エルネニーのプレミア初弾にオーバが今季リーグ10点目! アーセナルが公式戦連敗ストップで運命のELビジャレアル戦へ《プレミアリーグ》

2021.05.03 00:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、ニューカッスルvsアーセナルが2日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのアーセナルが0-2で勝利した。前節、エバートンに敗れてリーグ戦の戦績においては自力でのヨーロッパコンペティション出場が絶望的となった10位のアーセナル(勝ち点46)。ミッドウィークに行われたビジャレアルとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグでは敵地で1-2の敗戦を喫するも、逆転の目を十分に残した。

来週に逆転を目指すホームでの2ndレグを控える中、残留争い中の16位ニューカッスル(勝ち点36)のホームに乗り込んだこの一戦では、ジャカ、セバージョス、ウーデゴールを除く先発8人を変更。GKにライアンが起用されたほか、ダビド・ルイス、オーバメヤンといった負傷明けの選手が復帰した。


オーバメヤンを最前線に置き、2列目に右からウィリアン、ウーデゴール、マルティネッリを並べた布陣で臨んだアーセナルは開始早々にゴールをこじ開ける。

5分、ハーフウェイライン付近の右サイドからD・ルイスが絶妙なフィードを通すと、これに抜け出したベジェリンがボックス右付近で折り返す。ニアに走り込んだオーバメヤンは合わせ切れずも触ってコースが変わったボールに反応したエルネニーがボックス中央からGKの手を弾く強烈な右足のダイレクトシュートを突き刺し、待望のプレミアリーグ初ゴールとした。

伏兵の鮮烈な一撃で幸先よくリードを奪ったアーセナルは相手のウイングバックの背後をうまく突きベジェリン、オーバメヤンと続けて惜しい場面を創出。だが、時間の経過と共に相手に押し返されると、19分にはボックス右でサン=マクシマンが放ったシュートがDFジャカにディフレクトして枠に向かうが、これはGKライアンの見事なワンハンドセーブで阻止した。

このピンチを凌いだアーセナルは気を引き締め直してここからゲームをコントロール。29分にはボックス手前まで攻撃参加を見せたジャカが得意の左足のミドルシュートでGKドゥブラフカにファインセーブを強いると、このプレーで得た右CKの場面ではウィリアンの右足インスウィングのクロスをエルネニーが体勢を崩しながらも頭で合わせて枠の右隅に飛ばす。だが、これはゴールカバーに入ったアルミロンに掻き出されて2ゴール目とはならなかった。

時間の経過と共に攻めあぐねる場面が目立つも1点リードで試合を折り返したアーセナルは、後半も集中した入りを見せる。だが、内転筋を痛めたD・ルイスがプレー続行不可能となり、53分にチャンバースが緊急投入された。

ニューカッスルの拙攻もありリードを維持する一方、ゴールが遠いアーセナルだったが、マラリアから回復したエースが久々のゴールを奪う。66分、中央での細かい繋ぎからウーデゴールが左サイドでフリーのマルティネッリに展開。そして、マルティネッリが左足で上げた高速クロスをファーに飛び込んだオーバメヤンが見事なジャンピングボレーで合わせた。

オーバメヤンの今季リーグ10点目で勝利を大きく近づけたアーセナルは、後半終盤にかけて殊勲のオーバメヤン、ウーデゴールに代えてペペ、トーマスをピッチに送り込む逃げ切り態勢に入る。

その後、マルティネッリへの危険なアフターチャージでニューカッスルのシェアが一発退場となったことで試合の大勢は決し、敵地で快勝を収めたアーセナルが公式戦連敗をストップ。ホームで逆転ファイナル進出を目指すビジャレアルとの運命の2ndレグに大きな弾みを付けた。
関連ニュース
thumb

ダビド・ルイスが今季限りでアーセナル退団へ! 友好な話し合いの末、来季契約非更新の結論に…

元ブラジル代表DFダビド・ルイス(34)が今シーズン限りでアーセナルを退団することが確実となった。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 2019年夏にチェルシーから加入したダビド・ルイスは、加入1年目に公式戦43試合に出場し、主力としてFAカップ優勝に貢献。今シーズンも公式戦30試合に出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せている。 細かい負傷や時折見せるイージーミスで批判を浴びた一方、経験の少ない最終ラインにおいては頼れる存在となっていたが、来シーズンに向けて大幅な刷新を目指すクラブは来シーズンの契約を更新しない意向を固めたという。 そして、14日に行われた話し合いの場では双方合意の下、友好な形で今シーズン限りでの退団という結論に至ったとのことだ。 なお、現時点で元ブラジル代表DFの去就は不明となっているが、以前から再三に渡って復帰の希望を口にしていた古巣ベンフィカが有力な新天地候補に挙がっている。 2021.05.15 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「アーセナルは僕のクラブだ」初ゴールから2戦連発のスミス・ロウがチェルシー戦の準備を明かす

プレミアリーグで2試合連続ゴールを記録したアーセナルのU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウがチェルシー戦を振り返った。 アーセナルは12日、プレミアリーグ第36節でチェルシーと対戦。トップ4を目指すチェルシーとの“ビッグロンドン・ダービー”で相見えた。 チェルシー優勢かと戦前に予想された試合だったが、16分にアーセナルがミスを突く。最終ラインからのビルドアップを行ったチェルシーはジョルジーニョがバックパス。しかし、これは無人のゴールへ出され、そのままゴールになるかと思われたが、GKケパ・アリサバラガが決死の戻りでなんとか掻き出す。 しかし、これをピエール=エメリク・オーバメヤンが拾うと、最後はスミス・ロウが蹴り込み、アーセナルが先制。このゴールを守り切り、0-1でアーセナルが勝利を収めた。 前節のWBA戦でプレミアリーグ初ゴールを記録したスミス・ロウは、2戦連発となりチームを連勝に導く活躍。試合終了後、イギリス『スカイ・スポーツ』でチェルシー戦を振り返り、準備してきた事が上手くいったと語った。 「僕たちにとって重要な結果だった。深く攻め込まなければならなかったし、僕たちにとって本当に厳しいテストだった。シーズンにとって本当に重要だった」 「今週のトレーニングでは、プレス、ハイプレスに取り組んできたし、それは彼らにミスをさせるためにうまくできたと思う。オーバ(メヤン)が仕掛けてくれた」 また、これまでRBライプツィヒやハダースフィールドへとレンタル移籍を経験。それ以前には、身体の小ささを理由にチェルシーに入団を断られていた過去がある。 しかし、スミス・ロウは今はアーセナルに集中していると言及。パフォーマンスを評価した。 「それは過去のことだし、僕はアーセナルにフォーカスしている。アーセナルは僕のクラブだ」 「僕はとても疲れている。今日はチームがうまくプレーしたように感じる。うまくプレーした」 「僕たちのキャラクターを示せたし、僕たちが持っているハートを示している。僕たちは本当によく守った。厳しいシーズンを過ごしてきたけど、今日の僕たちは良いパフォーマンスだった」 2021.05.13 18:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルに敗戦のトゥヘル監督、WBA戦以来の黒星に「両方とも集中力を欠いた」ケパの先発起用にも言及

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、アーセナル戦の敗因は集中力の欠如にあったと振り返っている。イギリス『フットボール・ロンドン』が試合後のコメントを伝えた。 12日にプレミアリーグ第36節でアーセナルと対戦したチェルシー。立ち上がりから相手の激しいプレスに苦しめられ思うようにボールを前に運べない中、迎えた16分、MFジョルジーニョがプレスを嫌がって後ろに下げたところ、GKケパ・アリサバラガとの連携ミスであわやオウンゴールに。ここはなんとかケパが掻き出したものの、セカンドボールを拾われてMFエミール・スミス・ロウにゴールを決められてしまった。 その後は終始チェルシーが主導権を握ったが、ゴール前を堅く閉ざすアーセナルから点を奪うことができずホームで0-1で敗戦。03-04シーズン以来となるシーズンダブルを許すと共に、トゥヘル監督就任以降のリーグ戦では、WBA戦以来となる2敗目を喫することになった。 試合後の会見でもWBA戦に関する質問がなされた中で、2試合に共通して集中力の欠如を敗因に挙げたチェルシー指揮官。この3日後に控えるレスター・シティとのFAカップ決勝が頭をよぎっていたこと明かした。 「WBA戦では1-0でリードした後に10人になってしまった。それに加え、我々は代表明けで集中しきれていなかった。それがWBA戦だった。本当に異常な試合だったよ。すべてのスタッツや予想されるゴールでさえ、我々が勝っていたのだからね」 「これが完全にラッキーな勝利だったと言うのは簡単だ。誰もそれに反論できないだろう。アーセナルにとって当然の勝利ではなかった。だが、私はそれを100%言い訳にしたくない。なぜなら我々は皆、正しい集中力を欠いていたからだ。非常に珍しい試合だったよ」 「おそらく、今日は私の頭の中に土曜日の試合がちらついていたことがチームに何か影響を与えたのかもしれない。たとえそれが1%でも5%でも罰を受けることになるため、このようなアプローチはしてはいけない。トップ4を争うレースで甘い考えは許されない。受け入れがたいことだが、他に方法はない」 トゥヘル監督はまた、第32節のブライトン戦以来となったケパの先発起用に言及。今季のケパは新加入のGKエドゥアール・メンディに正GKの座を奪われ、主な出場機会はFAカップにとどまっている。 3日後の15日に決勝のレスター戦が控える中で、今回の先発は決勝のスタメン落ちを窺わせるものとなったが、ドイツ人指揮官は決勝戦でもケパを先発起用することを明言し、信頼を強調した。 「ノー、ノー。彼は決勝で先発するだろう。その前に1試合こなしておくのが良いと考えたのだ。我々は彼を信頼しており、その期待に応えてくれている。それが彼をラインナップに入れる理由だ」 「彼はそれに値する。とても密接に良いトレーニングをこなしているよ。彼にプレー時間を与え、2試合とも一緒に戦いたかった。今夜は彼にとってアンラッキーだったがね」 2021.05.13 14:19 Thu
twitterfacebook
thumb

アウェイで10年ぶりにチェルシーを下したアーセナル、アルテタ監督は高く評価「どれほど意味があるかを示した」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、チェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは12日、プレミアリーグ第36節でチェルシーと対戦。トップ4を目指すチェルシーとのビッグマッチとなった。 チャンピオンズリーグ(CL)の決勝に進んだチェルシーとヨーロッパリーグ(EL)の準決勝で敗退したアーセナルという対局の構造にある両者だが、アーセナルはエミール・スミス・ロウが2試合連続ゴールを記録。この1点を守りきり、0-1で勝利を収め、チェルシーにシーズンダブルを達成した。 アルテタ監督はチェルシー戦の勝利についてコメント。相手を称賛しつつ、よく戦えたと語った。 「素晴らしい勝利だ。ここにきて、素晴らしいチームに勝つことがいかに難しいか。それは示されている。トーマス(・トゥヘル)がやっていることは素晴らしい」 「彼らはとてもクオリティが高く、本当に良い組織で、とても難しくさせている」 「最初から我々は正しいメンタリティで、正しい態度で勝つ為にここにきていることを示し、本当のクオリティを示した」 「ゴールを決め、長い時間守らなければならなかった。その為に、献身的で回復している選手でなければならなかった。運が必要だったが、今日はそれがあった」 アーセナルが最後にスタンフォード・ブリッジで勝利したのは2011-12シーズン以来となり、10年ぶりの勝利となる。アルテタ監督は、その点に触れ、チームが態度を示したと語った。 「ここで最後に勝利してから10年になる。クラブにとっても、ファンにとっても、選手にとっても、それがどれほど意味があるかを示してくれたので、とても重要な結果だ」 「グループの中で、彼らが持っている気持ちと立ち振る舞い、そしてどれだけ気になっているかを示した」 ここに来て連勝したアーセナルは、試合消化数が違いながらも8位に位置。来シーズンのEL出場権獲得も現段階では可能性が残っている。 アルテタ監督は、可能性がある以上は目指すとし、とにかく残り試合で結果を出すと語った。 「数字的には可能だ。だから、それは言い続けていきたいと思う。達成できるかどうかを見る為にも、残りの試合で自分たちに最高のチャンスを与える必要がある」 2021.05.13 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 0-1 アーセナル《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、チェルシーとアーセナルによるビッグロンドン・ダービーが12日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210513_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 5.5 失点場面ではジョルジーニョのミスを何とかカバーしたが、さすがにあのシュートを防ぐのは難しかった。それ以外はほぼピンチはなかった   DF 28 アスピリクエタ 5.5 攻守両面でいつも通りの安定感。オーバメヤンとの一対一で落ち着いた対応をみせ、ビルドアップの貢献もまずまず   (→ツィエク 5.0) ズマの決定機をお膳立てするなど、幾度かチャンスは演出したが、全体的に物足りず   6 チアゴ・シウバ 6.0 ミスからの失点以外はうまく最終ラインをオーガナイズ。攻守にそつがなかった   15 ズマ 5.0 前半のマイボール時は相手のプレスの狙いどころにされて終始窮屈なプレー。ただ、前半途中からチームが押し込んだことで、そのウィークは致命傷とならず。セットプレー時は制空権を握った   MF 24 R・ジェームズ 5.0 攻守に最低限の仕事はこなしたが、直近のシティ戦のような攻撃面での貢献はなかなか見せられず   23 ギルモア 5.5 試合の入りはかなり相手の圧力に苦戦も、時間を経るごとに的確な捌きでリズムを作るなど修正した点は高評価。ただ、チーム事情で前半のみの出場に   (→ハドソン=オドイ 5.0) 幾度か鋭い仕掛けで相手の脅威となったが、決定的な仕事はできず   5 ジョルジーニョ 5.0 痛恨のバックパスで失点に関与。以降はだいぶ盛り返したが、最終スコアを考えれば戦犯と言わざるを得ない   21 チルウェル 5.0 前半に一度サカを振り切って惜しいクロスを上げたが、逆サイドのジェームズと同様に攻撃面でインパクトを残せず   FW 10 プリシッチ 5.0 前半は幾度か惜しい形を作ったが、時間の経過と共にトーンダウン。幻の同点ゴールはオフサイド…   29 ハヴァーツ 5.0 ジョルジーニョ同様に以降は盛り返したが、前半序盤の痛恨の決定機逸が大きく響く試合展開に   (→ジルー 5.0) 前線で潰れ役を担いチャンスに顔を出したが、バー直撃のシュートなど決定的な仕事はできなかった   19 マウント 5.5 前半はシャドー、後半はセントラルMFでプレー。よくプレーに絡んだが、最後の精度に問題を抱えていた   監督 トゥヘル 5.0 FAカップ決勝を睨んだ采配となったが、交代策が機能せず。引いた相手に対するアイデア不足は要改善   ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210513_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 レノ 6.0 被枠内シュートは多くなかったが、冷静な飛び出しなど安定したゴールキーピングを見せた   DF 16 ホールディング 6.5 決定的なシュートブロックや読みを利かせた好守でクリーンシートに貢献   22 パブロ・マリ 6.0 一度ハヴァーツにボールをかっさらわれる場面があったが、それ以外の場面では攻守に安定していた   6 ガブリエウ 6.0 相手のズマ同様にプレスの狙いどころとなったが、何とか崩れず。守備では身体能力を生かして相手の攻撃を撥ね返し続けた   MF 7 サカ 5.0 連戦の疲労の影響か、あまり得意ではない展開の影響か、珍しく攻守に精彩を欠いた   (→ベジェリン 5.5) 一度アクロバティックなクリアでチームを救ったが、無念の負傷交代   (→チャンバース -)   25 エルネニー 6.0 中盤でトーマスと共に防波堤として奮闘。攻撃面の貢献は少なかったが、守備の集中力を最後まで維持   18 パルティ 6.5 相手中盤とのフィジカルの差をうまく生かして対人対応で無類の強さを見せた。マイボール時も危なげない捌きや自ら運ぶプレーで貢献   3 ティアニー 6.0 まだまだ本調子とはいかないが、責任感を窺わせる守備対応にチームに推進力を与えた   FW 11 ウーデゴール 5.5 自身が活躍する類の試合展開ではなかったが、守備面で献身的なプレーを継続した   14 オーバメヤン 6.0 冷静な判断で決勝点をアシスト。以降は攻撃面で持ち味を発揮できなかったが、守備ではきっちり貢献   (→ラカゼット 5.5) 身体を張ったプレーで逃げ切りに貢献   32 スミス・ロウ 6.5 前回対戦に続きチェルシー相手に決定的な仕事を見せた。前半はプレッシングで相手のリズムを乱し、後半は泥臭いプレーでクリーンシートに貢献   監督 アルテタ 6.5 システム変更が奏功。泥臭い戦いぶりで2003-04シーズン以来のシーズンダブルに導いた   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ホールディング(アーセナル) 決勝点を決めたスミス・ロウやトーマスの活躍も見事だったが、最終ラインで身体を張り続けたホールディングをMOMに選出。局面での判断の正確さと気迫のこもった守備は素晴らしかった。   チェルシー 0-1 アーセナル 【アーセナル】 スミス・ロウ(前16) 2021.05.13 07:06 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly