インテルのド派手な特別ユニ、公式戦では使えない可能性が浮上

2021.04.09 07:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは7日、新しいクラブエンブレムを用いた特別ユニフォームを発表した。インテルは3月に創立113周年に際してクラブの新エンブレムを発表。新エンブレムは、白で描かれたインテルの「I」とミラノの「M」を円が囲う形に。バックグラウンドにはクラブ伝統の青と黒が使われている。

そしてインテルはユニフォームのデザインを手掛けるナイキとともに新エンブレムでの初のユニフォームを発表。デザインは黄色、白、黒、青のカラーリングで幾何学的な模様が描かれたかなり派手なものになっている。


しかし、イタリア『Calcio e Finanza』によると、インテルはこの特別ユニフォームを公式戦で着用できない可能性があるという。

レガ・セリエAではユニフォームは最大で3種類までという規定があるが、今回の特別ユニフォームは今シーズンのインテルにおいて4つ目のデザインとなる。そのため、インテルが公式戦でこのユニフォームを着用するには特別に申請を行い、それが許可される必要があるようだ。

インテルと1995-96シーズンからスポンサー契約を結んでいるタイヤメーカーのピレリ社との契約は今季までと報じられており、このユニフォームが最後の新作となる可能性が高いが、セリエAの舞台でお披露目されることはあるだろうか。

1 2
関連ニュース
thumb

因縁深きモウリーニョのイタリア帰還を喜ぶコンテ「誰にとっても素晴らしいニュース」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、来季ジョゼ・モウリーニョ監督と再会することを楽しみにしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 今季トッテナムで2シーズン目を迎えたモウリーニョ監督だったが、プレミアリーグで思うような成績を残せず、4月に解任。次に就任するクラブはどこになるか注目が集まっていたが、4日に来季からローマの指揮官となることが電撃発表された。モウリーニョ監督にとっては、インテルの指揮官を退任して以来11シーズンぶりのセリエA復帰となる。 モウリーニョ監督のイタリア復帰によって、注目されているのがコンテ監督との因縁だ。かつてコンテ監督がチェルシー、モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドで指揮をとっていた際は、舌戦を繰り広げていた。 しかし、イタリア『Le Iene』に出演したコンテ監督は、モウリーニョ監督のイタリア帰還を歓迎。お互いに敬意を持っていることを強調している。 「モウリーニョのローマの指揮官就任は、誰にとっても素晴らしいニュースだろう。彼の活躍を祈っているよ。もちろん、インテルと対戦するときを除いてだが。出会ったときにはハグをするだろう。我々の間には、大きな敬意があるんだ」 また、コンテ監督は2日に2位アタランタが引き分けたことで決まったスクデット獲得についても言及。去就について明言は避けつつ、チームのエースであるFWロメル・ルカクとユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの比較についても見解を述べた。 「(スクデット獲得は)我々にとってもファンにとっても大きな満足感があった。私は家族と一緒に祝ったよ。新しいチームに参加する際、私は最初にそのチームのサポーターとなり、その後もずっとファンであり続ける」 「この瞬間を楽しみたいね。会長やディレクターたちとは、インテルにとって最良の道を選ぶため話し合う時間があるだろう」 「ロナウドはチャンピオンであり、自分の価値を証明している。そして、ロメルも素晴らしいフットボーラーだ。今はロナウドの方が高い評価を得ているが、ロメルは重要なことを達成するための能力をすべて持っているね」 2021.05.05 17:34 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルに続きベルギーでの栄冠を目指すルカク「この精神を代表にも持ち込みたい」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクがさらなるタイトル獲得を誓った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは1日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦で勝利を収めると、2位アタランタが引き分けたことで11年ぶりのスクデット獲得が決定。残り4試合で2位との勝ち点差は「13」まで広がっており、圧倒的な強さを見せる形となった。 今シーズンセリエA33試合で21ゴール9アシストをマークし、インテルの久々の栄冠に多大な貢献を果たしたルカクも、このタイトル獲得には歓喜。フランス『La Tribune』のインタビューに応じた際、喜びのコメントを残すと同時に、この勢いをベルギー代表にも持ち込みたいと意気込んだ。 「(ティボー・)クルトワ、エデン(・アザール)とトルガン(・アザール)、(アクセル・)ヴィツェル、(ケビン・)デ・ブライネ、ベルギー代表の皆が今年のユーロでタイトルを獲得することを心から願っている」 「この精神を代表チームにも持ち込み、皆で一緒に前に進むことができれば最高だ。クラブのタイトルを獲得することで経験を積めたから、より良い形で試合に臨めるだろう。(スクデット獲得により)僕がキャリアの中で少し失っていた、キラー・メンタリティを取り戻せた」 「これまでのキャリアの中では、あきらめてしまう瞬間があまりにも多かったと思う。そして自分に対して『もういい、疲れた。僕は27歳だし、そろそろ変化の時だ』と言い聞かせていたんだ。でも、僕の仕事はこれで終わるわけではない」 「タイトルを獲得できて、とても満足しているよ。でも、僕の心はすでにユーロに向かっている」 2021.05.04 13:13 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルのリーグ優勝を称賛するイタリア代表指揮官「彼らはスクデットに相応しい」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がスクデットを獲得したインテルを称えている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 1日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦で勝利を収めたインテルは翌日に2位アタランタが引き分けたことで、11年ぶり19回目の優勝が決定。ユベントスの連覇を「9」でストップさせての久々の戴冠に対しては、多くの称賛が寄せられている。 かつて2度に渡ってインテルを指揮し、3度のスクデット獲得を成し遂げたマンチーニ監督も古巣の栄冠を祝福。イタリア『Rai Parlamento』のインタビューに応じた際、特にアントニオ・コンテ監督の手腕を称えた。 「インテルはスクデットに相応しい。彼らは2位との差を大きく広げていたし、2021年には印象的な変化を見せた。アントニオ・コンテは選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるよう管理していたと思う。このような長いリーグ戦においては、それが重要な資質に繋がっていく」 また、マンチーニ監督はインテルに所属するイタリア人選手にも言及。若手の成長を喜びつつ、皆を代表に呼ぶことは難しいとも語っている。 「ニコロ・バレッラやアレッサンドロ・バストーニら若い選手には機会を与えることが必要不可欠だ。彼らにクオリティがあれば、大きなステップを踏み出せるだろう」 「残念ながら26人以上の選手は招集できない。多くの優秀な選手はユーロがあっても家にいなければならず、これはとても残念なことだ」 さらにマンチーニ監督はインタビューの中で、インテルが長い低迷から脱して偉業を達成した流れをイタリア代表にも持ち込みたいと意気込んだ。 「長い年月を経て勝利に戻ったインテルの歴史を、イタリアもユーロで繰り返せることを願っているよ。そのためには、しっかり物事をこなした上でチャンスを何も逃さないようにしなければならない。それは明らかだ」 2021.05.04 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

初のスクデット獲得となったインテル会長が感謝のメッセージ「このスクデットは全員のもの」

インテルのスティーブン・チャン会長が、11年ぶりのスクデット獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 インテルは2日、2位のアタランタがサッスオーロと引き分けたため、11年ぶり19度目のセリエA制覇を達成した。 前回優勝したのはジョゼ・モウリーニョ監督時代。セリエA5連覇を達成した2009-10シーズン以来のスクデット獲得となった。 蘇寧グループがオーナーになってからは今回が初のスクデット獲得となったが、コロナ禍においてスティーブン・チャン会長は4日前にイタリア入り。見事に現地で優勝の瞬間を過ごすこととなった。 スティーブン・チャン会長は、待望のスクデットについて喜びのコメントをすると共に、全ての人への感謝の気持ちを語った。 「このプロジェクトに関わり、この旅を一緒にしてきた全ての人々にとって、特別なエキサイティングな瞬間です。まず、ファン、我々と共に働いている人々、そして監督、アントニオ・コンテとこれを達成するために一生懸命にプレーした選手たちに感謝します」 「今年だけでなく、これまでの5年間も私を支えてくれた2人のCEO、社員、マネージャーにも感謝したいです。このプロジェクトに参加している全ての人、今年だけでなく過去に働いていた人もです。彼ら全員がこのスクデットの一部であり、このスクデットは彼ら全員のものだと思います。大いに感謝しています」 「会社のスタッフだけでなく、私を信じてこのクラブを運営することを光栄に思い、チームを信頼してこのタイトル獲得を達成してくれた人々にも感謝します。父にも感謝します。また、長年にわたり私を指導し、精神的にも支えてくれ、インテルの魅力を理解させてくれたマッシモ・モラッティ氏にも感謝したいと思います」 「最後になりましたが、スポーツとインテルを愛し、我々を支えてくれるファンにも感謝します。パンデミックによって引き起こされたこの困難な時期のこの喜びが、全ての人に前向きなエネルギーをもたらせることを願っています」 「特別な日です。クロトーネに勝利した後、選手たちと話し、それが実際に起こったことはほとんど想像もできませんでした。我々は、過去数カ月、数年の努力のおかげでここにいます。現実です。そして、私の経験では、これらすべてを説明できます」 「全ての人と話はしていませんが、一部の選手と監督、スタッフ、そして何人かの友人とだけ話しをしました。まず第一に、この名誉とスクデットは彼らの一部であり、彼らは勝者です。全員がいなければ、舞台裏にいる人々がいなければ不可能だったでしょう」 「我々は順位表で多くのポイントを獲得しました。各ポイントは、ピッチに立つ人だけでなく、舞台裏で働く人も表しています。テレビの前で見ている我々をサポートしてくれる人も表しています」 「世界中、ミラノ、イタリアにいるファンにとって、このスクデットはみなさんのためのものであり、みなさんに捧げられ、みなさんに喜びを希望をもたらすことを願います」 「インテルの未来、プロジェクト、インテルの世界は100年以上前から常に同じであり、これからも変わりません。我々の目標は、ポジティブなエネルギー、希望、包括性、革新的なアイデアを周囲の人々に広めることです」 2021.05.03 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

11年ぶりの優勝、インテルサポーター3万人がコロナ禍でもドゥオーモ広場に集結

11年ぶりのスクデット獲得にサポーターは黙っていられなかった。 インテルは2日、2位のアタランタがサッスオーロと引き分けたため、11年ぶり19度目のセリエA制覇を達成した。 前回優勝したのはジョゼ・モウリーニョ監督時代。セリエA5連覇を達成した2009-10シーズン以来となった。 ユベントスが9連覇を達成していたセリエAだが、10連覇を目指した今シーズンは開幕からつまづく状況に。ミラン、インテルの両クラブが近年の低迷から復調したこともあり上位を争い続けていた。 この久々の優勝にわいたインテルサポーターは、ミラノのドゥオーモ広場に集結。コロナ禍ではあるものの、久々の優勝に我慢ならなかったようだ。 報道によると集まったファンは3万人程度とのこと。一部のファンは「今日は祝う。明日はコロナについて考える」と語るほど、この日は1年以上にわたって我慢し続けてきた鬱憤を晴らすかのように、発炎筒や花火などで盛大に優勝を祝っていたようだ。 喜びたい気持ちもわからなくはないが、ミラノは昨年特に新型コロナウイルスの感染拡大がひどかった地域の1つであり、油断ならない状況では感染していないことを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】歓喜爆発のインテルファン、ドゥオモ広場は大騒ぎ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Esultano i tifosi dell&#39;<a href="https://twitter.com/Inter?ref_src=twsrc%5Etfw">@Inter</a> in Piazza Duomo. L’inviato <a href="https://twitter.com/SimoneZazzera?ref_src=twsrc%5Etfw">@SimoneZazzera</a><a href="https://twitter.com/hashtag/IMScudetto?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IMScudetto</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/IMInter?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IMInter</a> <a href="https://t.co/0wN04kuCfo">pic.twitter.com/0wN04kuCfo</a></p>&mdash; Rai Radio1 (@Radio1Rai) <a href="https://twitter.com/Radio1Rai/status/1388934396284125184?ref_src=twsrc%5Etfw">May 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.03 14:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly