「めちゃくちゃかっこいい」鳥栖とニューバランスのコラボスニーカーに絶賛相次ぐ「確実に欲しい!!」

2021.05.23 18:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
サガン鳥栖とニューバランスがコラボレーションしたスニーカーを販売することが決定。称賛の声が集まっている。鳥栖は22日、オフィシャルサプライヤーであるニューバランスとのコラボレーションモデル「ML574」の発売を決定。6月17日(木)に限定販売されることを発表した。

「574」は世界中で一番愛されてきたニューバランスのスニーカーで、今回のデザインは鳥栖をイメージした配色となっている。

ネービーをベースとしてサガンブルーをアクセントに使い、2ndユニフォームのデザインを踵部分にあしらったスペシャルな1足。ユニフォームとのコーディネートにベストマッチしする。

鳥栖はクラブにとって大事な「17」を意識し、「サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さんが応援をするときにぜひ履いてほしい、という強い想いから、チームにとって大事な番号である「17」日に発売をすることになりました。ぜひニューバランスとともに、サガン鳥栖の応援お願いします」としている。

このコラボスニーカー発表には、鳥栖ファンが称賛。「欲しい!欲しすぎる!!」、「確実に欲しい!!」、「ただただ欲しい」という意見があり、他クラブのサポーターも「めちゃいい!かっこいい!鳥栖さんグッジョブ!」、「立場上、死んでも買えませんがめちゃくちゃ魅力的なアイテムです」、「普通にめちゃくちゃかっこいい笑」とデザインの感想が寄せられている。

なお、価格は1万3200円(税込)で、23cm〜28cm、29cm、30cmで展開。販売場所・販売開始時間については決まり次第発表されるとのことだ。

1 2
関連ニュース
thumb

鳥栖が兒玉澪王斗も育成型レンタルへ! 相模原入りが決定

SC相模原は15日、サガン鳥栖からFW兒玉澪王斗(19)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「26」を背負う。 兒玉は鳥栖の下部組織育ちで、昨季に2種登録選手としてトップチーム入りすると、今季から正式昇格。その今季はJリーグYBCルヴァンカップでこそ4試合に出場したが、明治安田生命J1リーグで昨季に続いて出番がなかった。武者修行決定を受け、相模原を通じて意気込みを語っている。 「この度サガン鳥栖から移籍してきました兒玉澪王斗です。 新しい地、新しいユニホームを着てサッカーができる喜びを気持ちだけで終わるのではなくプレーで見せます。 必ずチームの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 一方、鳥栖を通じては「この度、SC相模原に移籍することになりました」と報告。武者修行先での活躍を誓った。 「プロキャリアをサガン鳥栖でスタートできたことを誇りに思っています。戦う舞台は違いますが、相模原に行っても自分の今できることを精一杯努力して、何段回もレベルアップしてきます。別のチームではありますが、これからも応援よろしくお願いします」 なお、鳥栖は同日にFW石井快征も愛媛FCに育成型期限付き移籍で加わると発表。トップチームで出場機会が限られる生え抜きを新天地に送り出して、成長を促す動きが活発化している。 2021.06.15 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW石井快征、愛媛に武者修行 「大きくなって帰ってきます」

愛媛FCは15日、サガン鳥栖からFW石井快征(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「40」を着用する。 鳥栖下部組織出身の石井は世代別代表歴も持つ有望株で、2018年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。昨季は明治安田生命J1リーグ18試合出場で3得点を記録したが、今季はここまで5試合の出番にとどまり、無得点だった。 武者修行先でさらなる成長を目指す石井は愛媛を通じて「こんにちは。初めまして石井快征です。愛媛に関わる全ての方々に感謝をして頑張りますのでよろしくお願いします」と活躍を誓った。 一方、鳥栖を通じては「小さな頃から所属しているクラブを離れるのは寂しい気持ちもありますが、愛媛に行って大きくなって帰ってきます」とコメント。力をつけての復帰を約束した。 2021.06.15 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖に痛手、堅守支えるDFファン・ソッコが全治4〜5週間

サガン鳥栖は10日、DFファン・ソッコの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ファン・ソッコは5月30日に負傷したとのこと。検査の結果、左大腿直筋肉離れと診断されたとのことだ。 なお、全治は4~5週間とされている。 ファン・ソッコは清水エスパルスから今シーズン鳥栖に加入。3バックの一角として、明治安田生命J1リーグで17試合に出場していた。 2021.06.10 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が開始42秒で先制も…神戸がドウグラス弾で同点! 互いに勝ち越し機生かせずのドロー【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節の1試合が30日にノエビアスタジアム神戸で催され、ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。 今季2度目の連勝を目指す7位の神戸は前節から2選手が入れ替わり、アンドレス・イニエスタがトーマス・フェルマーレンとともに先発入り。一方、ここ7試合負けなしで3位の鳥栖は4選手のメンバーチェンジが施され、酒井宣福が神戸の左サイドバックとして先発入りした兄の酒井高徳と同じくスタートから出場した。 再び上位に割って入っていきたい神戸とさらなる上を目指す鳥栖の一戦は思わぬ早さでスコアが動く。1分、相手DFのクリアボールを敵陣右サイドで拾った飯野が林にボールを預けて前に出ていくと、酒井宣福からのリターンを受けて、バイタルエリア中央の中野嘉大に展開。その中野嘉大を追い越す動きでボックス左のスペースに猛進した仙頭が左足ダイレクトでボールをゴールのニアサイド突き刺して、鳥栖が先取する。 開始42秒で先制の鳥栖は18分に飯野の負傷で早くも小屋松の投入を強いられるが、ペースを崩さず。それでも、プランが乱れた神戸は28分に最終ラインまで下がり、ビルドアップに参加したセルジ・サンペールの右足フィードから追いつく。絶妙なタイミングで最終ラインを抜け出した古橋はバイタルエリア中央まで飛び出したGK朴一圭に処理されるが、こぼれ球にドウグラスが反応。左足で無人のゴールに流し込んだ。 前半のうちに追いつかれてしまった鳥栖は後半の立ち上がりからボールポゼッションで巻き返し始めるが、神戸も我慢の時間を凌ぎながら勝機を見いだしにかかると、59分に左サイドを起点にしたパスワークからバイタルエリア右のアンドレス・イニエスタがボックス内に浮き球パスを出して、フリーの古橋がヘディングシュート。これがゴール右に収まるが、古橋がオフサイドがとられ、勝ち越しとはならない。 その後、互いに打開を図ろうとベンチワークも活性化させていくなか、77分に右サイドからのクロスが鳥栖の決定機に繋がり、ボックス中央の小屋松がヘッドで合わせるが、惜しくもクロスバーを直撃。すると、その1分後には神戸にも古橋の単騎カウンターで決定的なシーンを作るが、左足フィニッシュはGK朴一圭の正面を突いてしまう。 イーブンのまま最終盤を迎えた両者は終始、勝利にこだわり、死力を尽くすが、白黒つかずに勝ち点1ずつを分け合う結果に。神戸は2戦無敗とした一方で、鳥栖は8戦負けなしとしている。 ヴィッセル神戸 1-1 サガン鳥栖 【神戸】 ドウグラス(前28) 【鳥栖】 仙頭啓矢(前1) 2021.05.30 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:神戸vs鳥栖】上位争う両者、ストロングポイントを見せつけ勝利を掴むのは!?

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2021年5月30日(日) 14:00キックオフ ヴィッセル神戸(7位/27pt) vs サガン鳥栖(3位/32pt) [ノエビアスタジアム神戸] ミッドウィークに行われた前節はアウェイで柏レイソルを下して勝利。対する鳥栖はアウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦でゴールレスドロー。 上位を争う両者、自身のスタイルを貫いて勝機を見出す。 ◆今節も聞きたい勝利の咆哮【ヴィッセル神戸】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦し、2-1で勝利。4試合ぶりの勝利を収め、チームとしてもホッとしたところだろう。 その柏戦だが、試合終了後にDF菊池流帆が柏の選手と揉める事態に。菊池の魅力でもある雄叫びが挑発と勘違いされ、一触即発状態に。試合後には柏サポーターへ菊池のほか、山口蛍、酒井高徳が謝罪に行くシーンもあった。 特に何かをしたわけではなく、両者も和解したが、そのメンタリティを菊池には変えないでもらいたい。数少ないファイタータイプのCBはこの先もJリーグでそのパフォーマンスを見せてほしいものだ。 チームもその菊池に載せられるように、組織力を生かしたプレーで上位争い中。再び勝利の雄叫びをあげることができるか。連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:セルジ・サンペール、山口蛍 MF:井上潮音、アンドレス・イニエスタ、中坂勇哉 FW:古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆7戦無敗、難敵・神戸相手に勝利を【サガン鳥栖】 鳥栖はアウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦で0-0のゴールレスドロー。決め切れないまま90分を終えてしまった。 連勝こそ逃したが、7戦無敗に。チームとしての戦い方に安定感が出てきており、上位争いを一歩も譲らない状況となっている。 個の力が揃っている神戸。さらに組織だったプレーを今シーズンは続けているが、組織力では鳥栖も引けを取らない。 まずはボールを保持する時間を増やすこと。そしてタイトな守備、全体をコンパクトに保つことで、パスの供給源を止めると共に、裏へのスペースをGK朴一圭がしっかりと封じることが求められる。 神戸、そして次節は横浜F・マリノスと難敵との連戦。しっかりと勝ち点を積み上げられるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 2021.05.30 10:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly