岐阜のクラスターは「ロッカールームとマッサージ」、専門家チームはマスクなしの気の緩みを指摘

2021.04.19 14:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は19日、「第30回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

今回の対策連絡会議では、大阪府を中心に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が全国的に広がっていること、特に変異株が猛威を振るっていることなどが専門家チームから報告された。

また、JリーグではFC岐阜で発生したクラスターについても議論がなされ、一定の原因が判明したことが報告されたとのことだ。
岐阜の件について村井満チェアマンは「3名の陽性判定が出ており、ご家族から2名出て合計5名となっている。3名の選手は、6日前にお互いに2人の選手がトレーニングを一緒にしたとしていた」とコメント。選手同士が直接的に関わっていたことが判明したとのことだ。

それでも「3人の外側がどういう感染ルートかははっきりしていないが、選手間のところでは2人の選手が一緒にトレーニングをしていた。また、選手間でロッカールームでマスクを着用しないで会話をし、濃厚接触が認定されたとのこと。マッサージを受ける選手がマスクをしていなかったことが注意事項としてあった」とし、これまでにも指摘されていたマスクの着用がやはり大きい要因だとした。

村井チェアマンは「Jリーグではガイドラインにロッカールームで全員マスク着用のことが記載されているが、それが守られていなかった」とコメント。「改めて今日は、どんな状況であれマッサージ受けるのであればマスクを着用しなければいけないということが指摘された」とし、「基本中の基本が徹底されていなかったことが発覚した。実行委員会で周知徹底していきたい」と、各クラブへ改めて通達することを明かした。

専門家チームの三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「その中で明らかになってきたことはロッカールームのマスク、マッサージ時のマスクなど、基本的なところが欠如したために起きたという事例があるということがわかっている」とし、「こういったことを見ると、すでにプロ野球、Jリーグもキチッとしたマニュアルを作られているので、コロナ慣れ、少し綻びが出ると感染が出ることに加え、変異株の感染力があるということが指摘された」とし、ちょっとした気の緩みが一気に感染を広げる可能性があると指摘した。

また、感染拡大を抑制することについては「最近の報道を見ているとイギリスでマスクを外しているのを報道している。半数がマスクをしていないのを見ると、大丈夫なのかな?と」とコメント。「どうしても国民の努力が必要だと思う。プロ野球もJリーグもスポーツをやっていく上では、国民が望んでいることでもあるので、みんなが協力していかなければいけない。日本国民の文化を醸成することが必要じゃないかと思う」と語り、それぞれがしっかりと感染防止対策をすることが、感染拡大を抑えるために必要だとした。

関連ニュース
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜が石坂亮人の復帰発表 今年8月から北信越1部の福井へ

FC岐阜は2日、MF石坂亮人(19)の復帰決定を発表した。 石坂は岐阜U-18出身で、2種登録を経て、今季から正式昇格。今年8月から北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍をした。復帰決定を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンFC岐阜に復帰することが決まりました。プロ一年目は悔しい感情でいっぱいでした。その中でも日々精進してきたことや得たものを活かして、来シーズンはピッチで躍動し全力で闘います。そして、必ずJ2昇格しましょう。応援よろしくお願いします!」 2022.12.02 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜が三國スティビアエブスの完全移籍移行を発表! 水戸から今季途中加入

FC岐阜は1日、水戸ホーリーホックからDF三國スティビアエブス(24)の完全移籍加入を発表した。 三國スティビアエブスは青森山田高校出身。順天堂大学に在学中の2020年に特別指定選手として水戸入りして、翌年に正式入団した。 今季は水戸で出番が減り、6月からFC岐阜に育成型期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで4試合の出場だったが、完全移籍移行が決まった。 FC岐阜の公式サイトを通じて「FC岐阜に完全移籍することが決まりました」と残留決定を報告するとともに、意気込みを続けた。 「途中から来た僕を温かく迎え入れてくれたFC岐阜に関わる皆様、本当にありがとうございました。今シーズン、個人としてもチームとしても上手くいかないことが多く、悔しいシーズンになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。来季こそはJ3優勝とJ2昇格できるよう、全身全霊で結果にこだわり頑張っていきたいと思います。来シーズンこそは笑顔で終われるように頑張ります」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは思い出を振り返りながら、新天地での活躍を誓った。 「プロキャリアを水戸ホーリーホックでスタートできたこと、約2年半水戸ホーリーホックの選手として皆さんの前でプレーできたこと、今でもとてもいい思い出です! その中でピッチ内で結果を残すことができなくとても不甲斐ないですが、また皆さんの前でプレーする姿を見せられるように全身全霊で頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」 2022.12.01 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜、沼津MF北龍磨の獲得を発表! 「強い覚悟を持ってチームのために全力を」

FC岐阜は30日、アスルクラロ沼津からMF北龍磨(24)の完全移籍加入を発表した。 北は昨シーズンに関東学院大学から沼津に加入。初年度から出番を得ると、明治安田生命J3リーグで19試合に出場して1ゴールを記録した。 今シーズンはチームの主力としてリーグ戦28試合に出場。2ゴール2アシストの成績を残したほか、終盤にはストライカーのポジションで起用されるなど、下位に低迷するチームを支えた。 同じJ3のクラブに移籍する決断を下した北は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC岐阜 「アスルクラロ沼津から加入することになりました北龍磨です。FC岐阜という歴史ある素晴らしいクラブの一員になれることを大変嬉しく思います。勝利に貢献できるよう、強い覚悟を持ってチームのために全力を尽くしたいと思います。FC岐阜に関わる全ての方々と共に喜び合える日を楽しみにしています。応援よろしくお願いします!」 ◆アスルクラロ沼津 「この度、FC岐阜に移籍することになりました。ファン・サポーターの方々、そして沼津市、静岡県東部全体が温かく、すごく充実した2年間を過ごせました。辛い時も苦しい時も変わらず応援してくださったファン・サポーターの方々には感謝しています」 「そして何より苦楽を共にしたチームメイト、素晴らしい同期、そして支えてくださったスタッフの方々にも感謝の気持ちで一杯です。アスルクラロ沼津で皆さんと共に闘えて良かったです。2年間本当にありがとうございました!」 2022.11.30 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜がDF本石捺との契約満了を発表…今季途中からJFLの高知へ期限付き移籍

FC岐阜は25日、DF本石捺(23)の契約満了を発表した。 本石は、大阪府出身で、佐野日大高校から阪南大学へと進学。2021年に岐阜へと入団した。 プロ1年目は出番なし。2年目の今シーズンはJ3で2試合に出場すると、8月にJFLの高知ユナイテッドSCへと育成型期限付き移籍となった。 高知ではJFLで5試合の出場に終わった中、期限付き移籍期間が終了。そのまま契約満了となった。 本石はクラブを通じてコメントしている。 「一年半ありがとうございました。FC岐阜でプロ生活をスタートさせることができてとても良かったです」 「試合に出られず悔しい気持ちが多かったですが、FC岐阜の選手、スタッフ、関係者の皆さんのおかげでとても楽しく過ごせましたし、岐阜県がとても好きになりました」 「違うチームに行きますがこれからもFC岐阜を応援しています。FC岐阜に関わる全ての皆様ありがとうございました」 2022.11.25 22:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly