リークされた来季のアーセナルユニがあのクラブそっくりだと話題に「Ajaxenal」

2021.04.08 16:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リークされた来シーズンのものと思われるアーセナルのユニフォームが話題となっている。『FOOTY HEADLINES』によってリークされた2021-22シーズンのアーセナルのホームユニフォーム。18-19シーズンのユニフォームに使われた、今シーズンのものよりも明るめの赤色を基調としたデザインで、襟口から肩にかけて紺色の3本線が入っている。袖は例年通り白色だが、異なるのは脇腹部分の側面も白くなっていること。


99-00シーズンのデザインを踏襲したものだと思われるが、ファンからはそれよりも、アヤックスのユニフォームにそっくりだという多くのツッコミが寄せられている。

「新しいスポンサーのアヤックスだと思った」、「アーセナルはいつからアヤックスになったの」といったコメントや、両クラブの名前を掛け合わせて「Ajaxenal」と表現する者も。

そして、やはり否定意見は付きもので、「ホームユニフォームではアディダスの初めてのミスだね。全然好きじゃない」、「失敗だ」というマイナスのコメントも見られた。

信憑性は定かではないが、今のところ好評でないことは確かだ。
1 2
関連ニュース
thumb

アーセナルが復活リンガードの獲得に再挑戦! 買い取り目指すウェストハムと競合か

ウェストハムで出色のパフォーマンスを披露するイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)を巡り、アーセナルの動きもあるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 リンガードは今年1月に出場機会を求め、マンチェスター・ユナイテッドからウェストハムにローン移籍。すると、プレミアリーグで来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるチームのなかで、ここまで9試合の出場で8得点4アシストとハイパフォーマンスを披露して、先の代表ウィークで縁遠くなりつつあったイングランド代表返り咲きも果たした。 そんなリンガードの恩恵を受けるウェストハムはもちろん、買い取りを目指しているが、アーセナルも名乗り。今冬に獲得を目指した際にヨーロッパリーグ(EL)で直接的なライバルになり得るチームということもあり、ユナイテッドから拒否されたアーセナルだが、再び獲得に動いており、今夏の完全移籍に向けて問い合わせを行った模様だ。 アーセナルは今冬、レアル・マドリーからのシーズンローンでノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを獲得したが、来季もとどめられるか否か不透明。他にも創造性に溢れる中盤として、売り出し中のMFエミール・スミス・ロウもいるが、ウーデゴールが去ったときの一手として、ウェストハムで輝きを放つリンガードに目を光らせているようだ。 なお、リンガードとの契約をあと1年残すユナイテッドは延長意向を示している様子だが、それが叶わなければ、今夏が現金化のタイミングに。ローマも関心を抱いているといわれ、ウェストハムでの活躍ぶりを加味して移籍金3000万ポンド(約45億1000万円)を求めているとみられる。 2021.04.12 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

1年3カ月ぶりのゴールを喜ぶFWマルティネッリ「ゴールにはとても満足」

アーセナルのU-23ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリが久々のゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは11日、プレミアリーグ第31節でシェフィールド・Uと対戦。33分にバイタルエリアでの細かいダイレクトパス交換から、最後はアレクサンドル・ラカゼットが決めてアーセナルが先制する。 その後はなかなかゴールが奪えず、後半はシュートチャンスもほとんどないなか迎えた71分、敵陣でニコラ・ぺぺがパスをカットするとそのままボックス内に侵入してシュート。これはGKアーロン・ラムズデールがセーブするも、マルティネッリがこぼれ球を押し込み追加点。85分にはハーフウェイライン付近からトーマスがロングスルーパス。これに反応したラカゼットがそのまま蹴り込み3点目。アーセナルが0-3で快勝を収めた。 今シーズンはヒザのケガで出遅れ、復帰後もなかなか出番が訪れなかったマルティネッリ。今季初ゴールとなったが、このゴールは2020年1月のチェルシー戦以来のものとなった。 マルティネッリはゴールを喜ぶとともに、しっかりと準備をしていたとコメントした。 「少し疲れたけど、ゴールにはとても満足しているし、勝利と勝ち点3でさらに幸せだよ」 「僕は毎日トレーニングに励んでいる。ミケル(・アルテタ)が必要とするとki 、何かをプレーしたり見せたりするためにそこにいなければならないので、自分の準備を整える必要があるね」 また、この試合では83分にモハメド・エルネニーと交代。その際に足を引きずるようにも見えたが、「木曜日にプレーしても大丈夫だよ」と語り、ケガはしていないと語った。 2021.04.12 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

15試合ぶり無失点のアーセナル、アルテタ監督「全体的にとても満足」、先制点は「典型的なアーセナルらしいゴール」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは11日、プレミアリーグ第31節でシェフィールド・Uと対戦。33分にバイタルエリアでの細かいダイレクトパス交換から、最後はアレクサンドル・ラカゼットが決めてアーセナルが先制する。 なかなかその後はゴールが奪えず、後半はシュートチャンスもほとんどないなか迎えた71分、敵陣でニコラ・ぺぺがパスをカットするとそのままボックス内に侵入してシュート。これはGKアーロン・ラムズデールがセーブするも、ガブリエル・マルティネッリがこぼれ球を押し込み追加点。85分にはハーフウェイライン付近からトーマスがロングスルーパス。これに反応したラカゼットがそのまま蹴り込み3点目。アーセナルが0-3で快勝を収めた。 試合後15試合ぶりのクリーンシートを達成したアルテタ監督はチームのパフォーマンスを評価した。 「本当に力強いパフォーマンスだった。長い間クリーンシートを逃していたので、必要だった。とても効率的で、知的で、落ち着いてボールを扱うことができ、とても満足している」 「献身的で理解力もあり、正しい姿勢で臨めた。全体的にとても満足している」 また、この試合は2ゴールの活躍を見せたラカゼットについても言及。特に先制点はアーセナルらしいゴールだと称賛した。 「典型的なアーセナルらしいゴールだった。本当に高いクオリティを見せ、ラカのフィニッシュや動き出しも本当に良かったと思う」 「彼は今は本当に上手くプレーしており、ゴールを決めており、自信に満ちている。そして、そのプレーを続ける必要がある」 そのアーセナルは15日にヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグでスラビア・プラハと対戦。1stレグでは試合終盤に先制しながら、最後に失点しアウェイゴールを与えてのドローとなっている。 突破に向けては試練が待っているなか、この試合で見せたメンタリティが必要だと語った。 「勝利は常に自信、より良い精神、より良い雰囲気、そしてより良いエネルギーをもたらせる。そして、我々は木曜日にそれらすべてが必要となるだろう」 2021.04.12 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが15戦ぶりのクリーンシートで公式戦5戦ぶりの白星! ラカゼットが汚名返上の2発にマルティネッリが今季初弾!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、シェフィールド・ユナイテッドvsアーセナルが11日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのアーセナルが0-3で快勝した。   前節、リバプールにホームで0-3の大敗を喫して逆転でのトップ4フィニッシュが崖っぷちとなった10位のアーセナルは、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のスラビア・プラハ戦でも再三の決定機逸、後半ラストプレーでの失点によってアウェイゴールを与えての痛恨の1-1のドローとなった。   公式戦4戦未勝利と厳しい状況が続く中、最下位のブレイズを相手に4戦ぶりの白星を目指すチームは、スラビア・プラハ戦から先発5人を変更。ホールディングを除く最終ラインを変更し、チャンバース、パブロ・マリと共にジャカを左サイドバックで起用。さらに、2列目は右からペペ、サカ、マルティネッリの並びとなった。   立ち上がりはサカ、マクゴールドリックと互いに決定機を作り合う五分五分の展開となったが、時間の経過と共に地力で勝るアウェイチームが試合の主導権を掌握する。   攻撃時はトーマスをアンカーに置き、サカとセバージョスがインサイドハーフに近い立ち位置を取る変則的な形で相手の守備を揺さぶるアーセナルは左サイドに張るマルティネッリの積極的な仕掛けと、中央でのダイレクトプレーを織り交ぜながら幾度もボックス付近でフィニッシュまで持ち込んでいくが、相手守備の粘りの対応もあってゴールをこじ開けるまでには至らない。   それでも、30分過ぎにはヴェンゲル時代を彷彿とさせる鮮やかなコンビネーションから見事な形で先制点を奪う。33分、相手陣内中央のトーマスから縦パスを受けたボックス手前左のラカゼットがワンタッチで中央のサカに預けて動き出すと、サカのワンタッチパスをセバージョスがダイレクトヒールでゴール前に流したところに3人目の動きで抜け出し、右足の丁寧なシュートを難なくゴールネットへ流し込んだ。   幸先よく先制に成功した前半終盤にかけてもマルティネッリ、ラカゼットと相手のシュートブロックに遭ったものの、良い形の仕掛けで2点目に迫る良い形の仕掛けを見せるなど、上々の内容で試合を折り返した。   後半はやや相手に押し込まれる入りとなった中、56分にはペペのお膳立てからペナルティアーク付近でフリーのラカゼットに2点目のチャンスも、ここはシュートを枠の上に外してしまう。   以降、なかなか決定機を作り出せないアーセナルはアクシデントに見舞われる。左腿を痛めたサカがプレー続行不可能となり、69分にウィリアンが緊急投入される。だが、結果的にこのアクシデントが2点目をもたらすことになった。   71分、ウィリアンがスイッチを入れた前線からのプレスでランドストラムのミスパスを誘発すると、インターセプトしたペペがそのままボックス内に持ち込んで左足のシュート。これはGKラムズデールにはじき出されるが、こぼれ球をマルティネッリが押し込んで待望の今季リーグ戦初ゴールとした。   この2点目で勝利を大きく引き寄せたアーセナルは久々のクリーンシートを意識してか、殊勲のマルティネッリを下げて守備的MFのエルネニーを投入。ここから試合を締めにかかるが、スラビア・プラハ戦の決定機逸で多くの批判を招いた背番号9が再び魅せる。   85分、ハーフウェイライン付近でホールディングから足元にパスを受けたトーマスが鮮やかなターンで前を向くと、最終ラインの背後を狙うラカゼットへ完璧なグラウンダーのスルーパスを通す。そして、スラビア・プラハ戦では枠に当ててしまったGKとの一対一を今度はラカゼットが冷静にモノにし、試合を決定づける3点目とした。   その後、ブレイズの反撃を危なげなく凌ぎ切ったアーセナルが公式戦15試合ぶりとなるクリーンシートを達成すると共に、公式戦5試合ぶりの白星を手にした。負傷交代のサカの状態は懸念材料も敵地でのELスラビア・プラハ戦に向けて弾みを付けた。 2021.04.12 05:01 Mon
twitterfacebook
thumb

「青い稲妻」模様にファン興奮!アーセナルの3rdユニデザインが流出か「ここ最近で最高」

ユニフォーム専門サイトの『footyheadlines』が、リークされたアーセナルの2021-22シーズンの3rdユニフォームのデザインを伝えている。 今シーズンはネイビーが基調の3rdユニフォームで戦っているアーセナルだが、『footyheadlines』は、来シーズンの3rdユニフォームもネイビーが基調になることをすでに報じていた。 さらに、そのデザインは1994年から1996年のアウェイユニフォームで使われた「青い稲妻」模様にインスピレーションを得た大胆なデザインになると伝えている。 当時はナイキがデザインしていたユニフォームだが、アディダスがデザインする来季のユニフォームは、前面に青と水色が交互に描かれ、「青い稲妻」のように見える。また、右胸に入るアディダスのロゴは、2色で構成されており、3本線の部分は赤で、「adidas」のテキストの部分は白色になっているのが特徴的だ。 『footyheadlines』は、ジグザグ模様の細かい部分や襟のデザインについては真偽は定かではないと伝えているが、デザインを見たサポーターからは「ここ最近で最高」「早く買いたい!」「素晴らしいデザインだ」など、かなり好評のようだ。 この3rdユニフォームは8月に発売開始となるようだ。 ※記事写真は1996年のアウェイユニフォーム <span class="paragraph-title">【画像】「青い稲妻」復活!リークされたアーセナルの3rdユニデザインがかっこいい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Leaked: Arsenal 21-22 Third Kit: <a href="https://t.co/OZunIu2ati">https://t.co/OZunIu2ati</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1379848213079986180?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.10 10:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly