守田所属のサンタ・クララ指揮官が契約延長! 今季はECL権獲得に導く

2021.05.31 11:07 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF守田英正の所属するサンタ・クララは30日、ダニエル・ラモス(50)監督との契約を2022年まで延長したと発表した。2016年にもサンタ・クララで指揮を執った経験のあるラモス監督は昨夏に帰還。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで13勝7分け14敗の6位フィニッシュを決め、来シーズンから新設されるヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)への切符を手にしている。
ラモス監督はクラブ公式サイトを通じて、契約延長を喜びつつ、来シーズンへ向けた抱負を語った。

「このプロジェクトに参加し続けることは誇りであり、大きな責任でもある。これからも地域を代表するクラブとして、日々歴史を刻んでいこうと思う。私は非常に意欲的なんだ」

「ヨーロッパの大会に参加するということに責任があるのはすでに知っている。その上でECLを楽しみたいと思っている。また、リーグ戦についても、目標は同じだ。来シーズンに向けて、できるだけ早く、クラブの体制を整えられると良いね」
関連ニュース
thumb

日本代表MF守田英正にサウジから移籍金約4億円のオファー

サンタ・クララの日本代表MF守田英正(26)に対して、サウジアラビアから獲得オファーがあったようだ。ポルトガル『レコルド』が報じた。 守田は2021年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララへと完全移籍。すると、すぐさまチームに馴染み、プリメイラ・リーガで20試合に出場し2ゴール1アシストを記録。デビュー以降全試合でフル出場を果たすなど、大きな信頼を勝ち得ていた。 日本代表においても、その存在感は増しており、ヨーロッパ挑戦半年ながらでも大きな成長を見せている。 その守田に対し、オファーを出しているのはサウジアラビアのアル・ヒラルとのことだ。 かつてオリンピアコスやスポルティング・リスボン、そして近年はモナコを指揮していたレオナルド・ジャルディム監督が指揮を執るチーム。アル・ヒラルは守田の獲得に300万ユーロ(約3億9000万円)のオファーを出したとされている。 サンタ・クララは、守田を含む数名の選手に対して様々なクラブからのオファーを受け取っているとのこと。そこでルイ・コルデイロ会長とスポーツ・ディレクター(SD)のジョアン・フェレイラ氏、そしてダニエル・ラモス監督が会議を行い決定を下すとされている。 ヨーロッパ挑戦から半年で一定の手応えを感じている守田。サンタ・クララとの契約は2024年6月まであり、サウジアラビアへの移籍は望まないものとみられるが、どのような結末を迎えるだろう。 2021.07.19 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「まだ信じられない」サンタ・クララの主将DFカルドーソがポルトに5年契約で完全移籍

ポルトは1日、サンタ・クララのDFファビオ・カルドーソ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの5年間とのこと。背番号は「2」を着ける。 カルドーソはベンフィカの下部組織出身。しかし、ベンフィカのファーストチームに昇格することなく、2016年6月にヴィトーリア・セトゥーバルへと完全移籍する。 2017年7月にはスコットランドのレンジャーズへと完全移籍。2018年7月からサンタ・クララでプレーしていた。 これまでプリメイラ・リーガでは149試合に出場し11ゴール7アシストを記録しているカルドーソ。サンタ・クララでは通算97試合11ゴール5アシストを記録。キャプテンを務め、センターバックを主戦場としていた。 ポルトへの移籍についてカルドーソは「この瞬間を説明する言葉はない。疑いもなく、人生で最も幸せな日の1つだ。まだ信じられない」と喜びを露わに。また、「世界最大のクラブの1つで、このようなレベルに到達したことは夢が実現したことだ。とても幸せで、いつでもプレーする準備ができている」とポルト加入を大いに喜んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルトが2021-22シーズンの新ホームキットを発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKQlhJMDREQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.01 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

存在感増す日本代表MF守田英正トルコ行きか? ガラタサライがセルビア戦を高評価

日本代表MF守田英正(26)にトルコ行きの可能性が浮上した。トルコ『Fotomac』が報じた。 守田は今年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララへと完全移籍。シーズン途中加入ながらポジションを掴むと、プリメイラ・リーガで20試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。 日本代表でも存在感を発揮している守田だが、トルコの名門・ガラタサライが守田の獲得に興味を示しているようだ。 『Fotomac』によるとガラタサライが守田への評価を高めたのは、セルビア代表との国際親善試合だったとのこと。ユーロ2020に出場しないセルビア代表は、キリンチャレンジカップ2021を戦うために来日。ガラタサライは、セルビアの若手が出ることもあり、来日して行われたジャマイカ代表戦と日本代表戦をチェックしていたようだ。 FWネマニャ・ヨビッチやFWミラン・マカリッチ、DFストラヒニャ・パブロビッチらを注目していたとされる中、セルビア戦で効果的なプレーを見せた守田が目を惹いたとのことだ。 守田は2024年6月までサンタ・クララとの契約を残しており移籍金は500万ユーロ(約6億6000万円)とのことだ。 ポルトガル『レコルド』もこの件を報じており「ガラタサライは日本人MF守田に興味を持っている。すでにサンタ・クララの経営陣と選手の代理人に連絡している。日本とセルビアの試合でクオリティに感銘を受けた」と高く評価していることを伝えていた。 過去にはMF稲本潤一(現SC相模原)やDF長友佑都(現マルセイユ)が所属したことでも知られるガラタサライ。3人目の日本人となるだろうか。 2021.06.23 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

初めてのヨーロッパ勢との試合に臨む守田英正「どれだけ成長したのかが試される」

日本代表のMF守田英正(サンタ・クララ)が、キリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦に向けてコメントした。 5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から活動している日本代表。今回の活動では、ミャンマー戦のほか、U-24日本代表戦、タジキスタン代表戦と3試合を行い、残り2試合が予定されている。 セルビア代表戦を翌日に控えた10日、守田はメディアのオンライン取材に応対。セルビア戦は自身にとって初のヨーロッパのチームとの対戦になるが「個人としてヨーロッパのチームとやるのは初めてで、アジアのチームと違って強い相手になると思いますし、どういった形でくるか分からないですが、試合を見る感じでは3バックなので、最近やった相手とはシステムも違うと思います」とコメント。セルビアを警戒した。 また「ポルトガルでどれだけ成長したのかが試される良い場だと思うので、しっかりと見定めながら活躍して、勝利に貢献できれば、この先の成長や可能性が広がるので、見せ場だなと思います」とコメント。セルビア相手に活躍することでこの先に影響があるだろうと語った。 アジアの国に比べてはフィジカル面で優れ、身長も高い選手が多いセルビア。守田は「体格もスピードもアジアのチームよりは高いと思いますし、個の部分で負けないことが必要になると思います」とコメント。「ポルトガルに行ってから個の力、局面の打開は日本にいた時よりはできるようになっていると思うので、そういったところを見てもらいたいです。局面での個の打開を見て欲しいです」と語り、一対一の局面のプレーを見せ欲しいと語った。 セルビア戦での戦い方については「あくまで前から奪いに行くという姿勢は持っておくべきですし、ボールを握るという部分でも保持率を上げる必要があります」とコメント。「相手の出方によって、相手の選手の力量によって変えていきたいと思います」とし、守備の仕方についてもピッチ内で測りたいと語った。 さらに「スカウティングやここ数試合でこうだったからという見方で考えるというよりは、明日の開始5分、10分でウィークポイントを見つける」とし、「どういうビルドアップをしてくるのかとか」と可変システムでも戦うセルビアについて様子を伺うとし「人数のズレだけだと数的不利に感じることはあると思いますが、逆サイドが絞ったりなど、まずは明日の試合でどういった形なのかと、誰にボールを持たせたら危険かの見定めが大事だと思います」と、試合が始まってしっかりと見極める必要があるとした。 2021.06.10 21:42 Thu
twitterfacebook
thumb

存在感発揮のMF守田英正、ボランチのポジション争いを歓迎「毎試合毎試合結果を出す」

日本代表は29日、ミャンマー代表戦から一夜明けオンラインでのメディア対応を行った。 28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦では、大量10ゴールを奪い見事に勝利。この結果、最終予選進出を決めることとなった。 カタールW杯出場に向けて一歩進んだ日本。試合から一夜明け、後半から出場したMF守田英正(サンタ・クララ)が取材に応じた。 ミャンマー戦ではボランチの一角として先発出場。56分にゴールを奪うと62分までプレーした。 室屋成(ハノーファー)のクロスを後方から走り込んで合わせて決めたゴールだが「上手い具合に右サイドを突破できて数的優位でしたし、突破してくれると思っていたので、思い切って前線に飛び出して良かったと思います」とコメント。「アシストが良かったので落ち着いて決められて良かったです」と語り、しっかりと決められて良かったと振り返った。 3月のモンゴル代表戦に続いてボランチでの先発となったが「僕自身はポジションを確立したとは思っていなくて、ファーストチョイスだということは感謝しています」とコメント。「毎試合の自分の結果と貢献度次第では、どのタイミングでも違う選手と入れ替わりが起こってもしょうがないというぐらい激戦なので、毎試合毎試合結果を出すと思って臨んでいます」とコメント。高い意識を持ちながら試合に臨んでいるとした。 最終予選に向けては、東京オリンピック世代の選手も競争に入ってくる状況、さらにポジション争いは激化する。守田は「五輪の選手は僕より若い選手、良い選手もたくさんいて、競争や自分のポジションに良い選手がいることは悪いことではなく、相乗効果で競争しながら成長することは良いと思います」とコメント。「最終的にはチームの成長にもつながると思うので、その競争にまずは負けないようにしたいです」と語り、ポジション争いを歓迎しながらも、負ける気は無いと語った。 自身の強みとしては「強みは落ち着いて相手を見ながらポジションを取ったりビルドアップすること。あと強度と得点は求められると思っているので、毎試合得点に絡めれば一皮むけると思うので、競争に勝てると思います」と語り、ミャンマー戦のように得点に絡んでいきたいとした。 海外組としてプレーすることとなっている守田。かつて日本代表の呼ばれた時との差については「以前より自分から発信する力が増した分、自分の特徴を生かしてもらえるように周りの選手に話しますし、周りの選手も僕にどうすればいいかをお互いに話し合っています」とコミュニケーションが変化したとコメント。「短期間での活動なので、その中でいかに明確にできるかだと思うので、そこはコミュニケーションでうまく補えている部分かと思います」と、相互理解が進んでいっていると語った。 また、「こうしてほしい、ああしてほしいというのは監督や周りの選手から言われることも受け入れますし、こうしたいと思っていることに対して言われたことをやるのはもともと問題ないです」とチームに求められることはやりたいとコメント。一方で「言われない中で実行する部分は求められているので、どっちもできると思います」と語り、自分を出しながら要求に応えていくと語った。 前線の組み合わせという点では、2列目にMF鎌田大地(フランクフルト)とMF南野拓実(サウサンプトン)が入ってから、チームの攻撃のバリエーションが増えている状況。2人については「大地はボールに関与していないようでしていて、相手を釣ったり、敵のマークをずらすポジショニングを取っているのをわかっているので、毎回良いポジションを取ってくれますし、僕が動きなおした時に動きなおしてくれているので、複数人のマークをずらせるのは大きいです」とコメント。「僕のポジションを見てポジショニングしてくれているのはありがたいです。そこで優位に立てていると思います」と鎌田のポジション取りが大きな助けになっていると語った。 また「すごくやりやすいですね。周りの選手が僕をうまく生かしてくれる動きをしてくれるのもありますし、プレーをしていてお互いに何がしたいかを共有できているので、そこは一番大きいです」とコメント。「奪ったボールや相手が少し引いてくれる時に、こっちから主体的にボールを動かして相手をずらしていけるのは以前と違うというか良くなっている部分だと思います」と語り、今の前線の構成は以前よりもやりやすい組み合わせだと語った。 またボランチでコンビを組むMF遠藤航(シュツットガルト)については「以前の活動の時も一緒にやらせてもらって、昨日もでしたが、航くんがビルドアップに参加しながら、ダブルボランチでも右左というより僕が前に入って厚みを持たせようと意識しました」と印象をコメント。「どっちも攻撃も守備も好きでそこのバランスは良いかなというのがベースとしてあります」と手応えを語った。 2021.05.29 15:47 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly