【セリエA第37節プレビュー】CL争い生き残り懸けるユーベが王者インテルとダービー

2021.05.15 17:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミッドウィークに行われた前節、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う上位陣は順当に勝利を収めた。残り2試合となって迎える第37節、CL圏外の5位に位置するユベントスは、王者インテルとホームで対戦する。

ユベントスは前節、サッスオーロ相手に守護神ブッフォンのPKストップ、C・ロナウド&ディバラのユーベ通算100ゴールなどで辛くも勝利を収めた。相変わらずの低調な内容だったが、しっかりと勝利を収めてCL出場権争いに踏み止まっている。優勝を決め、モチベーションのないインテル相手にきっちりと勝ち点3を奪って最終節に望みを繋げられるか。

2位アタランタは14位ジェノアとのアウェイ戦に臨む。アタランタは前節、ベネヴェント相手に4バックで挑み、ムリエルのゴールなどで危なげなく快勝。ユベントスとの直接対決で上回っているため、ジェノアに勝利すれば3季連続でのCL出場が決まるアタランタだが、最終節ミラン戦を前にCL出場を決められるか。

3位ミランもアタランタと同条件で、15位カリアリに勝利すれば来季のCL出場が決まる。前節トリノ戦では大黒柱のイブラヒモビッチを欠いた中、7発圧勝したが、この勢いを持続してアタランタ同様、最終節を前にCL出場を決めることはできるか。

ユベントスを1ポイント上回る4位ナポリは、13位フィオレンティーナとのアウェイ戦に臨む。ナポリは前節ウディネーゼに5発圧勝。ここ7戦で5勝と好調を維持している中、残り2試合を連勝してユベントスの追撃を振り切れるか。

そして今節はヨーロッパリーグ出場を争う7位ローマと、CL出場が厳しくなっている6位ラツィオによるローマ・ダービーが行われる。ローマは前節インテルに1-2と競り負けた。それでも8位サッスオーロがユベントスに敗れたため、2ポイント差を維持。最低限の目標であるEL出場を果たすため、負けられないダービーとなる。

一方、前節パルマ戦を制したラツィオだが、上位陣が勝ち点を取りこぼさなかったため、CL出場は厳しい情勢となっている。ナポリの躓きを期待する状況だが、僅かな可能性に託すためにも勝利したい。

前節、共に先発したボローニャの冨安とサンプドリアの吉田。冨安はヴェローナとのアウェイ戦を、吉田はウディネーゼとのアウェイ戦を戦う。

◆セリエA第37節
▽5/15(土)
《22:00》
スペツィアvsトリノ
ジェノアvsアタランタ
《25:00》
ユベントスvsインテル
《27:45》
ローマvsラツィオ

▽5/16(日)
《19:30》
フィオレンティーナvsナポリ
《22:00》
ベネヴェントvsクロトーネ
ウディネーゼvsサンプドリア
《25:00》
パルマvsサッスオーロ
《27:45》
ミランvsカリアリ

▽5/17(月)
《27:45》
ヴェローナvsボローニャ


関連ニュース
thumb

ユーベ、吉田麻也ゴールのサンプドリアに競り勝ち2連勝! ディバラ&モラタ負傷でチェルシー戦に懸念《セリエA》

セリエA第6節、ユベントスvsサンプドリアが26日に行われ、3-2でユベントスが勝利した。サンプドリアの吉田麻也はフル出場し、1ゴールを記録している。 アッレグリ政権復権後、ここまで苦しい状況が続くユベントス。前節のスペツィア戦でなんとか逆転に持ち込み、ようやくリーグ戦初白星を手にした。対するサンプドリアは、前々節のエンポリ戦で初勝利を挙げたものの、前節はナポリに4失点大敗を喫している。 互いに低空飛行の中迎えた今回の一戦。まずはアウェイのサンプドリアが攻め込んでCKのチャンスを得るが、ここは簡単に跳ね返される。一方のユベントスもディバラがパスワークでボックス右に侵入するが、ここはDFに対応されボールをロスト。 序盤から一進一退となった中、ユベントスは10分に左サイドのアレックス・サンドロからクロスが上がると、一度跳ね返されたボールをロカテッリがシュート。ここはDFにぶつけてしまうが、こぼれ球を横に繋いで最後はボックス手前右のディバラが左足ボレーシュートをゴール右下に突き刺した。 幸先よく先制したユベントスは、12分にもカウンターから決定機。中央のディバラからキエーザがボックス右で受け、フリーでシュートを放つが、DFが気になったかわずかに右に外してしまった。さらに14分には、再び速攻の形からモラタにゴールチャンスが訪れるも、ボックス左から流し込むように狙ったシュートはGKアウデーロに止められた。 追加点の雰囲気が漂うユベントスだが、20分過ぎにアクシデント。ディバラが相手との接触を避けた際に足首を痛めて自ら交代を要求。涙を浮かべながらピッチを後にした。代わりにクルゼフスキが投入されている。 その後はユベントスの勢力が衰えたことで試合は膠着状態に。だが、前半終了間際に大きく動く。43分、キエーザがボックス右から放ったシュートがムッルの腕に当たってユベントスがPKを獲得。これをボヌッチが決めてリードを広げる。 しかし、その直後の44分、サンプドリアがクアリアレッラのシュートで左CKを獲得すると、ショートコーナーからカンドレーバが右足でクロス。これをボヌッチに競り勝った吉田が頭で合わせて1点差に縮めた。吉田は第3節のインテル戦に続いて今季2ゴール目となった。 ユベントスの1点リードで迎えた後半。ボールは握るものの、なかなかシュート数が増えなかったが57分、左サイドでロカテッリの巧みなループパスを受けたキエーザがゴール前に侵入。ここはサンプドリアDFに止められてしまうものの、その後の不用意なパスをボックス左でクルゼフスキが奪取。マイナスの折り返しをロカテッリが押し込んで3点目を決めた。 その直後にサンプドリアは3枚替えを敢行し、主に中盤に変化を加える。対するユベントスは70分にラムジーとキエッリーニを投入し、3バックを敷いて守備固め。それでも74分にはベンタンクールが決定的なシュートを放つなど、隙あらば決着をつけにいく強かさも見せる。 80分過ぎにはモラタも追加点に迫ったが、その際のシュートで腿裏を負傷。ディバラに続いて先発した2トップがケガに見舞われる事態となった。 するとサンプドリアは83分、敵陣でのボール奪取から速攻を仕掛け、ボックス左にトールスビーが侵入。そのマイナスの折り返しをカンドレーバがボックス中央から流し込み、1点差に縮めた。 しかし、スコアはこれ以上は動かず試合終了。ユベントスはリーグ戦連勝を収めたものの、守備に課題を残す一戦に。また、29日に控えるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に向けて、ディバラとモラタの負傷交代という懸念を残すことになった。一方のサンプドリアは連敗で3つの黒星がついた。 2021.09.26 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カッサーノ氏が今季のユベントスを酷評「混乱している」「アイデアもない」

元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏が、大不振に喘ぐユベントスを酷評した。 2020-21シーズンはアンドレア・ピルロ監督がシーズン前に突如指揮官に就任。初の監督キャリアでの大役となったが、チームななかなか思うように機能せず。10連覇を目指したセリエAでもインテルにスクデットを譲るなど4位に終わり、近年で最悪のシーズンとなった。 そのユベントスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督を復帰させた中、エースであったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが開幕後にマンチェスター・ユナイテッドへと復帰。ケガ人などの影響で戦力が整わないと、今シーズンのセリエAでは開幕から勝利なし。22日に行われた第5節のスペツィア戦で初勝利を収め、12位に位置している。 そのスペツィア戦でも、先制しながら一時は逆転されるというお粗末な試合展開に。カッサーノ氏は、元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏が配信しているTwitchの『ボボTV』に出演し、ユベントスを酷評した。 「ユベントスは腹立たしい試合をした。スペツィアはユベントスにプレッシャーをかけた。もし彼らが3-1にしていたら、それはゲームを終わらせていただろう」 「彼らはアッレグリのチームと比較して、50分の1の価値のチームだ」 「彼らがゴールを決めたのは、アッレグリが見ていないのに苦労し続けている2、3人の選手のおかげであり、混乱しているという印象を私に与えている」 「ユベントスのプレーの仕方がわからない。とても心配だ。彼らは彼らは勝ったが、このまま続けていてはトップ4に入るのは苦労するだろう」 「最も整ったチームであるが、今は10ポイント遅れている。プレーが悪く、受け身であり、常にボールの後ろにいるにも関わらず、多くの苦しみを味わっている」 「アイデアもない。個性が欠けている。以前は、ワンプレーで勝負を決められる王者がいた。(クリスティアーノ・)ロナウドは3年間で100ゴールを記録し、(ゴンサロ・)イグアインは多くのゴールを決めた。(パウロ・)ディバらは素晴らしいことをしている」 「今、彼らは混乱したチームであり、ごちゃごちゃしている。幸運にもスペツィアに勝っただけだ」 2021.09.25 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ようやくリーグ初勝利も…苦しむユベントスをイタリア代表OBが酷評 「アイデアも個性もない」

元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がユベントスを酷評した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ユベントスは昨シーズンのセリエAを4位で終え、10連覇を逃したことを受け、今夏に2014年から2019年までチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が再就任。新シーズンでの復権を目指していたものの、開幕からのリーグ戦4試合で2分け2敗とスタートダッシュに失敗した。 22日に行われたセリエA第5節スペツィア戦を3-2のスコアで終え、ようやく今季リーグ戦初白星を挙げたものの、一時は逆転を許すなど不安定なパフォーマンスは続いている。 こうした状況のユベントスに対して、『Twitch』の『Bobo TV』に出演したカッサーノ氏は辛辣に批判。スペツィア戦の勝利は幸運だっただけであり、依然としてチームには何の形もないと酷評した。 「ユベントスは不愉快な試合をした。スペツィアがユベントスにプレッシャーをかけ、3-1にしていたら試合は終わっただろう。彼らはアッレグリ監督のチームと比べて、50倍は価値で劣るチームなのにね」 「私はユベントスのプレーが理解できず、とても心配している。彼らは勝ちこそしたが、このままではトップ4に入るのも難しいだろう。もっとも設備の整ったチームのはずだが、すでに首位と10ポイントも差をつけられた。プレーは酷く、消極的であり、常に深く守っているにもかかわらず、とても苦しんでいる」 「アイデアも個性もない。以前はワンプレーで試合に勝つチャンピオンがいた。クリスティアーノ・ロナウドは3年間で100ゴールを決め、ゴンサロ・イグアインも多くのゴールを決めていた。そしてパオロ・ディバラは素晴らしい活躍をしていたね」 「今の彼らは、ただの混乱したチームに過ぎない。幸運にも、スペツィアには勝ったけどね」 2021.09.25 12:38 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがデ・リフトをターゲットに? クラブレコードの更新が必須に

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)をターゲットに設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強に失敗したチェルシー。パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョスや、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデとの交渉が伝えられていたが、前者は移籍に関心を示さず、一方後者は前向きだったものの、セビージャの要求額を満たすことができなかった。 クンデに関しては今後も動向を注視していくとみられているが、新たに獲得リストに挙がったのがデ・リフトのようだ。 同選手は2019年夏にユベントス史上最高額となった7500万ユーロの移籍金でアヤックスから加入。DFレオナルド・ボヌッチとDFジョルジョ・キエッリーニという2人の大ベテランが鎮座していたものの、キエッリーニがケガによる離脱が少なくなかったことから、1年目から主力としてプレーを続けている。 伝えられるところによると、デ・リフトには今季終了時に発動するリリース条項があり、1憶ポンドを超える契約解除金が設定される模様。そうなると、チェルシーでは今夏にベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に支払った9750万ポンドの現クラブレコードを超える必要がある。 現状でユベントスに売却の意思はないため、値切りは難しい状況だが、果たしてチェルシーが獲得に動くことはあるのだろうか。 2021.09.23 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

交通事故で愛車のフェラーリ破損…ユベントスMFにケガはなし

ユベントスに所属するブラジル代表MFアルトゥールが事故を起こしていたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 昨夏、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードでバルセロナからユベントスへと移籍したアルトゥール。7月に右足の手術を受け、今シーズンはまだプレーしていない。 復帰を目指しトレーニングに励むアルトゥールだが、クラブの施設でのメディカルチェックを行う予定だったが、向かう途中に交通事故に遭ったようだ。 『Juventusnews24』によると、アルトゥールは22日の朝に事故に巻き込まれたとのこと。幸いケガなどはなかったが、愛車のフェラーリが大きな損傷を受けた。 アルトゥールのフェラーリは右のヘッドライトが大きく破損。事故の大きさを物語っている。なお、アルトゥールに過失はないとのことだ。 昨シーズンは公式戦32試合に出場し1ゴールに終わったアルトゥール。今季は開幕から苦しい状況が続くチームを救う活躍ができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】交通事故に遭い破損した愛車のフェラーリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Arthur?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Arthur</a> coinvolto in un incidente questa mattina. Il brasiliano, non responsabile dell’accaduto, è rimasto illeso <a href="https://t.co/ybxIS7N59n">pic.twitter.com/ybxIS7N59n</a></p>&mdash; JuventusNews24.com (@junews24com) <a href="https://twitter.com/junews24com/status/1440632905898737666?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2cEVTNDM0ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 12:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly