元バイエルンのDFラフィーニャがグレミオに加入

2021.03.29 20:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グレミオは28日、元ブラジル代表DFラフィーニャ(35)の加入を発表した。契約期間は2021年12月までとなる。ブラジルのロンドリーナでキャリアをスタートさせたラフィーニャは、こりチーバでプレーした後に渡独。2005年8月にシャルケへと移籍すると、2010年8月にジェノアへと移籍。2011年7月にバイエルンへと完全移籍した。


バイエルンでは8シーズンを過ごし、ブンデスリーガで7度、DFBポカールで4度優勝。チャンピオンズリーグも1度優勝するなど多くのタイトル獲得に貢献。バイエルンでは266試合に出場し6ゴール29アシストを記録していた。

2019年7月にフラメンゴへと移籍すると、2020年8月にオリンピアコスへと完全移籍。しかし、2021年2月に退団しフリーとなっていた。

また、ブラジル代表としても4試合でプレー。再び母国でプレーすることが決まった。
関連ニュース
thumb

開幕目前にして監督招へい? Jクラブがグレミオの指揮官に興味か

グレミオで指揮を執っているレナト・ガウショ監督(58)に対して、日本のクラブが興味を持っているようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 レナト・ガウショ監督は、現役時代はブラジル代表としてもプレー。ローマやボタフォゴ、フラメンゴなどでプレーした。 引退後は指導者としての道を歩み、フルミネンセやヴァスコ・ダ・ガマ、バイーア、アトレチコ・パラナエンセで指揮を執っていた。 グレミオでは過去に2度指揮を執っており、2016年9月から3度目の監督に就任していた。 そのレナト・ガウショ監督だが、現在はグレミオとの契約延長について話をしているとのこと。一方で、招へいに動いているクラブもあるようだ。 『グローボ』によると、7つのクラブが招へいに動いているとのこと。その中には、明日に開幕を控えたJリーグのクラブもあるという。 興味を持っているのは、ブラジル国外で3クラブ。日本の他に、UAE、そしてカタールのアル・ラーヤンが興味を持っているとのことだ。アル・ラーヤンは昨年11月にもオファーを出していたが、監督が拒否をしたとのこと。代理人はこの件は把握していないとのことだ。 ブラジル国内では、ホルヘ・サンパオリ監督が退任したアトレチコ・ミネイロが興味を持っているとのことだ。 レナト・ガウショ監督はグレミオでの指揮を続ける意向があり、まずは契約延長に関して意見交換をしたとのこと。更なる投資を要求したとされている。 監督としてはコパ・リベルタドーレス、コパ・スダメリカーナを1度ずつ制しているレナト・ガウショ監督だが、果たしてグレミオに残るのか、それともJリーグにやってくるのか。去就が注目だ。 2021.02.25 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトがビッグクラブ注目の逸材FWペペを完全移籍で獲得! 契約解除金は90億円に設定

ポルトは18日、グレミオに所属するU-23ブラジル代表FWペペ(23)を完全移籍で獲得した。 移籍金は1500万ユーロ(19億円)で契約期間は2026年の夏まで。契約解除金は7000万ユーロ(約90億円)に設定されている。 なお、2021年6月30日まではグレミオでプレーを続け、今夏の移籍が開幕する7月1日にチームに合流するとのことだ。 “ペペ”の愛称で知られるエドゥアルド・ガブリエウ・アキノ・コッサは、2016年からグレミオに所属している右利きの左ウィンガー。グレミオではこれまで公式戦110試合で25ゴール14アシストを記録。今季はブラジル全国選手権で30試合に出場して9ゴール5アシストを挙げていた。 そんなペペを巡っては、レアル・マドリーやバイエルンを含めた複数のビッグクラブが関心を示していると報じられたが、ポルトが争奪戦を制した形だ。 2021.02.19 08:02 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣グレミオからオファーの鹿島FWエヴェラウド、代理人が移籍を否定「戻るのは難しい」

ブラジルからオファーを受けた鹿島アントラーズのブラジル人FWエヴェラウド(29)だが、本人に戻る気はないようだ。ブラジル『Gauchazh』が伝えた。 エヴェラウドは、母校のフィゲイレンセやグレミオなどでプレー。今シーズン、メキシコのケレタロから鹿島へと加入した。 当初は日本とJリーグに適応できずに結果を残せていなかったエヴェラウドだが、7月18日の横浜F・マリノス戦で初ゴール初アシストを記録。すると、直近3試合でハットトリックを含む5ゴールを記録し、本領を発揮している。 しかし、そのエヴェラウドにブラジルのグレミオがオファー。ベンフィカへの移籍が濃厚となっているブラジル代表FWエヴェルトン(24)の後釜を探している中、かつて所属していたエヴェラウドに声をかけたようだ。 エヴェラウドの代理人であるフラビオ・ヴィアナ氏は、グレミオからのオファーを認めながらも、エヴェラウド本人が日本に留まる意向であると明かした。 「グレミオから連絡があった。幸せな気持ちだったよ。グレミオはブラジルでとても大きなクラブだ」 「ただ、エヴェラウドはJリーグの得点ランキングで2位にいる。家族もよく適応しているし、今日彼はブラジルに戻ることはとても難しいと言っていた」 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督の下で苦しいシーズンを送っている鹿島。徐々に結果を残している中で、気を吐くエヴェラウドが残留することはチームにとって大きなプラス材料だろう。 2020.08.10 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがブラジル代表FWエヴェルトン獲得へ! 今週末にメディカルチェック受診

ベンフィカがグレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(24)獲得を決定的なモノとしたようだ。ポルトガル『RECORD』など複数メディアが伝えている。 以前から欧州への移籍が取り沙汰されていたエヴェルトンは昨年、ブラジル代表の優勝で幕を閉じたコパ・アメリカで得点王に輝き一気にその知名度を一気に上げた。また、昨年の公式戦で42試合12ゴール7アシストを記録しており、好調を維持している。 今冬の移籍市場からエバートンの強い関心が報じられてきたが、その新天地はポルトガル屈指の名門ベンフィカとなったようだ。 フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ベンフィカは移籍金2000万ユーロ(約25億円)を3年の分割で支払い、今後他クラブに移籍した際の移籍金15%をグレミオに支払う予定だという。 また、9日にメディカルチェックを受診予定と言われるエヴェルトンは5年契約ににサインする見込みだ。 なお、ベンフィカは新シーズンから前フラメンゴ指揮官のジョルジェ・ジェズス監督が復帰しており、エヴェルトンのプレーは敵将として確認済みだ。 2020.08.08 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「オファーがない」とされたエヴェルトン、ナポリがプロジェクトを伝えたと実父が明かす

ナポリがグレミオのスター獲得に近づいているようだ。選手の父親が明かした。 ナポリが狙っているのは、グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(24)。2019年のコパ・アメリカで得点王に輝き、注目を集めると、エバートンやナポリへの移籍が浮上。しかし、グレミオの会長は「正式なオファーは受け取っていない」と主張していた。 エヴェルトンには、契約解除金1億2000万ユーロ(約141億5000万円)とう破格の契約条項があり、各クラブが手を出せない状況に。しかし、グレミオは交渉の余地があるとしていた。 そんな中、エヴェルトンの父親であるカルロス・アルベルト・ソアレス氏がブラジル『Gaucha ZH』で息子についてコメント。どうやら、ナポリは明確なプロジェクトを持っているようだ。 「ナポリが彼のところにやってきて、プロジェクトについて話していた」 「彼らは来週、公式なオファーをグレミオに送るべきだよ。ナポリは美しい街で、クラブは定期的にチャンピオンズリーグに出場しており、とても良いチームだ」 「安定した財政状態にあったので、グレミオは反対していたが、今回の危機は全ての人を襲い、ヨーロッパのクラブはそれを理解している」 「彼はすでに24歳であり、移籍するかどうかについて不安があるのも事実だろう」 グレミオの会長の言葉通り、クラブへの正式オファーはなされていないものの、選手へ計画が伝わった模様。近日中にもオファーを出す可能性はある。 一方で、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、クラブの財政問題が発生。グレミオとしては売却して現金を手にしたいところだが、ナポリがどのように交渉をするのか注目だ。 2020.05.21 13:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly