ヘルタGKコーチ、LGBTへの差別発言で解任

2021.04.06 23:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは6日、GKコーチを務めるジョルト・ペトリー氏(54)を解任したことを発表した。同氏は5日発売の母国ハンガリーの日刊紙『MagyarNemzet』のインタビューにて同性愛者やトランスジェンダーへの批判を展開。さらに移民に関しても多くの犯罪者が欧州に渡っていると主張し、各方面から批判を浴びていた。


これを受け、ヘルタは即刻ペトリー氏の解任を決断した格好だ。

現役時代にハンガリー代表GKを務めた経歴を持つペトリー氏は、2015年からヘルタのGKコーチに就任。当時、U-17チームを率いていた同胞の現指揮官パル・ダルダイ監督と共にトップチームのスタッフに昇格していた。

なお、ペトリー氏は自身の発言を悔やみ、不快感を覚えた人々へ謝罪するとともにヘルタの決断を尊重すると語っていたとのことだ。
関連ニュース
thumb

フランクフルト退団のボビッチ氏、古巣ヘルタのマネージングディレクター就任

ヘルタ・ベルリンは14日、フランクフルトの取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフレディ・ボビッチ氏(49)が、来季からヘルタのマネージングディレクターに就任することを発表した。 ボビッチ氏は同日、フランクフルトの取締役兼SDを今季限りで退任することが発表されていた。 現役時代の2003~05シーズンの2季過ごしたクラブに帰還する形となるボビッチ氏はマネージングディレクター就任について、「新たな挑戦をしたいと思っていた矢先、ヘルタの社長と説得力ある議論ができた。再びヘルタのファミリーになることを楽しみにしている」とコメントした。 フランクフルトではMF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力を補強し、今季はチャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤不出場のウニオン、ヘルタとのダービーはドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第27節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、1-1で引き分けた。ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 7位ウニオン(勝ち点38)と14位ヘルタ(勝ち点24)によるベルリン・ダービー。 ウニオンはヨーロッパリーグ出場権を、ヘルタは残留を目指して戦っている中、ウニオンの遠藤は引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりから球際の激しい展開となった中、7分にクルーゼのミドルシュートでゴールに迫ったウニオンが9分に先制する。ペナルティアーク中央のアンドリッヒがルーズボールに反応してミドルシュート。強烈なボレーシュートがゴール右に突き刺さった。 さらに12分にはライアーソンのシュートがバーに直撃したウニオンが追加点に迫るも、ヘルタも19分に反撃。右CKからトルナリガのヘディングシュートがバーに直撃した。 すると32分、ボックス内ぎりぎりの位置でフリードリッヒがグエンドウジを倒してPKを献上。このPKをルケバキオに決められたウニオンは、ハーフタイムにかけては互角の攻防に持ち込まれ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、ウニオンがボールを持つ流れで推移したものの、膠着状態が続く。結局、終盤にウニオンはポヒャンパロを、ヘルタはケディラ、ピョンテクと投入していくも、スコアは動かずドロー。勝ち点1を分け合っている。 2021.04.05 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイスへ危険なタックルを見舞ったダリダが3試合の出場停止処分

ドイツサッカー連盟(DFB)は15日、ヘルタ・ベルリンに所属するチェコ代表MFウラジミール・ダリダに対し、3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ダリダは13日に行われたブンデスリーガ第25節のドルトムント戦に中盤の底として先発出場。1点ビハインドで迎えた80分に、相手MFマルコ・ロイスの足首からアキレス腱にかけた部分に無謀なタックルを敢行し、レッドカードを提示されていた。 ブンデスリーガで16位と残留争いに巻き込まれているヘルタ・ベルリンは今後、レバークーゼン、ウニオン・ベルリン、ボルシアMGら上位陣との対戦が予定されているが、今季リーグ戦22試合に出場している頼れるベテランを欠いて戦うこととなった。 なお、ダリダのラフプレーで途中交代したロイスに関しては、ドルトムントが重傷に至らなかったと報告している。 2021.03.16 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラント&ムココ弾でドルトムントがヘルタ・ベルリンに完勝!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第25節でヘルタ・ベルリンとの対戦し、2-0で勝利した。 前節バイエルンとの“デア・クラシカー”で逆転負けを喫した6位ドルトムント(勝ち点39)が、前節10試合ぶりに白星を飾った15位ヘルタ・ベルリン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのセビージャ戦を2戦合計スコア5-4で勝利し、ベスト8進出を決めたドルトムントは、その試合の先発からデラネイをブラントに代えた以外は、同じ先発メンバーを起用した。 試合開始からボールを支配するドルトムントは、12分に最初のチャンス。モレイの右クロスをニアに走り込んだロイスが右足ボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 さらにドルトムントは18分にも、ボックス右手前で獲得したFKからロイスが直接ゴールを狙ったが、これはクロスバーをかすめゴール上に外れた。 先制のチャンスを逃したドルトムントは、24分に反撃に遭う。ダリダのパスを右サイドで受けたゼーファイクのクロスがゴール前に走り込んだプラッテンハールトに当たると、ゴール右に逸れたボールにピョンテクが反応したが、これはわずかに届かない。 なかなか枠内シュートが生まれない中、34分に両チーム通じて最初の決定機をドルトムントが演出。右サイド深くまで切り込んだT・アザールがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス内のベリンガムがダイレクトで合わせたが、これはGKヤルシュテインのファインセーブに阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ゴールレスで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。54分、ロイスとパス交換したブラントがバイタルエリア左手前から中に切り込み右足一閃。無回転のミドルシュートがGKヤルシュテインの腕を弾きゴールネットを揺らした。 先制したドルトムントだったが、57分にアクシデント。プレー中に負傷したフンメルスが自ら交代を要求すると、歩いてピッチを後に。ザガドゥが緊急投入された。 その後は一進一退の展開が続く中、ドルトムントは77分にセットプレーから決定機。レイナの右CKをニアのジャンがヘディングシュートを放ったが、これは好反応を見せたGKヤルシュテインのセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃し続けるドルトムントだが、80分に追い風が吹く。中盤でパスを受けたロイスの右足に後方からスライディングタックルを見舞ったダリダの足が直撃すると、このプレーでダリダが一発退場に。 数的有利となったドルトムントは91分、ハーランドのロストボールをボックス左手前で拾ったムココがボックス左深くまで切り込むと、角度のない位置からGKの股下を抜くシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ホームで完勝したドルトムントは、暫定ながら5位に浮上している。 2021.03.14 04:32 Sun
twitterfacebook
thumb

残留争いに巻き込まれるヘルタ・ベルリン、指揮官は問題点指摘 「ステップアップを急ぎ過ぎた」

ヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督が1月に再任したクラブでの意気込みを語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヘルタ・ベルリンは昨年4月からブルーノ・ラッバディア前監督が指揮を執っていたが、今季は18試合4勝5分け9敗で14位に低迷。ブンデスリーガ第18節のブレーメン戦に大敗した後、成績不振を理由に解任された。 クラブは後任として、2018-19シーズンまで4年半にわたってヘルタ・ベルリンで指揮をとり、2020年夏からは同クラブのU-16で指揮官を務めていたダルダイ氏にオファー。トップチームの指揮官に再任したダルダイ監督だが、再任以降4試合未勝利となっており、順位は15位まで沈んでいる。 『キッカー』のインタビューに応じたダルダイ監督は、これが指導者キャリアでもっとも大きなチャレンジだと認めており、チームを残留させる目標に向けて意気込みを語った。 「私はプロの指揮官としてベンチに戻るつもりはなかったんだ。U-16で良い仕事ができていたと思うし、平和で静かな日々だったからね。引き受けた仕事は非常に困難なものだが、目標は達成できると思う。我々は機能し始めているんだ」 「主力選手の欠場、チームスピリットの欠如、ドレッシングルームでの多言語化…私が指揮官としてやって来た時の状況がそうだった。しかし、この4週間で多くのことが起こったんだ。我々は今、正しい方向に向かっているよ」 また、ダルダイ監督は近年大型投資を敢行しているにもかかわらず、結果が伴わないクラブの現状についても言及。同時に、この低迷を抜け出すため、1日に獲得を発表した経験豊富なベテランMFサミ・ケディラに期待を寄せている。 「ヘルタはステップアップを急ぎ過ぎているとは思っていた。0から100まで行くのは、簡単ではない。発展を続けていく必要があるんだ。結果として今シーズンは、危険な状況となっている」 「サミ(・ケディラ)はもう25歳の選手ではない、しかし、我々にとってチームを構成する上で非常に重要な要素となっている。彼は試合への理解が深く、あと2~3年は確実にこのレベルでプレーできるだろう」 2021.02.25 18:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly