3月の鳥栖戦で禁止行為の福岡サポーターに厳重処分、リーダー格1名は「今季全試合入場禁止」

2021.04.19 19:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は19日、3月21日に駅前不動産スタジアムで行われたサガン鳥栖との一戦におけるサポーターの行為について処分を発表した。事件は明治安田生命J1リーグ第6節の鳥栖戦で、福岡の一部サポーターによる「サガン鳥栖運営管理規定」、及び「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」で禁止されている行為が確認されていた。

この件に関して、川森敬史代表取締役社長も試合後に自身のツイッターで言及しており、苦言を呈すことに。クラブも処分を下すことを発表していた。


そこからおよそ1カ月が経過し、処分を決定。福岡は「弊クラブは違反したサポーターに対し、Jリーグにて定める試合運営基準に基づき下記の通り処分を科すことを決定した」と発表している

今回問題となっている行為は、「①サガン鳥栖運営管理規定違反」として、「試合開始前と試合終了後に、スタンドの複数名で手持ち横断幕を繰り返し掲出する違反行為」と、「②Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン違反」として「スタンドでチャントを唄う、大声で野次を飛ばすなど「声を出す行為」を繰り返した違反行為」の2点が挙げられている。

福岡は上記の行為に対して、「警備員や係員の再三の注意にも耳を傾けず、安心安全かつスムーズなスタジアム運営を妨げた」として処分を発表した。

処分に関しては、「①の違反行為を主導し、②の違反行為を継続させたサポーター団体リーダー格A氏」、「①②の違反行為をしたサポーター団体リーダー格A氏が所属する団体」、「①②の違反行為を行ったサポーター5名」が対象に。A氏は「2021シーズンのアビスパ福岡が出場するリーグ戦・カップ戦全試合の入場禁止」、A氏が所属する団体は「2021シーズンのアビスパ福岡が出場するリーグ戦・カップ戦全試合において、団体としての活動の一部(団体名が表記された横断幕、フラッグ類の掲出)を禁」、残りの5名は「ホームゲーム5試合の入場禁止」となった。なお、この期間のアウェイゲームも入場できないとのことだ。また、未特定の違反者は、クラブが入手した情報をもとに、違反者を特定し次第罰則を適用するという。

クラブは今回の事象に対して、経緯を説明。悪質な行為であると説明している。

「当日掲げられた横断幕の表現は、「差別的或いは侮辱的表現」と連想させうるか否かについて複数の見解が存在し、現時点で直ちに「差別的或いは侮辱的」と判断することは断定しにくいですが、少なくとも不快感を以て受け止めたスポンサー、ファン、サポーターの皆様が多数存在するという事実は、重く受け止めなければなりません。実際に「差別的または侮蔑的表現ではないか」と受け止めた皆様より、クラブに多くのご批判の声が寄せられています」

「Jリーグ公式戦はスタジアムに来場している一部の方々のやり取りに留まらず、DAZN中継やソーシャルメディアを通じて全世界に発信され、老若男女が目にすることとなりますので、両サポーター間の関係性等にとらわれず、運営管理規定第4条(禁止行為)(12)記載の通り、社会通念上不適切な発言、行為は、厳に慎むべきものであると考えます」

「また、コロナ禍における当該違反行為は、昨年7月に有観客試合が再開されて以降、スタジアムでガイドラインを遵守して観戦いただいている多くの皆様をはじめ、安心安全なスタジアム運営にご協力下さっている方々に対して、新型コロナウイルス感染症への感染リスクを高め、且つスタジアムでのクラスター発生の危険性を高める悪質な行為であると判断いたしました」

「さらに、本来サポーター団体リーダー格のA氏は、メンバーなどが違反行為をし、その現場にいる場合において、その行為をやめさせるべき立場であるにも関わらず、違反行為を継続させていたことは極めて悪質であると判断いたしました」

「なお、サポーター団体リーダー格A氏が属する団体は、過去にも禁止行為違反を繰返しているため、連続性、継続性の観点から団体活動の一部も制限することといたしました」

また、今後の対応についても公式サイトで見解を示し、厳しい対応をするとした。

「弊クラブは、今後同様の事態を繰り返さないため、アビスパ福岡を支えていただいているファン、サポーターをはじめスポンサー皆様が、社会通念上不適切と判断する応援スタイルや横断幕の表現について、各サポーター団体と協議すると共に、サポーター団体の事前登録制や横断幕の事前申請制など、Jリーグと協議して制度化する対策を講じる予定でおります」

「また、次節以降のホーム試合では、Jリーグ統一禁止事項及びJリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで禁止されている以下の行為を、スタジアムの警備員・係員が発見した場合は、運営責任者の判断にて即時ご退場いただくことを運営管理規定として運用して参ります」

「・指笛・チャントを唄う・ブーイング等の「声を出す応援」
・ハイタッチ・肩組みなど密をつくり「人と接触する応援」
・「フラッグ等を振る」「マスクを着用しない」行為
・差別的、侮辱的または公序良俗に反する、社会通念上不適切と判断される表現のフラッグ類の掲出」
関連ニュース
thumb

福岡がクラブ新のJ1リーグ4連勝! 志知の移籍後初弾で柏下す【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が9日にベスト電器スタジアムで催され、ホームのアビスパ福岡が1-0で柏レイソルを下した。 21年ぶりのJ1リーグ3連勝で勢いづく7位福岡は前節から1選手のみが入れ替わり、金森が先発復帰。一方、3連勝ストップの黒星から仕切り直しを目指す13位柏は2選手の変更を施して、三丸や古巣戦の上島がスタートからピッチに立った。 勝てばクラブ新のJ1連勝記録達成となる福岡と仕切り直しを目指す柏の一戦。立ち上がり早々に右CKのショートコーナーから仲間がバイタルエリア右から右足を振り抜き、そのこぼれ球に呉屋が詰めるなど、柏が決定機を作り出す。ただ、福岡も16分、渡からパスを受けたジョルディ・クルークスが敵陣中央のやや遠目から左足ミドル。その後も互いの攻撃姿勢がぶつかり合う展開で進む。 そうした流れは前半終了まで続き、柏は27分にバイタルエリア中央から江坂の左足ミドルでゴールに迫ると、43分にジョルディ・クルークスの負傷交代を強いられた福岡だが、アディショナルタイムに右CKのチャンスからニアサイドの金森がヘディング。さらに、柏もその直後にボックス右の椎橋が折り返したボールに呉屋が反応するが、ドウグラス・グローリに対応され、好機を逸する。 両軍ともに最後のところで踏ん張りの効いた守りを続け、ゴールレスで折り返された試合だが、福岡にCKが続くと、3度目のチャンスを生かして先制。48分、キッカーのエミル・サロモンソンが右足インスウィングのクロスを上げると、ファーサイドで反応した志知がヘディングで合わせる。これが柏守護神キム・スンギュもノーチャンスのゴール左隅に決まり、福岡が勝利に一歩前進する。 志知の加入後初ゴールで均衡を破った福岡はその勢いで鋭い攻守の切り替えをさらに際立たせ、ペースを握り出すなか、59分にフアンマ・デルガドを投入。追う柏も61分にアンジェロッティ、70分にドッジを送り込み、敵陣内に攻め入るシーンを増やしたが、福岡が守りでも集中を切らさず、金森のヘディングシュートで追加点を狙っていくなど、後ろに重きを置き過ぎない戦いを続ける。 何とかこじ開けようと80分にマテウス・サヴィオも送り出した柏だが、1点リードの福岡は81分に残る交代枠で重廣、山岸、宮の3枚替えに動くと、最終ラインの枚数も増やして、逃げ切り態勢に。後半アディショナルタイム6分のなかで呉屋に決定的なヘディングシュートも許したが、GK村上のセーブで凌ぎ、見事にクラブ新記録のJ1リーグ4連勝を達成した。 アビスパ福岡 1-0 柏レイソル 【福岡】 志知孝明(後3) 2021.05.09 16:01 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:福岡vs柏】カギは助っ人!クラブ史上初のJ1での4連勝目指す福岡、仕切り直しの柏を迎える

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 14:00キックオフ アビスパ福岡(19pt/7位) vs 柏レイソル(13pt/13位) [ベスト電器スタジアム] 前節は2000年以来のJ1での3連勝を飾った福岡と、4連勝を目指すも未勝利の仙台に敗れた柏。 調子が上がっている両チーム、カギを握るのは助っ人たちの出来。 ◆クラブ史上初となるJ1での4連勝へ【アビスパ福岡】 前節は浦和レッズをホームに迎え、2-0で勝利を収めた福岡。2000年以来のJ1の舞台での3連勝を飾った。 久々のJ1の舞台で、なかなか結果が出ない時期も続いたが、この3試合は守備陣も従来の堅さとソリッドさを取り戻し、攻撃陣も噛み合っていた。 特にJ1で実績のあるFWブルーノ・メンデスの復調が大きい。3連勝中に2得点を記録し、ゴール量産の期待がかかる。さらに、ジョルディ・クルークス、ジョン・マリといった新戦力もデビューし、能力の高さを見せている状況だ。 新戦力もフィットし始め、チームとしての方向性がブレていない中、クラブ史上初となるJ1での4連勝に挑むこととなる。ここで波に乗れれば、ジンクス破りのJ1残留も見えてくるだけに、今の流れを継続したいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、田邉草民、石津大介 FW:ブルーノ・メンデス、フアンマ・デルガド 監督:長谷部茂利 ◆仕切り直し。再び連勝への第一歩を【柏レイソル】 前節はアウェイでのベガルタ仙台戦に臨み、1-0で敗戦。4連勝を逃すとともに、仙台へ初白星をプレゼントする形となった。 第3節以降、4連敗を含む6戦未勝利と苦しんだ柏だったが、直近で3連勝と波に乗っていた状況。前節も勝てる展開ではあったが、決定力を欠いてしまい敗戦となった。 今シーズン加入したドッジやアンジェロッティ、ペドロ・ハウルらがカップ戦を含めて出場機会を得るようになり、徐々にフィット感が増している状況だ。 試合の流れを変えることができる選手が揃っているだけに、早く連携面を高めていきたいところ。チームとしての厚みを持つことができれば、さらに勝ち点を積み上げることはできるはずだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:川口尚紀、大南拓磨、古賀太陽 MF:北爪健吾、ドッジ、椎橋慧也、高橋峻希 MF:江坂任、マテウス・サヴィオ FW:呉屋大翔 監督:ネルシーニョ 2021.05.09 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡が2000年以来のJ1で3連勝、1999年以来の浦和戦勝利【明治安田J1第12節】

1日、明治安田生命J1リーグ第12節のアビスパ福岡vs浦和レッズがベスト電器スタジアムで行われ、2-0で福岡が勝利した。 福岡は現在リーグ戦2連勝中。FC東京、サンフレッチェ広島と難敵を相手に連勝し、自信を深めている状況だ。 対する浦和は、3連勝後にアウェイでセレッソ大阪に敗れたが、前節はホームで大分トリニータ相手に逆転勝利。連勝を目指して乗り込んだ。 福岡は前節の広島戦からスタメンを1名変更。金森健志が外れ、ジョルディ・クルークスを右サイドで起用。クルークスはリーグ戦初先発となった。 対する浦和はスタメンを2名変更。山中亮輔と杉本健勇に代えて、伊藤敦樹と興梠慎三を起用。興梠は今シーズン初スタメンとなった。 福岡を指揮する長谷部茂利監督と浦和を指揮するリカルド・ロドリゲス監督は、昨シーズンの明治安田J2で優勝を争った中。その際は長谷部監督率いる福岡がリカルド監督率いる徳島ヴォルティスに2連勝を収めたが、徳島が優勝していた。 立ち上がりから浦和がボールを保持して攻め込む中、ホームの福岡がラッキーな形で最初のチャンスを生かす。8分、志知が左足で後方からクロスを送ると、ボックス内でブルーノ・メンデスが競り合おうとしたところ、GK西川周作がキャッチ。しかし、競り合いに来た明本と着地の際に接触するとボールをこぼしてしまう。これにしっかりと反応したブルーノ・メンデスがこぼれ球を無人のゴールに流し込み先制する。 不運な形から失点してしまった浦和。10分には自陣から槙野が前線にロングフィード。これに反応した武藤が抜け出してボックス内でトラップ。しかし、奈良がうまく対応しシュートは打たせない。 13分にも浦和がチャンス。右サイドからの関根のボールを中央で受けた興梠が左へと展開。小泉がボックス左からダイレクトでクロスを上げると、ファーに流れたボールを関根がダイレクトシュート。しかし、これは力なくGK村上がキャッチする。 先制を許してから押し込む時間が続く浦和。15分にはショートコーナーから武藤がドリブルでボックス内を仕掛けると、最後はシュート。これがGK村上の頭上を抜けそうになるが、なんとか掻き出して得点を許さない。 浦和が攻め込む時間帯が長く続いた中、福岡は一瞬の隙を突いて決定機を作る。23分、クリアボールを拾ったブルーノ・メンデスがドリブルを仕掛けると浦和陣内深くに侵入。そのままクロスを上げると、ボックス中央で渡がバイシクルシュート。強烈なシュートが枠を捉えるが、ここはGK西川がなんとかセーブし、得点を許さない。 飲水タイム後は一進一退の攻防が続くが39分に福岡がチャンス。右サイドでボールを持ったジョルディ・クルークスが相手2人を引きつけながらグラウンダーのパス。ブルーノ・メンデスに通ると、このクロスに渡が合わせに行くが、シュートは打てない。 浦和がポゼッションを高めていく中で、決定的な仕事ができないまま前半が終了。福岡がリードして前半を終える。 浦和はハーフタイムで柴戸を下げて山中亮輔を投入。左サイドバックに山中が入り、明本が2列目の左、小泉がボランチに入った。 後半もスタートから浦和がボールを握り、福岡ゴールを目指す展開に。福岡は変わらずプレスをかけていくが、浦和が上手くボールを動かしていなしていく展開となる。 浦和は56分、敵陣のパスを奪った槙野がドリブルで運ぼうとすると、ボックス手前で渡に倒されFKを獲得。このFKを後半から出場した山中が直接狙うが、GK村上がセーブする。 ゴールがなかなか奪えない浦和は62分に関根に代えて汰木康也を投入。汰木を左に入れ、明本を中央、右に武藤を配置した。 浦和は67分、左サイドでボールを持った山中がクロス。これをファーサイドで西が蹴り込もうとしたが、金森がダイビングヘッドでクリアする。 福岡は競り合いの際に味方のスパイクがブルーノ・メンデスの顔に入ってしまうアクシデントもあり、82分にジョン・マリと交代。しかし、この交代がプラスに働く。 86分左サイドから志知が鋭いクロスを入れると、ボックス中央でジョン・マリがゴールに背を向けて左足でトラップ。そのまま振り向きざまでハーフボレーを放つと、強烈なシュートはGK西川の手を弾き、ラインを越えて追加点を奪う。 2点ビハインドとなった浦和は興梠を下げて杉本健勇を投入。ゴールを目指しに行くが、福岡の堅い守備の前に決定的なシーンを作れない。 結局そのまま試合は終了し、2-0で福岡が勝利。リーグ戦3連勝を飾った。 アビスパ福岡 2-0 浦和レッズ 【福岡】 ブルーノ・メンデス(前8) ジョン・マリ(後41) <span class="paragraph-title">【動画】抜け目ないブルーノ・メンデスが相手のミスを突いて先制</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=18qd790mpo7v512cxd71n8oygj" async></script> 2021.05.01 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:福岡vs浦和】昨季は長谷部監督が2連勝、J2優勝を争った両指揮官がJ1の舞台で再会

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 14:00キックオフ アビスパ福岡(16pt/9位) vs 浦和レッズ(17pt/8位) [ベスト電器スタジアム] 現在リーグ戦2連勝中の福岡と、連勝ストップも連敗を免れた浦和の一戦。 昨季の明治安田J2で優勝を争った両指揮官が、舞台を変えてJ1で相見える。 ◆2度目の2連勝、今回は3連勝なるか【アビスパ福岡】 前節はアウェイに乗り込んでのサンフレッチェ広島戦。オウンゴールで先制し、一度は追いつかれる展開となったが、キャプテンMF前寛之の衝撃的なミドルシュートがネットに突き刺さり、1-2で勝利。今季2度目の連勝を飾った。 しっかりとJ1でも戦える姿をここまで見せている福岡。前回は2連勝でストップしてしまったが、今回は3連勝を目指してホームに浦和を迎える。 なかなか上位陣には結果が出なかった福岡だが、ここ2試合は順位が上のチームにしっかりと勝利。コンパクトでコレクティブな守備が機能し、相手に良い形をあまり作らせていなかった。 攻守にわたるハードワークに加え、新外国人もカップ戦で結果を残している状況。チーム力も徐々について来ており、J1定着に向けた準備を着々と整えている。しっかりと3連勝を達成できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、田邉草民、石津大介 FW:ブルーノ・メンデス、渡大生 監督:長谷部茂利 ◆リカルド監督が昨季勝てなかった相手【浦和レッズ】 前節はホームに大分トリニータを迎えての一戦。開始早々に西大伍の移籍後初ゴールで幸先よく先制したが、集中を切らしたところで町田也真人に2ゴールを奪われ前半で逆転を許す。 しかし、ギアを入れ替えシステムを変えた後半はポゼッションを高めると、終盤に槙野智章、田中達也のゴールで逆転に成功。GK西川周作の活躍もあり、3-2で逆転勝利を収めた。 今節の相手は福岡。リカルド・ロドリゲス監督にとっては、リベンジしたい相手だろう。昨シーズンは徳島ヴォルティスをJ2で優勝に導いたが、福岡には2連敗。長谷部監督率いる福岡に苦杯を嘗めさせられた。 浦和が標榜スタイルに対して、インテンシティの高さを見せる福岡はやりにくい部分が多く、まだチームとして完成形になっていない現時点では苦戦も大いに考えられる。 浦和としては、正念場の一戦とも言える福岡戦。リカルド監督がどのような策を見せるのか。前節のような試合中のシステム変更も含め、対応力が問われる一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:明本考浩、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.05.01 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンを保有するDMMがアビスパ福岡の一部株式を取得

合同会社DMM.comがアビスパ福岡の株式を一部取得したことを発表した。 DMMは、2021年3月29日付けで福岡の一部株式を取得。これに伴い、DMMの村中悠介COO(最高執行責任者)が取締役に就任、DMMグループ傘下であるシント=トロイデンの立石敬之CEO(最高経営責任者)はエグゼクティブ・アドバイザーを務め、DMMの執行役員である緒方悠氏が顧問として、アビスパ福岡の経営に参画することとなる。 なお、DMMは2021シーズンよりアビスパ福岡とオフィシャルスポンサー契約を締結しており、プレミアム・パートナーとしてトップチーム公式戦ユニフォーム背中に、DMMグループのサービスである「DMMほけん」のロゴを掲出していた。 今回の株式取得を受け、村中氏は「アビスパ福岡という素晴らしいクラブの経営に参画することができて、大変光栄に思っています。DMMは、常に挑戦し、新しい価値をつくりあげることで成長してきました。クラブ経営においても、フットボールやスポーツという枠にとらわれることなく、関わる人の楽しみが一つでも多くなるようなチャレンジをしていきたいと思っています。ともに、“ここから、世界へ”チャレンジしましょう」とコメントしている。 また、立石氏は「昨シーズンの顧問に引き続き、エグゼクティブ・アドバイザーとして携われることを心からうれしく思っています。5年ぶりのJ1復帰のステージですが、公式戦3連勝を飾るなど順調な滑り出しをすることができました。新型コロナウイルス感染症による影響からなかなか直接スタジアムに行くことは叶いませんが、ベルギーの地からサポートして行きたいと思います。さらなる飛躍を目指して職務にあたりますので、サポートよろしくお願いします」とコメントした。 福岡とシント=トロイデンの関係は2018年1月に日本代表DF冨安健洋(現ボローニャ)が移籍してからスタート。2019年7月に業務提携をスタートさせると、2020年1月に立石氏が顧問に就任。2021年1月からはオフィシャルスポンサーとなっていた。 2021.04.27 19:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly