互いに10人連続成功のPK戦制したビジャレアルが大会初優勝! ユナイテッドはオーレ体制初タイトルならず…《EL》

2021.05.27 07:08 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)決勝、ビジャレアルvsマンチェスター・ユナイテッドが、26日にポーランドのグダニスク・スタジアムで行われ、1-1のスコアで120分間の戦いが終了。その後、PK戦を11-10で制したビジャレアルが大会初優勝を飾った。

クラブ史上初のメジャータイトル獲得を目指すビジャレアルは、グループステージから参加した今大会において11勝3分けと唯一の無敗を維持。エメリ監督にとって古巣対戦となったアーセナルとの準決勝ではホーム開催の1stレグを2-1、敵地での2ndレグを0-0のドローで終え、クラブ史上初の決勝進出を果たした。

ラ・リーガ最終節のレアル・マドリー戦を1-2で落とし、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)圏内の7位でリーグ戦を終えたチームは、初優勝と共に来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権という重要なモノを懸けて大一番に臨んだ。注目のスタメンは4日前のマドリー戦からガスパールに代わって負傷明けのフォイスが復帰した以外同じ顔触れとなり、バッカとジェラール・モレノを2トップに配した[4-4-2]を採用した。

一方、CLグループステージで3位敗退となったユナイテッドは、ラウンド32から参戦。これまでスールシャール体制では公式戦4度の挑戦で一度も突破できていないセミファイナルは鬼門となっていたが、ローマとの対戦では敵地での2ndレグを2-3で落とすも、ホームで戦った1stレグでの6-2という大きなアドバンテージを生かして初の鬼門突破となった。

ビジャレアルと異なり、プレミアリーグを3シーズンぶりの2位でフィニッシュした赤い悪魔は、すでに来季CL出場権を手にしており、オーレ体制で初タイトルであり、2016-17シーズン以来2度目の優勝に向け良い緊張感で臨むことが可能となった。直近のウォルバーハンプトン戦でバイリーを除く10人を温存したスールシャール監督は、負傷のマグワイアを除くベストメンバーを起用。ただ、コンディションに不安を抱えるフレッジがベンチスタートとなり、ポグバをボランチ、グリーンウッドを右ウイングに置く[4-2-3-1]の形となった。

これまで通算4度の対戦すべてでゴールレスドローとなっている拮抗した両チームによる5度目の対戦は、地力で勝るユナイテッドが押し込む入りを見せた。そして、開始7分にはラッシュフォードの仕掛けからボックス手前に走り込んだマクトミネイが枠の左に外れるファーストシュートを放った。

以降はユナイテッドがボールを握り、ビジャレアルが自陣低い位置でブロックを構える形に落ち着く。ユナイテッドは守備ブロック攻略には至らずも、素早いネガティブトランジションで相手に自由を与えず、カウンターのピンチを未然に防ぐ。それでも、ビジャレアルは20分過ぎにセットプレーからジェレミ・ピノ、パウ・トーレスと続けてフィニッシュの場面を作り出した。

すると、時間の経過と共に球際の局面でアジャストし、相手陣内でのプレー時間を増やし始めたビジャレアルがゴールをこじ開ける。

29分、相手陣内中央左やや距離のある位置で得たFKの場面でキッカーのパレホが絶妙な浮き球のボールをゴール前に落とすと、ゴール前に抜け出してきたジェラール・モレノがDFリンデロフにユニフォームを引っ張られながらも投げ出した右足のワンタッチボレーをゴール右隅に流し込んだ。なお、これで今季の公式戦30ゴールの到達したジェラール・モレノは、ジュゼッペ・ロッシが持つクラブ歴代最多ゴール記録(82ゴール)に並んだ。

相手のワンチャンスに泣きビハインドを追う展開となったユナイテッドはすぐさま反撃を開始。両サイドバックを高い位置に押し出して幅を取らせて攻撃を展開するが、逆に中央に絞るグリーンウッドやラッシュフォードに良い形でボールが入らず、相手の堅守を揺さぶり切れず。前半終了間際にはサイドに張った両ウイングが持ち味のドリブル突破から続けて際どいクロスを供給。同点ゴールには繋がらなかったものの、後半の巻き返しへのヒントになりそうな局面を作った。

奇しくも、現役時代のスールシャール監督が劇的逆転ゴールを奪って英雄となった22年前の1999年5月26日のCL決勝バイエルン戦同様に1点ビハインドでの折り返しとなったユナイテッド。

その再現を目指してアグレッシブな入りを見せると、早い時間帯に同点ゴールが生まれる。55分、左CKの二次攻撃からボックス手前で相手のクリアボールに反応したラッシュフォードが低い弾道のミドルシュートを放つ。これがDFとマクトミネイに続けてディフレクトしてゴール前にこぼれると、ストライカーの嗅覚でいち早く反応したカバーニが冷静に右足で流し込んだ。

早い時間帯の同点ゴールによって勢いづくユナイテッドは直後の57分にもボックス左でショーが頭で折り返したボールに反応したブルーノ・フェルナンデスが鋭い右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れる。一方、前半以上の守勢が続くビジャレアルは60分にバッカを下げてコクランを投入。ピノを最前線に上げてコクランを右サイドハーフに配してテコ入れを図った。

以降はダイナミズムで勝るユナイテッドが優勢に試合を運んでいく。71分にはボックス左でカットインしたショーの右足のシュートをゴール前のカバーニが見事な反応によって頭でコースを変えるが、これは惜しくも枠の左に外れる。

1-1の均衡が保たれたまま試合は後半終盤に突入。不動のユナイテッドに対して、守備陣を中心に疲労の色が見えるビジャレアルはピノ、トリゲロスに代えてパコ・アルカセル、モイ・ゴメスを、88分にはフォイスとペドラサの両サイドバックを下げてガスパール、アルベルト・モレノをピッチへ送り出した。後半終了間際にはポグバ、パウ・トーレスと互いに1度ずつ見せ場が訪れるも、これまでの通算対戦成績通りに5度目の対戦でも90分間で決着は付かなかった。

延長に入ると、ここまで1枚も交代カードを切らないユナイテッドに疲れが出始め、5人のフレッシュな選手がピッチに立つビジャレアルがオープンな展開の中で押し返していく。99分にはボックス左に侵攻したアルベルト・モレノ、100分にはボックス左でジェラール・モレノからのラストパスを受けたアルカセルに続けてシュートチャンスも、これを枠に飛ばせない。

一方、延長に入っての守勢を受けてスールシャール監督は100分、グリーンウッドを下げてフレッジを最初の交代カードとして切る。これでポグバが左ウイング、ラッシュフォードが右ウイングと立ち位置を変えた。

延長後半も引き続きビジャレアルの時間帯が続き113分にはショートカウンターの形からボックス中央のジェラール・モレノが右足で放ったボレーシュートがフレッジの手に当たる。VARのレビューが入るも、ノーファウルの判定となった。PK戦突入が間近に迫る中、ユナイテッドベンチはポグバ、バイリーに代えてトゥアンゼベ、ダニエル・ジェームズ。マクトミネイ、ワン=ビサカを下げてテレス、マタを投入。

そして、1-1のスコアのまま120分間の戦いを終え、優勝の行方はPK戦に委ねられることになった。運命のPK戦では互いに10人目まで全員が成功する痺れる展開となった中、決着は奇しくもGK同士がキッカーを務める11人目で付くことに。先行のビジャレアルのルジが決めた一方、後攻のユナイテッドはデ・ヘアの右を狙ったシュートがGKルジに止められて激闘に終止符が打たれることになった。

この結果、ビジャレアルがクラブ史上初の優勝を果たし、来季のCL出場権を確保。また、ELマスターと称されるエメリ監督は個人として4度目の優勝となった。一方、敗れたユナイテッドはスールシャール体制での初タイトルは来季以降にお預けとなった。

関連ニュース
thumb

レアル・マドリー、ビジャレアルとの膠着戦はゴールレスドロー《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは25日、ラ・リーガ第7節でビジャレアルをホームに迎え、0-0で引き分けた。 3日前に行われた前節マジョルカ戦をアセンシオのハットトリックで6-1と圧勝したレアル・マドリー。5勝1分けと好スタートを切った中、バルベルデを右サイドバックに配す[4-3-3]で臨んだ。 1勝4分けのビジャレアルに対し、3トップに右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べたレアル・マドリーが押し込む展開で立ち上がっていくも、13分にピンチ。 ダンジュマの単騎突破からのカットインシュートで枠を捉えられたが、GKクルトワが好守で凌いだ。 その後はビジャレアルがボールを持った中、静かな展開で推移。38分にダンジュマがボックス内からシュートを浴びせるシーンはあったものの、互いにゴールに迫るシーンはなく0-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半、ロドリゴに代えてカマヴィンガを投入したレアル・マドリーが押し込む展開で立ち上がると、50分に決定機。FKからミリトンがダイビングヘッドでゴールに迫ったが、シュートは枠を捉えられなかった。 その後、ビジャレアルにカウンターとセットプレーからゴールに迫られると、前半同様に膠着状態へ。 そこで73分、モドリッチに代えてアザールを、81分にアセンシオに代えてイスコを投入。すると82分、アザールのクロスからイスコが決定的なヘディングシュートを放つも、GKアセンホにセーブされた。 終盤にかけては互いにゴールに迫れず0-0でタイムアップ。手堅い試合運びを見せた両チームの一戦は、勝ち点1を分け合う結果となった。 2021.09.26 05:54 Sun
twitterfacebook
thumb

不調ビジャレアルを警戒するアンチェロッティ監督「クオリティが高く経験豊富」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、ビジャレアル戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今夏、6年ぶりのマドリー復帰となったアンチェロッティ監督。ここまでリーグ戦6試合を戦って5勝1分けを記録し、2シーズンぶりの優勝に向けてチームを首位に立たせている。 そんな好調のマドリーは、25日に行われるラ・リーガ第7節でビジャレアルと対戦。ビジャレアルは1勝4分けと本調子ではないものの、アンチェロッティ監督はクオリティが高く、経験豊富なチームであると警戒。同時に、自分たちの課題である守備面を改善したいと語った。 「今回の相手はクオリティが高く、経験豊富で、高いレベルでの試合に慣れているチームだ。彼らはハイレベルなので、この重要な試合にはベストを尽くさなければ勝てないだろう」 「我々としては守備面を改善しなければならない。シーズンのこの段階では、常に何かを向上させる必要があるのだ。前線の質が高いために、私たちは守備面に焦点を当ててきた。守るときは全員が協力し合わなければならない」 「マジョルカ戦ではより積極的なディフェンスを実行したが、残りの試合でもそうしたい。ボールを持っていない局面でも、もっとアグレッシブになる必要がある」 2021.09.25 20:14 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】レアル・マドリーvsビジャレアルの強豪対決! 負傷の久保は今季初欠場…

ミッドウィーク開催となった第6節ではマドリード勢とセビージャが順当に勝利も、バルセロナが昨季の4強で唯一勝ち点を取りこぼす一節となった。 来週にチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)とビッグクラブにとっては過密日程が続く中での開催となる今節は、ラ・リーガ4連勝で首位に立つレアル・マドリーと、前節ようやく今季初白星を手にしたビジャレアルの強豪対決に注目したい。 レアル・マドリーは前節、昇格組マジョルカをホームで迎え撃つと、数人の主力を温存した中で古巣対戦となったFWアセンシオのトリプレーテ、FWベンゼマのドブレーテの活躍などで、6-1の圧勝を飾った。初先発でアンカーを務めたMFカマヴィンガ、今季から本格的にインテリオールでのプレーにチャレンジするアセンシオが好パフォーマンスを見せるなど、実り多き試合となった。 28日にCLシェリフ戦を控える中、今節ではMFモドリッチやMFカゼミロらの先発復帰が見込まれるが、堅守を誇る相手に対しては、それぞれ8ゴール、5ゴールと早くもハイレベルなピチーチ争いを見せるベンゼマとFWヴィニシウスの活躍が求められるところ。また、徐々に状態を上げているMFアザールにも目に見える結果がほしいところだ。 対するビジャレアルはリーグ開幕から4戦連続ドローと勝ち切れない状況が続いていたが、前節のエルチェ戦では今季最多の4ゴールを奪い、待望の初白星を挙げた。ただ、筋肉系の問題で離脱中のエースFWジェラール・モレノ、長期離脱中のFWチュクウェゼに加え、エルチェ戦ではFWジェレミ・ピノが負傷しており、今節の欠場が濃厚だ。したがって、敵地での首位チームとの一戦ではDFパウ・トーレスを中心とする堅守をベースに、カウンターからFWアルカセルやFWダンジュマの決定力に賭けるというような試合展開が想定される。なお、こちらは来週ミッドウィークに昨季EL決勝の再現となるマンチェスター・ユナイテッド戦を控えており、割り切ったターンオーバーの可能性もありそうだ。 レアル・マドリーの取りこぼしを期待しつつ、連勝を狙うアトレティコ・マドリーは開幕5戦全敗の最下位アラベスと敵地で戦う。前節は開幕全敗のヘタフェ相手に大苦戦を強いられたが、相手の退場によって数的優位を得た後半半ば過ぎから猛攻を仕掛けると、FWルイス・スアレスの見事なドブレーテの活躍によって後半アディショナルタイムでの劇的な逆転勝利を収めた。28日に重要なCLミラン戦を控えていることもあり、対戦相手との力量差を考えれば、大幅なターンオーバーも見込まれる。そういった中、FWマテウス・クーニャやMFデ・パウルといった新加入組の活躍に期待したい。 前節、カディスを相手に敵地でゴールレスドローに終わり、公式戦3試合未勝利と泥沼の状況が続くバルセロナ。週明けにCLベンフィカ戦を控える中、近年苦手とするレバンテ相手に4戦ぶりの白星を目指す。カディス戦では後半半ばのMFフレンキー・デ・ヨングの退場が響いたものの、11人の状況でも低調なプレーに終始し、チーム状態は最悪とも言える。ただ、元々の戦力不足に加え、度重なる負傷者の影響でターンオーバーが困難なチームは、DFピケや一部ベテランを除きカディス戦とほぼ同じメンバーで難敵相手の勝利を目指すことになる。なお、解任間近とも伝えられるクーマン監督はカディス戦で退席処分を受けており、レバンテ戦では指揮を執ることができない。 また、自身初のサンティアゴ・ベルナベウでチームが1-6の大敗を喫した上、自身もヒザの負傷によって前半のみの出場に終わったマジョルカのMF久保建英は、中3日でオサスナと対戦する。3戦未勝利という状況もあり、チームの4戦ぶりの勝利に貢献したい久保だったが、離脱期間は1カ月程度と見込まれており、今季初めての欠場となる。 その他のカードでは、前節にいずれも3ゴールを挙げて勝利を収めた3位のレアル・ソシエダ、セビージャの2チームに注目。ソシエダは前節、伏兵エルストンドのドブレーテの活躍でグラナダを振り切って3-2の勝利。公式戦3試合ぶりの白星を挙げた。週明けにELモナコ戦を控える中、ホームできっちりエルチェを叩きたい。 一方、セビージャは公式戦3試合連続ドローと勝ち切れない試合が続いたが、前節は難敵バレンシアを相手にFWラファ・ミルの加入後初ゴールなどで3-1の快勝。ソシエダ同様に週明けにCLヴォルフスブルク戦を控える中、プレー強度が高い昇格組エスパニョールとのタフな試合をモノにしたい。 また、新加入のFWファルカオの2試合連続ゴールの活躍で一気に上位へジャンプアップしたラージョの3連勝が懸かるカディスとの一戦も要注目だ。 《ラ・リーガ第7節》 ▽9/25(土) 《21:00》 アラベス vs アトレティコ・マドリー 《23:15》 バレンシア vs アスレティック・ビルバオ 《25:30》 セビージャ vs エスパニョール 《28:00》 レアル・マドリー vs ビジャレアル ▽9/26(日) 《21:00》 マジョルカ vs オサスナ 《23:15》 バルセロナ vs レバンテ 《25:30》 ラージョ vs カディス レアル・ソシエダ vs エルチェ 《28:00》 ベティス vs ヘタフェ ▽9/27(月) 《28:00》 セルタ vs グラナダ 2021.09.25 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

久保建英が古巣ビジャレアル戦に先発も、互いに決め手を欠いてゴールレスドロー《ラ・リーガ》

19日、ラ・リーガ第5節のマジョルカvsビジャレアルが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 日本代表MF久保建英は2列目の右で先発出場し古巣対決に。一方のビジャレアルは、スペイン代表FWジェラール・モレノが右足のハムストリングを痛め欠場となった。 昇格組のマジョルカは、ここまで2勝1分け1敗の勝ち点7で9位に。前節はアスレティック・ビルバオ相手に2-0で敗戦を喫していた。 対するビジャレアルはここまで3分けで未勝利。前節のアラベス戦は延期となっており、1試合消化が少ない中、初勝利を目指す戦いとなる。 立ち上がりからボールを握ったのはアウェイのビジャレアル。鋭い出足でマジョルカの攻撃を封じ、マイボールではポゼッションを高めて攻めていく。 すると4分、ビジャレアルが波状攻撃。右サイドをアンダーラップしたモイ・ゴメスがスルーパスに反応し、ダイレクトでグラウンダーのクロス。これをゴール前でダンジュマがシュートもブロック。こぼれ球をディアがシュートも、ブロックし、マジョルカは粘りの守備で得点を許さない。 マジョルカはなかなかパスを繋げず、上手く攻撃を仕掛けられない。それでも24分にはマジョルカがビッグチャンス。ボックス右で得たFKからセビージャがクロス。ボックス内でフリーで受けたフェル・ニーニョがトラップからシュートも、わずかに浮いてしまい枠に飛ばない。 時間が経過してもビジャレアルがボールを保持し、主導権を握る展開で試合が進んでいく。久保は対峙するエストゥピニャンのスピードに苦戦。なかなか攻撃の形が作れない。 30分にはビジャレアルがビッグチャンス。左サイドを仕掛けるとコクランからのスルーパスをエストゥピニャンが裏に抜けてダイレクトクロス。これをディアがヒールで狙うが、GKマノロ・レイナが鋭い反応でセーブする。 押し込まれ続けるマジョルカは36分にアクシデント。マフェオが筋肉系のトラブルでピッチに座り込み、即座に交代。サストレが投入される。 その後、41分にサストレがイエローカードをもらったが、この判定を巡ってヒートアップ。互いに球際が強くなり、スタンドのファンも熱を帯びてワンプレーごとに異様な空気が漂うようになる。 治療時間もあったために前半のアディショナルタイムは5分に。すると3分にマジョルカがカウンター。アマトが運ぶと右の久保へパス。久保は持ち出しながら時間を作ると、タイミングを見計らってグラウンダーのクロス。これを走り込んだダニ・ロドリゲスがダイレクトシュートも、わずかに枠を越えていく。 互いに交代なしで迎えた後半は、立ち上がりからマジョルカが積極的なプレー。ビジャレアルのゴールに次々と迫る。48分には右サイドで久保が相手ボールを奪うとショートカウンター。最後はスルーパスを受けたフェル・ニーニョがボックス内からシュートも、枠を捉えられない。 後半も強度の高いプレーが続く展開となるが、ファウルが増えていき、徐々に荒れた展開となる。 するとビジャレアルが56分に一気に動く。ウナイ・エメリ監督は4枚替え、ダンジュマ、ディア、トリゲロス、コクランを下げ、アルカセル、ジェレミ・ピノ、パレホ、アルベルト・モレノが投入される。 対するマジョルカも前線を交代。フェル・ニーニョとアマトを下げ、ホッペとラゴ・ジュニオールを投入し、攻撃に変化をつけに行く。なお、ホッペは今夏シャルケから加入し、この試合がデビュー戦となった。 そのマジョルカは66分、左サイドのFKからセビージャがクロス。これをバルイェントがフリーで合わせに行くが、わずかに届かない。 その後はビジャレアルが押し込む展開となったが、80分に久保がチャンス。ボックス内でこぼれ球を拾うと、相手3人に対応されて左足を消されると、切り返しで一気にかわして右足シュート。しかし、これはブロックされる。 そのマジョルカは流れるような攻撃からネットを揺らす。82分、自陣でパスを受けた久保が起点となりカウンター。最後は右からのクロスにホッペがボレーで合わせてネットを揺らすが、オフサイドの判定でゴールは認められない。 マジョルカは91分に久保とイドリス・ババを下げて、イ・ガンインとバッタリアを投入する。 アディショナルタイムは長めの6分となると、94分には後方から上がってきたパレホがボックス内でシュートも枠に飛ばない。 最後はビジャレアルが押し込む展開となったが、互いにゴールを奪えず。0-0のゴールレスドローとなった。 マジョルカ 0-0 ビジャレアル 2021.09.19 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

公式戦4試合連続ドローのビジャレアル、エメリ監督は試合内容称賛 「観客にとっては素晴らしい試合」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)でのドローを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ビジャレアルは14日に行われたCLグループF第1節でアタランタと対戦。開始早々に失点を許す苦しい展開となるが、39分にMFマヌエル・トリゲロスがボレーシュートを叩き込み追いつくことに成功。73分には途中出場のアルノー・ダンジュマのゴールで逆転に成功したが、83分に同点とされると直後にMFフランシス・コクランが退場したことも響き、そのまま2-2のドローとなった。この結果、ビジャレアルは公式戦4試合連続ドローとなっている。 試合後のインタビューに応じたエメリ監督は、好試合を披露した両チームを称賛。そのうえで、同組のマンチェスター・ユナイテッドがヤング・ボーイズに敗れたことで混戦模様となりそうなグループを勝ち抜きたいと意気込んだ。 「素晴らしい試合だった。両チームのファンや中立の人たちを幸せにできたと思うし、評価されるべきものだろう。そして我々は、その中でどのように競争して、より良い結果を出していくかだと思う。一進一退の結果に苦しみながらもプロとして感じるのは、レベルの高いサッカー、才能、フィジカルの強さだ」 「両チームにとって引き分けは物足りないと思うが、観客にとっては素晴らしい試合になったと思う。最初の20分で難しい試合になることを予感させ、ドラマチックな雰囲気さえあった。我々はそこから立ち直り、チャンスを作り、同点に追いついた」 「後半の我々はより自信を持ち、楽観的だったと思う。2-1となったゴールが我々を刺激して、3点目を決めるチャンスもあった。ただ、あのような攻撃と守備を繰り返す相手チームに対しては、90分間でどのようにプレーすべきか考える必要がある。同点に追いつかれた後の退場も痛手だったね。それでも、ラストプレーで勝つことができたかもしれない」 「今日はとてもいい日になった。チームで進めているプロセスについては、誇りに感じている。このグループはヤング・ボーイズがマンチェスター・ユナイテッドに勝ったことで複雑になった。とはいえ、このグループの興味とモチベーションを高めるすべての要因になるだろうね。そしてそれが、我々の努力を倍加させていく」 「ヤング・ボーイズがリードしているからといって何かが変わるわけではないが、残り5試合の時点で優勝候補が最下位にいる。ヤング・ボーイズがモチベーションを高めて試合に臨むことを考えると、グループでのチャンスは小さくなるだろう。そして、グループのタフさも増すはずだ」 2021.09.15 15:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly