インテルのド派手な特別ユニ、公式戦では使えない可能性が浮上

2021.04.09 07:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは7日、新しいクラブエンブレムを用いた特別ユニフォームを発表した。インテルは3月に創立113周年に際してクラブの新エンブレムを発表。新エンブレムは、白で描かれたインテルの「I」とミラノの「M」を円が囲う形に。バックグラウンドにはクラブ伝統の青と黒が使われている。

そしてインテルはユニフォームのデザインを手掛けるナイキとともに新エンブレムでの初のユニフォームを発表。デザインは黄色、白、黒、青のカラーリングで幾何学的な模様が描かれたかなり派手なものになっている。


しかし、イタリア『Calcio e Finanza』によると、インテルはこの特別ユニフォームを公式戦で着用できない可能性があるという。

レガ・セリエAでは1枚のユニフォームに使用できる色が3色までという規定があるが、今回の特別ユニフォームは4色のデザインとなる。そのため、インテルが公式戦でこのユニフォームを着用するには特別に申請を行い、それが許可される必要があるようだ。

インテルと1995-96シーズンからスポンサー契約を結んでいるタイヤメーカーのピレリ社との契約は今季までと報じられており、このユニフォームが最後の新作となる可能性が高いが、セリエAの舞台でお披露目されることはあるだろうか。

1 2
関連ニュース
thumb

セリエAの放映権収入が明らかに、優勝のインテルは31億円超を獲得

今シーズンのセリエAのTV放映権分配金が明らかになった。イタリア『Calcio e Finanza』が報じた。 ユベントスが9連覇していたセリエAだが、2020-21シーズンはインテルが11年ぶり19度目の優勝を果たしている。 そのセリエAだが、2020-21シーズンのテレビ放映権料は約11億ユーロ(約1464億円)になるとのこと。半分が20チームで均等に分配され、残りの20%はクラブのサポーターベースに応じて分配。残りの30%はパフォーマンスに基づいて分配される仕組みとなっている。 なお、30%のうち、15%が今シーズンの成績、残りの15%は1946年からの総じた成績に左右される。 優勝したインテルは、2340万ユーロ(約31億1400万円)を受け取ることとなり、2位は1940万ユーロ(約25億8200万円)、3位は1680万ユーロ(約22億3500万円)、4位は1420万ユーロ(約18億9000万円)と続いている。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いはインテルとアタランタが確定しており、残り2枠が未定。ナポリ、ミラン、ユベントスの3チームが最終節で争うこととなる。 ◆セリエA TV放映権分配金 1位:2340万ユーロ(約31億1400万円) 2位:1940万ユーロ(約25億8200万円) 3位:1680万ユーロ(約22億3500万円) 4位:1420万ユーロ(約18億9000万円) 5位:1250万ユーロ(約16億6300万円) 6位:1090万ユーロ(約14億5000万円) 7位:930万ユーロ(約12億3800万円) 8位:830万ユーロ(約11億500万円) 9位:740万ユーロ(約9億8500万円) 10位:630万ユーロ(約8億3800万円) 11位:550万ユーロ(約7億3200万円) 12位:500万ユーロ(約6億6500万円) 13位:460万ユーロ(約6億1200万円) 14位:410万ユーロ(約5億4500万円) 15位:360万ユーロ(約4億8000万円) 16位:320万ユーロ(約4億2600万円) 17位:280万ユーロ(約3億7300万円) 18位:220万ユーロ(約2億9300万円) 19位:160万ユーロ(約2億1300万円) 20位:90万ユーロ(約1億2000万円) 2021.05.18 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがバレッラの手術を実施を報告…

インテルは17日、イタリア代表MFニコロ・バレッラが鼻の手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によれば、バレッラは17日の午前中に鼻中隔矯正術を受け無事に成功したとのこと。今後、数日間の休養を取りトレーニングに復帰するとのことだ。 2019年にインテルへ加入したバレッラは、今季ここまで公式戦46試合に出場し3ゴール13アシストを記録するなど、11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献。また、2018年10月にデビューしたイタリア代表では21キャップを数えており、マンチーニ監督のもとで主力に定着している。 2021.05.18 01:06 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルが他クラブ牽制か…ラウタロ・マルティネスへ年俸6億の新契約を提示

インテルがアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の契約延長交渉を開始した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 両者は年始から話し合いを重ねているが、インテルは昨今の新型コロナウイルスによる影響で財政難に陥っており、交渉が難航。 すると、アドレティコ・マドリーやレアル・マドリーが今夏に獲得に乗りだすなど移籍報道がヒートアップしていた。 同紙によれば、他クラブを牽制したいインテルは問題の解決を目指しラウタロの代理人に接触。年俸450万ユーロ(約6億円)+ボーナスの新契約を提示しているとのことだ。 2018年夏に母国アルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、初年度から続くセンセーショナルな活躍を受け、昨夏にバルセロナの強い関心が取り沙汰されたが、最終的に実現しなかった。 なお、今季はここまで公式戦47試合に出場。37試合に出場するセリエAでは16ゴール9アシストを挙げ、11年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献していた。 2021.05.18 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「ただ立っていただけ」大荒れのイタリア・ダービー、デル・ピエロらが決勝PKに疑問「足の動きを理解できない」

元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏と、同DFアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、イタリア・ダービーの判定に疑問を呈した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 セリエA第37節でユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが15日に行われたが、退場者が2人、PKが3回、イエローカードが9枚飛び交う大荒れの一戦となった。 1本目のPKは22分。ユベントスの右CK時にジョルジョ・キエッリーニがインテルのマッテオ・ダルミアンに倒されると、VARが介入してPKに。クリスティアーノ・ロナウドが蹴ったPKはGKサミル・ハンダノビッチに止められるも、ルーズボールを自ら蹴り込んで先制した。 2本目は33分、ラウタロ・マルティネスがボックス内でマタイス・デ・リフトにかかとを踏まれて倒されると、VARの末にインテルにPKが与えられる。このPKをロメル・ルカクが決めてインテルが試合を振り出しに戻した。 そして最後は2-2で迎えた86分、フアン・クアドラードがボックス右で切り返したところでイバン・ペリシッチに倒されると、ここではVARが入らずにPK。このPKをクアドラード自ら決めたユベントスが3-2で競り勝った。 PKの他にもVARが何度も入った試合。しかし、VARが入らなかった最後のPK判定については、コスタクルタ氏がイタリア『スカイ・スポーツ』で判定と異なる意見を語った。 「PKには見えない。コンタクトはあるが、クアドラードはそれを狙っていたと思う。彼の足の動きを理解できない。本来その位置にあるべきではない。彼は意図的にコンタクトを狙った」 また、デル・ピエロ氏もコスタクルタ氏の意見に同調した。 「ペリシッチはクアドラードにファウルも何もしなかった。彼はただそこに立っていた。 審判はここに来て、彼らが見たものを説明するべきだ」 「ペリシッチが触れたのはクアドラードの足だが、私たちの時とは違う時代なのだろう。PKの判定は間違っていたと思う」 打ち合いを制したユベントスは暫定ながら4位に浮上。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に望みをつないでいるが、なんとも物議を醸しそうな後味の悪い試合となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】これもPK?ユベントスvsインテル戦の判定の数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jh8aeB4oBNw";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.05.16 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 3-2 インテル《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが15日に行われ、3-2でユベントスが競り勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210516_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 飛び出しがやや不安定だったが、82分のピンチを好守で阻止 DF 13 ダニーロ 6.0 守備面で貢献。デミラル投入後はボランチに入り、守備を締めた 4 デ・リフト 6.0 不運ながらPK献上。それ以外は身体を張った守備でキエッリーニと共に鉄壁を築いた 3 キエッリーニ 6.0 PK獲得。オウンゴール献上も奮闘し、強力2トップを封じた 12 アレックス・サンドロ 6.0 ハキミのスピードを封じた MF 16 クアドラード 7.0 豪快なミドルでチーム2点目を挙げ、最後に自ら獲得したPKで決勝弾 25 ラビオ 6.0 攻守にさぼらず動き続けた 30 ベンタンクール 5.5 イエローカードに値しないファウルにより厳しい判定で退場 22 キエーザ 5.5 さほど効果的な仕掛けは見られず (→デミラル 5.5) 右サイドバックでプレー。ペリシッチに対応 FW 44 クルゼフスキ 6.0 ディバラとモラタを差し置いて先発。その起用に応え、攻撃を活性化させた (→マッケニー 6.0) うまく試合に入って攻守のバランスを保った 7 C・ロナウド 6.0 PK崩れからゴール。ここ数試合同様、動きはさほど良くなかった (→モラタ -) 監督 ピルロ 6.0 10人となったことで割り切った采配を見せ、勝ち切った ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210516_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.5 C・ロナウドのPKをストップもルーズボールを蹴り込まれた DF 37 シュクリニアル 6.0 キエーザの動きを制限 6 デ・フライ 6.0 流れの中でC・ロナウドに仕事をさせず 95 バストーニ 5.5 クアドラードの対応でやや後手に (→ヴェシーノ -) MF 2 ハキミ 5.0 スペースがなくスピードに乗ったプレーをさせてもらえなかった 23 バレッラ 6.0 後半は攻撃に厚みをもたらした 77 ブロゾビッチ 5.0 前半はゲームを作れず。最後に退場 24 エリクセン 5.5 後半は幾分か攻撃に絡んだが、見せ場は作りきれず (→センシ -) 36 ダルミアン 5.0 PK献上に2失点目にも関与と厳しい出来 (→ペリシッチ 5.5) 後半の攻め手となったが、厳しい判定でPK献上 FW 9 ルカク 6.0 PKを決める。守備への献身さも光った 10 L・マルティネス 6.0 PK獲得。ボックス内での仕掛けで脅威を与えた 監督 コンテ 5.5 古巣相手にベストメンバーで臨み、CL出場権獲得を阻みにかかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クアドラード(ユベントス) 主審の不可解な判定で荒れた試合となったが、その中で2ゴールを挙げて勝利に導いたクアドラードを選出。 ユベントス 3-2 インテル 【ユベントス】 C・ロナウド(前24) クアドラード(前48) クアドラード(後43)【PK】 【インテル】 ルカク(前35)【PK】 OG(後40) 2021.05.16 02:59 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly