ナポリ、最下位クロトーネに大苦戦も打ち合い制してアタランタを追走《セリエA》

2021.04.04 00:24 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは3日、セリエA第29節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、4-3で競り勝った。前節ローマとのデルビー・デル・ソーレを快勝し、ここ5試合で4勝目を挙げた5位ナポリ(勝ち点53)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アタランタを2ポイント差で追う中、クリバリを出場停止で欠いた以外はベストメンバーで臨んだ。

最下位クロトーネ(勝ち点15)に対し、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、インシーニェと並べたナポリが開始4分にバカヨコのコントロールシュートでゴールに迫る。


そして勢いそのまま19分に先制した。右サイドを上がったディ・ロレンツォのマイナスクロスをインシーニェがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。

さらに22分、ファビアン・ルイスの浮き球パスをゴールエリア左に走り込んだインシーニェが折り返し、最後はオシムヘンが押し込んでナポリに追加点が生まれる。

その後、25分にシミーにゴールを許したナポリだったが、34分に3点目。ボックス手前左で得たFKをメルテンスが直接沈めた。

しかし前半終盤の43分、CKの流れからシミーに再びゴールを許し、前半を3-2で終えた。

迎えた後半もナポリが押し込む展開となっていたが、59分にミスから同点とされる。マクシモビッチがシミーにボールをかっさらわれてそのままゴールを許し、試合を振り出しに戻されてしまう。

それでも72分、ナポリが勝ち越す。ボックス右でパスを受けたディ・ロレンツォがカットインから左足のシュートでネットを揺らした。

これが決勝点となってナポリが勝利。最下位のクロトーネに大苦戦を強いられたが勝利を掴み、上位陣を追走している。
関連ニュース
thumb

アタランタが来季CL出場権確保! ジェノアとの壮絶打ち合い制してユベントスとのコッパ決勝にも弾み《セリエA》

セリエA第37節、ジェノアvsアタランタが15日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのアタランタが3-4で勝利した。   2位死守を狙うアタランタ(勝ち点75)は、すでに残留を決めている14位のジェノア(勝ち点39)とのアウェイゲームで3連勝を狙った。   来週ミッドウィークにユベントスとのコッパ・イタリア決勝を控える中、この試合の勝利で来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保となるガスペリーニ率いるチームは、4バックを採用した前節のベネヴェント戦から先発3人を変更。パロミーノ、ムリエル、ペッシーナに代えてトロイ、ディムスティ、アレクセイ・ミランチュクを起用し、通常の[3-4-2-1]の布陣に戻した。   開始直後の2分にロベッラのフィードに完璧に抜け出したメレゴーニにいきなりGKとの一対一のピンチを招いたアタランタだが、ここはGKゴッリーニの好守で凌ぐ。さらに、このプレーで与えた右CKの流れからマッジエッロに左ポスト直撃のシュートを打たれるなど、バタつく入りとなった。   それでも、このピンチを辛くも凌いだアウェイチームは9分、ボックス手前中央でボールを収めたドゥバン・サパタが右のマリノフスキーに一度ボールを預けてゴール前に抜け出すと、絶妙なリターンパスを冷静に足元へ収めて右足のシュートを流し込んだ。   ファーストチャンスを生かして敵地で先制に成功したアタランタは、以降は普段通りのリズムで試合を進めていく。前線で強さを見せるサパタがことごとくボールを収めて味方の攻撃参加を促すと、21分にはそのサパタとのコンビネーションからゴール左に抜け出したゴセンズに2点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。   それでも、直後の26分にはサパタがボックス右のゴールラインぎりぎりで相手DFとの球際を制して中央に折り返したボールをドフリーのマリノフスキーがワンタッチで合わせてゴールネットを揺らす。当初、サパタの折り返しの場面でラインを割っていたとの判定でゴールキックでのプレー再開となったが、VARのレビューの結果、ギリギリでボールが残っていたとの判定でゴールが認められた。   これで完全に試合の流れを掴んだアタランタは以降も攻守に相手を圧倒。すると、前半終了間際の44分には左サイド深くでマリノフスキーが上げたクロスをファーのハテブールが丁寧に頭で中央へ折り返すと、これをゴール前フリーのゴセンズが頭で流し込み、両ウイングバックのコンビネーションで試合を決定づける3点目とした。   3点リードで試合を折り返したアタランタはサパタとフロイラーを下げてパシャリッチ、ペッシーナをハーフタイム明けに投入し、早くもコッパ決勝を見据えた戦い方にシフト。   すると、一瞬の油断から最後尾のディムスティが後半から投入されたショムドロフにボールを奪われて開始早々の48分に1点を返される。これによって嫌な空気が漂うも、失点直後の51分には右サイドのハテブールの突破から中央で溜めたミランチュクのラストパスをボックス左で受けたパシャリッチがボックス左から丁寧な右足のシュートを流し込み、瞬く間に点差を戻した。   この4点目で試合を落ち着かせることに成功したアタランタだったが、サパタがベンチに下がったことで前線での収まりが悪く徐々に相手の攻勢に晒される。そして、66分にはゴセンズがやや不運なハンドで与えたPKをパンデフに決められて点差を2点に縮められる。さらに、85分には自陣でのボールロストから浴びたショートカウンターを再びショムロドフに決められてしまい、ついに1点差まで迫られる。   これを受けてガスペリーニ監督は有事に備え、89分に切り札のムリエルを投入するスクランブル態勢に入ったが、何とか守備陣がこれ以上の失点を許さずに試合をクローズ。この結果、後半はだいぶバタついたものの、ジェノアとの壮絶な打ち合いを制したアタランタがミランとの最終節を前に来シーズンのCL出場権を確保。ユベントスとのコッパ決勝に大きな弾みを付けている。 2021.05.16 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ベネヴェントに快勝のアタランタが2位死守《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第36節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節、降格の決まっていたパルマに5発圧勝として2位をキープしたアタランタは、通常の3バックではなく[4-2-3-1]を採用。最前線にサパタ、2列目に右からマリノフスキー、ペッシーナ、ムリエルと並べた。 降格圏に沈む18位ベネヴェントに対し、立ち上がりから押し込む展開としたアタランタは7分にペッシーナがボックス右から決定的なシュートを浴びせると、22分に先制した。 マリノフスキーとのパス交換からスルーパスに抜け出したムリエルがボックス中央に進入し、GKとの一対一を制した。先制後もアタランタがペースを握り、ベネヴェント陣内で試合を進めたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが攻め込む展開とすると、67分に途中出場のパシャリッチが追加点を奪う。 サパタのパスを受けたボックス中央のパシャリッチがシュートを決めた。終盤の82分、カルディローラが2枚目のイエローカードを受けて10人となったベネヴェントに対し、アタランタが2-0で快勝。2位を死守している。 2021.05.13 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタが降格パルマに5発圧勝で2位死守《セリエA》

アタランタは9日、セリエA第35節でパルマとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。 前節サッスオーロ戦では10人となった中、引き分けてインテルの前節での優勝をアシストしてしまったアタランタ(勝ち点69)は、前日の試合でナポリが勝利したため暫定3位となった中、D・サパタを最前線に、2シャドーにマリノフスキーとイリチッチを据えた。 降格の決まった19位パルマ(勝ち点20)に対し、アタランタが押し込む展開で立ち上がると、12分に先制する。ボックス手前中央からマリノフスキーのミドルシュートがゴール左に決まった。 リーグ戦ここ5試合で4ゴール目の好調マリノフスキー弾で先制したアタランタがその後も一方的に攻め立てると、20、21分と立て続けにゴセンズがヘディングシュートで追加点に迫ると、31分にはサパタがバー直撃のシュートを浴びせた。 アタランタが1点をリードして迎えた後半、サパタとイリチッチに代えてムリエルとペッシーナを投入したアタランタは、交代した2選手によって追加点を挙げる。52分、ムリエルのパスを受けたペッシーナがボックス左に進入し、ゴール右へ蹴り込んだ。 成す術のないパルマは61分にジェルビーニョに代えてペッレを投入するも、アタランタペースは変わらない。 そして77分、パシャリッチのパスをボックス右で受けたムリエル確実に決めて3-0としたアタランタは直後に失点するも、86分にもムリエルが決めて4-1。その後、ゾームに2失点目を許すもミランチュクが5点目を決めたアタランタが2位を死守している。 2021.05.09 23:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタの引き分けによりインテルが11年ぶりスクデット、ユベントスの10連覇を阻止《セリエA》

アタランタは2日、セリエA第34節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果、インテルが11年ぶり19度目の優勝を飾っている。 前節ボローニャに完勝した2位アタランタ(勝ち点68)は勝利を逃せばインテルのスクデットが決まる中、D・サパタを最前線に、2シャドーにマリノフスキーとペッシーナを据える[3-4-2-1]で臨んだ。 4連勝中の8位サッスオーロ(勝ち点52)に対し、開始5分にマリノフスキーの直接FKでゴールに迫ったアタランタが押し込む展開で推移したものの、22分にアクシデント。 ディフェンスライン裏に抜け出したボガに対し、GKゴッリーニがボックス外に飛び出して対応しにかかったが、入れ替わられかけたところでボガを倒してしまった。 ゴッリーニが一発退場となったアタランタはペッシーナを削ってGKスポルティエッロを投入。それでも32分に先制する。マリノフスキーのダイレクトパスでボックス左に抜け出したゴセンズがボレーで蹴り込んだ。 10人のアタランタが先制した中、39分にはピンチを迎えたが、ベラルディのボックス右からのシュートは枠の左に外れて助かり、アタランタの1点リードで前半を終えた。 しかし迎えた後半開始5分、アタランタはPKを献上してしまう。ボックス内に侵入したボガをトロイが倒してしまった。このPKをベラルディに決められたアタランタは、64分に逆転されかける。 ボックス右に抜け出したラスパドーリの折り返しをロカテッリに押し込まれたが、ラスパドーリがオフサイドで助かった。 すると75分に勝ち越しのチャンス。ムリエルがボックス内に侵入したところでマルロンに倒された。このプレーでマルロンには2枚目のイエローカードが提示され、サッスオーロも10人となった。 しかしこのプレーで得たPKをキッカーのムリエルは生かせず、ゴール正面に蹴ったシュートをGKコンシーリに止められてしまう。 10人同士となった終盤は互いに攻めあったものの勝ち越しゴールは生まれず1-1で終了。アタランタの引き分けによりインテルの今節での優勝が決まった。 2021.05.03 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

マリノフスキー3戦連発のアタランタ、冨安負傷欠場の10人ボローニャに5発圧勝で暫定2位浮上《セリエA》

セリエA第33節、アタランタvsボローニャが25日に行われ、5-0でアタランタが圧勝した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。 前節ローマ戦では10人となった中、引き分けて3位をキープしたアタランタ(勝ち点65)は、中足骨を痛めて長期離脱していたハテブールが先発となった。 一方、11位ボローニャ(勝ち点38)はふくらはぎを痛めている冨安が4試合連続欠場となった。 サパタとムリエルのコロンビアン2トップ、マリノフスキーをトップ下に据える[3-5-2]でスタートしたアタランタは5分、ムリエルがGK強襲のシュートを浴びせる。 このままアタランタが攻勢に出るかと思われたが、ボローニャは9、12分とスコフ・オルセンがGK強襲のシュートを浴びせて牽制した。 それでも22分、アタランタが先制する。ムリエルとのパス交換でボックス左に侵入したマリノフスキーが3試合連続となるゴールを決めた。 先制したアタランタは1分後、ムリエルが左ポスト直撃のシュートを放つと、その後もボローニャ陣内で試合を進めていく。 そして43分にPKを獲得。CKの流れでロメロがダニーロに倒された。このPKをムリエルが決めてリードを広げたアタランタは迎えた後半、開始4分に数的優位となる。 ロメロに対し、ボールを奪いにかかったスハウテンが足を踏みつける形になってしまった。数的優位となったアタランタは57分に3点目。フロイラーが敵陣ボックス付近でボールを奪ってそのままシュートを決めきった。 3分後にもサパタが加点したアタランタは、73分にミランチュクにもゴールが生まれて5-0。10人のボローニャに圧勝としたアタランタがミランをかわして暫定2位に浮上している。 2021.04.26 05:34 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly