アタランタ指揮官ガスペリーニ、ドーピング検査官侮辱で20日間の監督資格停止か

2021.04.14 00:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が、20日間の監督資格停止処分を受ける可能性があるようだ。イタリア『ANSA』によれば2月7日にアタランタの選手たちに対して行われた抜き打ちのドーピング検査時、ガスペリーニ監督は検査官を侮辱し、選手たちに検査をする必要はないと主張したとのことだ。

結果的に当時検査を受けた4選手はいずれも陰性だったが、検査官はガスペリーニ監督の言動を問題視し、提訴に至ったとのことだ。


5月10日に行われるヒアリング次第で、最大で6カ月の監督資格停止処分を受ける可能性もあるとのことだが、現状では20日間の監督資格停止が濃厚とのことだ。仮に検査官側の主張が通ると、5月19日に行われるコッパ・イタリア決勝ユベントス戦で指揮を執れない可能性があるとのことだ。
関連ニュース
thumb

アタランタの引き分けによりインテルが11年ぶりスクデット、ユベントスの10連覇を阻止《セリエA》

アタランタは2日、セリエA第34節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果、インテルが11年ぶり19度目の優勝を飾っている。 前節ボローニャに完勝した2位アタランタ(勝ち点68)は勝利を逃せばインテルのスクデットが決まる中、D・サパタを最前線に、2シャドーにマリノフスキーとペッシーナを据える[3-4-2-1]で臨んだ。 4連勝中の8位サッスオーロ(勝ち点52)に対し、開始5分にマリノフスキーの直接FKでゴールに迫ったアタランタが押し込む展開で推移したものの、22分にアクシデント。 ディフェンスライン裏に抜け出したボガに対し、GKゴッリーニがボックス外に飛び出して対応しにかかったが、入れ替わられかけたところでボガを倒してしまった。 ゴッリーニが一発退場となったアタランタはペッシーナを削ってGKスポルティエッロを投入。それでも32分に先制する。マリノフスキーのダイレクトパスでボックス左に抜け出したゴセンズがボレーで蹴り込んだ。 10人のアタランタが先制した中、39分にはピンチを迎えたが、ベラルディのボックス右からのシュートは枠の左に外れて助かり、アタランタの1点リードで前半を終えた。 しかし迎えた後半開始5分、アタランタはPKを献上してしまう。ボックス内に侵入したボガをトロイが倒してしまった。このPKをベラルディに決められたアタランタは、64分に逆転されかける。 ボックス右に抜け出したラスパドーリの折り返しをロカテッリに押し込まれたが、ラスパドーリがオフサイドで助かった。 すると75分に勝ち越しのチャンス。ムリエルがボックス内に侵入したところでマルロンに倒された。このプレーでマルロンには2枚目のイエローカードが提示され、サッスオーロも10人となった。 しかしこのプレーで得たPKをキッカーのムリエルは生かせず、ゴール正面に蹴ったシュートをGKコンシーリに止められてしまう。 10人同士となった終盤は互いに攻めあったものの勝ち越しゴールは生まれず1-1で終了。アタランタの引き分けによりインテルの今節での優勝が決まった。 2021.05.03 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

マリノフスキー3戦連発のアタランタ、冨安負傷欠場の10人ボローニャに5発圧勝で暫定2位浮上《セリエA》

セリエA第33節、アタランタvsボローニャが25日に行われ、5-0でアタランタが圧勝した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。 前節ローマ戦では10人となった中、引き分けて3位をキープしたアタランタ(勝ち点65)は、中足骨を痛めて長期離脱していたハテブールが先発となった。 一方、11位ボローニャ(勝ち点38)はふくらはぎを痛めている冨安が4試合連続欠場となった。 サパタとムリエルのコロンビアン2トップ、マリノフスキーをトップ下に据える[3-5-2]でスタートしたアタランタは5分、ムリエルがGK強襲のシュートを浴びせる。 このままアタランタが攻勢に出るかと思われたが、ボローニャは9、12分とスコフ・オルセンがGK強襲のシュートを浴びせて牽制した。 それでも22分、アタランタが先制する。ムリエルとのパス交換でボックス左に侵入したマリノフスキーが3試合連続となるゴールを決めた。 先制したアタランタは1分後、ムリエルが左ポスト直撃のシュートを放つと、その後もボローニャ陣内で試合を進めていく。 そして43分にPKを獲得。CKの流れでロメロがダニーロに倒された。このPKをムリエルが決めてリードを広げたアタランタは迎えた後半、開始4分に数的優位となる。 ロメロに対し、ボールを奪いにかかったスハウテンが足を踏みつける形になってしまった。数的優位となったアタランタは57分に3点目。フロイラーが敵陣ボックス付近でボールを奪ってそのままシュートを決めきった。 3分後にもサパタが加点したアタランタは、73分にミランチュクにもゴールが生まれて5-0。10人のボローニャに圧勝としたアタランタがミランをかわして暫定2位に浮上している。 2021.04.26 05:34 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、10人のアタランタに追いつきドローもCL圏内遠のく《セリエA》

セリエA第32節、ローマvsアタランタが22日に行われ、1-1で引き分けた。 前節トリノに不覚を取って逆転負けを喫した7位ローマ(勝ち点54)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ユベントスと8ポイント差ある中、ジェコを最前線に、ムヒタリアンとペッレグリーニがシャドーに入る[3-4-2-1]で臨んだ。 一方、前節ユベントス戦を制して3位の座を取り戻したアタランタ(勝ち点64)は、勝利すれば2位に浮上する中、Dサパタを最前線に、2シャドーにイリチッチとマリノフスキーが構えるこちらも[3-4-2-1]で臨んだ。 アタランタが押し込む入りとした中、9分にマリノフスキーがGK強襲のシュートを浴びせると、20分に先制のチャンス。マリノフスキーのスルーパスでボックス右に抜け出したD・サパタが枠内シュートを放ったが、GKの守備範囲だった。 続く22分にもマリノフスキーのパスを受けたイリチッチがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせたアタランタが流れを引き寄せると、26分に先制した。サパタのポストプレーを起点に、ゴセンズの左クロスをニアサイドに走り込んでいたマリノフスキーがダイレクトで合わせた。 マリノフスキーの2戦連続ゴールで先制したアタランタが前半半ば以降も主導権を握った中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが押し込む展開とすると、54分に追加点のチャンス。だが、ゴセンズの決定的なシュートはDFのブロックに阻まれた。続く55分にもセットプレー残りで前線にいたロメロが決定的なシュートを浴びせたアタランタが引き続き主導権を握っていく。 しかし69分、ゴセンズが2枚目のイエローカードを貰って退場となったアタランタに対し、劣勢だったローマが75分に追いつく。ゴール正面からクリスタンテの放った強烈なミドルシュートがネットを揺らした。 さらに81分、ローマに逆転のチャンス。ボックス右に抜け出したジェコがGK強襲のシュートを浴びせた。終盤にかけてはローマの攻勢が強まったが、1-1でタイムアップ。 勝ち点1を分け合い、アタランタはユベントスと勝ち点で並んで3位を死守。ローマは4位以内に食い込むことが益々厳しくなっている。 2021.04.23 03:27 Fri
twitterfacebook
thumb

スーパーリーグ構想に反対するアタランタMF「フットボールにとって大きな惨事」

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンズが、ヨーロッパ・スーパーリーグに参加を表明したクラブを批判した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 18日、ユベントス、インテル、ミランの3クラブを含む12クラブが、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想を発表。後日新たに加わる予定の3クラブを合わせた15クラブが中心となり、ビッグクラブのみが集まる新たなリーグ設立に向け、動き出す計画が始動した。 これに対して、ヨーロッパ・スーパーリーグに参加しないクラブや、各リーグは猛反発。パリ・サンジェルマン(PSG)のMFアンデル・エレーラやゼニトのDFデヤン・ロブレンや選手たちも、自身のSNSを使用してヨーロッパ・スーパーリーグを批判している。 『kicker meets DAZN』に出演したゴセンズも同様に批判を行っており、フットボール界にとって大きな災いになると語った。 「スーパーリーグはフットボールにとって大きな惨事だ。今、それが現実となってしまったことにショックを受けている。アンダードッグでも勝つことができるという事実が、常にフットボールの基本だったのにね」 「もし、アーセナルやトッテナムが何の結果も残せていないのに、永遠にグループ予選を通過するようなリーグが出現したら、フットボールはその基盤を失ってしまう。今は誰もがフットボールは永遠に変化していき、二度と同じものにはならなくなることを認識する必要がある」 「(新型コロナウイルスによって)世界中で人が死んでおり、誰も彼もお金がない時だ。そのなかで、12のクラブが自分たちのリーグを立ち上げ、1億ユーロや1億5000万ユーロを自分たちのケツに突っ込もうとしている」 「倫理観を疑わざるを得ないね。悲しいことに、すべては金、金、金だ。フットボール界にとってダメージがあまりにも大きく、多くのファンが反対してくれることを期待している。もし抗議活動があるようなら、僕も参加したい」 2021.04.20 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤のマリノフスキー弾でアタランタがユベントスとの上位対決を制し3位浮上《セリエA》

セリエA第31節、アタランタvsユベントスが18日に行われ、1-0でアタランタが勝利した。 前節フィオレンティーナとの打ち合いを制して4位を死守したアタランタ(勝ち点61)は、勝利すれば3位浮上となる中、[3-5-2]で臨み、D・サパタとムリエルが2トップを形成した。 一方、前節ジェノアに快勝とし、ナポリ戦に続き2連勝とした3位ユベントス(勝ち点62)は、C・ロナウドが負傷欠場となった中、フラットな[4-4-2]で臨み、ディバラとモラタが2トップを形成した。 強度の高い入りとなった中、ユベントスが圧力をかける展開で立ち上がっていくも、鋭いカウンターでけん制していたアタランタが24分に最初の決定機。ムリエルのパスを受けたボックス右のペッシーナが決定的なシュートを放ったが、枠の右に外れた。 対するユベントスは34分にチャンス。メーレの中途半端なプレーからボックス左のモラタがボールを奪ってフィニッシュに持ち込むも、シュートは枠を捉えきれなかった。 迎えた後半、アタランタはペッシーナに代えてパシャリッチを投入。前半同様に球際の激しい攻防が続く中、ユベントスにアクシデント。58分、スプリントしたキエーザが左足を痛めてダニーロとの交代を強いられた。 その後、膠着状態に陥っていた中、アタランタはムリエルに代えてイリチッチを、ユベントスはディバラに代えてクルゼフスキを投入。 すると70分、アタランタに決定機。右サイドからイリチッチが右足で入れたクロスにサパタがヘディングで合わせたシュートがわずかに枠の左に外れた。 対するユベントスは76分、クルゼフスキのフィードをボックス左のモラタがボレーで狙うもGKゴッリーニの好守に阻まれた。 このまま引き分け濃厚かと思われた終盤の87分、アタランタに値千金の決勝弾が生まれる。ショートコーナーの流れからボックス手前右でパスを受けたマリノフスキーが強烈なシュートを放つと、DFにディフレクトしてネットを揺らした。 追う展開となったユベントスは必死に同点ゴールを目指すもアタランタが1-0で勝利。ユベントスをかわして3位に浮上している。 2021.04.19 00:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly