パルマがセリエB降格…クロトーネに続く2チーム目

2021.05.04 08:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルマのセリエB降格が決定した。2015年に破産してセリエDから再出発を強いられ、2018-19シーズンからセリエAに復帰したパルマはそれから14位、11位と2季連続で残留に成功したが、今季は前半戦でわずか2勝と低迷。後半戦も一向に状態が上向かず、苦戦が続いている。

そんなパルマは19位につけるなか、3日に行われた第34節で17位トリノとのアウェイ戦を0-1で落として今季2度目の5連敗。17位カリアリとは12ポイント差だが、直接対決で下回り、4節を残して残留圏内でフィニッシュする可能性が消滅した。


なお、今季のセリエAではすでに最下位クロトーネの1シーズンでの降格が決定済み。降格枠は残り1つとなり、現時点で勝ち点31のベネヴェントが18位に位置している。
関連ニュース
thumb

アタランタが降格パルマに5発圧勝で2位死守《セリエA》

アタランタは9日、セリエA第35節でパルマとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。 前節サッスオーロ戦では10人となった中、引き分けてインテルの前節での優勝をアシストしてしまったアタランタ(勝ち点69)は、前日の試合でナポリが勝利したため暫定3位となった中、D・サパタを最前線に、2シャドーにマリノフスキーとイリチッチを据えた。 降格の決まった19位パルマ(勝ち点20)に対し、アタランタが押し込む展開で立ち上がると、12分に先制する。ボックス手前中央からマリノフスキーのミドルシュートがゴール左に決まった。 リーグ戦ここ5試合で4ゴール目の好調マリノフスキー弾で先制したアタランタがその後も一方的に攻め立てると、20、21分と立て続けにゴセンズがヘディングシュートで追加点に迫ると、31分にはサパタがバー直撃のシュートを浴びせた。 アタランタが1点をリードして迎えた後半、サパタとイリチッチに代えてムリエルとペッシーナを投入したアタランタは、交代した2選手によって追加点を挙げる。52分、ムリエルのパスを受けたペッシーナがボックス左に進入し、ゴール右へ蹴り込んだ。 成す術のないパルマは61分にジェルビーニョに代えてペッレを投入するも、アタランタペースは変わらない。 そして77分、パシャリッチのパスをボックス右で受けたムリエル確実に決めて3-0としたアタランタは直後に失点するも、86分にもムリエルが決めて4-1。その後、ゾームに2失点目を許すもミランチュクが5点目を決めたアタランタが2位を死守している。 2021.05.09 23:53 Sun
twitterfacebook
thumb

セットプレーから3発のユベントスがパルマに逆転勝利でCL圏内キープ《セリエA》

ユベントスは21日、セリエA第32節でパルマをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 前節アタランタに競り負けて4位に後退したユベントス(勝ち点62)は、キエーザが負傷欠場となった一方でC・ロナウドが負傷から復帰。ディバラと2トップを組んだ。 降格圏内の19位パルマ(勝ち点20)に対し、ユベントスは8分、ディバラの左クロスからC・ロナウドがダイレクトで合わせたシュートがゴールを捉えるもGKの好守に阻まれる。 すると25分、最初のピンチで失点してしまう。ボックス手前中央からブルグマンに縦回転の見事な直接FKを蹴り込まれた。 それでも37分にセットプレーの流れからボヌッチのヘディングシュートでゴールに迫ったユベントスは、43分に追いつく。右CKからファーサイドのデ・リフトが折り返すと、ボックス中央のアレックス・サンドロがボレーシュートを叩き込んだ。 1-1として迎えた後半、開始2分にユベントスが逆転する。決めたのはまたもアレックス・サンドロ。セットプレーの流れから右サイドのクアドラードのクロスをファーサイドのアレックス・サンドロがヘッドで押し込んだ。 逆転したユベントスは64分にピンチ。右CKからオソリオの放ったヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のアルトゥールが好ブロックで凌いだ。 すると68分、ユベントスに決定的な3点目が生まれる。クアドラードの左CKからデ・リフトのヘディングシュートが決まった。これで勝負を決めたユベントスは終盤にかけては流し気味にプレー。 3-1で試合を締め、暫定3位に浮上し、CL圏内の4位を死守している。 2021.04.22 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、キエーザ欠場もC・ロナウドが復帰

ユベントスを率いるアンドレア・ピルロ監督は20日、明日行われるセリエA第32節パルマ戦に向けて前日会見を行った。 熾烈なチャンピオンズリーグ出場権争いを戦っている4位ユベントスは、降格圏の19位に位置するパルマ戦に向けてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが復帰する。 屈筋を痛めて前節アタランタ戦を欠場していたC・ロナウドだが、ピルロ監督によればパルマ戦出場が可能とのことだ。 一方、アタランタ戦でハムストリングを痛めて途中交代となったイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに関しては欠場が決まっている。 5位ナポリに2ポイント差とされているユベントスとしてはパルマ戦は必勝が求められる状況となっている。 2021.04.21 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマMFシプリアンが左内転筋の手術で今季絶望…今季ニースからレンタルで加入

パルマは15日、フランス人MFウィラン・シプリアンの手術を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 シプリアンは左内転筋を負傷しており、10日に行われたセリエA第30節のミラン戦を欠場していた。そんな中パルマは、シプリアンが15日に手術を実施したことを発表。無事に成功したとのことだ。 クラブによると、シプリアンはリヨンでクラブのメディカルスタッフの立ち会いのもと、左内転筋の腱鞘切開手術を実施。明日にも退院し、リハビリを開始するとのことだ。 なお、クラブは全治に関して3カ月程度と明かしている。 シプリアンはRCランスの下部組織出身で、2012年7月にトップチームに昇格。2016年夏にニースへ完全移籍を果たした。4シーズンを過ごしたニースでは、中盤の要として公式戦109試合に出場し23ゴール12アシストを記録。 この活躍が認められ、昨夏にパルマに買取オプション付きのレンタル移籍で加入。しかし、パルマでは度重なるケガなどもあり、公式戦15試合の出場に留まっていた。 2021.04.16 00:16 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラ退場のミラン、降格圏パルマに苦戦も勝利で2位死守《セリエA》

ミランは9日、セリエA第30節でパルマとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 前節サンプドリア戦を何とか引き分けた2位ミラン(勝ち点60)は、首位インテルとの勝ち点差が11に拡大し、3位ユベントスとは1ポイント差に迫られた中、チャンピオンズリーグ出場権獲得に照準を切り替えざるを得ない状況となった。そのミランは最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レビッチと並べた。 降格圏に沈む19位パルマ(勝ち点20)に対し、ミランは6分にケシエのミドルシュートでゴールに迫ると、8分に先制する。イブラヒモビッチのパスを受けたボックス中央のレビッチが反転からシュートを決めた。 続く16分にもイブラヒモビッチのシュートで牽制したミランが前半半ば以降も主導権を握ると、44分に加点した。イブラヒモビッチとのパス交換でゴール前に突進したテオ・エルナンデスのラストパスを受けたボックス中央のケシエがダイレクトで蹴り込んだ。 ミランが2点をリードして迎えた後半、51分にピンチを迎えるも、守護神のドンナルンマが好守で凌ぐ。しかし60分、イブラヒモビッチがマレスカ主審への侮辱により一発退場となってしまう。 すると66分、セットプレーの流れからガリオーロにゴールを決められた。1点差とされたミランは終盤にかけて守勢を強いられるも、追加タイム4分に3点目。ダロトの持ち上がりからラストパスを受けたレオンがGKとの一対一を制した。3-1としたミランが勝利をもぎ取り、2位の座を死守している。 2021.04.11 03:07 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly