アルゼンチンの名門リーベル・プレートが来季のホームユニフォームを発表!クラブ創設120周年を記念

2021.05.27 06:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーベル・プレートは25日、来シーズンのホームユニフォームを発表した。クラブ創設120周年を祝うこのユニフォームは、伝統的なデザインに。白をベースに、左肩から右腰にかけて赤いラインが斜めに入っており、襷のようになっている。また、赤いラインの幅がこれまでよりも太くなっているのも特徴だ。

また、襟、アディダスのロゴ、胸スポンサーは黒色になっており、ユニフォーム全体が白、赤、黒の3色で構成されている。

さらに、シャツ背面の襟下には、「2021」とクラブが創設された「1901」の文字が重ねて描かれており、120周年を記念したデザインが施されている。

ショーツとソックスついては黒が基調となっており、白と赤のラインが刻まれている。

リーベル・プレートは25日に行われたコパ・リベルタドーレスのフルミネンセ戦で早速新ユニフォームを着用していた。

1 2
関連ニュース
thumb

アトレティコ会長、シメオネ監督の更なる長期政権を希望

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、ディエゴ・シメオネ監督の永久続投を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2011年冬にアトレティコの指揮官に就任したシメオネ監督。昨季の7シーズンぶりの優勝を含む2度のリーグ制覇やヨーロッパリーグ(EL)制覇など、輝かしい成績を残しており、8日には2024年まで契約を延長した。 セレソ会長はシメオネ監督に対し、リーベル・プレートで8シーズン目を迎えるマルセロ・ガジャルド監督を引き合いに出して、この先もクラブで指揮することを熱望。望む限り監督を続けられるとお墨付きを与えた。 「シメオネは退団したくなる時までクラブに居られるよ」 「我々は満足しており、何年も監督続けてくれることを願っている。これまで一緒に結果を出してきたからね」 「彼のアトレティコでのサイクルは、ガジャルドのそれと似ていると思う」 「その一方で、フットボールの世界ではそれぞれの人生が全く違うことも確かだ」 2021.07.31 17:49 Sat
twitterfacebook
thumb

マキシ・ロペスが現役引退…バルセロナやミランなどでプレー

リーベル・プレートやバルセロナ、ミランなどでプレーしたアルゼンチン人FWマキシ・ロペス(37)が現役引退を発表した。 マキシ・ロペスは29日に自身の公式SNSを更新。選手として在籍した全てのクラブでのプレー映像とともに「私の夢を実現してくれた皆さんに感謝します。それは美しい旅でした!!!」と、今夏のタイミングでスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 リーベル・プレートのユース出身のマキシ・ロペスは、バルセロナやマジョルカ、FCモスクワ、グレミオへのプレーを経て、2010年1月にカターニャに完全移籍。同クラブでは加入半年でリーグ戦11ゴールを挙げ、降格圏に沈んでいたクラブをセリエA残留に導いた。 その後、ミランやサンプドリアへレンタルされると、2014年夏にキエーボ、 2015年冬にトリノ、2017年夏にウディネーゼへ完全移籍。ウディネーゼ退団後はブラジルのヴァスコ・ダ・ガマやセリエB(イタリア2部)に所属したクロトーネでのプレーを経て、昨季はセリエC(イタリア3部)のサンベネデッテーゼに完全移籍していた。 クラブキャリアを通じてはセリエAで215試合、ラ・リーガで43試合、プレミアリーグで22試合など、公式戦400試合以上に出場していた。 2021.07.30 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがコロンビア代表FWボッレを完全移籍で獲得!

フランクフルトは5日、リーベル・プレートを退団したコロンビア代表FWラファエル・サントス・ボッレ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 ボッレは母国のデポルティボ・カリで17歳の時にプロデビュー。2015年8月にアトレティコ・マドリーへの移籍が発表されたが、その後はデポルティボ・カリやビジャレアルへ武者修行に出されると、アトレティコではプレーすることなく、2017年の夏にリーベル・プレートへ完全移籍。 そのリーベル・プレートでは、在籍4年間で公式戦149試合に出場し56ゴール18アシストを記録していた。 また、2019年7月のブラジル代表戦でコロンビア代表デビューを飾ったボッレは、現在開催中のコパ・アメリカ2021にもコロンビア代表として参加しており、ここまで4試合に出場。2大会ぶりのベスト4進出に貢献している。 なお、リーベル・プレートとボッレの契約はすでに終了しておりフリートランスファーでの加入となる。 2021.07.06 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クラスター発生でGK不在…アルゼンチンの名門が窮地もベテランMFが守護神として先発出場

南米No.1を決める大会で珍事が起きてしまった。 アルゼンチンの名門クラブであるリーベル・プレート。今シーズンのコパ・リベルタドーレスに出場しているが、チームを悲劇が襲う。 チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生。選手の多くを含む20名以上が感染している状況だ。 そんな中、19日、コパ・リベルタドーレスのグループステージ第5節でコロンビアのインデペンディエンテ・サンタフェを迎えるリーベル・プレート。しかし、登録されているGK4名全員が新型コロナに感染してしまったのだ。 非常事態を迎えたリーベル・プレートは、ユースのGK2名を追加で登録したいことを南米サッカー連盟(CONMEBOL)へと申請したものの、この申し出を却下。理由としては、50名を大会に登録できる中で、32名しか登録していなかったクラブ側の責任だとし、認めなかった。 窮地に立たされてたリーベル・プレートだが、決勝トーナメントに進むには重要な試合。グループ2位で臨んだ試合では、通常はMFを務める35歳のエンソ・ペレスをGKに起用して試合に臨んだ。 スタメンのGKが本職ではないという異例の事態となったが、リーベル・プレートは3分にファブリシオ・アンギレリ、6分にフリアン・アルバレスがゴールを奪い、一気に2点のリード。73分にケルビン・オソリオにゴールを許したが、2-1で勝利し窮地に追い込まれながらも勝利。グループ首位に浮上した。 試合後、代役で守護神を務めたエンソ・ペレスは「残念ながら僕たちは感染の問題に苦しんだけど、僕は全ての人の心、男気、そして人柄に救われた」とコメント。また、この窮地にメッセージを送ってくれたファンたちに向け「メッセージをくれた全ての人の愛に心から感謝する。全てが最高の形で続くことを願う」と感謝した。 <span class="paragraph-title">【動画】窮地のチームを救う開始早々の2ゴールをノーカットで</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">En menos de minutos rompió el partido: del gol de Angileri al de Julián Álvarez.<br><br>Los goles para el triunfo de <a href="https://twitter.com/RiverPlate?ref_src=twsrc%5Etfw">@RiverPlate</a> ante <a href="https://twitter.com/SantaFe?ref_src=twsrc%5Etfw">@SantaFe</a>. <a href="https://t.co/FWkOJWR6KB">pic.twitter.com/FWkOJWR6KB</a></p>&mdash; CONMEBOL Libertadores (@Libertadores) <a href="https://twitter.com/Libertadores/status/1395211104725442561?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.20 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯の日本戦でゴールの元コロンビア代表MFキンテーロが中国の深センへ完全移籍

中国スーパーリーグの深センは1日、リーベル・プレートの元コロンビア代表MFフアン・キンテーロ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キンテーロは母国のエンビガードでキャリアをスタート。その後は、アトレティコ・ナシオナルへと移籍すると、2012年7月にペスカーラへとレンタル移籍。2013年7月に完全移籍を果たしていた。 その後、2015年8月にポルトへと完全移籍。ポルト加入後もレンタル移籍を繰り返し、スタッド・レンヌやインデペンディエンテ・メデリン、リーベル・プレートでプレー。2019年1月にリーベル・プレートへと完全移籍していた。 リーベル・プレートでは公式戦60試合に出場し10ゴール7アシストを記録していた。 優れたボールテクニックとドリブル、精度の高いキックやパスのアイデアが特徴のキンテーロはトップ下を中心に、中盤の様々なポジションでプレーが可能な攻撃的な選手だ。 また、コロンビア代表としても22試合に出場し3ゴールを記録。2014年、2018年とワールドカップに2度出場し、ロシア・ワールドカップでは日本代表戦で壁の下を抜く絶妙なFKからゴールを記録していた。 2021.03.02 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly