ユナイテッドファンの怒りは収まらず、再び抗議デモで2名が逮捕

2021.05.14 12:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファンの抗議活動により延期されていたマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの一戦。13日に日程が変更されて開催されたが、この日も多くのファンがスタジアムに集結した。

当初は2日に予定されていた試合だったが、多くのユナイテッドファンがオーナーであるグレイザー・ファミリーへの抗議を実施。ピッチ内に侵入するなどし、試合開催ができない状況となっていた。

13日の試合は厳戒態勢で行われた中、数百人のファンが抗議活動。その中で、ユナイテッドの選手たちが先にスタジアムを訪れ、キックオフの6時間半に到着するなど警戒した。

また、リバプールのチームバスは警察に先導される形でスタジアムに到着。キックオフ1時間半前に無事に到着していた。

グレートマンチェスター警察は今回の件について声明を発表。2人の逮捕者が出ていることを明かしている。

「現在、オールド・トラッフォードの外で抗議が行われていることを認識している。少数の人々が日程を壊そうとしているようだ」

「警察は、平和的な抗議の権利を促進しながら、安全を維持するために出動している。公序良俗違反に関連し、2件の逮捕が行われた」

関連ニュース
thumb

契約最終年のリンガードが延長交渉 スールシャール「話し合っているところ」

マンチェスター・ユナイテッドがイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)と契約延長に向けて、交渉に入っているようだ。 今年1月から半シーズンのレンタルで過ごしたウェストハムで水を得た魚のごとく輝きを放った後、今夏に7歳の頃から慣れ親しむユナイテッド復帰を決意したリンガード。ただ、ユナイテッドとの契約は今季最終年であり、このまま更新がなされなければ、来年1月から他クラブとの交渉が解禁され、来夏にフリー移籍となる。 既報でユナイテッドから届いた延長オファーを拒否したともいわれるリンガードだが、オーレ・グンナー・スールシャール監督は19日に敵地で行われるプレミアリーグ第5節のウェストハム戦に先駆けた会見で、選手側と協議の最中であることを明らかにした。 「彼との契約はあと1年ある。クラブは彼や彼の父親と話し合っているところ。我々は彼をこれからのマン・ユナイテッドを背負う選手として考えているのだ。彼をサポートしているし、彼の残留も願っている。根っからのユナイテッドっ子だしね」 また、「ジェシーはウェストハムで素晴らしい活躍を披露した後、我々のところに戻ってきた。自らのクオリティを示して、ゴールを決め、イングランド代表にも復帰したのだ。今季、ベストな彼が見たい」と続け、ウェストハムでのものと匹敵する輝きを期待した。 今夏にウェストハムが再獲得を目指したものの、ユナイテッドが応じなかったというリンガードは今季、ここまで先発機会こそないが、公式戦3試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節のヤング・ボーイズ戦で軽率なバックパスから決勝ゴールも献上したが、プレミアリーグ第4節のニューカッスル・ユナイテッド戦で1得点を記録した。 2021.09.17 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの息子がリンガードにお返し?お決まりのゴールパフォを逆披露

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの息子が、父親の同僚であるイングランド代表MFジェシー・リンガードに恩返しした。 今夏の移籍市場で12年ぶりにユナイテッドに復帰したC・ロナウド。レジェンドの帰還にはファンだけでなくユナイテッドの選手たちも大きく沸いたが、喜びを行動で示したのがリンガードだった。 リンガードはユナイテッドのアカデミー在籍時に、当時在籍していたC・ロナウドに直接指導してもらった経験もある。そして、5日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第5節のアンドラ代表戦にイングランド代表の一員として参加すると、先制ゴール時に、両手を使って顔の前でポーズを決めるいつもの仕草にプラスして、助走から飛び上がり、180度回転しての着地するパフォーマンスも披露。C・ロナウドを彷彿とさせた。 試合後のインタビューで「ちょっとしたウェルカム・ギフト」だと説明したリンガードは、C・ロナウドのプレミアリーグ復帰戦となった11日のニューカッスル戦にともに出場すると、2人揃ってゴール。最高の形でC・ロナウドの復帰を祝った。 そうした出来事がクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアにも伝わったのだろうか。イギリス『サン』は、ニューカッスル戦を観戦に訪れていたロナウド・ジュニアがリンガードのゴールパフォーマンスを真似て披露している姿を伝えた。 ゴールパフォーマンスのポーズは、リンガードが2018年夏に立ちあげたブランド「JLingz」のロゴにも使われており、この先もロナウド・ジュニアが披露してくれれば心強い味方となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】リンガードのゴールパフォーマンスを逆披露するクリスティアーノ・ロナウド・ジュニア</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo’s son performs Jesse Lingard’s ‘J-Lingz’ celebration after Man Utd star’s tribute to his dad <a href="https://t.co/dKtO1Qg2oi">https://t.co/dKtO1Qg2oi</a></p>&mdash; The Sun - Man Utd (@SunManUtd) <a href="https://twitter.com/SunManUtd/status/1437814786130128900?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

少年時代のソン・フンミン、ユナイテッドを応援…「パク・チソンがいたからね」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがかつての自身について、マンチェスター・ユナイテッドを贔屓にする少年だったと明かした。 2015年夏にレバークーゼンから加入後、今や押しも押されもせぬトッテナムのスター選手として知られるソン・フンミン。その活躍ぶりはアジア史上最高の選手とも評されるほどのものだ。 イングランド代表FWハリー・ケインともホットラインも築く絶対的主力だが、自身の幼き頃は韓国代表のレジェンドであるパク・チソン氏の存在もあり、ユナイテッドが好きだったという。 『Pro:Direct Soccer』で小さい頃に応援したチームを尋ねられると、トッテナムに忠誠心を示しつつ、「マンチェスター・ユナイテッドだね。チソンがプレーしていたからさ」と返答した。 「彼は国民的なヒーロー。韓国では『彼には2つの心臓がある』とも言われているんだ。僕からしても、彼は国民的な英雄さ。良き友人でもある」 「彼は韓国の選手たちにプレーの仕方を提示し、希望や機会を授けた。それは簡単じゃない。プレミアリーグでプレーした最初の選手でもある」 「そういうわけで、僕はユナイテッドを応援していた。でも、今はできない!」 パク・チソン氏はかつて京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でもプレーしたことで知られ、2005〜2012年までユナイテッドに所属。無尽蔵のスタミナと戦術理解度を武器に活躍した。 2021.09.17 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、テレス&マクトミネイの復帰迫る! 全体練習に完全合流

マンチェスター・ユナイテッドの負傷者が続々と復帰に近づいているようだ。 その選手とはブラジル代表DFアレックス・テレスとスコットランド代表MFスコット・マクトミネイだ。前者はプレシーズンの段階で足首を痛め、今季のここまで出場なし。後者は先月末にそ径部の手術に踏み切り、プレミアリーグ第2節のサウサンプトン戦を最後に欠場が続いている。 だが、16日のトレーニング施設では練習に励む両選手の姿。オーレ・グンナー・スールシャール監督はクラブメディアで復帰時期こそ伏せたものの、両選手が全体練習に合流したことを明らかにした。 「スコットとアレックスは今朝のトレーニングから完全合流した。良い感じだ。もちろん、彼らを起用できるか否かを判断する前にセッションを重ねる必要があるがね」 ユナイテッドは今季のここまでイングランド代表DFルーク・ショーが左サイドバックとして試合に出ずっぱりで、ボランチに関しても強度の面でマクトミネイの不在を露呈。10月の代表ウィークまでにこれから公式戦5試合を戦う過密日程だけに、負傷者が戻ってくるのは朗報だ。 なお、先日に開幕したチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの戦いこそ黒星発進になったユナイテッドだが、プレミアリーグに目を移せば、ここまで3勝1分け無敗。19日に行われる第5節では2勝2分け無敗の8位につけるウェストハムとのアウェイ戦に臨む。 2021.09.17 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「私は死んだの?」目を開けたらC・ロナウド、ボール直撃の女性警備員が告白

一躍有名になってしまった警備員の女性が、その時のことを振り返った。スイス『Blick TV』が伝えた。 事件が起こったのは、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のヤング・ボーイズvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦のウォーミングアップ中だ。 今夏12年ぶりに古巣のユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。再デビューとなった11日のニューカッスル戦では、いきなり2ゴールを決める千両役者ぶりを見せ、チームの勝利に貢献していた。 C・ロナウドにとっては、ユナイテッド復帰後のCL初戦。試合前のウォーミングアップではFKの練習をしていたが、その際に放ったシュートがゴール裏にいた女性警備員の頭部に直撃。その場で倒れこんでしまった。 他の警備員やユナイテッドのメディカルスタッフが駆け寄る中、C・ロナウドもその女性の元に。言葉を掛けると問題はなかった様子。そのC・ロナウドは試合でも先制点を記録した。 ボールが直撃したのはマリサ・ノビレさん。お詫びの印としてC・ロナウドのユニフォームがプレゼントされたが、当時のことを証言。倒れた後に目を開けた際に、C・ロナウドが目の前にいたため、死んだのかと思ったと語った。 「ボールが私の頭に当たった時、それは完璧にヒットしたの!」 「私は頭の中が真っ白になり、そのまま地面に倒れたわ。そのあと、私の頭の上にロナウドがいたの。『あぁ、なんてこと…私は死んだの?』って」 「そうしたらロナウドは言ったの。『ごめんなさい!どうしました?大丈夫ですか?』って」 「私は酷い痛みを感じていたわ。なんてこと。私は多少なりともバラバラだったわ。でも、ロナウドを見て、頭痛は無くなったわ」 思わぬ災難に巻き込まれてしまったが、ケガもなく最終的には体験できないラッキーな事態に笑顔を見せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールが直撃した警備員の女性に駆け寄り声を掛けるC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo checking on the steward he accidentally hit during shooting practise <br><br>(via xalobaba91/TikTok) <a href="https://t.co/9CyCZ1W2Kr">pic.twitter.com/9CyCZ1W2Kr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1438166722977177600?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 22:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly