スクデット目前のインテル、大一番を前に思わぬ邪魔が入る

2021.05.01 17:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スクデット獲得が目前に迫っているインテルだが、思わぬ邪魔が入ったようだ。

現在セリエAで首位に立つインテル。2位のアタランタとは勝ち点差「11」となっている状況だ。

残り5節となったセリエAにおいては、今節の結果次第ではインテルの優勝が決定。5連覇を達成した2009-10シーズン以来、11年ぶりのスクデット獲得となる。

そのインテルは、1日にアウェイでのクロトーネ戦に臨むのだが、思わぬ邪魔が入る事となった。

イタリア『FCInterNews』によると、クロトーネに移動するための飛行機に乗り込んだものの、濃霧の影響で空港に着陸できない事態に。結局、着陸する空港を変更。夜遅くにホテルへと到着する羽目になってしまったので。

勝てば優勝にグッと近づくインテル。思わぬ邪魔も物ともせずにクロトーネに勝利できるだろうか。なお、再開のクロトーネは、インテルに敗れた瞬間にセリエBへの降格が決定する事となる。



1 2
関連ニュース
thumb

東京Vがパワハラ問題の調査結果を受領、報告書や事実の有無は公表せず「新たな詮索が生じる可能性を最小限にするため」

東京ヴェルディは21日、チーム内でのパワーハラスメント問題に関して報告した。 東京Vでは、1日に辞任した永井秀樹前監督が関係するとされるトップチーム内でのパワハラ問題が浮上。内部からの告発もある中、コンプライアンス委員会が調査を進めていた。 そんな中、20日に調査結果が記載された41ページにわたる報告書を受領したとのこと。中村考昭 代表取締役社長に制裁金100万円、森本譲二 代表取締役代行にけん責、江尻篤彦 強化部長に注意の処分が下されたことを発表した。 東京Vは中村考昭 代表取締役社長名義で声明を発表。今回の報告書に関しては「同報告書の結論やそこに至る理由には、対象者の特定や憶測につながるような内容が多数含まれており、公表によって、同報告書中の記載に関連して、選手、スタッフその他の関係者に対する新たな詮索が行われることが懸念されました」とし、「選手、スタッフその他の関係者に対する新たな詮索が生じる可能性を最小限にするため、代表取締役社長として、同報告書の内容を対外的には、開示しないことを決断しました」と説明。報告書を開示しないどころか、パワハラの事実があったかどうかについても公表はされなかった。 一方、Jリーグへは報告書の写しを提出したとし、選手・スタッフに対してはプライバシー保護の観点から支障が生じない範囲で概要を伝えたとしている。 また、中村氏は声明を通じて、関係者へと謝罪している。 「今シーズンより代表取締役社長として経営再生を担う立場に就き、その途上において、今回、ファン・サポーターの皆様、ボランティアの皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、Jリーグ関係者の皆様、また東京ヴェルディに関わる全ての皆様に、多大なる不安をおかけしたことを深くお詫びいたします」 「また、トップチーム内外の当社の職員・選手・スタッフに対しても、トップチームに関する報道がなされたことについて、深くお詫びいたします。とりわけ、実名表示され又は実質的に特定される報道をされたケースでは、大きな負担を感じさせる結果になりました」 「加えて、トップチームの選手・スタッフその他の関係者に、長期間にわたる調査やモニタリングにご協力をいただいたことには、深く感謝申し上げます。当社は、選手・スタッフの匿名性を守り、今後のサッカー関連活動その他の社会活動への支障を生じさせないよう、選手・スタッフその他の関係者を守ることを、最優先に今後も行動していきます」 また、中村氏は一連の報道や調査に時間がかかったことなどについても説明。開示しないと決断した理由、そして外部への告発という形で問題が明るみに出たことに対して、組織体としての変化が必要であるとのメッセージを残している。 「本シーズンより東京ヴェルディ株式会社の経営再生を担う立場にありながら、チーム内に生じていた問題の発見及びその速やかな改善ができておらず、かつ、それらの端緒がメディアを通じて問題提起されることとなったことにつき、ファン・サポーターの皆様、ボランティアの皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、Jリーグ関係者の皆様、また東京ヴェルディに関わる全ての皆様に、心より深くお詫び申し上げます」 「また、一連のメディアによる実名報道またその報道を通じて実質的に個人が特定されることとなり、そのプライバシー及び個人の尊厳を過度に傷つけられることとなった全てのチーム関係者に対しても、深くお詫びいたします」 「今回のコンプライアンス委員会の調査結果につきましては、その調査結果の全てをJリーグに報告の上、東京ヴェルディ内ではプライバシーに配慮する範囲でその事実を適切に報告共有の上、調査結果に基づき関係各人に対して適正な処分を行うこととしました。また、それ以上に重要なのは、再発防止策だと考えておりますので、これから、チーム内の信頼関係の醸成を含め、このような問題が再び起きることがないよう真摯に取り組んで参ります」 「今回の問題が起きた最大の原因は、チーム内で起きた事象について、コミュニケーションを通じた、チーム内での解決ができなかったことにあると考えています。もとより、サッカーはチームスポーツであり、勝利を目指して、またそれを通じてファン・サポーターの皆様に感動を与えられるようなクラブになることを目指して、ときには、意見をぶつけあうことも必要です。それは、同じ目標を共有した仲間達の中で行われる限りは、一時的には対立のように見えても、どこかでは必ず分かり合うことができるはずのものです」 「今回の問題は、本来はそのような目標を共有するはずである仲間達の中での解決ができずに、その解決方法として外部への告発が行われたものであって、そのような手段をとらざるを得なくなったクラブ内のコミュニケーションのあり方自体が、本質的な問題だったと考えます。それは、社長である私に、大きな責任があるものと考えております」 「これから、ヴェルディを、本来あるべき姿、すなわち、勝利を目指して、仲間達が十分なコミュニケーションのもとに、同じ目標に向かって行く組織に変えていくためには、我々の努力ももちろんですが、関係者の皆様のご協力も不可欠です。たしかに報道された事実の有無や、誰が被害者なのかについて明らかにすべきだという意見もあるかもしれません」 「しかし、ヴェルディがこれから一つになっていくべきこのタイミングで、これ以上、メディアによって過去の事実の存否や責任が詮索され続けることは、すでに長期にわたるヒアリングや外部からの報道にさらされたことにより、尋常ではないレベルにまで到達したチーム関係者の精神的負担を考えると、どうしても避けなければならない事態であると、私は考えます」 「同じ目標に向かって結束すべき仲間達を、そうした精神的負担から守り、その人格と尊厳を維持しながら、チームとして一つにしていくことは、代表である私の責務であると考えます」 「今回の度重なる報道について、そうしたチームとしてのあるべき姿を考えながら、どのレベルまで、皆様にご報告するべきかについては、私自身も少なからぬ葛藤がありました。プライバシー及び人格と尊厳を守ることを最優先にしたため、コンプライアンス委員会の調査に時間がかかったことについても、関係者の皆様に大変ご心配をおかけしたものとして申し訳なく思っております」 「しかし、調査を終え、私自身が感じたことは、まず、誰かを責めるよりも、クラブ、会社自身が変わっていかなければならないということです。共通の目標に向かって、チームを一つにしていかなければならないということです」 「それに向けての道は、決して平坦なものではないと思いますが、可能な限り、その過程を、皆様と共有しながら、強いヴェルディを、全員で作り上げていきたいと思います。そのような判断から、今回の調査結果について、関係者外非開示とさせて頂くことにつき、ぜひともご理解賜りたくよろしくお願い申し上げます」 「なお、私自身の処分につきましては、東京ヴェルディ株式会社の代表取締役社長でありその経営再生を担う私にその責任がありますので、改めてお詫びの上、真摯に受け止め、また合わせて東京ヴェルディを再び素晴らしいクラブへと改善成長させるために、引き続きクラブの再建に取り組んで参りたいと思います」 「末筆となりますが、トップチームの選手・スタッフその他の関係者に、長期間にわたる調査やモニタリングにご協力をいただいたことにつきまして、改めまして深く感謝申し上げます。当社は、選手・スタッフの匿名性を守り、今後のサッカー関連活動その他の社会活動への支障を生じさせないよう、選手・スタッフその他の関係者を守ることを、最優先に今後も行動していきます」 2021.09.22 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

猛ダッシュでC・ロナウドと無理矢理セルフィーを撮った男性が反響に感謝「たくさんの人々が支持してくれる」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと自撮りした男性が改めてその心境を語っている。 C・ロナウドのファンだというスイス在住のゲーシュ・ディルアラさんは、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節、ヤング・ボーイズvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦を観戦に訪れた。 試合はユナイテッドのミスからラストプレーでヤング・ボーイズが決勝ゴールを挙げるという劇的な展開となり、ユナイテッドの選手たちは意気消沈でロッカールームへと戻ろうとしていた。 その時、ディルアラさんはフェンスを飛び越えてピッチに侵入すると、猛ダッシュでC・ロナウドのもとへ。直前で警備員に気づかれるも、強引にC・ロナウドと肩を組み、そのまま自撮りを撮影した。 ディルアラさんはこの時の動画をスマートフォンで収めており、自身のインスタグラムなどのSNSに公開していたが、『ESPN』などのメディアもこの動画を取り上げると、ディルアラさんは改めて自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「ありがとう。たくさんの人々がこの行動を支持してくれるのを見るのが大好きです」と反響の大きさに感謝している。 近年頻発している観客のピッチ侵入だが、SNSがそれを助長している可能性は高そうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】猛ダッシュでC・ロナウドに詰め寄り、警備員に止められながらも無理矢理セルフィーを撮るまで</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CUDQOA0h9ei/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CUDQOA0h9ei/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CUDQOA0h9ei/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.22 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表主将が強盗被害…3人に囲まれ拳銃を突きつけられるも無事生還

現役時代はバレンシアのディフェンスラインを支え、アルゼンチン代表としても活躍したロベルト・アジャラ氏が強盗被害にあった。アルゼンチン『TyC Sports』が報じた。 現在はアルゼンチン代表のコーチを務めるアジャラ氏。事件が起きたのは20日、車に乗っていた中、強盗に襲われたとのことだ。 強盗は3人組で、車を停めたアジャラ氏に対して暴行を加え、拳銃を突きつけたとのこと。60万ペソ()、スポーツウェア、携帯電話を盗まれたようだ。 アジャラ氏は、そのまま逃げ、第三者の手を借りて911に通報したとのことだ。 被害に遭ったものの、幸いにもアジャラ氏はケガなどはなく、無事とのこと。被害に遭った地域は、犯罪行為が多発しているところだったようだ。 2021.09.21 20:33 Tue
twitterfacebook
thumb

アジアNo.1にもなった広州FC、中国の大手不動産会社「恒大集団」の破綻で崩壊の可能性

中国サッカー界を牽引してきた広州FCだが、クラブ崩壊の危機に陥っている。 広州恒大として知られていたが、今シーズンから中国サッカー協会の規定により企業名をチーム名に入れられないことから名称を広州FCに変更していた。 その親会社は、中国最大手の不動産開発会社である「恒大集団」。2010年にチームを傘下に入れ、広州恒大として活動していた。 かつては“爆買い”として世界中に名を知らしめた中国スーパーリーグ。その中でもトップを走っていたチームは、ヨーロッパで活躍していた選手たちを補強。パラグアイ代表FWルーカス・バリオスやイタリア代表FWアレッサンドロ・ディアマンティ、FWアルベルト・ジラルディーノ、ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスなどを順次獲得していた。 また、指導者にも世界的な選手を連れてきており、ユベントスやイタリア代表を率いたマルチェロ・リッピ氏や元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏、元ブラジル代表監督であるルイス・フェリペ・スコラーリ氏らを招へい。買収した翌年の2011年から7連覇を含む中国スーパーリーグを8度制覇。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年に優勝するなど、アジアでもトップクラブに成り上がっていった。 レアル・マドリーやミラン、バイエルンなどとも提携するなど、ビッグクラブへと近づいていっていた広州FCだが、親会社である「恒大集団」が経営破綻に近づいているという。 創業者の許家印氏が、一代で大企業へと成長させた「恒大集団」。2010年以降は不動産以外にも電気自動車やインターネット業界へも進出。現在の年商は7000億元(約12兆円)を超えている。 2020年の売上高も7232億元(約12兆3000億円)、利益は314億元(約5300億円)とされているが、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延が不動産業界を直撃。不動産価格が下がったことを受け、金融における流動性リスクが起こったため、破綻に追い込まれてしまった。 中国『Sup China』の報道によれば、今年の初めの時点で負債総額は8700億元(約14兆8000億円)にものぼっているとのこと。中国政府へと救済を求めており、広東省はクラブの10〜15%の株式を引き継ぐことを目指しており、国営企業がクラブの残りの部分を買収することになるという。 一時期のようなビッグネームはチームに所属していないが、帰化をして中国代表としてプレーするFWアラン、FWアロイージオ、DFティアス・ブラウニングらは所属。しかし、チームは高給の選手を放出し、資金調達に動くとのこと。また、賃金が未払いとなっていることから、多くの選手が中国から離れようと考えているとのことだ。 中国では、2020シーズンの中国スーパーリーグ王者である江蘇FC(かつての江蘇蘇寧)が破綻し、チームを解散。江蘇FCも“爆買い”で鳴らしたクラブだったが、インテルのオーナーでもある蘇寧電器グループの経営も不振となっていた。 この先どのような形になるのかは現時点では不明。しかし、中国サッカー界のみならず、中国の産業界にも厳しい時代が舞い込んでいるようだ。 2021.09.21 13:02 Tue
twitterfacebook
thumb

16歳未満の選手と交渉し規則違反の代理人、イングランド代表選手と話させる姑息な手段を利用

とある代理人が規則違反を行う際に、自身が担当する選手を利用していたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 イングランドサッカー協会(FA)では、16歳の誕生日を迎える年の1月1日より前に代理人が選手と取引の交渉を行うことを禁止している。 しかし、代理人のエイディ・ウォード氏は、この規則に違反。さらに、その際に姑息な手を使っていたようだ。 『BBC』によると、FAはすでにウォード氏が16歳未満の選手と契約したとして調査中とのこと。まだ終了していないが、色々な事態が判明した。 その中の1つが、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングを利用したものだった。 ウォード氏は、ロンドンのレストランで15歳の少年と母親との夕食会を開催。自身の顧客の中でも最も著名であったスターリングにビデオ電話をかけ、その少年と話すように依頼したという。 スターリングの弁護士は、「イングランド代表として意欲ある選手と話す責任を感じ、ウォード氏の要請に応じて何度か話した」と語っているとした。 ただ、スターリングは何も聞かされておらず、代理人や経済的な話などは選手にしないとのこと。FAの規則を尊重しているという。そしてスターリングは、2020年末に代理人契約を解除した。 また、ウォード氏の狙うターゲットがいるとのことで、匿名のリークによると「シングルマザーの家族をターゲットにしている」とのこと。さらに「とても若い年齢からスタートする」とかなり若い頃から声をかけるようだ。 現在は23歳でシェフィールドFCに所属するMFフォデイ・ナベイは、12歳の時にウォード氏からアプローチを受けたことを告白している。 シエラレオネ出身のナベイは、6歳の頃に母親と一緒にイギリスへと移住。バーミンガム・シティのアカデミーに所属し、U-16、U-17とイングランド代表にも呼ばれた逸材だ。 そんな中、ウォード氏はフルアムへの移籍を提案。結果としてナベイはフルアムのユースへと移籍するが、その際に当時14歳のナベイの移籍に関して、フルアムと金銭交渉をしているメールが残っているとのことだ。 フルアムは実際には支払っていないと主張しているが、メールには12万ポンド(約1800万円)を支払うという交渉が残っているという。 若き才能の売却は、アカデミーにとってはとても大きな収入源となっており、プレミアリーグの合計では2020年夏の移籍市場では2億5000万ポンド(約374億4200万円)にも上ったとのこと。しかし、規則を破るのは問題外だ。 2021.09.21 11:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly