「引き分けが多過ぎる」 残留崖っぷちのWBA、指揮官は勝ち切れない状況を嘆く

2021.05.04 10:26 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
WBAのサム・アラダイス監督がチームが勝ち切れなかったことを嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。WBAは3日に行われたプレミアリーグ第34節でウォルバーハンプトンと対戦。残留のために何としても白星が欲しい“ブラック・カントリー・ダービー“となったが、前半終了間際に先制点を許す厳しい展開を強いられ、後半に追いつきこそしたものの、逆転まで至らず、1-1のドローに終わった。

この結果、3戦未勝利となったWBAは残留圏内までの勝ち点差が残り4試合で「10」に。残留に向けて非常に厳しい結果となってしまったことに対して、試合後のインタビューに臨んだアラダイス監督は勝利すべき試合だったと落胆した。


「この月曜の夜に行われた試合、我々は勝つため十分なチャンスを作ったと思う。通常の状況であれば、我々のファンはそれほどがっかりしなかったかもしれない。しかし、今の我々に必要なのは引き分けではなく、勝利だった」

「90分間、我々はこの試合に勝つための十分なチャンスが2、3回はあっただろう。しかし、白星はつかめなかった。悲しいことに、この状況が長い間続いている。今日、我々は素晴らしいゴールを決めたが、もっと相手を打ち負かすことができたはずだ」

「相手のゴールを見てみると、なぜ我々にはああした得点がないのかとも思ってしまう。しかし、それが試合の流れなんだ。それがフットボールの試合であり、とても残酷なことでもある」

「我々はここまでとてもよく戦っていると思う。しかし、あまりにも引き分けが多過ぎるね」
関連ニュース
thumb

ビッグ・サムは初降格に…WBAは2番目に多い11度目の降格、あの強豪は過去10回も降格

アーセナルに敗れたことでチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定したWBA。これが11度目の降格となり、史上2番目の多さとなってしまった。 WBAは2017-18シーズンのプレミアリーグを最下位で終えて降格。2シーズンをチャンピオンシップで過ごすと、2019-20シーズンは2位で自動昇格を掴んだ。 今シーズンはスラヴェン・ビリッチ監督の下でシーズンをスタートさせたが、成績不振で昨年12月に解任。その後に、サム・アラダイス監督が引き継いでいたが、残り3試合で降格が決定してしまった。 これが11度目の降格となり、歴代2番目の多さに。一番多いのはバーミンガム・シティの「12」回となっており、WBAと並んでレスター・シティが「11」回。ボルトンと今シーズンのプレミアリーグ制覇に近づいているマンチェスター・シティが「10」回と続いている。 また、アラダイス監督はボルトンやニューカッスル、ブラックバーン、ウェストハム、サンダーランド、クリスタル・パレス、エバートンなど17シーズンにわたってプレミアリーグで指揮を執ってきたが、今回が自身の監督キャリアで初のプレミアリーグからの降格を味わうこととなった。 ◆プレミアリーグからの降格回数 12回:バーミンガム・シティ 11回:WBA 11回:レスター・シティ 10回:ボルトン 10回:マンチェスター・シティ 2021.05.10 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

1シーズンで降格決定のWBA…指揮官は「本当に辛く、酷い気分だ」と結果に落胆

WBAのサム・アラダイス監督は、クラブの降格が決定したことを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 WBAは9日に行われたプレミアリーグ第35節で、アーセナルと対戦。現在勝ち点26で19位に沈むチームは、この試合に敗れるとプレミアリーグからの降格が決定する状況だったが、前半だけで2点を先取される厳しい展開に。後半は1点を返すのがやっとであり、1-3で敗れた。 この結果、WBAは1年でのプレミアリーグ降格が決定。来シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属することになる。 試合後のインタビューに応じたアラダイス監督は、自身にとって初の体験となる降格に落胆。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、無観客試合が続いたことも大きく響いたと嘆いている。 「本当にガッカリだ。多くの人が我々の降格を予想していたのは明らかだが、それでも本当に辛く、酷い気分だよ。悲しいのは、クラブがここにいるべきではなかったという事実だ。残り3試合となった時点で、こうした状況にならないようにする多くのチャンスがあった」 「選手たちは一貫して良いパフォーマンスを見せていた。しかし、これらのパフォーマンスを勝利に結びつける必要があったことは、誰もが知っていたと思う」 「2月と3月にはフルアム、シェフィールド・ユナイテッド、バーンリー、ニューカッスルといったチームと対戦して、必要なポイントを獲得するチャンスがあった。しかし、いずれにも勝てなかった。勝つべき試合だったんだ。先日のウォルバーハンプトン戦もだ」 「もし、ホームでファンが応援してくれていたら、どうなっていただろう。フルアム戦やマンチェスター・ユナイテッド戦では勝てていたかもしれない。ファンの皆が、我々を勝利に導いてくれたかもしれない。しかし、残念ながらパンデミックの影響で、ファンが我々を助けることはできなかった」 また、アラダイス監督は残り3試合への向き合い方にも言及。プロとして、残り試合を全力でこなす必要があると語った。 「我々は最善を尽くしたが、残留できなかったことを非常に残念に思う。それでも残り3試合でできるだけ多く勝ち取り、プロとしての意識を維持しなければならない。週末には軌道に戻らなければならないと、選手には伝えたよ。残り3試合だが、パフォーマンスを維持する必要がある」 2021.05.10 12:06 Mon
twitterfacebook
thumb

「最高の薬になる」失意のEL敗退からのバウンスバックを見せたアーセナル、アルテタ監督も勝利を評価

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、WBA戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは、6日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでビジャレアルと対戦。1-0の勝利でも決勝へするめるという状況の中、積極的にゴールを奪いに行った。 しかし、ポストに嫌われるシーンが続くなど不運も重なり、結局0-0のゴールレスドロー。2戦合計1-2で敗れていた。 リーグ戦経由での来シーズンのヨーロッパの大会出場がほぼ絶望的な状況で、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場に向けた唯一と言っていチャンスを逃してしまったアーセナル。 そんな中迎えたWBAだったが、この試合ではエミール・スミス・ロウのプレミアリーグ初ゴールを含む3ゴールを奪い、3-1で勝利を収めていた。 失望からバウンスバックを見せたアーセナル。アルテタ監督は、この勝利が非常に重要だったとし、自信を取り戻すには必要だったと語った。 「必要な勝利だった。木曜日からの失望を乗り越えるのに2日かかったが、今日は本物の態度と残りの数試合で勝ちたいという願望を示す必要があった」 「我々はそれを実行し、攻撃では本当にアグレッシブに戦えた時間帯があったと思う。多くのチャンスを生み出し、3つの素晴らしいゴールを決めた」 「しかし、ゴールを与えた時はナーバスに見えた。もっと上手くやるべきだったと思う」 「負けたあとは、常に正して勝つ必要がある。そうすれば、自信が高まり、チームを取り巻いている多くの否定的なものがなくなるからだ。それは、サッカーの試合で勝っていくための最高の薬になる」 2021.05.10 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

スミス・ロウのプレミア初弾などでアーセナルが連勝!敗れたWBAは2部降格が決定…《プレミアリーグ》

アーセナルは9日、プレミアリーグ第35節でWBAと対戦し3-1で勝利した。なお、敗れたWBAは1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 前節のニューカッスル戦でリーグ3試合ぶりの勝利を飾った10位アーセナル(勝ち点49)が、降格圏に沈む19位WBA(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝でビジャレアルの前に敗退したアーセナルは、6日に行われたEL2ndレグからスタメンを6人変更。オーバメヤンやウーデゴール、パルティらに代えてウィリアンやセバージョス、エルネニーをスタメンで起用した。 リーグ戦3試合勝利のないWBAに対して、最前線にマルティネッリ、2列目にウィリアン、スミス・ロウ、ペペを並べた[4-2-3-1]の布陣を採用したアーセナルは、立ち上がりからボールを保持するが自陣で集中した守備を見せるWBA相手になかなかシュートに持ち込めない展開を強いられた。 21分にはウィリアンのパスをボックス手前で受けたエルネニーのミドルシュートでようやく最初の枠内シュートを放ったが、これはGKジョンストンが正面でキャッチした。 それでも攻勢を続けるアーセナルは、29分にスコアを動かす。ウィリアンのパスで左サイド深くまで抜け出したサカがクロスを上げるとニアに走りこんだスミス・ロウが左足で流し込んだ。 先制弾で勢いづくアーセナルは35分にも、右サイドでパスを受けたペペがカットインでボックス内に侵入すると、豪快に左足を振り抜きゴール左隅にシュートを突き刺した。 2点のリードで前半を終えたアーセナルは、後半開始早々にゴールに迫る。49分、チャンバースのロングスローが相手DFのクリアミスを誘うと、こぼれ球をボックス右で拾ったペペがダイレクトシュートでゴールに迫ったが、シュートはGKジョンストンのセーブに弾かれた。 良い入りを見せたアーセナルだったが、67分にロングカウンターから1点を返される。左クロスを自陣ボックス内でカットしたC・タウンゼントが素早く前線にパスを送ると、中盤で受けたマテウス・ペレイラがドリブルを開始。スピードに乗って相手を次々とかわし、最後はペナルティーアーク内から左足を一閃。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 さらに73分には、左サイドを突破したM・フィリップスのクロスからファーロングにゴール前のヘディングシュートを許したが、これはゴール右に外れて難を逃れた。 終盤にかけて同点弾を狙うWBAに押し込まれたアーセナルだったが89分、こぼれ球を拾ったウィリアンがペナルティーアーク手前でバートリーに倒されFKを獲得。これをウィリアンが直接ゴール左上に突き刺し、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。スミス・ロウのプレミア初ゴールなどでアーセナルは2連勝。一方、敗れたWBAは逆転残留へ望みをつなぐことが出来ず。1年でのチャンピオンシップ降格が決定した。 2021.05.10 05:15 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、今節で残りの降格2クラブが決まる可能性も

欧州各国のリーグ戦が佳境を迎え、すでに降格クラブが決定しているリーグもある中、プレミアリーグは今節にも全3チームが決まる可能性がある。 今節を入れて残り4試合となったプレミアリーグ。上位ではマンチェスター・シティの優勝が秒読み段階の中、残留争いではすでにシェフィールド・ユナイテッドの降格が決定。残り2枠を避ける戦いが続いているが、絶対的不利な状況に瀕しているのが、WBAとフルアムだ。 勝ち点「26」で19位のWBAは、昨年12月半ばに、それまでわずか1勝にとどまっていたスラヴェン・ビリッチ前監督を解任し、“残留請負人”の異名を持つビッグ・サムことサム・アラダイス監督を招へい。しかし、その後も思うような成果は残せず、1年での降格まであと一歩の崖っぷちまで来てしまった。 負ければその時点で降格が決まる今節の相手はアーセナル。相手はヨーロッパリーグ敗退直後で消沈中だが、アラダイス監督個人としては、プレミアリーグでアーセナルに一度も勝ったことがない(3分け11敗)。一方でクラブとしては、今回の舞台となるエミレーツ・スタジアムでは直近5試合で敗れたのは一度のみとなっている。 勝ち点「27」で18位のフルアムも1年での降格が迫っている。2019年2月に就任したスコット・パーカー監督体制で3シーズン目を迎えたが、WBA同様こちらもここまでわずか5勝と苦しいシーズンに。奇跡の残留を信じて臨む今節は、17位バーンリーとの対戦だ。 バーンリーとの勝ち点差は「9」となっており、勝てば一縷の望みを繋げられるものの、負ければWBAとともに即降格。WBAはたとえアーセナルに勝利したとしても、フルアムが負ければ降格という他力本願の状況だ。 だが、フルアムはホームでのバーンリー戦は過去9試合で8勝。残留は限りなく不可能に近いが、一矢報いることはできるだろうか。 2021.05.09 16:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly