インテル、新エンブレムが入ったド派手な第4のユニフォームをローマ戦で着用へ

2021.05.12 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは11日、12日に行われるセリエA第36節のローマ戦で、今シーズン4つ目となる特別ユニフォームを着用することを発表した。

インテルは3月に創立113周年に際してクラブの新エンブレムを発表。新エンブレムは、白で描かれたインテルの「I」とミラノの「M」を円が囲う形に。バックグラウンドにはクラブ伝統の青と黒が使われている。

そしてインテルはユニフォームのデザインを手掛けるナイキとともに新エンブレムでの初のユニフォームを発表。デザインは黄色、白、黒、青のカラーリングで幾何学的な模様が描かれたかなり派手なものになっている。

4月に発表された特別ユニフォームは、レガ・セリエAでは1枚のユニフォームに使用できる色が3色までという規定があり、着用できないのではないかと報じられていたが、許可が下りたようだ。

なお、インテルとタイヤメーカーのピレリ社とのスポンサー契約は今季まで。1995-96シーズンから胸についているピレリのロゴは、このユニフォームが最後となる可能性が高い。



1 2
関連ニュース
thumb

アシュリー・ヤング、10年ぶりにアストン・ビラへ復帰!

アストン・ビラは17日、インテルから元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 1995年にワトフォードのアカデミーに入団したヤングは、2003年にトップチームに昇格。その後、アストン・ビラやマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを経て、2020年1月にインテルに移籍。 インテルでは公式戦55試合に出場し4ゴール8アシストを記録。昨夏に1年延長オプションが行使され、今季も公式戦34試合の出場で1得点4アシストの数字を収め、チームの11季ぶりとなるスクデット獲得に貢献していた。 2年間を過ごしたイタリアを離れ、10年ぶりにアストン・ビラへ帰還したヤングは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「戻ってこられて素晴らしい気分だ。まるで離れていなかったかのような気がするよ」 「練習場に戻ってきて懐かしい顔ぶれにも会った。練習場の設備の充実ぶりを見て、このクラブがどれほど成長したのかを感じられて嬉しかったね」 「私がいた時代からクラブがどれだけ進化してきたのかがわかるね。もう仕事に取り掛かる準備ができているよ」 2021.06.18 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

卒倒のエリクセン、ICD装着へ 「本人は了承して、国内外の専門家も推奨」

一命を取りとめたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンだが、心臓発作の再発を防ぐためのペースメーカーを取り付けるようだ。 エリクセンは12日に行われたユーロ2020グループB第1節のフィンランド代表戦に先発したが、前半途中に卒倒。心肺蘇生法(CPR)などの救命措置を受けた後、母国コペンハーゲンの病院に搬送され、入院している。 そんなデンマークの司令塔は15日に自らのSNSなどを介して世界中からのメッセージに応えようと無事をアピールしたが、再びの心臓発作を防ぐべく、植え込み型除細動器(ICD)を装着することになったという。 デンマークサッカー協会(DBU)は17日、今後のエリクセンについて、致死性の不整脈を感知すると電気ショックで正常な心拍に戻すICDの装着を発表。チームドクターのモーテン・ボーセン氏は本人了承の治療になると説明した。 「様々な検査を受けた結果、ICDの装着が決まった。不整脈による心臓発作の後はこの装置が必要になってくる。クリスティアンはこれを受け入れ、国内外の専門家も推奨している。我々はクリスティアンとその家族の安静とプライバシーが保たれるよう配慮を願う」 なお、エリクセンの選手生活については明らかにされていないが、オランダ代表DFデイリー・ブリントも過去に心臓病でICDを装着。現在、ユーロ2020の代表として活動するなど、キャリアを続けている。 2021.06.17 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アシュリー・ヤングに古巣アストン・ビラが関心か

元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)に、古巣のアストン・ビラが関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨年1月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したヤング。その半年でセリエA18試合に出場し4ゴール4アシストの成績を残すと、同年5月に契約を1年延長した。 今季はチャンピオンズリーグではその経験を活かしてグループステージの5試合に出場したものの、優勝したセリエAでは昨季ほどのインパクトを残せず、今月末で契約満了を迎えようとしている。 そんなヤングには、プロデビューを果たしたワトフォードやバーンリーといったプレミアリーグからの関心が伝えられているが、そこに新たに加わったのがアストン・ビラだ。 同クラブはヤングが2007年1月から2011年夏まで過ごしたクラブで、公式戦通算190試合の出場で37ゴール59アシストをマーク。そこからマンチェスター・ユナイテッド移籍に繋がるほどの成長を促したクラブで、キャリアの最後に選んだとしてもおかしくはない。 一方で、現在バーンリーを率いるショーン・ダイク監督は、ヤングがワトフォードでプロデビューした頃のキャプテンで、今でも大きな敬意を持っているという同選手が恩返しにと助力する可能性も考えられている。 来月には36歳の誕生日を迎えるヤング。果たしてその去就は…。 2021.06.16 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセンが冗談を言うまでに回復!心配するチームメイトに「僕より顔色悪いみたいだけど?」

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、緊急搬送後初めて公にコメントを残した。 世界中に衝撃が走った12日に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦から二日。意識を取り戻したエリクセンの容態も徐々に安定し、現在では会話もできる状態まで回復している。 順調に快方へ向かいながらも余談は許さない状況で、未だ退院の目処は立っていないエリクセン。それでも14日の朝、代理人を通じてコメントを発表。無事を報告した。 「ありがとう、諦めずに頑張るよ。今は調子も良くなってきた。だけど僕の身に何が起こったのかを知りたい」 「そして、僕のためにあらゆる努力をしてくれた全ての方に感謝したい」 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、FaceTimeでインテルのチームメイトと会話をしたというエリクセンは、心配する仲間に「僕より顔色悪そうだけど大丈夫か!?」と痛快な冗談も飛ばしたようで、「いますぐトレーニングできる」と、早くも現場復帰に意欲も見せている模様。 とはいえ代理人によると「まだ休む必要がある。彼には妻と両親がついている」と、しばらくは安静を求められるとのこと。 また、同胞のデンマーク代表の面々は、GKカスパー・シュマイケルは「ハッピーエンドになった良かったよ。まだ終わったわけではないが、もっと酷かったかもしれない」と安堵。FWマルティン・ブラースヴァイトは「僕たちは友人、そしてチームメイトを失いかけた。無事を祈る中で何と言ったか正確には覚えてないけど、この件は僕の信仰心を強めることになった」と話す。 また、MFピエール=エミール・ホイビュルクは、「横たわったクリスティアンが白目を剥いているのを見た時恐怖を覚えた」と当時の様子を回想し、いかに凄惨な状況だったかを語った。 なお、前例として試合中に倒れた選手が、医師のアドバイスからそのまま引退したケースもあるが、果たしてエリクセンは再びピッチに戻って来られるだろうか。 2021.06.14 19:23 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly