イングランドが「勝利、しかも快勝が期待された」サンマリノ戦で5発白星! 指揮官が最も満足したものとは?

2021.03.26 08:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が満足感を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

イングランド代表は25日にロンドンで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第1節でサンマリノ代表と対戦。5-0の快勝で飾り、7大会連続の本選出場に向けて好発進を切った。

28日にアウェイで行われる次節のアルバニア戦に弾みをつけたサウスゲイト監督は試合後、格下相手との試合をしっかりと勝ち切った結果とともに、選手たちの戦いぶりに手応えを語っている。

「勝利、しかも快勝が期待された試合だったが、特に90分を通してのメンタリティに満足している。ボールを失ったときのプレスをかける姿勢がそれを最も表したものだった。チーム全体がハングリーにプレーしてくれたね」

「こうした類の試合で過去に苦しんだこともあったが、このチームは少し違ったプレーができ、何人かのクリエイティブな選手がいる。今日のチャンスは素晴らしいプレッシングと高い位置でのボール奪取から生まれた」

「しかし、それだけじゃなく、選手たちのポジションチェンジやビジョンも大事だった。非常に厳しい見方をすれば、もっとゴールを決めるべきだったが、相手GKも素晴らしかったのも忘れるべきじゃない」

「今日の我々が示した振る舞いは習慣を本当に喜ばしく思う。トップのチームになるために日々、トレーニングや試合で見せていかなければならないものだからだ。正しい形で試合に臨むことができた」

関連ニュース
thumb

イングランド代表、D・ヘンダーソン負傷でラムズデールを追加招集

イングランド代表は15日、GKディーン・ヘンダーソン(マンチェスター・ユナイテッド)の負傷離脱と、それに伴うGKアーロン・ラムズデール(シェフィールド・ユナイテッド)の招集を発表した。 声明によると、ヘンダーソンはでん部の負傷でフルトレーニングが不可能に。一足先に所属先に戻って来期に備えることになったという。 欧州サッカー連盟(UEFA)の規定では、大会中でも医療上の理由であればGKの入れ替えは可能。代わりに招集されたラムズデールは、5月末に発表された33名の候補には選ばれていたものの、最終選考で落選。6月初旬のオーストリア代表戦とルーマニア代表戦ではベンチ入りしていたが、今のところデビューはしていない。 クラブでは2020年夏にボーンマスからシェフィールド・ユナイテッドに加入し、今季のプレミアリーグで全38試合に出場。また、U-21イングランド代表では、3月に行われたU-21欧州選手権のグループステージ3試合でフル出場しており、絶対的な地位を築いていた。 2021.06.15 20:23 Tue
twitterfacebook
thumb

なぜ左サイドバック起用?サウスゲイト監督がトリッピアーの起用理由を説明

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、13日に行われたクロアチア代表戦でDFキーラン・トリッピアーを左サイドバックで起用した理由を説明した。イギリス『イブニング・スタンダード』が『BBC』のインタビューを引用してコメントを伝えている。 イングランドはユーロ2020グループD第1節で、クロアチア代表と対戦。試合開始から主導権を握ると、後半にFWラヒーム・スターリングのゴールで先制に成功。その後は集中した守備でリードを守り抜き、1-0のスコアで勝利した。 同試合ではチェルシーのDFベン・チルウェルが左サイドバックで起用されると予想されていた。しかし、スターティングメンバーに名を連ねたのは、チルウェルでもDFルーク・ショーでもなく、右サイドバックが主戦場のトリッピアーだった。 チルウェルはこの試合でベンチ外だったためケガの可能性も考えられるが、ショーは90分間ベンチを温め続け、一部のイングランドファンを困惑させている。有識者も含め疑問視する声も多い中、サウスゲイト監督は試合後に自身の考えを説明した。 「彼のディフェンスラインでのコミュニケーション力、クロスを素早く止める能力、そして経験が、代表でのキャリアが比較的浅いタイロン・ミングスの近くにいることで活きると考えた」 「彼は非常に過小評価されている選手だ。大勢が彼を数年前と変わっていないと思っている。アトレティコ・マドリーでここ数シーズン、戦士のようにプレーしている選手として見ていないんだ」 「彼はここ数年、我々が成し遂げてきたことに大きく貢献している。本当に良いパフォーマンスを見せてくれた」 なんにせよ、難しい初戦をモノにしたイングランド代表は18日、グループD第2節でスコットランド代表と対戦する。 2021.06.14 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

スターリングがユーロ仕様の新たなスパイクを着用!イングランドのユニフォームとピッタリのデザインに

イングランド代表FWのラヒーム・スターリングが新しいスパイクを着用した。 スターリングは13日、ユーロ2020グループD第1節のクロアチア代表戦に先発出場。ユーロ初戦となったこの試合では、57分にMFカルヴァン・フィリップスのスルーパスに反応、ボックス中央に抜け出してシュートを決めきり、値千金の決勝点をマークした。 イングランドを勝利に導いたスターリングだったが、その足元にも注目が集まった。 スターリングはこの日、白を基調に青と赤が配色されたスパイクを着用。同じ色で構成されるイングランド代表のホームユニフォームとピッタリのデザインになっていたが、ユニフォームやスパイクといったギアを専門とするサイト『Footy Headlines』によると、このスパイクは「RS Alpha Flair(アルファフレア)」と呼ばれ、ニューバランスの「FURON v6+」モデルをスターリング仕様にカスタマイズしたものだという。 スパイクのタンの部分にはイングランド代表の国旗が描かれ、かかと部分にはスターリングの名前が刻まれている。機能面に関しては通常のスパイクと同等とのことだ。 長らくナイキとスポンサー契約を結んでいたスターリングだったが、5月にニューバランスとの契約を発表。今大会の活躍に大きな期待が懸かっている。 <span class="paragraph-title">【写真】スターリングが着用したユーロ仕様の特注スパイク!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Opening the Euro 2020 with Alpha Flair! Sterling scored the lone goal in England vs Croatia with these New Balance signature boots!<br>-<br>How do you like the look of these soccer cleats?<br>-<a href="https://twitter.com/hashtag/footballboots?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#footballboots</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/soccercleats?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#soccercleats</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/newbalancefootball?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#newbalancefootball</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/alphaflair?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#alphaflair</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/furon?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#furon</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sterling?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sterling</a> <a href="https://t.co/WZ8dpo8Bz4">pic.twitter.com/WZ8dpo8Bz4</a></p>&mdash; Football Boots (@Football_Boots) <a href="https://twitter.com/Football_Boots/status/1404348301000986625?ref_src=twsrc%5Etfw">June 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.14 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

幼少期を過ごした“裏庭”ウェンブリーでゴールのスターリング「物語がどこから始まったか決して忘れない」

イングランド代表FWのラヒーム・スターリングがクロアチア代表戦のゴールを振り返った。イギリス『アスレティック』が伝えている。 イングランドは13日にユーロ2020グループD第1節でクロアチアと対戦し、先発したスターリングは57分にMFカルヴァン・フィリップスのスルーパスに反応。ボックス中央に抜け出してシュートを決めきり、決勝点をマークした。 ジャマイカ生まれのスターリングだが、幼少期にロンドンのブレントに移住。クロアチア戦が行われたウェンブリー・スタジアムは“裏庭”と呼ぶほど近所だった。スターリングは試合後、ゴールについて次のように語っている。 「気分がいいよ。僕は大きな大会でウェンブリーでプレーした時、裏庭でゴールしているようなものだといつも言ってきた。僕にはゴールが求められていて、実際のそれができたことは素晴らしいことだ」 「長いシーズンだった。ここに来るのが待ちきれなかったし、イングランド代表がポジティブなものになると分かっていたので、イングランド代表としてプレーするのを待ちきれなかった」 また、スターリングは自身のツイッターを更新。幼少期の写真とともに「物語がどこから始まったのか決して忘れることはない。#BoyfromBrent」と投稿し、ブレントに住んでいた頃を思い返していた。 <span class="paragraph-title">【写真】幼少期のスターリングが女の子みたいでかわいい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Never forget where it started <a href="https://twitter.com/hashtag/BoyfromBrent?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BoyfromBrent</a> <a href="https://t.co/3eftHHCWW5">pic.twitter.com/3eftHHCWW5</a></p>&mdash; Raheem Sterling (@sterling7) <a href="https://twitter.com/sterling7/status/1403987976061849604?ref_src=twsrc%5Etfw">June 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.14 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト監督の采配を絶賛するネビル氏「信じられないような試合運びだった」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督を称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イングランドは13日に行われたユーロ2020グループD第1節で、クロアチア代表と対戦。試合開始から主導権を握ると、後半FWラヒーム・スターリングのゴールで先制に成功。その後は集中した守備でリードを守り抜き、1-0のスコアで勝利した。 試合後には決勝弾を挙げたスターリングや、そのアシストを記録したMFカルヴァン・フィリップスを評価する声が多く上がったが、イギリス『ITV』に出演していたネビル氏は、サウスゲイト監督こそ称賛に値するとコメント。イングランドがユーロ初戦で史上初となる白星をつかむのに、重要な采配を見せたと語っている。 「サウスゲイトは信じられないような試合運びをしたと思う。左サイドバックに(キーラン・)トリッピアーを起用したことは衝撃だった。とはいえ、何かを疑ったわけではなかったよ。私は監督を疑っていなかったからね。我々には信じられないような経験を持つ、優れた監督がいる」 「今日の先発を選ぶ人物は、人口6500万人の中で一人もいないだろう。午後2時のキックオフ、暑さ、ワールドカップで我々を倒したチーム、ベストディフェンダーの不在など、歴史的に見てもイングランドに不利なことがたくさんあった。にもかかわらず、私は彼が信じられないほどの試合運びをしたと思っている」 「フィリップスやスターリングが最高の選手だと言うこともできるだろう。だが、我々の持つ最大の資産は監督だ」 「通常であれば、(ジャック・)グリーリッシュを投入しようとする動きがあっただろう。しかし、サウスゲイト監督はそうしなかった」 「彼は不人気な決定や、時には我々としても間違っていると思うような決定を下すことを厭わない。しかし、彼は誰よりもチームのことを知っており、誰よりもパフォーマンスと結果を出す方法を理解しているんだ」 「彼は豊富な経験を持っている。イングランドのファンとしては、彼と一緒にいるととても安心できるね。今日の彼は本当に素晴らしかった」 サウスゲイト監督の先発選考を絶賛したネビル氏だが、次節以降はメンバーを変えるはずだとコメント。左サイドバックには、本職であるDFルーク・ショーやDFベン・チルウェルを出場させるだろうと語っている。 「スコットランド戦の左サイドバックは、ショーかチルウェルのどちらかが先発に復帰すると思う」 「クロアチア戦の選考は、ディフェンスの成熟度を高めるために行われたのだろう。今日のクリーンシートは非常に重要だった。イングランドは誰もがディフェンスに疑問を抱いていて、特に強豪チーム相手にクリーンシートを達成できるかが問題だったんだ」 2021.06.14 15:34 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly