C大阪が逆転も…10人の福岡がフアンマ・デルガド弾で執念のドロー【明治安田J1第9節】

2021.04.10 17:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第9節の1試合が10日にヤンマースタジアム長居で催され、セレッソ大阪vsアビスパ福岡は2-2のドローに終わった。6試合ぶりに喫した黒星からの立ち直りが求められる5位C大阪はレヴィー・クルピ監督が慎重かつ最大限の安全面を考慮したクラブ独自の判断で引き続き不在に。そのなかで、丸橋と大久保が揃って先発復帰した。

一方、前節のガンバ大阪戦に続く大阪勢との連戦となる11位福岡は4試合ぶりの勝利を目指すなか、過密日程も考慮して8選手のメンバー変更を決行。ブルーノ・メンデスが古巣のピッチにスタートから立った。

立ち上がりから敵陣に攻め入ったC大阪が早々にネットを揺らす。4分にボックス右深くに侵攻した西川がシュートに持ち込むと、豊川が胸トラップから左足でフィニッシュ。これが決まるが、西川のポジションがオフサイドを取られ、ゴールが認められない。

難を逃れた福岡は7分にボックス右から吉岡の左足シュートで相手ゴールに迫ったが、11分に高い位置でボールを刈り取ろうとした志知が奥埜と交錯して、VARが介入。オンフィールドレビューの結果、主審から志知にレッドカードが提示され、数的不利に陥る。

早い時間帯に数的優位となり、大半の場面でボールの主導権を握ったC大阪だが、17分に湯澤を入れ、守備網の修正を図った福岡もディフェンス意識がさらに向上。敵陣に全体を押し上げ、突破口を見いだしにかかるC大阪だが、なかなかシュート数を伸ばせない。

ゴールレスで試合を折り返したC大阪は後半も圧倒的に押し込み続けるが、依然として福岡の中央を固めた守りの攻略に苦戦すると、西川が苛立ち、奈良とエキサイトする場面も。62分にその西川と中島の交代に動いたC大阪だが、その後も攻め手を探る展開が続く。

すると、粘りに粘る福岡がカウンターから掴み取った左CKのチャンスから先制。67分、エミル・サロモンソンがキックしたボールがゴール前で弾かれると、ボックス右で拾った吉岡がバイタルエリア右から左足のコントロールショットをゴール左に叩き込んだ。

吉岡のJ1初ゴールでリードした福岡だが、C大阪が69分に松田陸からパスを受けた中島がバイタルエリア右から強烈な左足シュートをゴール左に突き刺して、すかさず同点に。J1初ゴールとなる中島の目が覚めるような一撃で嫌な空気が振り払ってみせる。

早々に追いつかれた福岡は73分に石津、フアンマ・デルガドを投入するが、同じタイミングで松田力、加藤を送り出したC大阪の交代策が実を結ぶ。76分、左サイド深くの丸橋が折り返したボールにニアサイドの加藤が反応。右足で合わせ、勝ち越しに成功した。

先制から10分経たずしてビハインドを強いられた福岡だが、81分に残る交代枠でカウエ、渡を送り込み、打開を図ると、88分にバイタルエリア右のエミル・サロモンソンが蹴った浮き球パスからフアンマ・デルガドがヘディングシュート。これが決まり、追いついた。

何とか勝ち越そうと再び前がかったC大阪だが、奥埜の決定的なヘディングシュートもGK村上に阻止されて勝点1ずつを分け合う結果に終わり、2試合未勝利に。福岡も4試合白星から遠ざかったが、序盤から数的不利を強いられたなかで貴重な勝ち点1を手にしている。

セレッソ大阪 2-2 アビスパ福岡
【C大阪】
中島元彦(後24)
加藤陸次樹(後31)
【福岡】
吉岡雅和(後22)
フアンマ・デルガド(後43)
関連ニュース
thumb

広島、C大阪に期限付き移籍のMF松本泰志が半年で復帰!

サンフレッチェ広島は26日、セレッソ大阪に期限付き移籍していたMF松本泰志(22)の復帰を発表した。 松本は昌平高校から2017年に広島へ加入。なかなか出場機会に恵まれない中で、2019年はリーグ戦15試合に出場したものの、2020年は再び出番を失い、8月にアビスパ福岡に期限付き移籍。その福岡ではすぐさまレギュラーを掴み、J1昇格に大きく貢献していた。 そして、今シーズンは再び期限付き移籍という形でC大阪に加入した中、AFCチャンピオンズリーグのグループJ第5節の広州FC戦では2ゴールを挙げる活躍で勝利に貢献したものの、明治安田生命J1リーグではわずか2試合の出場に留まっていた。 また、日本代表MF川辺駿のグラスホッパー移籍によって中盤の選手層に不安を抱える広島のチーム事情などもあり、2022年1月末までとなっていた期限付き移籍期間を満了することなく、移籍から半年のタイミングでの帰還となった。 広島での再挑戦を決断した松本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 ◆サンフレッチェ広島 「1年ぶりに復帰することになりました。約1年間、いろんな状況の中で移籍させていただいたクラブには深く感謝しています」 「うまくいく時期もあれば、悔しい時期もあり、いろんな面でこの1年間成長できました」 「ここからは広島のために自分の持っている力を100%表現して、周りにプラスの何かを引き出させるようなプレーをしたいと思います」 「一緒に戦いましょう。最後に、「ただいま」」 ◆セレッソ大阪 「サンフレッチェ広島に移籍することになりました。半年間という短い期間でしたがセレッソ大阪の一員としてプレーできたことを誇りに思います」 「ピッチの上でなかなか貢献できなかったのは悔しいですが、個々のスキルが高いチームで過ごせたことは自分の成長に繋がったと思います。このチームでなにも残せていないまま移籍してもいいのかと悩みましたが、自分を信じてまた広島で挑戦することに決めました」 「セレッソ大阪の関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、短い間でしたが本当にありがとうございました。これからもセレッソ大阪を応援しています!」 2021.07.26 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

開始8分で2点先取の鳥栖、終盤にPK献上でC大阪と痛恨ドロー【明治安田J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が24日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 現在4位に位置している鳥栖は、直近の名古屋グランパス戦で勝利し、5試合ぶりの白星を挙げた。3位のヴィッセル神戸との勝ち点差は1試合少ない状態で4ポイントとなっており、上位に食らいつく為にも重要な一戦となる。前節からスタメンの変更はなく、オリンピックで林を欠く中、小屋松と酒井の2トップで試合に臨む。 一方のセレッソ大阪は、前節のFC東京戦では2点ビハインドから一時は逆転したものの3-3のドロー。なかなか勝ち切ることができずリーグ戦8試合未勝利となっている。こちらも前節からスタメンの変更はせず、大久保と加藤による大ベテランと若手の2トップを組んだ。 鳥栖のキックオフで開始された試合は、1分足らずでいきなりネットが揺れる展開となる。センターバックのエドゥアルドがバックラインから右前線へロングフィード。これを受けた小屋松がドリブルで中央へ持ち込み、駆け上がってきた酒井へスルーパスを送ると、酒井はトラップから倒れ込みながらもゴール右下にシュートを決めた。 開始45秒のゴールで先制した鳥栖は、8分にもC大阪のゴールに襲い掛かる。サイドを広く使ったパスワークから、左の高い位置でボールを受けた中野がグラウンダーのクロスを送る。これはC大阪ディフェンスにクリアされたものの、大畑がボックス左手前でこのボールを拾い再度グラウンダー性のクロス。これをファーでフリーとなっていた小屋松がゴールへ流し込み追加点を奪った。 ここまで鳥栖にチャンスを確実に決められていたC大阪は、18分に反撃の狼煙を上げる。右サイドの高い位置で鳥栖のディフェンスにプレスをかけ、クリアボールを身体に当てた坂本。このこぼれ球をボックス右で加藤が拾うと、DFを1人はがしてシュートを放つ。グラウンダー性でゴールへ向かっていたボールは、DFに当たり跳ね上がってゴールイン。C大阪が1点を返し、打ち合いの様相を呈してきた。 試合開始早々から2点を奪って以降は、C大阪にゴールを封じられていた鳥栖。このまま試合を折り返すかに思われた前半アディショナルタイム、背番号10が相手を突き放す。ミドルサードでボールを奪ったエドゥアルドからパスを受けた樋口は、ハーフラインからドリブルを開始。フリーでバイタルエリア右までボールを運びシュートを選ぶと、グラウンダー性の強烈なミドルシュートが対角のゴール左下に突き刺さり、再び2点差とした。 後半になっても鳥栖の勢いは衰えず、56分にもC大阪ゴールへ迫る。仙頭の左CKにエドゥアルドが反応し、相手ディフェンダーを抑えながら胸トラップ。やや大きくなったものの、身体を捻りながら振り向きざまにシュートを放つと、これが相手DFに当たりゴールへ吸い込まれた。 しかい、ここで主審がオンフィールドレビューに入る。VARチェックの結果、エドゥアルドのトラップ時にハンドがあったとみなされ、ノーゴールの判定となった。 ここまで鳥栖のペースに飲まれ続けていたC大阪だが、68分に敵陣中央からの原川のFKがクロスバーを直撃すると、ここから怒涛の波状攻撃を見せる。セカンドボールを拾った高木のシュートはゴールライン上で相手DFにクリアされるも、今度は左サイドから清武が右足クロス。これは鳥栖GK朴にキャッチされるも、着地と同時にファンブルしたところを坂本が粘り強く繫ぎ、最後は加藤がボックス中央から豪快にシュートを突き刺した。 これで同点まであと1点と迫ったC大阪。根気強く攻撃を仕掛けていると、86分にビッグチャンスが訪れる。鳥栖陣内中央でボールを受けた坂本が、相手を抑えながらボックス内までドリブルで前進。ここで仙頭に腕を引っ張られる形で転倒し、PKを獲得する。 一度はオンフィールドレビューが入ったものの、PKの判定は変わらず、キッカーの坂本が冷静にゴール中央へグラウンダーで流し込み、アウェイチームがついに同点に追いつく。 試合開始早々から2点を挙げた鳥栖だったが、終わってみればドロー。C大阪は前節に続けて3-3のドローで9戦未勝利となっており、ACLのグループステージ突破とは裏腹に厳しいリーグ戦を強いられている。 サガン鳥栖 3-3 セレッソ大阪 【鳥栖】 酒井宣福(前1) 小屋松知哉(前8) 樋口雄太(前46) 【C大阪】 加藤陸次樹(前18) 加藤陸次樹(後24) 坂元達裕(後42)【PK】 2021.07.24 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:鳥栖vsC大阪】アグレッシブな鳥栖を見せられるか? C大阪は飲まれないことがカギ

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2021年7月24日(土) 19:00キックオフ サガン鳥栖(4位/37pt) vs セレッソ大阪(12位/24pt) [駅前不動産スタジアム] ◆今節もアグレッシブに戦えるか【サガン鳥栖】 1週間前の前節はホームに名古屋グランパスを迎え、3-1で快勝。上位対決を制し4位に浮上した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻ってきた名古屋を相手に勝利。相手は天皇杯をこなすなど過密日程が続いている中、万全の体制でしっかりと打ち破った。 特に好材料はアグレッシブなプレスをかけ、攻守共に連動して結果を残したことだ。試合の主導権を握り、攻守の切り替えも早く、鳥栖らしさをしっかりと出せた試合となった。 厳しい暑さの中での試合になることが予想されるが、鳥栖の真骨頂を忘れてはいけない。しっかりと選手たちが体現することが重要だ。 金明輝監督はトレーニング中の不適切な指導により指揮権剥奪中。片渕浩一郎ヘッドコーチの下、連勝をしっかりと収めたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:小屋松知哉、酒井宣福 ヘッドコーチ:片渕浩一郎 東京五輪出場選手:林大地 ◆8戦未勝利も得点に光?【セレッソ大阪】 前節はホームにFC東京を迎えての一戦。好調の相手に前半は成す術なく、敗色濃厚とみられるなか、一時は逆転するなど粘りを見せ、ドローに終わった。 リニューアルしたヨドコウ桜スタジアムでは連続ドローに終わったC大阪。チームとしてリーグ戦8試合未勝利と苦しい状況が続いている。 前節は中盤の守備強度が高くなく、FC東京のブラジル人トリデンテに圧倒されていたが、後半サイドからのアーリークロスを武器に2点。さらにCKから1点とクロスを上手く使って3点を奪った。 過酷な日程をこなしている中で、トップに入る選手の役割は非常に大きなウェイトを占める。大久保嘉人がトップに入ったが、なかなかスイッチを入れる守備ができず、良くない攻撃から悪い時間のスパイラルに入っていた。 今節が終われば長かった連戦も一旦終了。改めて前節3得点を奪えた形をしっかりと振り返りながら、よりアグレッシブに来る鳥栖にどう立ち向かうか。良い形で中断期間に入れるか注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、奥埜博亮、原川力、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、加藤陸次樹 監督:レヴィー・クルピ 東京五輪出場選手:瀬古歩夢 7月24日 16:44 2021.07.24 16:48 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪vsFC東京は6点生まれる壮絶ドロー…6戦ぶり失点のFC東京は5連勝ならず…【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節、セレッソ大阪vsFC東京が21日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージでは無敗の首位通過を決めたC大阪(勝ち点24)だが、前半戦のラストゲームとなった前節のヴィッセル神戸戦では1-1のドローに終わり、リーグ戦7試合未勝利の12位でシーズンを折り返すことになった。ヨドコウ桜スタジアムで初勝利を目指す一戦では為田に代えて加藤を起用し、[4-2-3-1]から[4-4-2]の布陣に変更した。 一方、10日前に行われた前節の湘南ベルマーレ戦を1-0で制し、リーグ戦4連勝を飾った7位のFC東京(勝ち点34)は、5連勝での中断期間突入を目指した。なお、休養十分ということもあり、前節と全く同じスタメンで臨んだ。 試合は立ち上がりこそC大阪が押し込む入りを見せたが、10分を過ぎた辺りから攻守が目まぐるしく入れ替わる展開に。 まずは10分、C大阪が左サイドの深い位置に侵攻した丸橋がクロスを入れると、GK波多野がファンブル。これにゴール前で反応した清武がすかさず右足で蹴り込むが、左ポストを叩いたボールは相手守備陣にはじき出される。 一方、この試合最初のピンチを凌いだFC東京は直後にブラジル人トリオの個人技を生かしたロングカウンターでホームチームのゴールを脅かすと、早い時間帯に先手を奪う。 13分、安部の果敢なインターセプトからショートカウンターに転じると、ボックス手前でディエゴ・オリヴェイラとのダイレクトのパス交換を試みたレアンドロがボックス中央で受け直して右足を一閃。DFにディフレクトしたシュートがゴール左隅に決まった。 以降は早い時間帯の同点を目指すC大阪がボールを握り、FC東京が自陣でブロックを敷きながら強度の高い守備で冷静に応対。また、2ボランチを起点に要所で良いボールを奪い方を見せると、ブラジル人トリオの圧倒的な個の力を生かした鋭いカウンターで一気にフィニッシュの局面まで持っていく。 すると、39分にはD・オリヴェイラのハーフウェイライン付近でのボールキープから東の絶妙なミドルスルーパスに抜け出したD・オリヴェイラがDF西尾とGKキム・ジンヒョンが完全に出し抜きボックス右角度のないところから右足のシュート。西尾が決死のゴールカバーを見せたもののそのままゴールに押し込む形となり、主砲のゴールとなった。 まさに狙い通りの形から2点リードを得たFC東京は畳みかける。40分、バングーナガンデ佳史扶のアグレッシブな守備からショートカウンターに転じてアダイウトンとレアンドロの連係からゴールをこじ開けるが、これはVARのレビューの結果、抜け出しのタイミングでのオフサイドを取られて3点目とはならず。 一方、VARに救われたC大阪だが、2トップがなかなか起点を作れず、攻め手を見いだせない苦しい展開が続く。前半終了間際には右サイドで仕掛けた坂元のお膳立てからボックス手前でフリーの原川に絶好のシュートチャンスが訪れるが、ここはシュートをふかしてしまった。 迎えた後半、巻き返しを図るC大阪は大久保を下げて高木をハーフタイム明けに投入。清武をトップ下の位置に置いた[4-2-3-1]に布陣を変更。すると、開始早々の46分にいきなりゴールが生まれる。左サイド深くで原川からの大きな展開を受けた丸橋がGKと最終ラインの間のスペースに絶妙なクロスを入れると、これに反応した加藤が右足のワンタッチボレーでゴール左下隅に流し込んだ。 この電光石火のゴールによって完全に息を吹き返したホームチームは攻勢を強めていく。50分には清武の意表を突いた浮き球の右クロスがチャンスを作りかけるが、ファーでフリーの高木が反応し切れず。 それでも、一度掴んだ流れを放さないホームチームは57分、相手陣内の左サイドで縦に運んだ高木が左のハーフスペースからアーリークロスを供給。中央の加藤がスルーしたボールがファーに流れると、これに詰めていた坂元が冷静にワンタッチで押し込んだ。 リーグ5試合連続クリーンシートの堅守が崩壊し、試合を振り出しに戻されたFC東京は63分に3枚替えを敢行。青木、東、アダイウトンを下げて品田、田川、永井をピッチに送り出した。66分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でレアンドロの鋭いボールに反応した森重がゴールネットを揺らすが、これはオフサイドに加え森重のハンドによってゴールは認められず。 一方、ACLでのタフな戦いを経験したことで底力を見せるC大阪は74分に試合を引っくり返す。74分、右CKの場面でキッカーの原川がニアに入れたボールを奥埜が頭で中央へ流すと、これをチアゴがダイビングヘッドで押し込んだ。 この試合初めて追いかける展開となったFC東京はD・オリヴェイラを下げて三田を投入し、異なるアプローチで同点を目指す。流れの中ではなかなか決定機まで至らなかったが、レアンドロの右足が流れを変える。82分、ボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのレアンドロが直接狙うと、GKキム・ジンヒョンが逆を取られた影響もあったか、ゴール右上隅を捉えたシュートが手を弾いてゴールネットを揺らした。 その後、FC東京の鈴木準弥がJ1デビューを飾るなど、互いに交代カードを切って最終盤の戦いに臨んだが、両チームの粘りの守備もあって勝敗を決する4点目は生まれず。 一時は試合を引っくり返したC大阪だが、桜スタジアムでの初白星はまたしてもお預けとなり、リーグ戦8試合未勝利に。一方、6戦ぶりの失点を含む3失点を喫したFC東京は連勝が「4」でストップしている。 セレッソ大阪 3-3 FC東京 【C大阪】 加藤陸次樹(後1) 坂元達裕(後12) チアゴ(後29) 【FC東京】 レアンドロ(前13) ディエゴ・オリヴェイラ(前39) レアンドロ(後37) 2021.07.21 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第21節:C大阪vsFC東京】7戦未勝利のC大阪、怒涛の4連勝中の東京に立ち向かう

【明治安田生命J1リーグ第21節】 2021年7月21日(水) 19:00キックオフ セレッソ大阪(12位/24pt) vs FC東京(7位/34pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆7戦未勝利、後半戦切り替えられるか【セレッソ大阪】 前節はヨドコウ桜スタジアムのこけら落としの一戦。ヴィッセル神戸を迎えたが、試合は1-1のドローに終わった。 前半戦ラストの試合。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻ってきて最初のリーグ戦だったが、神戸の前に苦しむ展開に。それでも今季加入のDF鳥海晃司がリーグ戦初出場を果たすと、同点ゴールを奪った。 チームとしてはほぼ五分の6勝6分け7敗で前半戦を終えたが、決して良い状態ではない。神戸戦に引き分けたことで7試合勝利なし。ここからスタートする後半戦でしっかりとギアを上げていきたいところだ。 中3日の試合となるがACLでの連戦に慣れたのか、選手たちは最後まで粘り強くプレーできていた。酷暑が続く中での試合となれば、体力面で優位に立てる可能性はある。いかに焦れずにしっかりとチャンスをモノにできるか。忍耐力が求められることになりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:奥埜博亮、原川力 MF:坂元達裕、清武弘嗣、為田大貴 FW:大久保嘉人 監督:レヴィー・クルピ 東京五輪出場選手:瀬古歩夢 ◆怒涛の4連勝、抜群の安定感はどこまで【FC東京】 前節は湘南ベルマーレを相手にアウェイで0-1と勝利。これで4連勝となった。 ここにきて調子を上げてきているFC東京。特に守備陣は5試合連続クリーンシートと抜群の安定感を見せている。 特に湘南戦は苦しい試合展開となった中で途中出場の永井謙佑がゴールをこじ開けた。湘南相手に走力でで負けなかったこともプラス材料。厳しい環境になっていく中でも勝利を積み上げていることはプラスに捉えられる。 今節は攻撃力を持つC大阪だが、まずはチームの守備力をしっかりと見せたいところ。安定感のあるパフォーマンスを見せ、ブラジル人トリオの破壊力や永井、そして東京五輪メンバーから落選した田川亨介が悔しさをぶつけられるかに期待だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:小川諒也、渡辺剛、森重真人、バングーナガンデ佳史扶 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 2021.07.21 15:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly