【J1注目プレビュー|第21節:名古屋vs鹿島】連敗から立ち直った名古屋、好調鹿島は上位5連戦で勢いづくか

2021.05.12 15:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第21節】
2021年5月12日(水)
19:00キックオフ
名古屋グランパス(2位/32pt) vs 鹿島アントラーズ(9位/18pt)
[豊田スタジアム]川崎Fとの連戦で7失点、連敗を喫した名古屋は前節復活のウノゼロ。

対する鹿島は、好調を維持し連勝中。両者の明暗を分ける一戦に。

◆取り戻した堅守、改善したい攻撃【名古屋グランパス】

首位の川崎フロンターレとの連戦を連敗で終えてしまった名古屋。大きく水をあけられてしまった中で迎えた前節は、上位のセレッソ大阪と対戦。しかし、1-0で勝利を収めていた。

川崎Fの前に2試合で7失点と崩壊した名古屋の守備陣だが、しっかりと立ち直りクリーンシートを達成。仕切り直して首位の背中を追いかける状況となった。

今節もホームでの一戦となる名古屋だが、やはり課題は攻撃面。守備の堅さは保っている一方で、攻撃の迫力はかなり乏しい状況だ。

“ウノゼロ”の美学がありながらも、点が取れなければ勝つことはない。今の差を広げられないためにも、堅守を維持しながらもやはり攻撃力を上げていかなければ、この先苦しい戦いが増えてくるだろう。

勢いに乗る鹿島戦は注目の一戦。再び自信を掴む勝利をあげられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:稲垣祥、長澤和輝
MF:マテウス、ガブリエル・シャビエル、相馬勇紀
FW:山﨑凌吾
コーチ:ブルーノ・コンカ

◆上位5連戦がスタート【鹿島アントラーズ】

前節はホームにFC東京を迎え、3-0で快勝。これでリーグ戦連勝、6戦無敗と昨シーズン同様に復調を果たしている。

相馬直樹監督就任後は、リーグ戦4試合で3勝1分け。コレクティブなサッカーを展開するとともに、チームとしての粘り強さが出てきている状況。整理された戦いで勝ち点を一気に積み上げている。

ついに1桁順位にまで浮上したが、ここからは上位との5連戦。名古屋から始まり、横浜F・マリノス、サガン鳥栖、セレッソ大阪、川崎フロンターレと5月中に対戦し、ここでの成績がシーズンを左右することになるだろう。

中2日という厳しい日程、さらに移動も伴うアウェイゲームだけに、この勢いを止めたくないところ。さらなる上位に行くためには、ここでしっかりと勝利を収めたいところだ。

前節は負傷離脱していたFW上田綺世も復帰し前節はゴール。名古屋の堅守を破る駒は揃った。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK沖悠哉
DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、杉岡大暉
MF:永木亮太、ディエゴ・ピトゥカ
MF:土居聖真、荒木遼太郎、白崎凌兵
FW:上田綺世
監督:相馬直樹
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鹿島vs仙台】好調・上田綺世はゴールでアピールなるか? 仙台は降格圏脱出へ

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年6月20日(日) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(9位/27pt) vs ベガルタ仙台(18位/14pt) [県立カシマサッカースタジアム] 天皇杯では格下相手に8ゴールの大勝を収めた鹿島と、格下相手に敗れた仙台。 東京オリンピックメンバーを目指す、鹿島のトリオは高いパフォーマンスを見せられるか。 ◆リーグ戦再開、上位への足掛かりを【鹿島アントラーズ】 中断前のリーグ戦では首位を走り川崎フロンターレの前に1-2で敗戦。上位進出への足掛かりとはできなかった。 中断期間中はYBCルヴァンカップのプレーオフステージで清水エスパルスと戦い、2戦合計3-1でプライムステージ進出を決め、天皇杯ではY.S.C.C.横浜相手に8-1と大勝を収めていた。 リーグ最下位戦となる仙台戦では、再び上位に向けて勝利を目指すところ。カップ戦でも3連勝と好調なチームはしっかりとリーグ戦にもつなげたい。 特に注目は、東京オリンピック出場を目指すFW上田綺世だ。U-24日本代表としても結果を残すと、天皇杯のYS横浜戦では後半から出場すると、ハットトリックを達成。得点感覚が研ぎ澄まされている。 U-24日本代表でも途中出場で結果を残しているが、上田は先発するのか、途中出場なのか。また、GK沖悠哉、DF町田浩樹もしっかりと結果が欲しいところ。3人揃ってピッチに立ち、ゴールという結果でアピールをしたいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:ディエゴ・ピトゥカ、レオ・シルバ MF:土居聖真、荒木遼太郎、白崎凌兵 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆水を差した天皇杯、切り替えられるか【ベガルタ仙台】 中断前のラストゲームではセレッソ大阪相手に1-1のドロー。大分トリニータ、名古屋グランパスと連勝した中、3戦無敗で中断期間に入った。 そんな中、天皇杯ではいわてグルージャ盛岡に0-1で敗戦。ジャイアントキリングを許し、嫌な空気が漂っている。 リーグ戦で取り戻していた調子に水を差す形となってしまったが、ここは仕切り直したいところ。守備の安定さが増してきているだけに、まずは鹿島相手にも無失点を目指したいところだろう。 天皇杯では結果が出なかったが、手倉森誠監督が何を仕込んでいるのか。降格圏脱出を目指す仙台に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:関口訓充、上原力也、松下佳貴、氣田亮真 FW:西村拓真、赤崎秀平 監督:手倉森誠 2021.06.20 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:広島vs柏】惨敗からのバウンスバックを見せられるか? 柏は7戦ぶり勝利へ

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年6月19日(土) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(9位/26pt) vs 柏レイソル(17位/14pt) [エディオンスタジアム広島] 天皇杯で衝撃の惨敗を喫した広島は代表から戻ってきたメンバーが違いを見せられるか。 対する柏はリーグ戦の未勝利をこのあたりで止めておきたい。 ◆失態を取り戻せるか【サンフレッチェ広島】 一時の不調を脱出し、中断期間で精度を高めていきたいはずの広島だが、ショッキングなニュースが舞い込んだのは3日前だった。 地域リーグに所属するおこしやす京都ACと天皇杯2回戦で戦った広島。ジャイアントキリングがこれまでも起きていた大会だが、まさかの1-5で大敗。しかもホームでだ。 この敗戦はショックを与えたが、とにかくエディオンスタジアム広島では勝てない。開幕からの4試合は2勝2分けと結果が出ていたが、第9節で湘南ベルマーレに敗れてからは、リーグ戦で1分け3敗と勝てていない。 ここからの3試合はホーム連戦。次節まで2週間空くこともあり、しっかりと結果を残してまた中断に入りたいところだ。 日本代表の活動から戻ってきたGK大迫敬介、DF佐々木翔、MF川辺駿が得たものを注入できるか。再出発という点でも、是が非でも勝利が欲しい試合となる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:ジュニオール・サントス 監督:城福浩 ◆トンネルは抜けられるか【柏レイソル】 中断前はホームで北海道コンサドーレ札幌相手に1-2で敗戦。リーグ戦は6戦未勝利と結果が出ていない。 中断期間中の天皇杯では栃木シティFC相手に3-0で勝利。ここからの反撃に向けて良い勝利を収めた。 シーズンも折り返し地点が近づいている中、勝ち点14で並ぶ降格圏に位置する柏。そろそろエンジンをかけていきたいところだけに、しっかりと勝利を収めたい。 互いに課題は攻撃陣。天皇杯ではカウンターで仕留めていたが、しっかりと広島相手に勝利を収めることができるのか。まずはリーグ戦のトンネルから抜け出したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:佐々木雅士 DF:高橋峻希、上島拓巳、大南拓磨、古賀太陽 MF:椎橋慧也、ドッジ MF:クリスティアーノ、江坂任、仲間隼斗 FW:細谷真大 監督:ネルシーニョ 2021.06.19 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:札幌vs大分】ハイプレスvsポゼッション、 “師弟対決”を制するのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年6月19日(土) 14:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(11位/22pt) vs 大分トリニータ(19位/12pt) [札幌厚別公園競技場] 共に前節勝利の札幌と大分の再開初戦。 サンフレッチェ広島時代には監督、コーチと師弟関係にあった両者が激突。 ◆チーム状態は上向き【北海道コンサドーレ札幌】 リーグ戦は久々の戦いとなるが、この中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは、しっかりと戦ってきた札幌。横浜F・マリノスとのプレーオフステージで結果を残し、プライムステージに進出した。 ハイプレスがハマり、横浜FMを圧倒した札幌。ルヴァンカップを含めリーグ戦、天皇杯と敗れたのは首位の川崎フロンターレ相手だけと、チームの状態は上向きだ。 川崎F戦でも真っ向勝負で手応えを掴んだチームは、ここ数試合素晴らしい戦いを見せており、メンタル面でも充実していることが伺える。リーグ戦再開初戦で、しっかりとその姿を見せたいところだ。 勝ち点を積み上げた結果現在は順位表のちょうど真ん中。勝ち点が詰まっている状況だけに、このまま上昇するのか、つまづくのか。しっかりと結果を残したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、高嶺朋樹、駒井善成、青木亮太 MF:金子拓郎、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆ハイプレスにどう対応する【大分トリニータ】 前節は上位のアビスパ福岡との九州ダービーとなったが、長沢駿と新加入のエンリケ・トレヴィザンの初ゴールで勝利を収めた。 リーグ戦5試合ぶりの勝利、今季3勝目と苦しみはまだまだ続く中、中断期間中には天皇杯でJFLのホンダロックと対戦し大苦戦。120分を戦い、なんとか面目を保った状況だ。 天皇杯は控えメンバー中心で戦ったとはいえ、自身を掴むような勝利を挙げられなかった大分。むしろラスト10分で押し込まれ2失点を喫したダメージの方が大きいとも言える。 今節の相手は片野坂知宏監督の師にあたるミハイロ・ペトロヴィッチ監督率いる札幌。徹底したポゼッションサッカーを見せたいところだが、札幌のハイプレスをどう回避するのか。相手の策にハマれば大敗もあり得るだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:坂圭祐、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:松本怜、羽田健人、下田北斗、高畑奎汰 MF:町田也真人、髙澤優也 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 2021.06.19 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第21節:横浜FCvs川崎F】理由は違えど戦力が整わない両者、王者は5名不在でどう戦う?

【明治安田生命J1リーグ第21節】 2021年6月2日(水) 19:00キックオフ 横浜FC(20位/7pt) vs 川崎フロンターレ(1位/52pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] 選手に新型コロナウイルスの感染者が4名も出てしまい、苦しい状況に立つ横浜FC。 首位の川崎Fは日本代表活動で主力5名が不在。普段と違う中で勝利を掴むのは? ◆コロナに見舞われる窮地でどうする【横浜FC】 前節はアウェイでガンバ大阪相手に2-0で敗戦。降格圏の直接対決だったが、手痛い一敗を喫してしまった。 さらに、チームは新型コロナウイルスの感染者が4名出ている状況。泣き面に蜂という言葉通り、結果が出ない中で選手を欠くという事態となってしまった。 加えて今節の相手は圧倒的な強さを見せている首位の川崎F。開幕から20戦無敗とJ1新記録を作っている状況であり、現在地を考えれば大きな差があることは間違いない。 しかし、ポイントを突くことも可能。日本代表、U-24日本代表に5名の主力を抜かれている状況だけに、そのポイントをどう突くか。チームとして勝ち点を奪いに行きたいところ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:南雄太 DF:韓浩康、高橋秀人、中塩大貴 MF:前嶋洋太、瀬古樹、手塚康平、武田英二郎 MF:ジャーメイン良、松浦拓弥 FW:クレーべ 監督:早川知伸 ◆代表で主力5名不在もクオリティを維持できるか【川崎フロンターレ】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎え、2-1で勝利。開幕からの無敗を「20」に伸ばした。 勢いのある鹿島をしっかりと抑えて勝利したことはかなり自信になっただろう。引き分けになると思われた中で、後半アディショナルタイムに途中出場の小林悠が値千金の勝ち越しゴール。鬼木達監督にJ1通算100勝をプレゼントした。 その川崎Fだが、今節は難しい状態となる。日本代表にDF山根視来、DF谷口彰悟が招集。U-24日本代表にMF田中碧、MF三笘薫、MF旗手怜央の3人が招集されており、主力5名が不在となる。 とはいえ、このこともすでに織り込み済みだったはず。無敗を継続、首位を独走しながらも、鬼木監督は選手を入れ替えながらチームの均衡化にトライ。誰が出ても遜色ないクオリティを出せる状態となっている。 この先はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨む川崎F。その前の最後のリーグ戦ではしっかりと勝利を収めて、良い形でアジアの戦いに出ていきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:田邉秀斗、ジェジエウ、車屋紳太郎、登里享平 MF:遠野大弥、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也 監督:鬼木達 2021.06.02 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:湘南vsG大阪】復調したG大阪、攻撃陣を粘りを見せる湘南がどう抑えるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年6月2日(水) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(14位/17pt) vs ガンバ大阪(18位/13pt) [レモンガススタジアム平塚] 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと引き分けた湘南とホームで横浜FCに勝利したG大阪の一戦。 互いに下位から抜け出したい中で、勝ち点3を掴みたい一戦。 ◆2連続ドロー、次は勝利を【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと戦い、追いついてのドロー。湘南らしさを見せた試合運びで、勝ち点1を持ち帰った。 ここ4試合勝利から遠ざかっているが、前々節は王者の川崎フロンターレをあと一歩まで追い詰めるサッカーを見せ、1-1の引き分け。ここに来て連戦の苦しさもある中で、走る湘南のサッカーを見せている。 今節でしばらくリーグ戦は中断。良い状態で次に向かうためにも、そろそろ引き分けではなく勝利が見たいところだ。 しかし、正守護神のGK谷晃生がU-24日本代表の活動に参加しているために不在。もともと契約の関係上出場はできなかったが、それでもここまで全17試合でゴールを守って来ただけに、不在の影響はあるだろう。 相手は下位にいるチームだが、勢いがある状況。しっかりと抑えて、勝ち点3を積み上げられるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:舘幸希、石原広教、田中聡 MF:岡本拓也、中村駿、高橋諒 MF:名古新太郎、山田直輝 FW:町野修斗、ウェリントン 監督:浮嶋敏 ◆松波政権続投、一気に3連勝へ【ガンバ大阪】 前節はホームに横浜FCを迎えると、2-0で勝利。PKがありながらも、しっかりと勝利を収めることに成功。今季初の連勝を収めた。 攻撃陣も2戦連続2ゴールを記録。システムを[3-4-2-1]に変更した結果、ゴールへの推進力が生まれ、チャンスメイクの回数も増えていった。 そのため、1日に松波正信監督の続投をクラブは発表。この勢いを持ったまま、上昇気流に乗っていきたいところだ。 突っ走りたいG大阪だが、代表活動のためにDF昌子源とDFキム・ヨングォンが不在。ディフェンスラインから2人が居なくなるが、攻撃力で勝るというガンバらしさを出して一気に3連勝を収めたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、菅沼駿哉 MF:小野瀬康介、井手口陽介、矢島慎也、黒川圭介 MF:倉田秋、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.06.02 16:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly