ノリッジが2シーズンぶり3度目の優勝! カナリアの歓喜の歌鳴り響く《チャンピオンシップ》

2021.05.02 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジは1日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のレディング戦に4-1で快勝し、2018-19シーズン以来、通算3度目のチャンピオンシップ優勝を果たした。第42節終了時点で1年ぶり5度目のプレミアリーグ昇格を決めていたノリッジだが、同じく昇格を確定している2位のワトフォードとの優勝争いは継続中だった。

今節を前にワトフォードに5ポイント差を付けていたノリッジは、勝利で自力優勝が可能だったこの一戦で先制点こそ奪われるも、MFドーウェルの2ゴールで逆転に成功すると、その後はエースFWプッキにもゴールが生まれ、最終的に4-1の圧勝で優勝を決めた。


前回優勝時にもチームを率いたダニエル・ファルケ監督の下、1年でのプレミア復帰を目指したノリッジは、ここまで29勝7敗9分けの勝ち点96、73得点34失点という王者に相応しい数字を残した。

また、個人では得点ランキング2位の26ゴールを挙げたエースFWテーム・プッキに加え、昨季からの主力であるMFエミリアーノ・ブエンディアが14ゴール17アシスト、MFトッド・キャントウェルが6ゴール6アシスト、DFマックス・アーロンズが2ゴール4アシスト、守護神ティム・クルルが18度のクリーンシートとチームを牽引。

さらに、それぞれトッテナム、エバートンからレンタル加入していたMFオリバー・スキップ、MFキーラン・ドーウェルの活躍も光った。

なお、残り1枠を争う昇格プレーオフ争いは、ブレントフォード(3位/勝ち点84)、スウォンジー(4位/勝ち点80)、ボーンマス(5位/勝ち点77)、バーンズリー(6位/勝ち点77)の4チームの出場が決定している。
関連ニュース
thumb

元ノルウェー代表MFが古巣ローゼンボリヘ復帰!ノリッジに9年在籍

ローゼンボリ(ノルウェー)は12日、ノリッジ(イングランド2部)に所属する元ノルウェー代表MFアレクサンダー・テッティ(33)を獲得したことを発表した。なお、ノリッジとの契約が今季までのため、移籍金は発生していない。 ノルウェー1部リーグ、エリテセリエンは4月から10月まで行われており、テッティの契約期間は今シーズン終了までの半年間。また、契約満了後は現役を引退し、アカデミーの指導者としてローゼンボリに留まる予定だという。 契約締結に際して、テッティはクラブ公式サイトで「ローゼンボリでキャリアを終えたかった。今が家に帰るのにふさわしい時期だし、ローゼンボリこそ僕のクラブだ」とコメント。古巣への12年ぶりの復帰を喜んだ。 ガーナ出身でノルウェーのローゼンボリでプロデビューを飾ったテッティは、ノルウェー代表として34試合の出場歴を持つセントラルMF。2012年夏にレンヌからノリッジへ加入すると在籍した9シーズンで通算263試合に出場し、8ゴールを挙げた。 今季は22試合に出場すると、主力ではないながらもチームのプレミアリーグ昇格、そしてチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献している。 2021.05.14 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のノリッジ、36歳のベテランGKと契約延長

来季プレミアリーグに昇格するノリッジは29日、元北アイルランド代表GKマイケル・マクガバーン(36)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 セルティックの下部組織で育ったマクガバーンは、2004年にトップチームに昇格するも、トップでは出場機会に恵まれず。その後はダンディー・ユナイテッドやロス・カウンティなどスコットランドのクラブを渡り歩き、2016年の夏にノリッジに加入。 ノリッジでは加入初年度からレギュラーに定着したが、元イングランド代表GKアンガス・ガンや元オランダ代表GKティム・クルルの加入により出場機会が激減。今季もGKクルルの控えGKとしてリーグ戦10試合の出場にとどまっていた。 契約延長にサインしたマクガバーンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「自分の将来について少しでも安心できることは良いことだから、新たにサインできて本当に嬉しい。ティムがケガしていた時に出場して勝利に貢献できて良かった。最終的にはチームの勝利が最も重要だからね」 2021.04.30 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

5度目の昇格を果たしたノリッジ、ファルケ監督は偉業に向く「2度続けてタイトルを獲得したクラブはない」

1年でのプレミアリーグ昇格を決めたノリッジ・シティのダニエル・ファルケ監督が、昇格を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 2018-19シーズンにプレミアリーグ昇格を決め、昨シーズンはプレミアリーグで戦っていたノリッジ。しかし最下位で降格し、再びチャンピオンシップ(イングランド2部)で戦うこととなった。 しかし、開幕から好調を維持したノリッジは、残り4節となったチャンピオンシップ第42節で昇格を争う5位のボーンマスと対戦した。 試合前、同日に行われた3位のスウォンジーがウィコムと2-2のドローに終わり、4位のブレントフォードもミルウォールとゴールレスドローとなったため、ノリッジの2位以内が確定。1年でのプレミアリーグ復帰が決まった。 昇格が決定した状態で臨んだボーンマス戦では、1-3で敗れたが、ファルケ監督は敗戦の失望がありながらも、昇格を喜びたいと語った。 「もちろん、我々は敗戦に失望してロッカールームに戻ったよ。昇格した後の午後は活気に満ちていたので、今日は誰も私の良い気分を邪魔できない」 「我々は特別なことを成し遂げ、ノリッジ・シティの歴史に新たな1ページを刻んだ」 「特に我々が空っぽのスタジアムでプレーしたシーズンの中、選手たちが成し遂げたことは素晴らしい。キャロウ・ロードは満員のはずであり、隣にサポーターがいない状態でプレーするのは、負けた試合から勝利へのメンタルに変えることが難しくなる」 ノリッジは、5度目のプレミアリーグ昇格となり、これはリーグ最多記録。裏を返せば、それだけ降格しているということにもなる。 実質的に連覇は不可能だが、1年空けて優勝したクラブも、プレミアリーグ発足以降はない。最後に昇格を決めた2018-19シーズンは優勝して昇格を決めているノリッジだが、今季も優勝の可能性が残されている。 ファルケ監督は、少しは昇格決定に浸るとしながらも、この先は連続での優勝を目指して戦っていきたいと意欲を見せた。 「降格後、自動昇格を果たしたチームは他にない。過去2年間でクラブとして多くの成長を遂げ、より良いポジションで昇格した。今夜、選手たちは全ての称賛と祝福に値する」 「まずは少し楽しみ、次のステップを気にしすぎないようにしよう。時間があるときに、心配したいと思う。今、我々は昇格しており、シーズンに2度昇格はできない。本題は終わった」 「チャンピオンシップで2度続けてタイトルを獲得したクラブはないと思う。クラブにとっては記録的なシーズンとなり、偉大な業績となるだろうから、我々は成し遂げたいと欲張っているよ」 2021.04.18 12:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ノリッジが1年でプレミアリーグ復帰!5度目の昇格は同リーグ最多記録に《チャンピオンシップ》

チャンピオンシップ(イングランド2部)首位のノリッジのプレミアリーグ昇格が決定した。 ノリッジは、17日にチャンピオンシップ第42節でボーンマス戦を控えているが、同日に行われた試合で3位のスウォンジーがウィコムと2-2のドローに終わり、4位のブレントフォードもミルウォールとゴールレスドローとなった。 この結果、今節を含む4試合を残してノリッの2位以上が確定し、1年ぶり5度目のプレミアリーグ昇格が決定。5度のプレミアリーグ昇格は、1992年に創設された同リーグにおける単独最多記録となる。 なお、残りの自動昇格争いは1枠となり、こちらも1年でのプレミアリーグ復帰を目指すワトフォードが勝ち点82で2位。3位にスウォンジー(勝ち点76)、4位にブレントフォード(勝ち点74/1試合未消化)、5位にボーンマス(勝ち点71/1試合未消化)と続いている。 2021.04.18 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーンウッドが負傷…U-21欧州選手権のGSに挑むU-21イングランド代表を離脱

イングランドサッカー協会(FA)は23日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するFWメイソン・グリーンウッドのU-21イングランド代表離脱を発表した。 今月からスタートするU-21欧州選手権のグループステージに向け、U-21イングランド代表の中軸として活躍が期待されたグリーンウッドだが、負傷により、無念の離脱に。ノリッジ・シティからMFトッド・キャントウェルが新たに招集されている。 U-21イングランド代表はグループDに入り、U-21クロアチア代表、U-21ポルトガル代表、U-21スイス代表と同居。今月の代表ウィークでグループステージの全3試合が行われ、25日のU-21スイス代表戦が初戦となる。 なお、イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、所属先のユナイテッドはそこまでひどいケガでないことを期待しており、クラブのメディカルスタッフによる検査を受けることになるという。 2021.03.24 14:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly