通り、ゴールにチャンスメークと無双の働きぶりだった。相棒のFWラウタロとの関係も良好で、相乗効果をもたらした。

★最優秀監督
◆アントニオ・コンテ(インテル)
Getty Images

インテルに11年ぶりスクデットをもたらした。強固な3バックを構築し、ルカクと新戦力MFハキミのスピードでカウンター時の威力を増強した。そして1年はかかったが、MFエリクセンをチームに馴染ませたことで遅攻も可能となり、安定感に磨きをかけた。

【期待以上】
★チーム
◆サッスオーロ
Getty Images

惜しくも欧州カップ戦出場はならなかったが、8位フィニッシュとしたサッスオーロを選出。デ・ゼルビ監督の下、攻撃的なスタイルを構築したチームは、ビッグクラブ相手にも臆せず真っ向勝負を挑む好チームに仕上がっていた。デ・ゼルビ監督はその手腕を買われ、シャフタールに引き抜かれている。

★選手
◆シモン・ケアー(ミラン)
Getty Images

キャリアのピークを過ぎたものと思っていたが、昨季後半にレンタルで加入した32歳はミラン守備陣のリーダーとなった。DFロマニョーリが不安定なプレーに終始した中、ケアーが対照的に好プレーを続けた。チェルシーからレンタルで加入したDFトモリと共に強固なバックラインを形成し、ミランの復活に一役買った。

【期待外れ】
★チーム
◆ユベントス
Getty Images

監督未経験のピルロを抜擢した時点で想定されていた事態でもあったが、それにしてもシーズンを通して凡庸な試合が多過ぎた。個人技に頼ることが多く、攻守両面で組織立っていないことから修正も図れず、淡々と試合が過ぎるばかりだった。10連覇を逃したのは当然の事だった。

★選手
◆FWパウロ・ディバラ(ユベントス)
Getty Images

シーズン前のコロナ感染に始まり、シーズンイン後も度重なるケガに悩まされた。選出はやや可哀想なところもあるが、コンディションの管理も含めてプロの責任。期待の裏返しという意味も込めての選出とした。


関連ニュース
thumb

「ハキミはマドリー復帰を望んでいる」コンテが証言

前インテル監督のアントニオ・コンテが、教え子のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの去就に関わるコメントを残した。イタリア『スカイ』が伝えている。 昨夏にレアル・マドリーからインテルに移籍したハキミは、コンテ監督の下、セリエAで37試合7ゴール10アシストを記録し、11年ぶりのスクデットに貢献した。ところが、今夏にインテルが深刻な財政難に陥りコンテ監督が退任すると、後を追うようにハキミも退団。多額な移籍金を置いてパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。 パリでも好調を維持するハキミだが、『スカイ』のインタビューに答えたコンテ氏によると、いずれはマドリーに復帰することを夢見ているという。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのマドリーとの対戦が、そう感じたきっかけだったという。 「昨季のレアル・マドリー戦でハキミは少し心理的に苦しんでいた。彼の夢は、主力としてマドリーでプレーすることだ」 「あの2試合はよく覚えているよ。あの時から彼は一生懸命努力するようになり、私もまた、若手がどのように学び成長していくのかを目の当たりにした」 「彼は攻撃面の良さだけでは不十分だと理解していた。今の彼は最高の選手たちに囲まれている。最後のボールまで諦めずに取り組み続ければ、いずれはワールドクラスになれるだろう」 コンテ氏はまた、ハキミの後釜として加入したオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースにも言及。「彼らはハキミの代わりに素晴らしい選手と契約した。もし彼がチームに溶け込むことができれば、彼はハキミの代役として活躍できるだろう」と、太鼓判を押している。 2021.09.17 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「得点しなければ、いつでも負ける」インテルFWラウタロ・マルティネスがレアル戦を反省

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、レアル・マドリー戦を振り返った。 インテルは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でホームにマドリーを迎えた。 グループ内最大のライバルといきなり初戦で対戦となったインテル。試合はインテルが押し気味に進めるも、マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワの好セーブの前にゴールを奪えない。 後半はマドリーが息を吹き返したが、インテルもゴールを許さず。そのままゴールレスドローで終わると思われたが、89分にロドリゴ・ゴエスが決勝ゴール。インテルは土壇場で失点し、黒星スタートとなった。 最大のライバル相手に黒星スタートとなったインテル。『フットボール・イタリア』がラウタロのコメントを伝え、ゴールを決めなければ負けると反省した。 「僕たちはもっと多くのものを得られるはずだった。チャンピオンズリーグがどれほど厳しいか、そして誰と対戦したのかを理解している」 「得点しなければ、いつでも負ける可能性はある。レアルのようなチームに対しては、何も余裕はない」 「今、僕たちはしっかりと努力することを考えなければいけない。僕たちは、僕たちが行なった良い事の全てを忘れず、どこで失敗したのかを改善しなければいけない」 「僕たちはそれを続け、もっと努力しなければならない」 2021.09.16 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

終了間際の被弾でレアルに敗れたインテル、インザーギ監督は「もっと注意を払うべきだった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 インテルは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節でホームにマドリーを迎えた。 グループ内最大のライバルといきなり初戦で対戦となったインテル。試合はインテルが押し気味に進めるも、マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワの好セーブの前にゴールを奪えない。 後半はマドリーが息を吹き返したが、インテルもゴールを許さず。そのままゴールレスドローで終わると思われたが、89分にロドリゴ・ゴエスが決勝ゴール。インテルは土壇場で失点し、黒星スタートとなった。 試合後、インザーギ監督は土壇場での失点を悔やみ、もう少し配慮すべきだったとコメント。ただ、チームが見せたパフォーマンスは評価し、前を婿とした。 「残念ながら、もっと注意を払うべきだった。残りわずか1分で、このようなパフォーマンスを見せた後に敗北のコメントをするのは残念だ」 「しかし、前を向いて、レアル・マドリーとのピッチで自分たちの力を発揮できたことを思い出さなければいけない」 「私はチームに個性と勇気を求めたが、その反応は良かった。今夜は本当に得点をするのが難しいGKと対面し、クルトワは素晴らしい試合を見せた」 「チャンピオンズリーグの試合のため、久々にスタジアムに戻ってきたファン、クラブ、そしてピッチで最大限尽くした選手たちに申し訳なく思う」 「残念ながら、特定のチームに対しては、決して油断してはいけない。でも、我々はピッチ上ではとても良かった。このような状態が続けば、グループ通過に自信を持つことができるだろう」 2021.09.16 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルが3rdユニフォームを発表!クラブエンブレムがカラフルに

インテルは14日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。 黒がベースのユニフォームは襟付きで、胸元にあるオレンジ、水色、黄色、緑の4色が斜めのストライプが特徴。このユニフォームは、インテルの理念である包括と平等の価値観のもと、多様性を受け入れ、あらゆる形態の差別を排除することを表現したデザインになっている。 サプライヤーであるナイキのロゴはオレンジで、インテルのエンブレムは、水色、黄色、緑の3色で構成されている。 ショーツも黒が基調で、水色がアクセントに。ソックスにも黒、黄色、緑が用いられている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】カラフルなインテルの新3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | THIRD KIT <br><br>Brothers and Sisters of the World <br><br> <a href="https://t.co/zpXaO0a9Vn">https://t.co/zpXaO0a9Vn</a> <a href="https://t.co/HI12ZiYU0U">pic.twitter.com/HI12ZiYU0U</a></p>&mdash; Inter (@Inter_en) <a href="https://twitter.com/Inter_en/status/1437726795508457472?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvdVl4STNLeCIsInAiOiJzdWdvdG9rdSIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/sugotoku.js"></script> 2021.09.16 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルに好相性のレアル・マドリー、終盤のロドリゴ弾で競り勝つ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節、インテルvsレアル・マドリーが15日に行われ、0-1でレアル・マドリーが勝利した。 昨季もグループステージで同居し、レアル・マドリーが2連勝としていた両チームの一戦。 昨季グループステージ敗退に終わったインテルは、11季ぶりにセリエAを制覇。コンテ監督の退任に伴い、S・インザーギ監督が就任した中、セリエAでは2勝1敗スタート。直近のサンプドリア戦を引き分けたスタメンからディ・マルコに代えて負傷明けのバストーニが先発に戻った。 一方、優勝したチェルシーに敗れてベスト4敗退となったレアル・マドリーは、アンチェロッティ監督を6季ぶりに招へい。ラ・リーガでは3勝1分けスタートとした中、直近のセルタ戦のスタメンから2選手を変更し、アザールとミゲル・グティエレスに代えてL・バスケスとアラバが先発に入った。 3トップにベンゼマ、ヴィニシウス、L・バスケスと並べたレアル・マドリーがアグレッシブな入りを見せる。前線からプレスをかけ、インテルを牽制した。 しかし9分、インテルに決定機。ラウタロ・マルティネスのダイレクトパスでボックス右に抜け出したシュクリニアルがシュート。だが、GKクルトワの好守に阻まれた。 ここからインテルが盛り返すと、19分にも先制のチャンス。しかし、ペリシッチの左クロスに合わせたラウタロのヘディングシュートはGKクルトワの守備範囲だった。 その後もインテルが流れを引き寄せる中、レアル・マドリーは36分、CKからミリトンが決定的なヘディングシュートを浴びせる。 ひやりとしたインテルは43分、サイド攻撃で揺さぶり、ジェコがボレーシュート。だが、GKクルトワの再三の好守の前にゴールは奪えず0-0で前半を終えた。 迎えた後半、インテルは54分に先制のチャンス。右CKからジェコのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKクルトワのビッグセーブに阻まれた。 ここから両チームが動き、インテルはラウタロに代えてホアキン・コレアを投入。対するレアル・マドリーはL・バスケスに代えてロドリゴを投入した。 レアル・マドリーがヴィニシウスの突破力を生かして流れを引き寄せる中、引き分けかと思われた終盤の89分に試合を動かした。 ベンゼマの浮き球パスを途中出場のカマヴィンガがダイレクトで折り返し、ロドリゴが左足ボレーで決めた。 これが決勝点となってレアル・マドリーが勝利。昨季の2連勝に続き、インテルから勝利をもぎ取った。 グループDもう一試合のシェリフvsシャフタールは2-0でシェリフが勝利。CL初出場のシェリフが初勝利を飾っている。 2021.09.16 06:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly