ケガ人続出バイエルン、遠藤先発のウニオンに終盤被弾で痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

2021.04.11 00:38 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第28節、バイエルンvsウニオン・ベルリンが9日に行われ、1-1で引き分けた。ウニオンのMF遠藤渓太は80分までプレーしている。

前節ライプツィヒとの頂上決戦を制して7ポイント差に広げた首位バイエルン(勝ち点64)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのパリ・サンジェルマン戦では相手の鋭いカウンターに沈み、2-3と先勝を許した。そのPSG戦のスタメンから6選手を変更。負傷したゴレツカ、ジューレ、リュカらが新たに戦列を離れた中、今季初先発となる20歳のダンタスと21歳のスタニシッチが名を連ねた。

一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを引き分けで終えた7位ウニオン(勝ち点39)は、ヨーロッパリーグ出場圏内を維持。ダービーで出場機会のなかった遠藤が[4-2-3-1]の左MFで3試合ぶりにスタメンとなった。

[4-1-4-1]で臨んだバイエルンは最前線にチュポ=モティング、2列目に右からミュージアラ、ダンタス、ミュラー、コマン、中盤アンカーにキミッヒを据えた。

そのバイエルンがボールを持つ展開となった中、22分にボックス右からミュージアラがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。

カウンターを狙うウニオンは23分、左サイドの遠藤が縦に仕掛けてクロスを入れると、バルターがオンターゲットのヘディングシュートを放った。

ハーフタイムにかけても攻めあぐねたバイエルンは結局、枠内シュートを打てずに前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、前半に左足を痛めていたコマンに代えてサネを投入したバイエルンだったが、引き続き攻めあぐねたことを受け、59分にチュポ=モティングを諦めてアラバを投入。最前線にはサネが入った。

すると68分に均衡を破った。FKの流れからミュラーのパスを受けたボックス中央のミュージアラが混戦を抜け出してシュートを決めきった。

ようやくリードしたバイエルンが終盤にかけては危なげなく試合を進め、このまま逃げ切るかと思われたが、86分に落とし穴。

スローインの流れからアンドリッヒがボックス左ゴールライン際まで侵入してクロスを入れ、最後はイングヴァルトセンが押し込んだ。このまま1-1でタイムアップ。2位ライプツィヒがブレーメンに勝利したため、バイエルンは5ポイント差に縮められている。



関連ニュース
thumb

「頭を痛めることじゃない」…バイエルンCEOが延長拒否のレヴァンドフスキに「23年までの契約を全うしてもらう」

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏がポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の移籍希望に応じない姿勢を示した。イギリス『The Athletic』が報じている。 今季も類稀なゴールセンスを発揮して、欧州5大リーグ史でも初となるチームのブンデスリーガ10連覇に貢献したレヴァンドフスキ。だが、2023年夏までの現行契約を巡る動きが注目を浴びている。 バイエルンで輝かしいキャリアを築くレヴァンドフスキだが、なかなか新契約の締結に至らず、14日に行われたリーグ最終節のヴォルフスブルク戦後に更新しない意思とともに今夏移籍を示唆した。 それに伴い、噂されるバルセロナ行きの話がさらに加熱しているが、自身もかつてバイエルンの絶対守護神として活躍したカーン氏は「頭を痛めるようなことじゃない」と契約遵守を強調した。 「我々は彼の代理人にオファーを出した。彼はそれを拒否した。それは彼の権利だ」 「しかし、彼はまだ契約があって、それを全うしてもらう。それが事実だ」 「我々はそれを明確かつ一貫してやっている。それがここバイエルンでのやり方だ」 「クラブの上に立つ選手などいないんだ」 2022.05.16 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが獲得目指すレヴァンドフスキが注目発言「バイエルンで最後の試合になった可能性は十分にある」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)が、自身の去就について言及した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 14日、ブンデスリーガ最終節が行われ、バイエルンはアウェイでヴォルフスブルクと対戦した。 すでに10連覇を決めているバイエルンは、17分にヨシプ・スタニシッチが先制ゴールを記録。すると40分、レヴァンドフスキがシーズン35点目を記録してリードを広げる。 試合はその後、ヴォルフスブルクが2点を奪い同点に。2-2のまま引き分けに終わった。 自身7度目のブンデスリーガ得点王に輝いたレヴァンドフスキだが、今夏の去就が取り沙汰されている。 そんな中、ヴォルフスブルク戦後にコメント。態度を明言こそしなかったが、自身の去就に言及した。 「バイエルンでの最後の試合になった可能性は十分にある」 「でも、もちろん100%決まっているというわけではない」 「僕とクラブにとって、最善の解決策を見つけたい」 レヴァンドフスキとバイエルンの契約は2023年夏まであと1年ある状況。スポーツ・ディレクター(SD)のハサン・サリハミジッチ氏は、2023年夏で契約が終わることをドイツ『スカイ・スポーツ』で認めていた。 レヴァンドフスキも「もちろん、まだ契約は1年残っている」とコメント。しかし、「もしオファーがあれば、クラブのためにも考えなければいけない、双方が将来を考えなければいけない。それしか言えない」と語り、フリーでチームを去ることはしたくないという意思をすでに伝えていると明かした。 2014年7月にドルトムントからバイエルンへと加入したレヴァンドフスキ。加入後はブンデスリーガ8連覇を達成するなどエースとして貢献。公式戦374試合で344ゴール72アシストを記録していた。 チャンピオンズリーグ(CL)やDFBポカールも獲得しているエースには、バルセロナが強く関心を示しているとされている。バイエルンとしてもフリーで放出するのか、少しでも現金化するのか判断が問われるが、偉大なエースの後継者を探さなければいけないことには変わりなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】レヴァンドフスキ、バイエルンでのベストゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIyQzhVYVBjbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.15 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

35点レヴァンドフスキが史上最多タイ7度目の得点王! 王者バイエルンは3戦未勝利でシーズン終了…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ヴォルフスブルクvsバイエルンが14日にフォルクスワーゲン・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。 デア・クラシカーで前人未踏の10連覇を達成したバイエルン。以降のリーグ戦ではマインツ、シュツットガルト相手に1敗1分けと2戦未勝利。そのマインツ戦後には選手たちのイビサ島への旅行に対して、批判も起きてやや後味の悪い状況が続く。 そういった中、今季王者として有終の美を飾りたいナーゲルスマン率いるチームは、ホーム最終戦勝利を目指す13位のヴォルフスブルクとのシーズン最終戦に臨んだ。主力温存の可能性もあったが、出場停止のコマンらを除き主力を起用。守護神ノイアー、キミッヒ、ミュラー、レヴァンドフスキらがスタメンに名を連ねた。 ホームサポーターが持ち込んだ発煙筒の影響で数分遅れでのスタートとなった今季最終戦。立ち上がりからボールを握って相手を押し込む今季王者はミュージアラ、ゴレツカと早速フィニッシュのシーンを作り出すと、11分にはレヴァンドフスキがボックス右から右足アウトにかけた技ありのシュートでGKカスティールスにビッグセーブを強いる。 一方、守勢が続くホームチームも14分には右CKの場面でアルノルトの右足アウトスウィングのクロスをラクロワが頭で合わすと、これが左ポストを叩き最初の決定機とした。 それでも、完全に試合の主導権を握るバイエルンは17分、右CKの場面でキッカーのキミッヒが正確な右足アウトスウィングのクロスを入れると、ゴール前で競り勝ったスタニシッチが頭で合わせる。浮き球となったこのシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 スタニシッチのトップチーム初ゴールによって幸先よく先制に成功したバイエルンは、畳みかける攻めを見せていく。24分にはミュージアラがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションのアルフォンソ・デイビスがGKの動きを制限したとの判定でゴールは認められず。 以降はホーム最終戦を白星で飾りたいヴォルフスブルクが、カウンターやセットプレーでチャンスを作り出し、試合はやや拮抗した展開に。それでも、40分にはゴレツカのボックス付近でのキープからボックス手前右のミュラーが左足で入れた正確なクロスをファーに走り込んだレヴァンドフスキが巧みなヘディングシュートをゴール左隅に流し込み、相棒とのホットラインで今季35点目を奪った。 その後、前半終了間際の45分には左に流れたクルーゼからの正確な折り返しを、ボックス右のウインドが巧みな左足のトラップからすかさず左足を振り抜いてゴール左隅にシュートを突き刺し、1点差に詰め寄るゴールを記録。試合への興味を繋いで後半を戦うことになった。 後半は1点を返した勢いに乗るヴォルフスブルクが優勢に試合を運び、幾度か際どいシーンを作り出す。すると、58分には左サイド深くに侵攻したファン・デ・フェンからのグラウンダーの折り返しに反応したファーサイドのクルーゼがワンタッチで流し込み、早い時間帯にスコアをタイに戻した。 後半に入ってなかなかリズムを掴み切れないバイエルンは、ミュラーに代えて今季限りで退団のチュポ=モティング、67分にはニャブリを諦めてサネを投入。徐々にフィニッシュの場面を増やしていくが、最後のところで粘る相手の守備を崩し切れない。 膠着状態が続く中、バイエルンは81分にノイアー、キミッヒ、アルフォンソ・デイビスを下げて第3GKフリュヒトル、ビドビッチ、リチャーズと若手をピッチに送り出し、引き分け良しの割り切った采配を見せる。 その後、88分にはミュージアラのスルーパスに抜け出したサネにビッグチャンスが訪れるが、GKとの一対一を決め切ることができず。絶好の勝ち越し機会を逸した。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2点のリードを守り切れなかったバイエルンは優勝決定から3戦未勝利で今季を終えることになった。 なお、有終の美を飾ることはできなかったバイエルンだが、この日の2ゴールによって今季のリーグ戦アウェイゴール数を「49」として1シーズンでの最多記録を樹立。また、今季35ゴールのレヴァンドフスキはゲルト・ミュラー氏に並ぶ歴代最多タイの7度目の得点王に輝いた。 2022.05.15 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン加入間近のマズラウィをナーゲルスマン監督が歓迎 「まさに我々が必要としている選手」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、獲得間近となっているアヤックスのモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を歓迎した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 アヤックスのアカデミー出身であるマズラウィは右サイドバックとして主力に定着すると、今季はここまで公式戦34試合に出場して5得点4アシストを記録。チームのエールディビジ優勝に大きく貢献したが、クラブとの契約は今夏までとなっており、バイエルンが獲得に向けて動いていた。 現時点でクラブから正式発表はないものの、マズラウィ本人やバイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は移籍を認めるコメントを出しており、すでにバイエルン加入は既定路線となっている。 14日に行われるブンデスリーガ最終節ヴォルフスブルク戦の試合前会見に出席したナーゲルスマン監督も契約が間近に迫っているマズラウィを歓迎。ハングリーな選手の加入が、チームをより進歩させると高い期待を示した。 「彼はとてもとても良い選手であり、我々はこの補強にとても満足している。彼と会話したとき、そこまで大がかりな説得は必要はないと思ったんだ。最初の会話から彼には大きな熱量があり、バイエルンでしかプレーしたくないと言ってくれた」 「その後、取引は比較的早く成立したよ。というのも、まさに我々が必要としている選手との話し合いだったからだ。情熱ある人物、ハングリー精神のある人物の加入は他の選手の背中を押して、ベストを尽くさせる効果を生むだろう。そうすることで、チームはもっと良くなると思う」 「彼は非常にハングリーな性格のようだ。私はそうしたハングリーな選手がチームに加入することを、嬉しく思っているよ」 2022.05.14 17:56 Sat
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがバイエルン退団へ、40億〜53億円でバルサが獲得か

世界屈指のスコアラーとして知られるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、バイエルンを去る時期が迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 今シーズンもここまで公式戦45試合で49ゴール7アシストを記録し、その得点力は全く衰えを見せないレヴァンドフスキだが、バイエルンとの契約は2023年夏までとなっている。 しかし、レヴァンドフスキはクラブと契約を延長する意思がないとされており、来年夏にはフリーで退団することが濃厚。そのため、移籍金を手にしたければ、バイエルンは今夏手放さなければいけない。 レヴァンドフスキの後継者として、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの獲得も目指していたバイエルンだったが、ハーランドはシティが確保。レヴァンドフスキが退団するとなれば、新たな点取り屋を見つけなければいけない。 そのレヴァンドフスキにはバルセロナが予てから興味を示しているが、『ビルト』は3000万〜4000万ユーロ(約40億2000万〜53億6000万円)で獲得できると予想している。 資金不足が騒がれているバルセロナだが、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)をマンチェスター・ユナイテッドに売却することが濃厚とされており、その移籍金は8000万ユーロ(約107億2000万円)とみられており、レヴァンドフスキを獲得してもお釣りが来る状況だ。 バイエルンはレヴァンドフスキと話し合いの場を持つ姿勢だが、その動きは遅く、レヴァンドフスキがクラブに苛立っていることは周知の事実とのこと。実際に10連覇を祝う祝勝会でも1時間ほどでパーティーを後のして去ったという。 今夏の移籍市場で前線の補強を目指しているバルセロナ。バイエルンが放出を決断すれば、一気に話がまとまりそうだ。 2022.05.13 10:49 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly