イングランド女子代表のレジェンド、ファラ・ウィリアムスが今季限りでの引退を表明

2021.04.27 20:36 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
元イングランド女子代表MFファラ・ウィリアムス(37)が26日、今季限りでの現役引退を表明した。

自身のSNSを通じて「熟考した後、現役続行の申し出もあったが、今季限りでプロフットボーラーから退くという難しい決断をした。女子のフットボール界で20年以上ものキャリアを積めたのは喜びで、名誉だった」と綴った。

ウィリアムスはチェルシーでキャリアをスタートさせて以降、チャールトン、エバートン、リバプール、アーセナルでもプレー。2017年から現在まではレディングに在籍して、2001-02シーズンにイングランドサッカー協会(FA)の年間最優秀若手選手、2008-09シーズンに年間最優秀選手に輝いた。

代表キャリアにおいては2001年に代表初キャップを刻み、それから代表最多の172試合に出場。2007、2011、2015年と3度のワールドカップ(W杯)も経験し、2015年の3位決定戦ではドイツ女子代表を相手にPKから決勝点を決めた。

女子ユーロにも4度出場。12年にはイギリス女子代表としてロンドン・オリンピックにも名を連ねていた。

関連ニュース
thumb

サンチョら若手に出場機会がない理由は経験不足か、サウスゲイト「大会を初めて経験する選手たち」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、FWジェイドン・サンチョが出場機会に恵まれない理由を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今季のドルトムントで公式戦38試合16ゴール20アシストを記録したサンチョ。その活躍もありユーロ2020のメンバーに選ばれたが、蓋を開ければグループリーグ2試合消化時点で未だ出番なし。さらに、開幕戦ではベンチメンバーにも登録されていなかった。 また、MFブカヨ・サカもユーロデビューを果たせておらず、25歳でアストン・ビラのキャプテンを務めるMFジャック・グリーリッシュでさえも、ここまでの出場はスコットランド代表戦の27分間のみとなっている。 サウスゲイト監督は、サンチョら若手選手に出場機会がない理由を経験の問題だと考えているようだ。 「我々には状況をガラリと変えられるオプションがあり、その多くは若く、大きな大会を初めて経験する選手たちだ。だから、監督としては彼ら個人への期待を現実的に考えているよ」 「ジェイドンもその中の1人で、ここ数日いいトレーニングをしているし、我々にはその選択肢と決断がある」 また、クラブの日程によりFWラヒーム・スターリング、MFフィル・フォーデン、MFメイソン・マウント、FWマーカス・ラシュフォードらの合流が遅れ、チームのパフォーマンスが思うように発揮できていないことについても言及している。 「彼らの多くは親善試合に参加していなかったから、連携を追求する機会が少なかった」 「非常に優秀な選手がいることはわかっているし、(スコットランド代表戦)より良いパフォーマンスをできることもわかっている。彼らがそのレベルを見つけられるようにサポートしなくてはならない」 「このチームは比較的経験の浅いチームで、今大会で3番目にキャップ数が少ない。スコットランドは若いチームだったため、多くの選手にとってはこれまでとは異なる経験になっただろう」 「彼らはギリギリのところでここまでの試合を乗り越えてきた。我々はもっと強くなりたいと思っているし、それをチェコとの試合までの数日間で解決したい」 2021.06.21 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

渦中のケイン、ユーロ不発も…「僕は代表でのプレーのことだけを考えている」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが自身のコンディションについて語った。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ケインは、所属するトッテナムが今シーズンのプレミアリーグで7位と低迷し、13年連続の無冠に終わったことから退団報道が過熱。マンチェスター・シティやチェルシーといったクラブへの移籍が取り沙汰されている。 また、その一方で現在参加しているユーロ2020ではグループD第2節を終わって無得点と、鳴りを潜めている状況。チームの得点が第1節のクロアチア代表戦で挙げた1ゴールのみということもあり、不調の攻撃陣へ向けた批判の声も出てきている。 しかし、そんなケインは、ノックアウトステージでコンディションのピークを迎えることの重要性を強調した。 「これまでの大会で学んだことは、適切なタイミングでピークを迎えることが重要だということだ。ノックアウトステージでピークに達するのがベストであり、そこからさらに調子を上げていきたいと考えているよ」 「ロシア・ワールドカップ(W杯)では、準々決勝や準決勝で、自分の力を発揮できなかったことがあった。望むべきところまで到達できなかったのは、結局それが原因だったのかもしれない」 さらに、自身の去就問題とコンディションの関連性については「絶対にない」と否定。ナショナルチームでのプレーに集中していると話した。 「僕は、いかにしてこのチームを助けるか、いかにしてこの大会で成功を収めるかに集中している。メディアの観点からは様々な憶測が飛び交っているようだけど、僕は代表でのプレーのことだけを考えている」 2021.06.21 18:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイン先発宣言のサウスゲイト監督「すべてのプレーの基盤となる選手」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、ユーロ2020グループD最終節チェコ代表戦におけるFWハリー・ケインの先発出場を明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イングランドはチェコ代表、クロアチア代表、スコットランド代表からなるグループDに属しており、ここまで1勝1分けで現在2位に位置。23日に行われるチェコ戦を引き分け以上で終えるとグループ突破が決まり、勝利すると首位通過が決まる。 ケインはここまで2試合で先発出場しているものの、いずれも枠内シュートを放つことができずに途中交代。だが、サウスゲイト監督はエースへの信頼を揺るがすことなく、チェコ戦でも先発起用することを明かした。 「先発だ。絶対にね。彼はゴールを決めるだけでなく、ビルドアップやその他すべての要素の基盤となる選手だ」 「現在、彼について多くの疑問が投げかけられているのを知っている。だが、そんなこと彼は100回も経験しているし、私も監督としてその疑問に答えてきた。そして彼はその度に次の試合でゴールを決めてきた。私は今回もそうなると予想しているよ」 一方で、イングランドの指揮官は2試合連続で途中交代させている理由を説明。前回のワールドカップからの反省点を生かしているという。 「クロアチアとの試合ではリードした状態にあり、追加点ではなく、プレスをかけてリードを保つためのエネルギーが必要だった」 「ワールドカップではハリーを多忙にさせてしまい、今回はその負担を軽減する必要があると感じていた。ベンチには素晴らしいオプションも揃っているしね」 「我々にとって重要な選手であることは間違いない。それはゴール記録を見れば一目瞭然だ」 2021.06.21 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ファーディナンド氏、サンチョを起用しないサウスゲイト監督に苦言「本当に理解できない」

リオ・ファーディナンド氏が、ドルトムントのFWジェイドン・サンチョなどの才能を持った若手を起用しないイングランド代表のサウスゲイト監督に対して疑問を持っていることをYouTubeチャンネル『Five』で明かした。 イングランド代表は18日、ユーロ2020のグループD第2節でスコットランド代表と対戦して0-0の引き分けに終わっている。1-0で勝利した第1節のクロアチア戦と同様に、ベンチメンバーをフル活用しなかったことをファーディナンド氏は非難している。 「ベンチワークが悪いと思う。今大会は5人を交代させられるのにもかかわらず、2人しか交代させなかった。ベンチは何のためにあるんだ」 また、2試合連続でサンチョをピッチに送り出さなかったことに対しても、同代表のレジェンドは理解ができないと苦言を呈している。 「サンチョは一体どうしたんだ? 彼は裏で何かしたに違いない」 「彼はここ3シーズン、イングランド代表の中で(ラヒーム・)スターリングとハリー・ケインに次いで3番目に多くゴールに関与している」 「本当に理解できないんだ。第1節ではベンチにも入れず、第2節では(ベンチ入りしたのに)スパイクを濡らすこともなかった。ベンチでは才能を持った選手が座っているのに、チームは敗退するのを待っている」 「この子たちをピッチに解き放てば、昔のように強固なイングランド代表が見れるよ」 22日には、グループステージ突破をかけてチェコ代表と戦う。サンチョをはじめとする出場機会がなかった選手たちは、果たしてピッチで躍動する姿を見せることになるのだろうか。 2021.06.19 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

低調イングランド、主将ケインは対戦相手称賛 「スコットランドは本当によく守っていた」

イングランド代表のキャプテンを務めるFWハリー・ケインがユーロ2020の対戦相手を称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ケインは18日に行われたユーロ2020グループD第2節のスコットランド代表戦で先発出場。勝てば決勝トーナメント進出が決まる試合だったが、相手の堅守を前に攻撃陣は沈黙。ケインもほとんど見せ場を作れないまま74分に交代となり、試合はそのままゴールレスドローで終わった。 この結果、イングランドの決勝トーナメント進出は最終節の結果次第に。また、ケイン自身もいまだ大会で得点がなく、批判の声も上がってきている。 試合後のインタビューに応じたケインは、スコットランドを称賛しつつこの試合からの切り替えを強調。22日に行われるグループD第3節のチェコ代表戦に向け、準備していきたいと語った。 「引き分けは妥当な結果だと思う。スコットランドは本当によく守っていたし、自分たちもいくつかのチャンスを作っていた。最高の結果ではなかったが、決勝トーナメント進出の資格取得に向け、また1つポイントが増えたね」 「数日後に行われる次の試合に向け、気持ちを切り替えなければならない。これもゲームの一部さ。スタメンの選考については、監督が決定することだ。監督は決断を下すだろうし、それが正しいと思えばそうするべきだろう。数日後にまた大きな試合があるから、しっかりと回復して準備しなければならない」 「タフな試合だったと思う。スコットランドの守備は本当によく、適切なタイミングで素晴らしいブロックを作っていた。これがフットボールだ。今日の彼らは、自分たちの人生のためにプレーをしていた」 2021.06.19 12:37 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly