チアゴ・シウバ、CLでの古巣ミラン戦を心待ちに 「今季は近づいているね」

2021.05.11 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがチャンピオンズリーグ(CL)の舞台で古巣ミランとの対戦を心待ちにしている。

今季のミランは35試合を消化して22勝6分け7敗の3位に位置。首位を走り続けた一時期ほどの調子ではないが、ここ2試合でいずれも勝利で飾り、9年ぶりのCL出場権獲得が現実味を帯びている。

そんなミランで2008-09シーズンの途中から2011-12シーズンまでを過ごしたチアゴ・シウバ。イタリア『スカイ』でミランの歩みを喜び、欧州最高峰の舞台での再会を待望視した。

「ミランを出たときから、彼らがCLに出場する瞬間をずっと考えていた。今季は近づいているね」

また、9日に行われ、ミランが3-0の勝利で飾ったセリエA第35節のユベントス戦も観戦したことを明らかに。ユベントスでプレーする同胞やかつての同僚を気遣いつつ、ミランの勝利を喜んだ。

「ユベントス戦は観た。ダニーロ、アレックス・サンドロ、アルトゥールといったユーベでプレーしているブラジル人選手や、パリ時代のチームメイトである(ジャンルイジ・)ブッフォンのことを考えると、少し残念な気持ちになる」

「だけど、ミランがこの6〜7カ月で残した結果は素晴らしいし、CL出場に値する。僕はミランのファンであり続けるし、特別なスタジアムであるサンシーロに戻りたい」

関連ニュース
thumb

ミラン、ウクライナ代表FWヤレムチュクにオファーか

ミランがヘントのウクライナ代表FWロマン・ヤレムチュク(25)にオファーを提示しているようだ。ベルギー『Sportwereld』、『Nieuwsblad』が報じている。 同メディアなどによるとミランは移籍金1500万ユーロ(約19億6000万円)から2000万ユーロ(約26億1000万円)の買い取りオプション付きレンタルでの獲得を望んでいるとのことだ。 ヘント側は2500万ユーロを望んでいると報じられているが、ボーナスを付けることでその差額は埋められると主張している。 191cmと大柄な身体ながら身のこなしがしなやかなストライカーであるヤレムチュクは、今季のベルギーリーグでは28試合に出場して17ゴール6アシストを記録。また現在開催中のユーロ2020ではここまでの2試合で2ゴール1アシストと活躍している。 ミランのレジェンドであるアンドリー・シェフチェンコ監督の下、ウクライナ代表のエースストライカーとしてプレーするヤレムチュクだが、監督と同じようにミランのユニフォームに袖を通すことになるだろうか。 2021.06.21 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランが契約満了近づくチャルハノールに返答期限、6月30日まで

6月30日にミランとの契約が切れるトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)に対して、ミランが返答期限を設けたようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 同メディアによればミランは契約満了を迎えるぎりぎりの6月30日まで待つ方針とのことだ。 チャルハノールは2020-21シーズン、セリエAで33試合に出場して4ゴール10アシストを記録。チームを2位に導き、チャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 ミランはそのチャルハノールに対して400万ユーロ(約5億2000万円)のオファーを提示しているようだが、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッドの他、カタールのアル・ドゥハイルなどが獲得に興味を示しているとのことだ。 2021.06.20 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェコはローマを早期退団? フリーでセリエAクラブへ移籍の可能性が報道

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(35)がセリエA内で移籍する可能性が高まっているようだ。 ジェコはこれまでローマで公式戦260試合に出場し119ゴール55アシストを記録。チームの攻撃を牽引してきた存在だ。 しかし、今シーズンはパウロ・フォンセカ監督との衝突が激しくなり、冬の移籍市場ではユベントスやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バルセロナ、ウェストハムなど、幾つかのクラブへの移籍の可能性が取りざたされた。 結局チームに残留したジェコだが、来年で切れる契約は延長しない見込み。さらに、ジョゼ・モウリーニョ監督が新たに就任することもあり、移籍が取り沙汰されている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ジェコは前倒しでクラブとの契約を解除したい意向を示しているとのこと。ローマとしては750万ユーロ(約9億8000万円)という給与を支払わなくて良いというプラス材料がある。 そのジェコだが、トルコのフェネルバフチェと交渉中ともされた中、ミランやユベントスなどセリエAクラブにフリーで加入することを希望しているという。 ミランはチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが契約を延長したため、ターゲットを切り替えてジェコにすると見られている。 実績十分のジェコだが、来シーズンはどこのユニフォームを着ているだろうか。 2021.06.20 22:46 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチが左ヒザを手術…全治は8週間程度に

ミランは18日、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが左ヒザの手術を受けたことを明かした。 イブラヒモビッチは先月9日に行われたセリエA第35節ユベントス戦で左ヒザを負傷。このケガにより、スウェーデン代表として臨むはずだったユーロ2020を欠場することになった。 その後、保存療法による回復を目指していたイブラヒモビッチだったが、経過が思わしくなかったこともあり方針を変更。ローマにあるUPMCサルバトール・ムンディ国際病院にて、左ヒザの関節鏡下手術を受けることになった。 なお、手術は無事成功し、イブラヒモビッチはすぐさまリハビリをスタートするという。 ただ、復帰には8週間程度が見込まれており、8月22日に開幕を迎える2021-22シーズンのセリエAの序盤数試合は欠場する可能性が高そうだ。 2021.06.19 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランでの意気込みを語るトモリ「常に向上して成長し続けたい」

チェルシーからミランへの完全移籍が決まったイングランド代表DFフィカヨ・トモリが、新天地での意気込みをクラブ公式のTwitchチャンネルで語った。 23歳のトモリはチェルシーの下部組織出身で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。 冬の移籍市場でレンタル加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合に出場して来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献を果たした。 そして、17日にミランが買い取りオプションを行使したことで加入が決まったトモリは、今季2位に終わったリーグ戦で来季は優勝し、成長し続けたいと語っている。 「チャンピオンズリーグに出場できることは嬉しいよ。でも僕たちはミランだから、勝つために戦わなければならない。今シーズンは(リーグ戦を)2位で終えたけど、来季はその差を縮めて優勝したい。チャンピオンズリーグでも良い成績を残せるように頑張るよ」 「(ステファノ・ピオリ)監督はすぐに、ピッチ上で何を求めているのかを教えてくれた。選手として成長したと感じているよ。自分のスピードだけに頼ってプレーすることはできなかったし、セリエAとチームメイトからは多くのことを学んだ。チームのプレースタイルはすばらしいから、常に向上して成長し続けたいと思っているよ」 また、ミランでセンターバックのコンビを組んでいるデンマーク代表DFシモン・ケアーについては、そのリーダーシップを称賛している。 「シモンはリーダーだ。僕たちは若いチームだけど、最も経験豊富な選手の一人である彼がいてくれて幸運だよ。チームに必要な存在で、ピッチ内でもピッチ外でもリーダーなんだ。彼はチームの士気を高めるために自分の意見を言うことができる選手だから、隣でプレーできて嬉しいよ」 様々なクラブへの武者修行の末にミランへの完全移籍が決まったトモリ。来季はどのような活躍を見せてくれるだろうか。 2021.06.18 16:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly